スパロボV 42話~45話

フォロワーさんも続々とクリアをされる中、のんびりプレイ中の管理人です

自分は延々とゲームをやるのが駄目なタイプなので、どうもこう遅れがちになります
ネタばれ会話を見ないようにするのも一苦労

でもたぶん、あと5話くらいかな・・・?


スパロボVスタート当初から、およそ30話近くすっぽかされたヤマト関係のお話が、一気に進んでいく終盤である

第42話
それは突然に
デスラー総統暗殺事件勃発
関与を疑われたドメルは更迭され、ゼーリックが軍の掌握に乗り出す

そんな相手方の混乱が地球艦隊・天駆に判るはずも無いが、バラン星域にワープネットワークの中心が有ると聞き、部隊は沖田の指示の元、その渦中へ突っ込むことになる
ヤマトにはここから突撃戦法が武装として追加される

ガミラス観艦式シーンの再現であるため、敵の数は多い
しかしここまでで機体を充分整備していれば、これと言って困ることも無いステージである
面倒くさいとするなら、ガミラス戦艦は援護防御と援護攻撃を持っているので、綺麗に片付けるにはこっちも援護を効率的に使う必要がある、と言うことだろうか

マップ途中でデスラーの介入があるが、全体として影響は無し
敵陣を突破した部隊は、波動砲を使ってバラン星域のネットワークを破壊しつつ、大マゼラン星雲へと向かう
イスカンダルを、そして敵地を目の前にし、沖田は部隊を二つに分けることを提案
敵の目を眩ますことと、効率的にイスカンダルに到着した者の場所に集合できるよう、という提案
それはヤマトを中心としたMS部隊と、ナデシコを中心としたスーパー系部隊
だが広大な宇宙で、それぞれを見失うことは無いか?
そこでウリバタケがこんなこともあろうかと、パラレルボソンジャンプの追うようで互いの位置のトレース、及び宇宙航路図を共有できるシステムを造っていた

・・・何だろう、このボソンジャンプ万能状態

自分はヤマトを追うので、MS部隊を率いることになる

第43話
ドメルの汚名を雪ぐべく、彼らの部下達が襲ってくる
はい、出たよ。三段式甲板宇宙空母
上も下も無い宇宙空間において、その三段の甲板に優位性はあるのか
そして宇宙で雷撃戦に意味があるのか

と言うのはツッコんではいけない


しかし、ここのメインは彼らでは無く、実は後から出てくるELSたん達である
当然刹那がイベント出撃している
ELSの出現に驚いたガミラスは撤退するが、地球艦隊・天駆は撤退するチャンスを逃してしまうのだ
彼らとの戦闘では、アレルヤだけで無く、勿論ニュータイプ連中も反応がある

最初のELSを撃退するとイベントが発生
彼らと接触を試みようとした刹那が、情報量についていけず気絶
クアンタを守るために、ティエリアがラファエルを自爆させ・・・と言うのは原作通りのお約束
無論ティエリアは、精神等の情報をトレミーのシステムに移していた
そのために実質被害は無い・・・のだが
無事を知らせる時に
「スペアの肉体も自室に用意済みだ(ドヤァ)」
と言うのは、完全にホラーの域に入っているんですが(汗

しかもこの後、ティエリアが刹那のサポートに徹する(つまり妖精ティエリア)か、復活してラファエルの運用を続けるか、と言うよく判らん選択肢が発生
今回は原作に従い妖精になってもらったので、用意していたというスペアは自室に放置である
うっかり間違えてティエリアの部屋を開けたら、物言わぬ身体が横たわったままということではないか
どこかの狂気の科学者の研究室か何かですか、ティエリアさん?


なお刹那は意識不明になることは無い
ティエリアが離脱したため、ラファエルにかかっていた費用は返却
妖精になると言っても、フェラリオのようにサブパイになるわけでは無い
まぁ、MS大量にあるから、一人減っても問題無いとは思うが、思い入れがある人は運用継続を選択すべし

第44話
ドメルの部下達の追撃は続く
ここではターン半ばで前後をガミラス艦隊に挟撃されるが、問題は割り込んでくるガーディムの方である
ジェイミーの横槍で、その宙域にいた岩石生命体が目を覚まし、部隊にダメージを与えてくる、と言うイベントがある
この後戦闘終了まで、出撃メンバーに微量のダメージが蓄積していく
と言ってもTACカスタマイズで、「リペアライズ」を選択しているため、そこそこプラマイゼロで継続可能な状態
ジェイミーに連れられてチトセが再び襲ってくるが、まぁそこはさっくりお帰り願いましょう
彼女はガーディムから、地球再生の方法を代償として提案されているようだ

マップクリア後、ジェイミーもまたアンドロイドであったことが判り、ガーディムも首領とおぼしき人物に処分されてしまう
その態度にチトセは悩みを深くするが、イスカンダルへの不信を持つ彼女は、それ以外に道を見つけられずにいる

神目線のプレイヤーには、彼女がイスカンダルを信用できない、という理由は察しがつく
しかし、人を公然と劣等種族と言い放つガーディムだって、全く人のことは言えないのである


第45話
バラン星域から追ってきたゲールの元に、ザビーネとアンジェロがいた
そっちのルートを通らなかったから知らなかったが、アンジェロとは和解できてなかったのか
一方のザビーネは、自分の理想を体現する相手として、今度はデスラーにすがろうとする
その姿は徐々にキチーネさん状態に
と言うより、戦場に出たら完全にキチーネだった

そして、現実にアムロさんが居るというのに、アマクサを出してくると言う空気の読めない行動を起こす(苦笑
ニュータイプは戦争の道具だの何だの言うが、本物相手にコピーを用意して対抗する時点で、その組織が潰れるのは物語の定説なのだよ(おい

とは言えアマクサですから、普通に相手すると結構痛い
まぁ、本物相手だと全くかすりもしないんですが

キチーネさんは一度撃墜しても、HP回復イベントがある
そんな暴走キャラを見て、流石のアンジェロも自身の道を見失いかける
そこへインベーダーが来襲
驚いたガミラス艦隊は撤退してしまい、残る敵とインベーダーを撃破してマップ終了

キチーネさんは死亡したが、アンジェロは救出されていた
フロンタルという拠り所を失い、最早生きていく目的を得られないと沈むアンジェロだが、リディに諭されて落ち着きを取り戻す
・・・のだが
「何故かお前に(ゆっくり考えろと)言われると、素直に聞ける」
と言ってしまうアンジェロ
もうその件は許してやれよw


そして部隊は最終目的地へ
スーパー系部隊とも合流し、イスカンダルを目指すわけであるが・・・

スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2017/03/23 22:17 | 【V Vita版】COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

三段空母ね

実は日本海軍も三段空母になっていたのが赤城や加賀(初代)……まあ艦載機の大型化でWWⅡの頃には一段飛行甲板式になってます。因みに2199版の続編ではアンドロメダの空母バーションも出るのですが……モデルグラフィックスが以前作例でした様なモノではなく……個人的には少しがっかりな感も。ただコスモタイガーⅠのフォルムを見ていると某シューティングゲームの戦闘機を思いだす。


・宇宙で雷撃戦の意味

アムロ「ミノフスキー粒子で従来の誘導兵器がダメになって連邦もジオンにも突撃艇ってあったからね、一年戦争時」
イサム「俺なんてYF-24で敵旗艦役のウラガ級にタッチダウン(=恐らく撃破の事だろう)したぜ。そのかいあって2052年には制式採用されてな……」←”ヴァリアブルファイターマスターファイル VF-31 ジークフリート”に記載、あくまで非公式設定なので……。
進「イサムならガラミスの艦観式に突撃するね」
真田「BGMはアレだろう」



・バランね

原作では人工太陽に波動砲をぶち込んで惑星ごとガラミス基地をぶっ飛ばしましたが2199版ではワープホールに……マクロスシリーズが参加していれば楽なんですがね。


・ボソンジャンプ

真田「……」
ルリ「波動エンジンでボソンジャンプシステムさせる気ですか?」
ウリバタケ「ウチの社長もヤル気らしいですし」

No:5558 2017/03/24 00:31 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

Re: 三段空母ね

> 実は日本海軍も三段空母になっていたのが赤城や加賀(初代)
写真で見たことがあるので、その存在は存じ上げております
もちろんそれがあって初めて、ガミラスの三段空母もあるわけです

> ・宇宙で雷撃戦の意味
はっ、そうだ
ゲームの中で誰もミノフスキー粒子撒いてない!
確かに撒けば、いくらガミラスでも・・・
でも設定上、それでも負けたんだよな、過去・・・
ガミラスの科学力、恐るべし!

> ・バランね
原作版だと、惑星一つでも安直に壊されるので
自然破壊は良くない

> ・ボソンジャンプ
真田さんは触っちゃ駄目です
魔改造しそうだから

No:5559 2017/03/26 19:23 | あるす #- URL [ 編集 ]

ガラミスの科学は宇宙一ぃいい!(マテ

あるすさん>

返信どうもです。


ドロスもある意味多段空母ですな。



そーですね、きっとミノフスキークリーナーでもあったんでしょうね……それか似た様な物質があるとか。ガラミスでも躊躇するとしたらリヴァイアスの太陽系かソンダリアンの黒幕か……


原作のガラミスはクライシス状態だっただけに今回の新シリーズは幾分マイルドですね。



遅い気がする。

No:5560 2017/03/26 21:49 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |