宇宙世紀という「虚構の未来」

このネタは昔から書きたかったのですが、内容が政治的というか、宗教的な部分が非常に多くなるため、少し避けていたものです
そう言う話題は、共感を得られる場合とそうで無い場合の差が広く、さらにはネット上での無用な争いの原因になり得るものです
ですが、今日はエイプリルフール、つまり嘘の日ということで(?)、宇宙世紀がまさに和製の環境から生まれた、世界的に見ると虚構の世界である、と感じる部分を述べていきたいと思います

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士 ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2015/04/01 10:39 | アニメ考察COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

【どうでも良い考察】性別の差と外見の区別

ビックムーンブリッジさんとこの管理人さんは、アキバに行かれたようです
そこで公開されていた、A.C.E RのPVに、アルトアイゼンとかART-1が居たそうです
・・・マジですか
これは何を意味しているんだ!?
喜んで良いのか悪いのか!!??

ともかく、明日のネット上での公開を待つほか有るまい・・・


宇宙刑事ギャバン関連のイベントがあったそうで、記事が上がってました(リンク
ああ、みたなぁ宇宙刑事シリーズ
メタルヒーローシリーズはホントに出来が良かった
俳優さんも撮影技能も、力が入っていて素晴らしかった
懐古厨と言われるかも知れないが、よいモノはよいんだ(ぇ
なにげな~くガンダムエースの漫画を眺めていた時です

以前の記事で、地球連邦の制服って、基本デザインが100年近く変わってなくておかしい、なんてことを書いたわけですが、それでも一年戦争の頃から、人によって差異はあったわけで、時代ごとにその"区分け"も変化していきました
そこでふと気づきました
一年戦争の頃の連邦の制服には、大きく分けてこんな差異があったと思います
一般徴用兵の制服(男はブルー、女性はピンク)
仕官用のグレーの制服(男女差無し)
将官(レビル将軍などが白を着ている)

ところがこれが0087以降になると、一般用と仕官用の差は残ったものの、男女による塗り分けが無くなっていて、これは最終的に映像化された0150年代まで続くことになります
そしてこの後、男女の色分けはガンダムSEEDまでほとんど見られなくなったのです
何故急にΖガンダムの時代から色分けがなくなったのでしょうか
そしてそれはどういう意味があるのでしょうか
他のアニメ作品も絡めて、実にどうでも良い考察をしてみたいと思います

続きを読む »

テーマ : 管理人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

2010/07/19 20:21 | アニメ考察COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

【ガンダム駄文】とびっきりの最強同士の戦い

相変わらずノンビリとやっているガンガンNextのNext Plusモードですが
気がついたらGPが満杯だったため、全機種を解放しました
あれだけ「溜めるのうぜぇ」とか言ってたのに、塵も積もれば山となる

んで、「チームUC」とは名付けたものの、UCの機体ばかりでもあれなので、アナザーの機体もある程度混ぜて使うことにしました(アナザー専用のファイルとは別のチーム)

そんなこんなで、シャイニングをまずは加えました
たまたまEz-8(シロー)が居たのですが、マップ開始前にドモンとの掛け合いがありました
ドモン「よぉぉし、行くぞォォ!」
シロー「ああ、絶対に生き残るッ!」

・・・声を脳内再生しただけでも、とてつもなく暑苦しく、ウルサそうです・・・

そんなチームに、最近ターンAが加わりました
少々エディットをした後、マップを開始しましたら、こちらもドモンとの会話が
ドモン「おい、そのガンダムも強そうじゃないか!この試合が終わったら、勝負してもらう!」
ロラン「ちょっと待って下さい。なんでそうなるんです?」

・・・物騒なモンに喧嘩売るな、ドモン

ここでふと考えた
まず基本的に、ドモンVS他のガンダムシリーズを考えると、ほぼ『ドモンの勝ち』しかシミュレートできない
カミーユのハイパー反則モードでも、アムロさんがサイコフレームで奇跡を起こしても、そして種が割れようがトランザムしようが、最終的にはドモンが勝っている姿だけが思い浮かんでしまう
何故かと言えば、どんだけ追い詰められてもコイツの場合、「俺のこの手が真っ赤に燃える!」で済ませてしまえそうだからだ
この戦力差(気合いの差?)を覆せる存在は何か?
と考えると、本気出したターンAかターンXしかない、のかも知れない
ゴッドも最強に相応しいが、ナノマシンで全てを無に還えし、地球から軽く木星までテレポートできちゃうターンAも、やはり最強に違いない

さて、本当にドモン(シャイニングでもゴッドでも良いが)とロランがガチ勝負したらどうなるんだろう。脳内シミュレーションしてみた
ど突き合いの果て、超怒ったターンAがまき散らすナノマシン
この分解能力に、さすがのゴッドも身動きが取れず、徐々にその機体が浸食される
「負けない・・・俺は負けない!このキング・オブ・ハートの紋章にかけて、こんな所で倒れるわけにはいかないんだ!」
金色に輝きだしたゴッドガンダムは、そのは気でナノマシンを吹き飛ばし・・・

あれ、なんでこう言う流れになる?
うーん、うーん、別のパターンは・・・
・・・やっぱドモンの気合いが勝つような気がする・・・

皆さんはどう思われるでしょ?

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2010/07/14 00:35 | アニメ考察COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

【アニメ考察】シャア・アズナブルは人並みの人生を夢見るか?

こないだ見つけた、TM NETWORKの動画
すげぇわ、この技術。合成による迫力満点

そしてやはりBEYOND THE TIMEは神曲だな
・・・しかし、こんだけ大量の音が流れているのに、松本孝弘氏のギターだけは、スタートした瞬間にすぐ判るw

ちなみに管理人は、稲葉さん好きのB'z好きです


管理人はシャアはあんまり好きじゃありません
何故かというと、基本的に受動的で、自発的な行動をしない人だからです。まぁ要するに、言われないと動かない
だから情けないヤツって言われちゃうんだと思うのですが
しかし最近、彼の出るSSなどを書くため、資料を見返してみた時に、シャアがそうならざるを得なかったのも仕方ないな、と感じるようになりました
それもこれも、彼がジオン・ダイクンの子だったことに端を発しているわけです
多くの場所で語られているとおりなので、これを改めて語るまでもないことですが、少しだけ持論を記述しておきましょう

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2010/05/02 02:24 | アニメ考察COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

歴代ガンダムのデザインについて、徒然と

ガンダム世界に詳しい方には敢えて説明するまでもありませんが、ガンダム(と言うよりMSを)をデザインした人というと、主に下記の方々が挙がると思います

  • 大河原邦男
  • 明貴美加
  • 出渕裕
  • カトキハジメ
  • 藤田一己
  • 海老川兼武
  • シド・ミード
(敬称略)
この方々以外に、Ζ~逆シャア時代のいわゆるコンペ形式だった頃を含めると、永野護氏や近藤和久氏に小林誠氏、設定協力なら河森正治氏も入ってきますし、ダブルオーではフロムソフトウェア出身の柳瀬敬之氏も関わっていたりします
これらを全て扱えるほど、ワタクシもガンダムのメカに精通しているわけではないので、今回は主な主役ガンダムについてのみ述べたいと思います

※あくまで管理人の主観です。感じ方が違う方が居られるのは当然かと思います
ご意見があれば遠慮無くコメント下さいませ

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2010/01/17 23:29 | アニメ考察COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

【考察】耐Gからパイロットを護れ!

何かまた突然、考察ネタを思いついてしまいました
是非皆さんのご意見を伺いたいところである(苦笑)


現代の戦闘機乗り、またはNASAの宇宙飛行士の方々が、身体を固定されて巨大な機械に振り回されている様を、映像でご覧になったことがある方は多いはず
ああ言った耐G訓練が、特殊な環境で肉体を振り回される人間には、どうしても必要不可欠である
スペースシャトル発射時の最大Gが3G。単純に考えれば自分の体重が3倍に増えたような重みに耐えなければなりません
また、音速で飛行する戦闘機上でかかるGは、最低でも6Gを越えると言われています。瞬時とは言えこんな衝撃を受けてしうと、場合によっては脳に血液が回らなくなることがあり、そのまま意識を失って墜落事故を起こす可能性があります(まあ一応、そのためにあるのが耐Gスーツですが)
それが巨大ロボットのコクピット、しかも敵ロボットとの取っ組み合いのバトルを繰り広げるとなれば、その加圧は相当なモノのはず
ロボットの耐G対策は果たして充分なのでしょうか?

続きを読む »

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2009/11/21 01:15 | アニメ考察COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

【プチ考察】"オールガンダム"は映像化できないのか

今週のディケイド観た
ええい、話の展開が早い上に暗いぞ(苦笑)
また海東のキャラが変わっててオイオイだったが、それ以上にアポロガイストどんだけw
で、剣崎君(=本物の仮面ライダーブレイド)
君は何をしに来たんだい。鳴滝さんみたいなことやっとってからに
つーか真の黒幕って鳴滝さんなんじゃねーの?


そんな劇場版仮面ライダーディケイド
見に行きたいけど、ツレが居ないw
一人で行くのも寂しい。誰かと一緒に盛り上がりたいじゃないですか、ええ
しかも、もれなくシンケンジャーも見なければならない、と言うのが何ともキツいww

・・・などと考えていてふと、どうしてウルトラマンや仮面ライダーはこういうお祭りを造れて、ガンダムではこれができないのだろう、とふと思いました

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2009/08/23 22:22 | アニメ考察COMMENT(2)TRACKBACK(1)  TOP

【考察】黒歴史とはいかなる流れなのか【ご意見募集】

まだ『仕事人』などのSSを書けるほど、脳が復活できてない管理人です
ネタはもうできているのですが、ブラッシュアップする余力がございません
なので、少し違うネタが続きますが、どうかお付き合いいただけると幸いです

さ、イヴさん
ネタ提供の時間ですよ!(何

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2009/06/20 21:48 | アニメ考察COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ちょっと種ガンダムについて語ってみようか

この後、ガンダム無双の種系が一気に来るので、その前にこの話題

語る前にとりあえず動画を貼っておこう
※コメ消し大推奨

動画の出来はいいのに、素晴らしいまでに醜い、種アンチと非アンチの争いが展開されている・・・

というわけで、毎度まさに『争いの火種』になるSEED系の話題
ワタクシ自身も、これについては敢えて語るのを避けてきました・・・だって炎上させてほしくありませんし、こんなマイナーなブログであっても

でもまぁマイナーな場所だからこそ、少々語っても大丈夫かな?と思いましての記事です
種の批判と言うより、自分自身の種への考えを語っているだけですが、とにかく種が少しでも悪く言われているのが嫌いな方は読まないでね

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2009/02/21 22:37 | アニメ考察COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

【考察】機械生命体は電気羊の夢を見るか?

スパロボMX50話
デビルガンダムとの因縁に決着が着くこの面は、やろうと思えば無限稼ぎができます
つまり、ちまちまとデビルガンダム四天王のHPを削りつつ、雑魚のデスアーミーとデスバーディを落していくと、四天王が居る限り何回でも雑魚が増援で出てくるので、これまたコツコツ落していくと
で、ここがほぼ最後の稼ぎ所じゃないですか?(ガルファ本星はいろいろメンドイ)
稼げるだけ稼いでやろうと無益な(笑)戦いを続けていたら
20080514-01.jpg
ついにデスバーディごときがHP一万越えで出てきやがる事態にw
友人曰く「健康のためにやりすぎに注意しましょう」
最近電池の持ちも怪しく、PSPの健康が怪しくなってるので、自重せねばなりませんかね・・・


さて、いきなりブレードランナーみたいなタイトルで綴り始めるこの記事

事の初めは、これまたスパロボMXをやっているときに
「ガルファの連中ってメカの癖に、なんでこう理論整然と行動できないんだ?」
と思ったことなのです

機械生命体というと、漫画やアニメでの敵役として多くモチーフが登場します
中には友好的な機械生命体も存在しているようですが、ごく少数派と言えます
大抵の場合、有機生命体(人間)を不完全な存在として排除する、と言うのが目的としてあげられるのです。ヤツラは与えられたデータの中で、YesかNoしか判断しませんからね
そのわりに、螺旋城の主もギガグルメイ達も、同じ組織内で陰謀を巡らしたり、失敗を隠そうとしたり、実に人間らしい「感情」がある
アニメの演出上としては、彼らの"命"を表現するために必要かも知れません
ただ冷静に考えると、このような"情緒を表現する機能"が彼らにとって必要なものなのでしょうか?

続きを読む »

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

2008/05/15 19:16 | アニメ考察COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT