今月のヴァンパイア十字界を読んで

いろいろなところで言われているが、ブラックスワンの元はステラ(さらにはストラウスとの子供)が使われているという憶測がある
たぶんそうだと思うんだな
というのも、第3巻で華雪がブラックスワンの記憶を探る中に、"ブラックスワン"が浮かんでない手を握り、微笑むストラウスの図がある。ストラウスがこんな顔をして見つめる相手って、ステラしか居ないわな(ブリジットはあくまで"娘"なので、こういうはにかんだ笑みは向けない)

ブラックスワンのストラウス探知能力っていうのは、ストラウスを慕うステラの純粋な想いなのかもしれず

で、ふと思ったのだが

もしや、ストラウスがアーデルハイトを甦らそうと思ったのは、「守りたいから」じゃなくて、後妻も巻き込んで一家心中するつもりなんじゃないのか?
だって、ブラックスワンの消滅条件は、「ストラウスとアーデルハイトを葬ること」
ストラウスがセイバーハーゲンに逢い、ステラのことを聞き出したのなら、ブラックスワンの正体に察しが付いた可能性はある
だとするなら、さっさと二人揃ってブラックスワンの元に現れ、殺害されることで3人揃って成仏!・・・とか?(汗

それにしても、つくづくセイバーハーゲンさえ居なけりゃなぁ・・・

スポンサーサイト

テーマ : ~漫画感想~ - ジャンル : アニメ・コミック

2006/05/15 01:18 | 漫画考察COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |