二次元書庫はいつの間にか12年目でした

皆様こんばんは

ぼーっとしてたら、ブログ開設日を忘れていた管理人です

最近はSSとか書いてないなぁ・・・
コメントも減ったなぁ・・・


などと遠い目をしながら、この文章を書いております

まぁ、今年の初めに休暇を取るまで、ヘロヘロで記事更新どころじゃ無かったので、自業自得ですが

これからは・・・できればもっとネタ記事をまとめたいですね
妄想できる脳の余裕が少しできたので、スパロボネタで・・・

今年の春アニメはあまりいいロボアニメも無いので、アニメ系の記事がどうなるか不明ですが、コツコツと運営を続けて行ければと思っています
これからもよろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2017/03/28 22:08 | 雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

書評「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」

退院して3週間
歩行もだいぶ普通に戻ってきました
退院後の診察が来週なので、それ次第で仕事に戻れるか否かが判明する予定です
その前にスパロボVが発売されますが


さて、今日の記事は書評

これは入院前に購入していた本で、タイトルに相応しいふざけた(褒め言葉)本でしたので、ご紹介いたします
「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」

続きを読む »

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

2017/02/15 19:22 | 本の感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

好きこそものの上手なれ されど生き難し(1)

ここんとこ、ゲームともアニメとも関係ない話が多くてすみません

しかし、身体を休めると決まった途端、いろいろと脳裏をよぎることもありまして

好きこそものの上手なれと申しますが、趣味を仕事にできる方というのはとても羨ましい限りです
もちろん、自分はPCは嫌いではありません
むしろこの道で生きていこうと学び生きて、いろいろあってボロボロになりつつも、こいつから離れることはできません

だからと言って自分がPCだけに熱中して生きていたか、と言うと違います
今や趣味のレベルでしかありませんが、自分が別の道を選んで生きていたらどうだったのだろう
と考えることがしばしばあるのです

続きを読む »

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

2017/01/13 20:09 | 雑記COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

新年が始りまして・・・

あけましておめでとうございます。
病気療養で自宅待機中の管理人です。


療養のメインは肉体的なモノなのですが、むっちゃ精神的に疲れてたのもあって、全体的な静養という感じです
余りに疲れて掃除が疎かになっていたところをまとめて、貯まっていた書類をまとめて・・・というように、自分自身の整理を付けている最中です
たった数日ですが、「仕事場に居ない」というだけで、これほど心が落ち着くとは思いませんでした
仕事しないと食っていけませんが、張り詰めすぎる仕事の状態は、やっぱりダメですね

手術の日程もある程度決まりまして・・・
病名は詳しくは書きませんが
これで少し痛いのとおさらばできるかと思うのですが、腹開けるのに一週間で退院させるとは、最近の病院は回転重視ですな(苦笑
主治医に、手術翌日から歩いてもらいます、って言われて思わず「は?」って言っちゃいました
ま、母親が肺癌で、癌部分を切除したときも、背中とかあちこち3箇所切ったのに、そういや4日で放り出されて来ましたがね

後は、社会保険関係を早めに何とかしないと、と今日は痛感しました
退職扱いなんで今日は自費だったんですけど、5万請求されて一瞬固まりましたw
いやぁ・・・2割負担、3割負担のありがたみをヒシヒシと感じましたよ
任意継続にしろ、国保にするにせよ、書類が揃ったらちゃきちゃくやらないとなぁ

というような感じで、休んでいるとは言えぱたぱたしておりますが、暇な間にできる限りネタを投下したいと思います
とはいえ、今週は鉄血のオルフェンズ無いから、アニメの感想は来週からか・・・

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2017/01/06 20:39 | 雑記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

富士周辺旅行記in2016 初秋

旅行から帰ってきてそのまま会社に行ったら、旅行で発散したはずのストレスが、あっという間に戻ってきたでござる

おかげで、秋の新アニメの予約が今日まで延びてしまった・・・
「鉄血のオルフェンズ」と「終末のイゼッタ」を録画予約してたら、「聖闘士星矢 黄金魂」の再放送を見つけ、うっかり予約したのも私だ

聖闘士星矢Ωは性に合わなかったが、初代黄金聖闘士が主役となれば話は別だぜ・・・
でもミロの声は池田さんが良かった、とか言っちゃうけど
関さんが悪いわけじゃ無いけどね
まぁなんにせよ、アイオリアが主人公だったら見るしか無いわー

続きを読む »

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

2016/10/01 21:34 | 雑記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

新型PC作成顛末【後編】

今週は真面目に踏んだり蹴ったり・・・
週の頭、数年ぶりに38度の熱を出してダウンしました
平熱の低い自分には、38度は既に幻覚を見るレベルです
ベッドの上で悶えつつ、なんか頭の中では仕事をしていたような気がする(別の意味で病気
仕事場に戻れば、色々なことが絡まって制御不能状態
これじゃあまた熱出しそうですわ

そして昨日、ついうっかり今更スパロボBXをポチってしまいました・・・
だって、ナイトガンダム様をやっぱり自分で動かしたいんだもん・・・

続きを読む »

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

2016/07/30 20:10 | PC自作系COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

新型PC作成顛末【前編】

日本では無く、海外で先んじてリリースされた「Pokemon GO」
伝え聞くニュースでは、馬鹿みたいな大流行を見せ、社会現象&社会問題を巻き起こしているとか・・・


全く運動しない米国人が、ポケモン集めのためにせっせと運動した結果、知らぬ間にダイエットに成功したとか
学校の中で授業そっちのけでポケモン集める連中が多発したとか
捕まえに行きづらい場所のポケモンを探すべく、ドローンを改造する馬鹿が現れるとか

嘘か本当か判らん話が跋扈兎しておりますが、それも日本でリリースされればまゆつばものか判るでしょう

実際、リリース前のイメージPVでは、街中でポケモンを実際に探す、と言うイメージが掴みづらかった感じでした
しかしなるほど、Ingressの系列であるならやりようも判ります
あの位置ゲーがポケモンと組み合わされば、そりゃあ確かに面白くもありましょう

と言っても、自分は今のところプレイ予定は無しです
スマフォでゲームする気にはさらさらなれないので・・・

続きを読む »

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

2016/07/18 21:08 | PC自作系COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

【スパロボ学園】救え イニストラード その18【ゲー同MTGの戦い】

結局、DIABLO3やりまくってる管理人です。
と言っても、いったんPS3でクリアしているから、道のりわかってるってだけの有利さですけどね
まぁ何にせよ、物理職は良いですなぁ
敵のど真ん中に入っていても、殴って勝てるって・・・
まー、レベルノーマルだけどね
ヘルとかでやったら死ねそう


さて
実に3ヶ月も寝かせてしまった、漆黒の翼さんからのSS投稿をやっと掲載できます

漆黒の翼さん、ホントにすんません
待って下さってる方が居たんですが、マジですみません
人生止めかけてたんです、ホントごめんなさい

続きを読む »

テーマ : スーパーロボット大戦シリーズ - ジャンル : ゲーム

2016/06/18 12:54 | 雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

【訃報】水谷優子さん 死去

最初に聞いたときは、何かの冗談だと思いました

いや、今でも、冗談であって欲しい

まだ51歳でらっしゃったと言うだけで無く
あれだけの活躍をされていた方が、こうも簡単に天に召されてしまうのか、と

スパロボ的にエクセレンの声、と言うだけで無く
本当に色々なキャラクターに命を吹き込み、世に送り出した水谷さん

神様はいつも理不尽だ
水谷さんのあの素敵な声を、何故に我々から奪うのか

今日はとてつもなく悲しいです

水谷優子さんのご冥福を心からお祈りします

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2016/05/19 22:51 | 雑記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

書評 生物ミステリーPRO「エディアカラ紀・カンブリア紀の生物」

うp主はゲームやアニメの話を主にしていますが、実際には科学のお話も大好きです。
化学の方は苦手ですが、生物学・惑星科学などが特に好きです。
もちろん好きなだけで専攻しているわけではありませんかので、その道の方からすれば単なるアマチュアですけどね

さて前置きはここまでにして
今日は久しぶりに古生物学の良い本に巡り会えたので感想を記載したく
それが今回のタイトル 生物ミステリーPRO「エディアカラ紀・カンブリア紀の生物」です

著者は、この業界では著名の土屋 健 氏
科学雑誌ニュートンでの日本語に関する編集では非常に有名で、かつ分かりやすい解説を書かれることで、自分も昔から存じ上げていた方です
そう言う方と、群馬県立自然史博物館がタッグを組んでいるという点で、この本は入門書としても目の肥えたアマチュアにもお勧めできます

続きを読む »

テーマ : 博物学・自然・生き物 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2016/05/07 19:10 | 本の感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT