FC2ブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十一話

今日のルパパト

なんというか、戦隊物ではテンプレートとして昔から存在するシナリオなのですが、組織が二つに分かれていることをちゃんと活かした内容になっていましたね
*パトレンジャー
こういう組織ものだと、必ず出てくる面倒くさい上司に絡まれるパトレンジャー
色々言うワリに、自分が一番何もしないタイプが多いんだがな、こういう場合
なので、もうちょっと朔也がキレても良かったと思うんだけどね(ぇ
それでも自分の仕事に対して素直でしか居られない朔也と、それを見越して待ち受けてたヒルトップ管理官・・・
管理官、かっこええぜ!
で、圭一郎先輩・・・そのお饅頭は何ですか。国際警察の公式アイテムなんですか、経費で落ちたんですか
そして実物はどこに行けば買えますか(おい
*ルパンレンジャー
料理を台無しにされてキレそうな透真と、それをなにげに止める魁利、というさり気ない演出に目が留りましたね
そして今回の件、このジュレとグッドストライカーがいないと解決できなかった、という舞台作りが良いです
最後に、「冤罪かけられて酷い目に遭った」者同士の共感か、パトレンジャーにグッドストライカーを譲る透真が何ともニクイ
*毎年恒例追加戦士
怪盗と警察の間を渡り歩くそうですが、どういう風に振る舞うのだろうか?
そもそもそう言うキャラクターが、国際警察本部の所属と(嘘か本当か)言う時点で、パリ本部が無茶苦茶怪しいわけで
*職場の覇権争い
同期の出世が気にくわなくて、主人公戦隊のコピーを作って、組織を牛耳ろうとした人が居た戦隊なら覚えてますね
ジェットマンって言うんですけど

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/17 21:20 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |