スパロボV 25~31話

本日は、お台場のガンダム様を見納めしてきました

比較的近場なので、折を見ては眺めに行っていたのですが、やはり居なくなるとなると寂しいですな

ついでに、Ver.GFTのRX-78-2ガンプラを買おうとしたら、エラいことお客さんがいて、ショップに入るのにも十数分並ぶハメに
周りを見回すと、Ver.GFT版のガンプラを、これでもかと購入していく御方もチラホラ・・・
2個買いしてる人も居たけど、保存用と組み立て用?

回収されたガンダム立像はこの後どうなるのでしょう
個人的には、2020年に帰ってくるんじゃ無いか、と期待しては居りますが

ガンダム40周年に向けて、「動くRX-78-2」計画もありますけどね


前回の記事を書き終わった後、冷静に機体一覧を見直したら
リゼルがしれっと追加されていたでござる
イーノとモンドを交替で載せられる機体、あるやん
・・・何事も、落ち着いて確認しないと駄目ですね
でもどうせなら、メガライダー持ってきて欲しかったな(げふんげふん

第25話
ジオンに対する反攻作戦に関わり、連邦政府がロンド・ベル隊を全員接収しようとする
これに対して一同は当然反対の立場を取り、逆賊扱いとなる主人公達
ここで連邦政府の正規軍として出てくるのが、ジェリド・ヤザン・ブランの三人
ブランはアンクシャに、ジェリドはバイアラン・カスタムに乗っているが、ヤザンはハンブラビのまんまである
彼らに関しては"蘇った"というわけでは無いようで、ブランはアムロと戦闘すると「以前のようには行かない」と言うし、ヤザンはシャングリラ組に「ヤザンさん」と言われているので、グリプスの後シャングリラでやらかした後のようだ
このイベントに関して、ダグザ達エコーズの役割が原作と変えられている
この辺りからUC関係は若者が主役になり、ジュドー・ハサウェイ・バナージがトリオでイベントに関わるようになってくる
そしてこのどさくさに紛れ、リディがオードリーを連れて出奔する
ここも原作と違い、オードリーの正体を知っているのはリディだけとなっている

第26話
エヴァ初号機の初陣・・・であるが
このマップは非常にやらしい

まず、第3の使徒はイベント戦闘のみなのだが、この後初号機は暴走モードに入る
そこへ味方増援としてマジンガーZ・ヴィーナスA・ボスボロットが現れるのだが、初号機は制御不能でマジンガーZに襲いかかってくるのだ
さらにNERVへの牽制かAI制御のMSまでやって来るという状態
この中、初号機を7ターン目までにHP10,000まで削れ、というのがSRポイント取得条件
だがただでさえ、暴走初号機が凶悪すぎて、SRポイントをどうこうするというのは無茶な話である
何せ暴走初号機は、ATフィールド常備は勿論、HP回復(大)の上に2回行動という極悪な能力設定なのだ

ここで問題なのは、どうやら今回のCPUの思考ロジックが、「(全体を見回して)最も弱いor最も弱っている」ユニットを襲うらしく、その目の前にマジンガーZを置いておいても、執拗にヴィーナスAを狙ってくることである
だいたい、「暴走を抑える」目的が1ターン目からのため、味方は全員気力100スタートである。"直撃"も無い以上、そのままでATフィールドを越えられるわけが無い
そこでAI制御のMSを倒し、TiCを稼いで「ダイレクトアタック」を狙わなければならない
・・・が、MSの方もヴィーナスAを狙うので、マジンガーZに上手くポイントが貯まらない・・・


途中でロンド・ベル隊の増援があるにはあるが、ここで下手にレベル上げでもしようと狙って動くと、そいつを初号機が狙ってきて爆死しかねない
というか、本当に一回アスランが撃墜されて、遠い目をしながらリセットしたけど

そしてこれだけで終わらないのがこのマップ
まず、クロスアンジュ世界のドラゴンが、明らかにゲッター狙いで襲いかかってくる
また、マジンガーZの姿を認めた鉄也が、竜馬に問答無用で同行を求め、さらに甲児にマジンガーZを降りろと言ってくる
事情を言わない彼に、竜馬も甲児も納得するわけが無く、グレートマジンガーを撃墜してマップ終了
ここで鉄也が部隊を外れ、マジンガーZと対決することになる

理由についてプレイヤーは察しが付いてるが、そりゃあ作中の人間は判るわけ無いわな

第27話
ここも話の移り変わりがめまぐるしい
あしゅら男爵を迎え撃つのが最初の目的だが、彼らを一掃するとグレートマジンガーが現れ、マジンガーZを襲ってくる
また、クロスアンジュのドラゴンがまたもゲッターを狙ってくるが、ブラックゲッターの危機に真ゲッターを號が持ち込んできて、ここで機体の乗り換えが発生
これと平行するように、アンジュはドラゴンを率いる謎の機体との対決中、空間を越える能力に覚醒する

これらの現象を見て、テッサ達は
「ドラゴンはテッサ達の地球に居る(なぜなら本来ドラゴンが現れる時に観測される空間湾曲が無い)」
「ドラゴンと同じ道を辿れば、舞人達の世界に移動できる」
「ボソンジャンプの追うようで、次元を越えることができる可能性がある」
「ヴィルキスには、ドラゴンと同様の空間移動能力がある」
と言う話をし、アキトの能力とアンジュの能力を合わせ、舞人達の世界へ移動できる可能性を示唆する


ここで分岐イベントが発生するのだが、ヤマトの動向を確認したかったので、テッサ達の地球に残ることにした

第28話
レナードが登場し、かなめと宗介の葛藤と、アーバレストお別れ会のマップ
第三者として、ガミラス+木星帝国もやって来るのだが、アマルガムの面子が凶悪すぎるので、そちらはオマケか
ヤマト関連では、以前時空の狭間で出逢ったメルダと遭遇し、彼女を捕虜として捕えると言う物がある

第29話
Dr.ヘルによって作られたメタルビーストを率い、ブロッケン伯爵が熱海を襲う
ここで失敗したのは、出撃枠にトゥアハー・デ・ダナンが居るのに、海マップが全体の1/4ぐらいしか無く、ほとんど役に立たなかったこと。フライトモジュール付けておけば良かった!(違

イベントとしては、戦闘中にやはりドラゴンがゲッターを狙ってきたこと
さらに彼らはゲッター線を抑え込もうとする
まあアレだね、もうなんとなく判るけど
この危機の中、竜馬はストナーサンシャインを会得する
また、竜馬の奮起する姿に感動する甲児だが、突然マジンガーZが武装を"生成"し、強化されるというイベントもある
この調子でマジンガーZは・・・

なおこのマップのSRポイント取得条件は、「いずれかのターンに、MAP兵器を用いて3体以上の敵を倒すこと」

これ、うっかりMAP兵器持ちのユニット出し忘れてたら洒落にならんやん!
・・・いや、ネェル・アーガマかラー・カイラムが居るから、どっちかにやってもらえばいいんだけどね
今回はジュドーさんにリハビリで挑戦して頂きました

第30話
ロンド・ベル隊に続き、NERVも統制下に置こうとする連邦政府
第25話で現れた3人に加え、今回はペーネロペー&レーンも登場
なるほど、こういう形でペーネロペーを出してきたか・・・

正規軍(Gハウンド)を撃退したところで、第4の使徒が登場するためこれに対応
使徒は執拗に初号機を狙ってくるので、零号機による援護は必須である
第4の使徒を倒すと、続けて第5の使徒まで登場
これに対し、2号機でアスカが飛び入り参加してくる

この後はヤシマ作戦の再現となるが、ジオン地球残党がサードインパクトの襲来を願い、作戦妨害を企てる
ここで、Gハウンドとグレートマジンガーが味方増援に現れ、ポジトロンライフルの供与と防衛に参加してくれる
さらにジュドーらの呼びかけにより、ジオンも最終的にはエヴァを守り、第4の使徒は無事に撃退される

こうした「絶対的な危機に対して集まる、良き意思」に、一縷の希望を見出すアムロ達の思いは成就するのだろうか

ところでこのマップでふと気になったのが
νガンダムのフィン・ファンネルが、どうしてもATフィールドを越えられなかった
フィン・ファンネルはバリア貫通が付いているのに駄目
ダイレクトアタックを使っても駄目
クスィーのファンネルミサイルは貫通したのに・・・
これはまさかバグでは無かろうか?


第31話
シャンブロのダカール襲撃がメインストーリー
それにしても、ここでクスィー&ハサウェイが、バナージと共にイベント出撃か
ここに至るまでの間、ことあるごとに
「テロや暴力で人を従わせるのは間違っている」とか
「有無を言わせず、力尽くで世界を変えるのは間違っている」とか
そう言うのを言う度、原作的には完全にブーメランだったハサウェイだが、よりによってダカールに"それ"を言いながらやってくると言うのは、完全大ブーメランである


最初のクリア条件が、シャンブロのHPを10,000にすることなのだが
ここでのSRポイント取得条件が、「シャンブロのHPが10,001以上の状態から、スマッシュヒットで撃墜する」という、なんとも微妙なもの
さてどうしようかとHP調整してたら、規定ターンを越えてイベントが起きてしまったw

ここでロニの暴走、アマルガム(ガウルン)による強襲、バンシィとペーネロペーの襲撃と言った事が立て続けに起きる
その中で起きたのは、28話で"倒れた"はずの宗介が、クロスボウで復帰参戦してくること
ロニの撃墜を躊躇うハサウェイとバナージに対し
「腰が退けたか、尻に殻の付いたヒヨコ共!」
とか、マオ姐さん調の叱咤激励でツッコンできやがりましたw


この後宗介はガウルンと対峙し、レーバテインの加勢を受けることになる
今回のレーバテインは気合い入ってるね!
そしてDVEでのかなめと宗介の愛の告白、ごちそうさまです

またハサウェイの方はと言うと、レーンと対峙して自らの進む道を改めて見つめ直し、ファインネルミサイルをさらに使いこなす武装を会得する

ロニの生死は不明だが、あまり悲劇的なシーンが無かったので、何かフラグは立っただろうか
一応バナージで撃墜したけど
バンシィ、というかマリーダさんは、ここでは正気に戻らない
一応ジュドーやプル達と感応していたが

そしてリディも来なかった
ここに至るまで、全然リディとオードリーの音沙汰が無い
少々原作と違う流れになるのだろうか?

スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2017/03/04 23:52 | 【V Vita版】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

メルタにロマンスは生じなかった

・……まあ色々とあるが

メルタ「敵エースパイロットが喰い込んでこなかったなぁ」
ミリア「相手もいたしんねぇ」
メルタ「同じエースパイロットでも差が」
ミリア「次に期待しようよ」
メルタ「この際女でも良いかぁ」



・クロスボウ

原作ではかなめを追いかけていた宗介が成り行きで目撃された某国(ランボーも大暴れした)にてASを使った格闘競技に出る事になります、サベージの数少ない専用カラーの一つです。原作小説8巻のみの登場なのでVセカンドの様なスタンスかもしれません。


・愛の告白の後に

???「で“合体(=釣りバカ日誌風)”はやらないのですか?」
かなめ「あのねぇ、そりゃあアンジュは色々とあったからタクスと……そのあの?」


ミレーヌ「思えばよくゼントラーディのエースだったママと結婚したパパも凄い」

No:5535 2017/03/05 01:35 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

メルダは地球人にドン引きしています

ブロッケン伯爵やあしゅら男爵を見て、地球人は怪物だと言ってます
その都度、「あれとは一緒にしないでくれ」と突っ込みが入ってますw

それにしても、相手がどこの出身であろうと、女とみれば口説くクルツ達・・・
全員本命が居るんだから、そっちに注力しなさいよ

No:5536 2017/03/05 19:52 | あるす #- URL [ 編集 ]

ATフィールドはバリア貫通無効だったりします

No:5537 2017/03/05 20:08 | 通りすがり #- URL [ 編集 ]

そりゃあミスリルで慣れてますから

あるすさん>

返信どうもです。


クルツの場合“尋常ではない世界”の女の方が口説きがいがあると思いますよ……アンジュらでもメルタでもフレイアでもね。

クララ(『フルメタルパニックアナザー』に登場するマオとクルツの娘、10歳にして狙撃の才能を見せたヒロイン)「ASサイズのダインスレイブってあったよね?」
タツヤ「M82が可愛く見えるな」

No:5538 2017/03/05 23:12 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |