【KF3】ヒイロと刹那の国荒らし日記【最終話】

今日は久しぶりの休みだったので、いろいろ買い物に出かけたのですが
うっかりヨドバシカメラに寄ってしまい・・・
101205-200946.jpg
買っちゃいました(爆
壽屋のキット買ったの生涯で初めてだよ、造れるのかなこんなヘタレが
イヤ・・・ポイントで買えちゃったのがいけないんだよォ(苦笑

しかし、ライザーも組んでないのにどうするんだ、自分
まぁ、ライザーは放っておいても、漆黒の翼さんが造ってくれるだろうけど(ぇ
月末に出るGXディバイダーが・・・


ハンター×ハンターで有名な冨樫先生の、超傑作作品として有名な『レベルE』ですが、来年1月にアニメ化されるのはご存知でしたか?(サイト
具体的な放送時間とかはまだ判らないんですが、キャスティングで見る気になった
王子:浪川大輔
クラフト:子安武人

素晴らしい。良くやったテレ東
刹那「・・・おはよう」
ヒイロ「・・・」
刹那「どうだ、少しは改善したか
ヒイロ「ああ、なにやら身体が軽くなったような気はする」
刹那「そうか、なら始めるぞ。KF3、ラストミッションだ」
ヒイロ「俺の目が醒めるまで、待っていたのか?」
刹那「当然だ。これは俺達二人のミッションだ。俺だけでは終わらせられない」
ヒイロ「何も正座してなくても良かった気はするが」
刹那「人を待つときは礼儀正しくしていろ、とマリナが言っていた」
ヒイロ「・・・そうか。ところでお前の後ろに見える、その赤い染みはなんだ」
刹那「あれか。ささやかなお礼さ、メガネの引き籠もりと、コンビニ店員にな」
ヒイロ「お前少し性格黒くなってないか?
刹那「気のせいだ」

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/12/05 20:45 | 【キングスフィールド3】COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

【KF3】ゲイナーとレントンの国荒らし日記【6】

ティエリア「誰にでも過ちを犯す瞬間がある。要は後で、それをどう償うかだ」
刹那「・・・何が言いたい?」
ティエリア「ヴェーダからの報告で、どうやら地球に近々、何らかの危機が訪れる可能性があるらしい。このゲームの憂さ晴らしというわけではないが、成果を出すためにも一度艦に戻って欲しい」


――――訪れた、『来るべき対話』の刻。
彼らの世界の変革、そして人類の目覚めの刻。

「外宇宙から来た、地球外変異性金属体。
 ……連邦はそれを、『ELS(エルス)』と名付けた」

外宇宙からの来訪者。
未知なる生命体……ELSとの戦い。

「……、駄目だ…………」
『刹那!?』
「トランザム…バーストでは……、俺だけでは……もたない…………」

ELSは脳量子波を求めた。
イノベイターに変革する可能性のある者達が狙われ……多くの犠牲が出た。

「ロックオン、アレルヤ!刹那を頼む!!」
「ティエリア!?」
「お前、まさか……!」
「……精神データは残る。僕は…イノベイドだからな。
 だから…行ってくれ!刹那を……対話への希望を護る為に!!」
「くっ……!」

戦力比は1万対1。
絶望的な状況の中………ソレスタルビーイングはELSとの対話を試みる。


「………行きましょう、皆。
 これが私達の……いいえ、人類の…ラストミッション!」

希望とも言える、対話への鍵は3つ。

「GNT-0000、ダブルオークアンタ……。
 俺が望んだ力、対話の為のガンダム…………」

一つは、ダブルオークアンタ。
ツインドライヴ用に新造された太陽炉を搭載された、『対話の為の力』。


『刹那、ダブルオークアンタにヴェーダとの通信ユニットを組み込んだ。
 君が受けきれない分は、ヴェーダで……僕達で引き受けよう』

二つは、ヴェーダ。
高速演算を以って、『莫大な情報の流れを処理する力』。


「ダブルオークアンタ!刹那・F・セイエイ、出るッ!!」

三つは、純粋種のイノベイター。『対話を行う者』。

数多の命が散る戦場を、ダブルオークアンタが駆ける。
ELS中枢へ。対話を行い、そして分かり合う為に。

「刹那を援護する!ライル、遅れるなよ!?」
「兄さんこそな!」

『奴らに負けてられねェ!俺達も行くぜ、アレルヤ!』
「うん!」

中枢に辿り着いた刹那は、クアンタムバーストで対話を試みる。
そして――――――ELSの『真意』を知り、ELSもまた刹那の『想い』を知った。


「……行こう、ELSの母星に」
『いいのか?皆には……』
「会う時間など無い。それに……」
『…………』

ダブルオークアンタはGNソードⅤを武装放棄し、ELS母星への転移を試みる。
その先で、相互理解を確たるものとするべく………刹那はELSにある提案を試みた。


「ELS……俺と共に。受け入れよう……お前達を」
<…………>
『ッ!?刹那!?』

彼自身とELSとの………物理的融合。
彼は……それを『相互理解のはじまりを示す盟約』として成そうとしているのだ。


――――――――気付いただろうか?
その行為は、世界の未来…平和には繋がっていても…………彼自身の幸せには繋がっていない事を。
学園にはELSが一切認知されていない為に、そこに戻る資格を失いかねない行為に相当すると言う事を。


"今お前が目指している未来に………描いている世界の中に、お前の姿はあるのか?"

――――――これから語るのは、そんな彼が一歩を踏み出す話。
自分自身の罪を赦せる事を知り……幸せと言う名の未来へ歩き始める、その始まりとなる話である。


レントン「・・・で、なんでゲイナー兄さんがPSP握ってるんスか?」
ゲイナー「『刹那がティエリア・アーデに拉致られたので、取り戻してくる』って書き置きしたまま、ヒイロが居なくなっちゃったんだもの」
レントン「二人が帰ってくるまで待ってりゃ良いんじゃないッスか」
ゲイナー「いや~、なんか長くなりそうだしね・・・読者さん待たせちゃうでしょ」
レントン「で、道連れが俺ッスか」
ゲイナー「他に適任者が居なかったんだよ。コンビニのバイト休んでもらってまで、付き合わせて悪いとは思ってる」
レントン「リュウセイ少尉は?」
ゲイナー「RPG系は苦手だって断られたよ」
レントン「ゲーム同好会部長(=マサキ・アンドー)は?」
ゲイナー「・・・彼が真っ直ぐ進めると思う?
レントン「思わないッス」
ゲイナー「じゃ、そういうこと」
レントン「・・・理解したッス。でも後でこの分返して下さいね」
ゲイナー「年明けにガンダムスタンドアート箱買いするので勘弁して」

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/11/20 01:03 | 【キングスフィールド3】COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

【KF3】ヒイロと刹那の国荒らし日記【5】

今週のファミ通は、スパロボLの情報はありましたが、Another Century's Episode Portableの情報なんかはなかったですねー
まぁ、そんなに情報を小出しにされても困るわけですが

さて、気づかないうちに『ガンダム無双3』の公式サイトが、いろいろと更新されてましたな
その辺りも含めた、ガンダムインフォの記事はこちら
ここから公式サイトに飛んで、プロモーションムービーを閲覧
ほーほー、結構さくさく動くんだねー、などと思いつつ
スペシャルムービー第一弾、シナンジュを見ようと思ったら
重くて全くデータが降りてきませんw
みんな集中して見てるのかねぇ


ヒイロ「それはともかく、相変わらずモビルスーツ紹介に、俺が・・・というか、ウィングゼロが出てこないのは何故だ
刹那「今までも散々出ているんだ。今更という事なんだろう」
ヒイロ「それを言うなら、ガンダムやZガンダムがさっさと出ていることの説明がつかない」
刹那「まぁ、一応出演の確約はあるのだから、それほど焦ることでもない」
ヒイロ「ストーリーモードにすら名前がない状態で、どう落ち着けと言うんだ」
刹那「何事も焦りは禁物、ということにしておけ」
ヒイロ「それにも増して、俺は納得行かないことがある」
刹那「?」
ヒイロ「何故お前は、いきなりダブルオーライザーで出演なんだ」
刹那「・・・お前が第一作から、いきなりゼロで出演してるのと、同じような物なんじゃないのか?」
ヒイロ「・・・そうか?」
刹那「多分」

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/11/13 01:22 | 【キングスフィールド3】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

【KF3】ヒイロと刹那の国荒らし日記【4】

ユリカ「どうしたのルリちゃん、お花をいっぱい抱えて」
ルリ「はい、TV放映中に、私の脚本を手がけて下さった、首藤剛志さんがお亡くなりになったそうです・・・だから」
レミー「私たち、ゴーショーグンチームもお世話になったのよね・・・」
慎吾「61歳とは、本当に早すぎるよな」
キリー「いい人、偉大な人、そう言う人たちばっかり、早く死ぬもんだね、こいつが」
マリン「俺達バルディオスチームも、哀悼の意を表する」

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/10/30 00:46 | 【キングスフィールド3】COMMENT(3)TRACKBACK(2)  TOP

【KF3】ヒイロと刹那の国荒らし日記【3】

ルリ「はい、突然ですが『なぜなにナデシコ』のお時間です
と言うかお知らせです
管理人さん、早くA.C.E Rクリアして下さい
読者さん達の視線が痛いですよ」
ゲイナー「僕の出番が全然回ってこないんだけど?」
ルリ「あ、カンペが回ってきました
『ワザとじゃないんだからもう少し待たんかい』
と書いてあります」
ゲイナー「そんな事言ってさ、キングスフィールドにはまってるだけなんじゃないの?」
ゲイン「ま、PSPとPS3じゃ、ゲームのやりやすさが違うがな」
アナ「それにしても遅すぎです!つべこべ言わずにやりなさい!!」
サラ「アナ姫が怒る様じゃあ、相当サボってるんでしょうね」


ジュドー「はーい、次は『ガンダムVSガンダム EX VS』の情報ね」
ドモン「師匠の機体が、10/27から利用可能になるようだ」
バナージ「オードリーがナビゲーターになってくれるサービスも開始だって」
ロックオン「フェルトもそこに仲間入りだ。いやぁ、華が増えて嬉しいねぇ」
シーブック「ん・・・まぁ、そりゃ結構なんだけどさ」
シロー「カテジナ・ルースが加わるってのは・・・一体誰が得するんだ?」
ウッソ「僕的には大歓迎ですけど」
コウ「え~・・・?君、本当に大丈夫なの?」
ガロード「キャラ絵が、もろ女王様ポーズじゃねーか。こんな奴にナビゲートして欲しくねぇよ」
ウッソ「カテジナさんは、本当はこんな怖い人ではないんですよ。ただちょっとだけ、気が触れてるだけです
ジュドー「フォローになってねぇよ」

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/10/21 00:02 | 【キングスフィールド3】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

【KF3】ヒイロと刹那の国荒らし日記【2】

刹那「読者から、俺を気遣うコメントが入っていた・・・こんなに有り難いことはない
ヒイロ「そんなにイヤか、このゲームが」
刹那「その辺に骸骨が散乱し、墓を公然と荒らしまくり、人の不幸につけ込んでアイテムを盗みまくる、この不謹慎なゲームが楽しいと言っていいか?」
ヒイロ「俺達の戦場では、死体の散乱も、デブリ漁りも大して珍しいことではない」
刹那「そういうことをストレートに言うな」
ヒイロ「だが事実だ」
刹那「・・・せめてこの学園で居るときぐらい、劇中世界の現実は口にしない、そう言う生き方があっても良いだろうに」
ヒイロ「現実逃避だ。肯定できない」
刹那「この堅物め・・・

ミネバ「またあの二人が喧嘩をしているぞ。止めなければ」
アナ「大丈夫ですよ、ミネバ様。あれはヤーパンの諺で『喧嘩するほど仲がよい』というのです」
ミネバ「だが、ああやって今にも殴りかかりそうに、互いを睨み合っているぞ」
アナ「そうやっていることが、即ちツンデレ的なスキンシップなのです」
ミネバ「なるほど、そう言う友情もあるのだな」

ヒイロ&刹那「「それは違うッ!!」」←ハモリ

アナ「ね?」
ミネバ「うむ、そうだな。安心してプリンを食べに行こう」

(草葉の陰)
ゲイナー「アナ姫、ツンデレなんていつの間に、どこで覚えたんだろう・・・」
ロックオン「間違ってないから良いんじゃねぇの?」

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/10/17 11:00 | 【キングスフィールド3】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

【KF3】ヒイロと刹那の国荒らし日記【1】

ちょっと見つけてしまったMAD

ゲームハードの歴史・・・黒歴史だよな、特に『次世代機』の時代が
この時代にPSを買っていた自分は勝ち組
周囲には居ましたよ、PC-FXとかうっかり買っちまった奴が
3DOなんてのもあったねぇ・・・(遠い目


秋も深まってまいりました
ここは散る楓を見渡すスパロボ学園の一室

ヒイロ「さて、KF3のダウンロード完了。これより任務を開始する」
刹那「・・・勝手にやれ」
ヒイロ「機嫌が悪いな。せっかくA.C.Eへの出演も決まったというのに
刹那「何が楽しくてお前と二人、ゲーム同好会の部室で、そんな鬱々としたゲームを続ける必要がある」
ヒイロ「A.C.Eでも一緒だな」
刹那(余計にイヤになる・・・)
ヒイロ「それに、そう悪いものでもないぞ、このシリーズも。ほら見ろ、画面の向こうで読者のWild Heaven氏が、このゲームに興味を抱いている
刹那「読者を悪の道に引きずり込むな
ヒイロ「何を言う。このゲームのユーザーを増やすチャンスだ。というよりやれ
キングスフィールドは今でも、PSの中古ソフトとして入手可能だ。PS2が現役ならば、オークションなどで購入するのが良い
ただし俺は、ゲームアーカイブ版でプレイすることを推奨する」
刹那「無茶を言うな。PS3を持っていない読者は多数居る」
ヒイロ「だが、この鬼畜ゲークリア任務を安全に遂行するには、PSPのスリープ機能は絶対に必要だ
そうしなければプレイヤー達は、セーブポイントに辿り着くまでゲームを止めることができない

刹那「そんなもの、RPGでは基本中の基本だろう」
ヒイロ「セーブポイントに辿り着くこと自体が、既に死と隣り合わせの世界では、それを探せずに絶望し、ゲームを投げてしまうだろう
刹那「まぁ・・・それは否定しないが」
ヒイロ「さて、俺達もその、最初のセーブポイント目指して、これから旅を始めるわけだがな」
刹那「ヤレヤレだ・・・」

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/10/15 00:36 | 【キングスフィールド3】COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |