作品の時代性~原点とリメイク~

今日のルパパト
圭一郎先輩に注目が集まる回だったので、彼を除く5人が"みんなで"、何気なく協力してしまう、という物語性が良かった
*パトレンジャー
圭一郎先輩と付き合おうなどとと、なんという命知らずか、と思って観たら、末那ちゃんええ子やんか・・・
むしろ圭一郎先輩の、「駄目だけど、そこが良い」ところがまたもやクローズアップされ、本人の株がストップ高になっただけという
末那ちゃんに惚れられてるの、最初から判ってるんだ。判ってて、今の自分では答えられない。真面目だから。世界の平和のために本当に真剣に真面目だから。最終的に、末那ちゃんもそれ判って旅立ってる。何だよ、この純愛
みんな好きにならないわけじゃいじゃない、こんなキャラ
朝加圭一郎という漢、恐るべし
ちなみに、夢の中でぬいぐるみに囲まれデレデレの本性を剥き出しにしたつかさ先輩と、初美花が好きだけど写真集止まりで(成年として)自制している咲也の方が笑いを誘ったという・・・
圭一郎先輩のお巡りさん姿は永久保存版です(ぇ
*ルパンレンジャー
レッドとブルーの出番がアレだったけど、今回はこれでいいのかも知れない
今回のことで、初美花だけがパトレンジャー側と踏み込んだ関係になった。これは後々の伏線になるのだろうか
彼女を演じる工藤遥さんが、モーニング娘。で積んだ経験が活かされた演出も良かった
そして、この全員で圭一郎先輩を見守る光景がほっこりする
20180603.jpg
これ、いつか崩れる日が来るんだよね・・・
*ギャングラー
ギャングラー怪人の声が置鮎さんだったので、エラいエレガントな敵に聞こえました(中の人ネタやめい


はい、今日はダリフラが休みだったので、違うネタですよ

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/03 20:37 | 漫画考察COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |