FC2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十四話(終)

本日のルパパト
うっかり寝過ぎて、リアタイ視聴できなかったでござる

*パトレンジャー
咲也が不運だ、不運すぎる(苦笑
この子いい子なんだけどなぁ、ホントに・・・これが「良い人」評価の原因なのかも知れないけど
この騒ぎの結末を「なんだあれ?」「さぁ?」って見下ろしてる、圭一郎先輩とつかさ先輩の視線が全てを物語っていたw
咲也、生きろww
*ルパンレンジャー
他の箇所でも囁かれていますが、関係性をドライにしようとしているわりに、初美花のことになると
「悪い虫が付こうもんならただじゃ置かない」っていう、お父さんモードになる魁利と透真が笑えるw

初美花の方も、そろそろ咲也の本気に応えてやれよ・・・
*ノエル
どうもコグレさんとは一枚岩では無い模様・・・そんな気はしてたけど
ただの引っかき回し役かと思いきや、初美花の危機を知った時の表情、あれは本気だね
コグレに言っている台詞を考えると、ルパンコレクションの回収は必須と考えていても、そのために一般市民を引き込んだ事について、彼なりに義憤を感じてるんじゃ無かろうか
だからコグレとは違う方法で、コレクションを取り戻そうとしたいのかも
ただそのための方法で、"本当に"国際警察に改造したルパンコレクションを持って行かれたとしたら、今回のキューピッド役も含め、この人かなりの天然ドジッコじゃね?と思うのだ
*ギャングラー
うん、お魚なの飼育数は適切にね・・・
って、なんでここんところの怪人、一言知恵を遺して散るんだよw
*Xトレイン
物凄い無茶のある合体だけど、面白いから赦す(ぇ
それにしても、一人で二号ロボとか、そうそう前例無いんじゃ無いのかな
どんだけ目立ちたいんだよ、ノエル(違う
*次回は料理の達人
予告の寿司職人コスプレの圭一郎先輩にハートを射貫かれた人は挙手
とは言え、料理と言えば透真の出番なので、あれは多分イメージかなんかなんだろう
(´・ω・`)

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/07/08 21:19 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十三話

今日のルパパト
ノエルさんのせいで、今日のルパパトもカオス

*パトレンジャー
権限と管轄って面倒くさいよね。組織であればあるほど
その枠組みの中でやれることをやらなきゃいけない
ノエルに権限を盾に出されて、無茶苦茶納得行ってない圭一郎先輩を演じる結木さんの眼力がすごかった
で、次回・・・朔也はまだ初美花を諦めてなかったのかw
ノエルも余計なことをするもんだ
*ルパンレンジャー
ノエルの提案に乗ってやる物の、その後の態度が「利用してやる」っていうところが、ルパンレンジャーらしいと言うか
パトレンの方も信じているわけじゃ無いけど、責務に対して実直であれば、それはそれとして受け容れるというのが、やはり警察機構としての彼らであって
それに対して、自分達の良し悪しを最優先するところが、ルパンレンジャー
この態度を自己中と取るか、巻き込まれての仕方無しと考えるか

その辺りでキャラクターの印象も変わるよな
それにしても、なんやかんやで圭一郎先輩を評価している魁利が見れてよかった。
*ノエルとコグレ
絶対なんか隠してる。正直なこと言ってないでしょ、あんた達。グッドストライカーもなんだけどさ
だいたい(玩具の都合とは言え)、なんでわざわざ怪盗側はダイヤルファイターで、警察がトリガーマシンで、仕様が揃ってるのか
クレーンとドリルだけじゃなくて、バイカーをグッドストライカーがパトレン1号に渡したのも、なんか意図がありそうなんだよな
ただ、ノエルが「国際警察とギャングラーが裏で繋がってる」って言うのは、おそらく"あり"だろうことは察せられるけど
コグレさんはそんな中で、まだ嘘をついて居るッぽいんだよなぁ。ノエルはそれが気に入らないように見える
*ギャングラー
部下二人が、ノエルの呼称を言い争ってるところに
「面倒くせぇ!」って叫ぶドグラニオ様に萌えたw

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/07/01 21:03 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十二話

今日のルパパト
ノエルさんのせいで、むっちゃくちゃカオスになった(もう色々と全部)

*高尾ノエルさん
正体を隠して第三勢力で行くのかと思ったら、あからさまに自分を曝していくスタイルとは、恐れ入った
きっと主体となる居場所は国際警察にするんだろう。パトレンジャー側にもルパンレンジャー側にも、「潜入捜査」って言えるしね
で・・・国際警察フランス本部でルパンコレクションを研究して、改造していた、と言うこと
視聴者側は「人間が使えるルパンコレクションは、誰かが手を入れている」と言うのを、デストラさんの台詞で聞いているので、確実にコイツが怪しいのは判る。初期段階で、コレクションを人間に扱えるよう改造したのは、初代アルセーヌ
で、コレクションを集めることを任務と言っている
グッドストライカーも彼を友達と行っている
と言う状況から、アルセーヌの子孫なのは彼なのでは?という予想は付く
ただそうすると、国際警察の情報を横流ししていたのは誰?という問題が解決しない
ノエルがギャングラーをおびき出すため、ワザと情報漏洩を行っていた疑惑もあるが
とは言え、新しいマシンは男の子の血をワクワクさせる、操縦断面図付きの列車。しかも、走りたいところに線路が出現する恐るべき仕様。汽車と電車の組み合わせって言うのも、なんかこういろいろと妄想させますな
*パトレンジャー
ギャングラーを追いかけに行ったと思いきや、さらっと現れてノエルを確保する圭一郎先輩w
その後ノエルの素性を知っても、怪しさ満載の彼に疑惑の目を向け続けるが、それをつかさ先輩に「甘いお菓子」で「どうどう」されてるのがクッソ笑ったw
なお、ノエルの妄想に出てきた国際警察の面々が、ただの家族写真にしか見えない、ともっぱらの噂である
*ルパンレンジャー
夜逃げの準備が早い初美花が笑いどころだったw
今回は玩具の販促もあってルパンレンジャーも出番は多かったが、どちらかと言うと振り回された感じか?
*ところで
全然出番が無いザミーゴさんのことも、たまには思い出してあげてください

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/24 21:01 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十一話

今日のルパパト

なんというか、戦隊物ではテンプレートとして昔から存在するシナリオなのですが、組織が二つに分かれていることをちゃんと活かした内容になっていましたね
*パトレンジャー
こういう組織ものだと、必ず出てくる面倒くさい上司に絡まれるパトレンジャー
色々言うワリに、自分が一番何もしないタイプが多いんだがな、こういう場合
なので、もうちょっと朔也がキレても良かったと思うんだけどね(ぇ
それでも自分の仕事に対して素直でしか居られない朔也と、それを見越して待ち受けてたヒルトップ管理官・・・
管理官、かっこええぜ!
で、圭一郎先輩・・・そのお饅頭は何ですか。国際警察の公式アイテムなんですか、経費で落ちたんですか
そして実物はどこに行けば買えますか(おい
*ルパンレンジャー
料理を台無しにされてキレそうな透真と、それをなにげに止める魁利、というさり気ない演出に目が留りましたね
そして今回の件、このジュレとグッドストライカーがいないと解決できなかった、という舞台作りが良いです
最後に、「冤罪かけられて酷い目に遭った」者同士の共感か、パトレンジャーにグッドストライカーを譲る透真が何ともニクイ
*毎年恒例追加戦士
怪盗と警察の間を渡り歩くそうですが、どういう風に振る舞うのだろうか?
そもそもそう言うキャラクターが、国際警察本部の所属と(嘘か本当か)言う時点で、パリ本部が無茶苦茶怪しいわけで
*職場の覇権争い
同期の出世が気にくわなくて、主人公戦隊のコピーを作って、組織を牛耳ろうとした人が居た戦隊なら覚えてますね
ジェットマンって言うんですけど

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/17 21:20 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十話

今日のルパパト

いろいろとカオスだった展開
しかし、2つに分かれている戦隊の状態を、上手く生かしたシナリオだった
*パトレンジャー
たまにキレッキレになる圭一郎先輩は、地味に怖い
と言うところで、クレーンに吊されて落ちて来たと思えば、つかさをお姫様抱っことか、ネタの絶えない圭一郎先輩

そして、国際警察の中にある情報漏洩元は一体?
ザミーゴが一枚噛んでいることは間違いないんだが、ルパンコレクションのことを考えると、事は単純じゃ無いように思える
次回は朔也にピンチが訪れるが、一体全体どうして
今週のお茶入れで可愛いところを見せた彼に何があった?
初美花は彼を助けるのか?(ぇ
*ルパンレンジャー
どんな奴でも、気合を入れている相手には弱い魁利
自分自身が「努力」して、勝利にコンプレックスを持って、そこから起こしたすれ違いのこと、気にしてるんだろう
だが、魁利は良いとして、ブランコに乗ってるトリガーマシンってシュール
*ルパンコレクション
コレクションは元々、ギャングラーの世界にある物だった
と言うことは、コグレが言う「アルセーヌ様」って、次元を超える能力を持っていたのか?
わざわざそんなことをしてまでコレクションを持ち去ったのは、もしかして世界平和のためだろうか
ドグラニオが999歳というのも、何か関係している気がする
過去、初代(?)アルセーヌが、ギャングラーからの侵略に備えてコレクションを盗み出し、一部を逆に戦力にしようとして、現在のトリガーマシンを生み出した、と仮定すると
ドグラニオはその頃にアルセーヌと邂逅しており、コレクションは取り返したに過ぎない、という話にも発展しそう
何より、トリガーマシンを作れる(た?)のはアルセーヌだけである。すると、国際警察のフランス本部には、彼(もしくはその類縁)が存在しているかもしれない
それが情報漏洩とどう関わるのか・・・は、今は何とも言えない・・・
*トリガーマシン
絶対できると思っていたけど、やっぱりできた「警察のも怪盗のも同時に付けられます」
これは6神合体への布石だ!(おい

*映画予告
つかさ先輩、見られてます(ぇ

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/10 18:52 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第十九話

今日のルパパト

*ルパンレンジャー
ネタとしてはすごく真面目なのに、透真の入れ替わりネタでカオスなことに・・・
ただ、魁利の"覚悟"がどんどん昇華してきてるのが判った良回でもあった。間接的に、前話での圭一郎先輩の無茶振りから、何か学んだところはあるのかな
複雑な事情を話せないで居ることを誤魔化さない彼らと、以前の共闘のことがあるので、ある程度彼らに理解を示し始めていたパトレン2号のちょっとした会話を見るに、お互いの裏の顔が距離を縮めているのかな?
*パトレンジャー
やっている事は正しいのに、視聴者から見ると事態を混乱させているだけ、という狂言回しを上手く演出されたところに拍手
最後につかさ先輩が透真に話してた時、確実に彼女の透真感が「彼女に逃げられて、自棄になっている可哀想な男」になってたのが、かなり腹筋にきたw
圭一郎先輩もなにげに酷かったしね
あと咲也、お前は黙ってなさい
*ギャングラー
檜山さん、自重しる
あの声が聞こえてきた瞬間に、今回のお話での注目点を全部持って行きやがったw
なんて良い声ではっちゃけるんだ、あの御方は・・・
それにしても、ギャングラーにも『モテる』って概念があるんだなぁ
*次回予告
圭一郎先輩に惚れている日本国民なら、おそらく万単位で居る(確信)と思うんだが、それらを全て敵に回すキャラクターが出ると言うのか!?

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/05/27 21:27 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第十八話

今日のルパパト
これだ、これ観たかったんだよ!
良かった、たまってた鬱憤晴らしてくれる回が来て・・・
制作陣の思うつぼかも知れないけど、満足したから良し!
*パトレンジャー
3人+ヒルトップ長官が、みんな愛に満ちてて素敵だった
ヒルトップ長官はちゃんと部下を心配している。彼らが無茶をすると判っていて、けれど使命に忠実でありたい彼らを見守る
ヒルトップからのお土産にはしゃいでいた咲也はいつも通りだな、っと思ったら
いつもだったら初美花の花束で舞い上がるところ、それにゴメンと言って幼稚園に向かう彼に痺れる!
そして、誰に言われるまでも無く、圭一郎のために出動の準備をするつかさ
互いが何をすべきか判っているから、それを達成することを"仕事"にしているから、圭一郎も立ち上がる
余りの気合に、公式字幕も濁点だらけという状態
だがしかし、決死の覚悟でギャングラー倒した途端の、圭一郎先輩喜びの舞いで腹筋崩壊
さらに、幼稚園に報告に行った後の園児の反応への、圭一郎先輩の爽やかさ。咲也のお兄ちゃんぶりと、つかさの優しさも物凄いバランス良かった!
*ルパンレンジャー
倒れた圭一郎の姿を見てしまった魁利。いかに警察官とは言え、毒を死ぬほど食らってなお、必死で戦う圭一郎を本気で理解できずに戸惑うところがリアルでよかった。魁利にしてみれば、目的を達する前に死んだら意味ないからね。ここで魁利には、警察官が平和を維持するとい使命のために、どこまでも素直であることが、まだ噛み砕けないようだ
初美花の方は、一人幼稚園に向かった咲也が、軽いだけの男じゃ無く、なんやかんや言って警察官であるという、キラリと光ったところを目の当たりにする
だからこそ、ルパンレッドとルパンイエローは、ギャングラーにがむしゃらである、というのがシチュエーションとしていい!
透真は今回はヒルトップに褒められて、マジデレしてたのが可愛かったな・・・で、次回のアレはなんだよ!公式にキャラ崩壊ってww
*VSビークル
やはり、パトレン・ルパン側両方に与えられている(?)ビーグルは、ただのルパンコレクションでは無い模様
グッドストライカーは少なくとも、収集された当時のコレクションに詳しいはずで、その彼がトリガーマシンクレーン&トリガーマシンドリルの形が『違う』と言っているのが、まずキモ
そして国際警察の本部がパリにある(=怪盗ルパンの活躍の地)であること
やはりどこかに、両方に噛んでアイテムを与え、ギャングラートの三つ巴を指揮しているモノが居る、と考えるのが妥当か
*パトカイザーストロング
右手がドリルになった・・・もう三ツ矢さん、超電磁タツマキやれる準備できてるじゃないですか

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/05/20 21:00 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第十七話

今日のルパパト
出てくる度に株が上がっていく圭一郎先輩、株がストップ高になる日は来るのだろうか(来なくて良いけど

*パトレンジャー
圭一郎先輩ぃぃぃ!
小さい頃の経験から、人と社会を守ると言うことを、街のお巡りさんから学んだ圭一郎
幼稚園の男の子が正義を守るヒーローとして、ルパンレンジャーのコスプレをして居ても、それを咎めることも無く、警察という存在が街を守っているんだ、と笑顔で諭すのだ
そんな圭一郎がギャングラーに怒るのは、パトレンジャーを狙ったからでは無く、そのために一般市民を巻き込んだからだ!
全ての平和を守るためなら自分の命より、使命を優先して気合と根性で全てをぶち抜く
なんて熱いんだ、圭一郎先輩・・・
でもなんで笑顔を出そうとすると、"ギチギチギチ"って嫌な音がするのw
それを知ってて微笑ましく見守るつかさ先輩・・・
戦闘シーンがものすごい良いアングルで目が離せなかった、というのもポイント
*ルパンレンジャー
彼らにとってはコレクションさえ回収できれば、その後ギャングラーがなにしてもいい、ってのが今日はハッキリ描かれてたな
これからはこういうところをもっと増やして、ここからルパンレンジャーが正道に向かうお話が出てくると良いバランスかな
そして毎回コグレさんは出てくる度、なんかネタ発揮するわな
ちなみに次回、ぶっ倒れた圭一郎先輩のことを知って、魁利が「けいちゃん・・・」って複雑な気持ちになったら嬉しい(ぇ
*ギャングラー
ドグラニオ様、つぇぇぇぇぇ・・・
身体をぴょいっと動かしただけで、フィールド全部がぶっ飛ぶとかあんた・・・
しかも味方も巻き込むその非情さ
ヌルいものを見せたら・・・ああ、怖い
今までに無い敵ボスの描き方、なかなか良いぞ!

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/05/13 20:30 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第十六話

昨日のウルトラマンオーブ
オーブとジャグさんの迫真の戦いに痺れた・・・
この二人、ほぼきっちり互角の戦いしてる描写がされていて、そこがやっぱり「!!」と熱くなるポイントです
ジャグさんが言うとおり、確かに僅差でガイさんは負けてるんだけど、戦い方(というか主体性)で強さって変わる。そこを綺麗に表現した回だったと思います
青柳さんの怪演もすごしねぇ・・・


今日のルパパト
初美花身バレ回かと思ったら、そんなことは無かったぜ
つかさ先輩の可愛い物好き愛が、東京ドームシティを戦場に変える、という話だった(苦笑

それにしても導入がすごい良かった。こういう展開ありだな・・・
*パトレンジャー
つかさにちゃんと代休が出る国際警察。
ムシャムシャと羊羹を食べている圭一郎先輩可愛い。
つかさ先輩が「ウキウキしてた」という台詞に、微妙な違和感を覚える圭一郎と咲也が可愛い。
初美花がゲットしたぬいぐるみが、お目当てと違って爆死してるつかさ先輩の死に様が、オタクのそれを体現していてすごいw
でも初美花に八つ当たりしないのは、それこそオタクの鏡である
さらに欲しかった方のキャラが、ふわふわモフモフじゃなくて、ちょっとアレであったあたり、初美花の「守備範囲広すぎ!」というのはよく判る
それを「いつもの事じゃん?」って見てる圭一郎先輩が好きw
*ルパンレンジャー
初美花は行方不明になっている友人が帰ってくることを信じて、代わりにぬいぐるみをゲットしにいったんやね・・・義理堅い子だ
それで可愛くて機転が利いて、というのが今回はハッキリ描かれましたね

市民の安全のため、任務に燃えるつかさに対しても理解はある。でも、キャラ作りのために悪ぶってるところが見え隠れして、なかなか深い回だなと感じました
*全体として
ここまでの回、ほとんど必ずパトレンジャーが貧乏くじ引いてるので、そろそろ鬱憤が溜まってきたところ
ただ、次回予告で圭一郎先輩が超はりきった上、ビーグルの中でぱたんきゅーするほどなので、今度こそ「うおおお!」と思える展開があるか?
でも圭一郎先輩、無茶だけはしないでね!

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/05/06 18:37 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第十五話【追記あり】

今日のルパパト
圭一郎先輩の美貌のために、関係の無い江角マキコ氏の名前がトレンドトップに食い入るとは・・・!
なんと言うことだ!(おい


とりあえず、「ある」とか「ない」とか、そう言うのを小さいお友達に見せて良いのか
明日学校とかで、そのネタで一騒動起きないか?

*パトレンジャー
女装というと言うよりは、性転換ネタ
圭一郎先輩のことは上で述べたとして
つかさ先輩が男前すぎて違和感がねぇ
そして咲也・・・お前はどこまで天然なの、自覚があってズレてるの?ねぇ、大丈夫?
だがそんなこいつが可愛い(おい
特にギャングラーを映画好きという弱点を活かして足止めした時の、よっしゃって言うポーズが萌える

でもここまでパトレンジャーを出したら、最後までパトレンジャーで締めるべきだったんじゃ無いのだろうか
オモチャの販促というのは辛い物だ
*ルパンレンジャー
今回は最後だけ持って行ったな・・・
それにしても咲也のあの行動、羽美花はどう思ったんだろうか。正直聞きたい
*ルパンコレクション
ビーグルの性別って何だよ
小一時間問い詰めたい
*ギャングラー
「さよなら、さよなら」って、小さいお友達にそれ通じないよ!
で、オヤーブン、意外と目立ちたがり屋ですか・・・?
*映画撮影
東怪撮影所って・・・どんだけ怪獣が居る魔境なんだ
そして監督は、ただの映画バカだったようだ

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/04/22 20:11 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT