小動物を飼いたい

今日は独り言、というか駄文です
タイトル通り、小動物を飼いたい、という些細な悩みです

勿論、今我が家には多数の熱帯魚たちが居り、彼らも大事な家族なのですが、お魚君達はモフモフできないという重要な欠点があります
というか、もふろうとしたら彼らが死にます
鱗が傷つくし粘膜も取れるし、そこから病気になってしまいます
勿論下手な時間触ってれば、呼吸困難で死んじゃいます

かと言って我が家では犬猫は無理です。マンションですが一応ペットOKなんですけど、母親が異様に潔癖症のため、その手の生き物を飼えないのです。何せ先日ウサギカフェに行って帰ってきたら、楽しかったかどうかよりまず、「消毒したか」「臭いが移ってないか」を聞くような人です
もし勢いで飼ってきても、おそらく「爪で傷が付いた」なんてことが起きたら、発狂されます

ですが、自室で飼えるウサギやハムスター、鳥さんたちならなんとかならないか、と思うことがあります
でも、朝早く夜遅い自分が、無責任に生き物を飼って大丈夫か、と言うのが目下の悩みです
(熱帯魚たちはマイペースなので、温度と水の管理ができてれば、その手のことで死ぬことはほとんど無いです)

で、実は凄くフクロウに憧れるのですが、自分は彼らを飼うことができない・・・
それはフクロウが仮にも猛禽だからです

猛禽である以上、新鮮な血肉を食する物です。そのためフクロウには、その場で捌いた肉を与える必要があるそうです。そうして列挙される餌は、ウズラとかヒヨコ・・・生きているもの、です。つまり生き餌
ですが自分にはそれを用意することは到底できません。何故ならフクロウのためにウズラたちを殺せないからです

そもそも自分は、生き物が死ぬのを目撃すること自体駄目なのです
生きるために他の生き物を殺すのが必要と判っていても、道を歩いていてミミズが哀れにも乾いている姿に心が痛み、自分が食べるために頼んだアワビが火に焼かれている姿でトラウマになるのですから、言わんや生き餌の処理などできようはずもない
自分は人類が滅びる時、自分が生き残るために他者を殺せず、真っ先に死に絶えるでしょう(苦笑)


それでもペットを諦めきれない自分・・・
連休中に近所のフクロウカフェに凸して、まずは生で彼らを拝んでみたい・・・と思ってます

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2017/04/30 20:01 | 雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |