FC2ブログ

はつお嬢さんの卵、回収しました

ずっと観察してきましたが、流石に潮時だろうと、昨日隙を見てはつお嬢さんの卵(無精卵)を撤去しました
最後の産卵から既に2週間ほど経過しています。一部の卵は割れたまま抱いているので、腐敗の影響など受ける心配があるし、なによりもうその卵が孵化することは無いわけで・・・

最初は怒るかと思ったのですが、しばらく卵が有った場所をウロウロしたあとは、すっと状態を変えて、産卵前の状態に戻りつつあります
でもそれは、自然の摂理に照らし合わせれば、ごく自然な対応だよな、と思いながら観察しています
彼女は飼い鳥として産まれましたが、身体の隅々には本能という物が残っています
巣で抱卵している鳥は無防備ですから、雄雌どちらかが外敵に対して目を光らせ、卵を守らなければならない
しかし、それが何らかの形で無くなったら、そこに執着せずに、さっさと場を離れてしまわないと、外敵の格好の的な訳です


大型哺乳類は、死んだ仔をなんとかしようとしたり、嘆き悲しんだりすることが目撃されますが、それは彼らが外敵から襲われにくい巨体であることと、無関係なわけでは無いと思います

そういう本能こそが、今回の無精卵にも繋がったわけですから、本当に生き物の身体に刻み込まれた行動っていうのは、不思議なものです

そしてはつお嬢さんは、元気で悪戯しまくりの破壊神に戻りました
それまで全く手を付けていなかったオモチャを振り回し、バッキバキに破壊してます
人間の手の平に収まるサイズとはいえ、仮にも木製のおきかがりこぼしを嘴で掴んで持ち上げ、ぶんぶん振り回すのはすげぇです
嘴と首の筋力どうなってんだw

コザクラインコは種子食であって、そんな力要らないと思うんですが

・・・また新しいの仕入れてこなきゃ・・・(苦笑

スポンサーサイト



テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

2019/08/27 08:58 | コザクラインコCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

はつお嬢さん 産卵す

産まれてしまえば、呆気ないものでした

朝起きて、籠にかかっている目隠し代わりのタオルケットを外したら、小さな卵がちょこんと

「あー・・・とりあえず、産んだんだ・・・」

と、ホッとしている人間の目の前で

「ねえ!なんか出た!なんか出たの!!ねぇ!!」
と、騒ぎまくっているはつお嬢さんがいました
うん、それは君のお腹から出てきたんだよ

続きを読む »

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

2019/08/09 19:19 | コザクラインコCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

はつお嬢さん 発情から抱卵までの記録

やってしまいました・・・
発情行動は出ていたので、お医者さんに相談したり、自分でも調べたりしてたのですが
結局彼女が卵を作ってしまうのを止められませんでした


もうちょっと厳しくすれば良かったかなとか
反省点はたくさんあります

今後のことや、これからコザクラインコを飼う人のためにも、記録を取っておこうと思います

続きを読む »

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

2019/08/07 20:14 | コザクラインコCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コザクラインコのはつお嬢さん、喋る(?)

いや、まだ確信持てないんですけど
彼女がある場所に入ってハッスルすると
「好き!(チュキ!!)」
って言ってるっぽいんです・・・
出ておいでって言っても、チュキ!チュキ!って言って出てこない・・・

明日、ちょっと動画撮ってみようと思います・・・

テーマ : 鳥さんとの暮らし - ジャンル : ペット

2019/07/15 19:32 | コザクラインコCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コザクラインコのはつさん・・・は雌でした【3】

先日、自宅の空気清浄機(シャープ製)に、はつが乗っているところをTweetしたところ、SHARP公式様に採用され、結果ツイートのアクティビティがとんでもないことになりました(汗
2019011001.jpg
公式アカウントの力ってすげぃ

そんなはつですが、本日のとある行動でほぼ雌と判明しました
それは、広告をバリバリと嘴で千切った後、お尻(背中)にその紙片を挟み込む、という行動が確認されたこと
IMG_20190110_211534.jpg
IMG_20190110_211610.jpg
これは、コザクラインコの雌が発情したときに行う、ディスプレイ(巣作り)行動なのだそうです

・・・っていうか、生後4ヶ月で発情するの?
いや、そもそも発情って誰に?何に?
発情させたらアカンとか聞いてたけど、どないしよ??
と、ちょっと困っている自分がいます


いや、はつに関しては・・・と言うか、熱帯魚たちもそうなんですけど、基本的にはベタベタ関わらないようにしてるんです
人間の都合で囲っている以上、こちらの都合で可愛い顔をしてもらいたいとか、格好良いポーズを取って欲しいと思うのはおこがましいと考えているので
その、ある意味放任主義が、逆にはつの心情を左右して、発情に至らせていたら、それはそれで彼女に申し訳ない
発情すると、特に雌は卵を産もうとしたり、卵がないとストレスが溜まる事があるそうなので、ちょっと対策を考えないといけないな・・・と考えております

テーマ : 鳥さんとの暮らし - ジャンル : ペット

2019/01/10 22:46 | コザクラインコCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

我が家の小さな家族達の出来事

犬や猫に限らず、鳥も魚も家族なので「ペット」という表現があまり好きでは無いのですが、かと言って別の言葉もなかなか思いつかないので、とりあえずペットと題しまして

とは言え、なんか良い言葉ないですかねぇ
あくまで自分は彼らを友達というか、やっぱり家族として見なしたいんですが、そう言うことに拘るのも人間の身勝手なんでしょうか

例えば、今まで5匹ほど買ってきたベタたち
全員雄ですが、繁殖はさせないで一生を過ごさせました
本来は子孫を残す権利があったはずで、人間が勝手にその機会を奪ってるんだよなぁ、っていつも思うんです
かといって、ベタって雌とのマッチングも凄いシビアで、相性が悪いと雌殺しちゃう
その上で産卵がなったとして、卵を孵化させた後の責任を自分が取れるのか?というとそこもNOで
家族とか言いつつ、彼らの生殖に関して無意識にコントロールしている、って思うとなんか複雑です

続きを読む »

テーマ : 小動物全般 - ジャンル : ペット

2018/11/27 14:08 | ペット全般COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コザクラインコのはつさん【2】

はつさんと生活を始めて、はや3週間
前回の記事の頃は、今後が心配な状態でしたが、どうにかこうにか、上手くやって行けそうな状態になりました

ペット保険にも入りましたし
もう少ししたら、健康診断にでも連れて行こうかと思っています
体重を量る分には、60g前後を維持しているので健康そうですし、遊びついでに入れて置いたコルク(管理人が飲んだワインの痕w)を、素晴らしいドリル力で破壊してますし、見た目には健康その物でございます

しばらくしたら、風見鶏さんお薦めの大掃除かなぁ

続きを読む »

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

2018/11/07 21:52 | コザクラインコCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コザクラインコのはつさん【1】

夢にまで見た鳥さんライフ
単に可愛いと言うだけでは無く
美しい生き物として愛でたい鳥さん

ネット上には可愛らしい情報も溢れ、羨ましい限り

そして時は満ち、いざライフに向かって舵を切ったワタクシの道は
意外と茨でございました

続きを読む »

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

2018/10/26 22:30 | コザクラインコCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

黒ベタ"黒さん" 逝く

先ほど、黒さん(黒ベタ)の臨終を看取りました
もうだいぶ前から身体の調子が悪そうで、お気に入りの土管でジッとしてたんですが、昨晩急に草むらに身を寄せるようになり、もしやと思って専用の網を近づけたら、自分から入ってきたので「あ、そうか」と。
もう辛いんだって気づきました
ベタは空気呼吸が可能な分、元気だと水底から水面に上がって空気を吸うのですが、遊泳力が落ちてきてもこれをやっちゃうんですよね
これができないって、自分で気づいたから網に入ってきたんだと

さすがに6匹以上付き合ってくれば、なんとなくそう言う空気も判るものです

そして先ほど、見つめ合っている最中に息を引き取りました

今まで、仕事から帰ってきたら倒れている、って状況ばかりだったので、三連休まで耐えてくれて、最後を看取らせてくれた彼に感謝しつつ、土に還して線香を上げてきました
これまでになく、元気で我が儘で、でも人なつっこい奴でした
10ヶ月ありがとう。ゆっくりお休み

(この後グロ注意)

続きを読む »

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

2018/07/16 14:01 | 熱帯魚日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

せいじ(ベタ)星となる

数日前から具合が悪そうだったせいじ(ベタ)が、さきほど天に還りました

何度立ち会っても、友達が死ぬところは心に来ますが、今回は少し違いました

今までの子はふと具合が悪くなって、見た目にも鱗がはげてしまったり、ヒレが溶けてしまったりとあったのですが
せいじはなんとなくご飯を食べなくなり、それでも自由気ままに泳ぎ回り
何度も自分へ視線を投げかけては、いつものように尻尾をフリフリし
そして気ままに旅立っていったように見えたからです

たぶん、天寿なんだろうなと
少しも迷うことなく、自分のまま逝ったような
だから少しだけ、泣かないですみそうです

ありがとうね、せいじ
DSC_0447.jpg
君ほど、自分と友達になれたような気がするベタは居なかった、と思う
いつも呼ぶと来てくれて、気がすむまで睨めっこしてくれて、本当に嬉しかった
君のためにずっと頑張れたところもあった
また何処かで逢おう
お休み

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

2017/08/18 23:39 | 熱帯魚日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT