~決戦!騎士ガンダムUC VS OO 【外伝 イルマ・レポート 3】~

やっと形になりました
ジム・スナイパーII ホワイトディンゴ隊仕様
NCM_1102.jpg
やっぱりこの、ロングライフルですよねー☆

今回はほぼ素組。白いパーツの部分だけ墨入れしましたが、さすがにホバートラックにまで手を出す余力はありませんでした
あー、でも満足
肩に輝くホワイトディンゴ♪


さて、正伝のお話は順調ですが、そうは問屋が卸さないのが、そこに至るまでのお話

今回も飛白さんの投稿で、「ソレスタルビーイングの犯した罪」と、それにまつわるお話をしていきたいと思います
こういうシーンを実際書こうか迷ってたんで、外伝で書いていただけると助かります


前回の続き

バリバリ!
ソレスタルビーイングが去って力の抜けたベルトーチカの耳に結界を破る音が聞こえる
驚きそちらを見ると結界にわずかに穴をあけ飛び出していく兄ちゃんの奥さん、ミライさんがいた

「あの子達を殺すなら私を殺してからにしなさい!」

鍬や鋤を手にした村人の前に立ちはだかる

「何をしているのです?早く子供達を!」

孤児院から知らない女性の声がする
言われるがまま向かおうとしたが村人達の勢いは止まりそうにない

(どうしたら良いの…)

急いで子供達の元に向かいながら悩む

「奴等を殺せ!」
「そこをどけ!殺されたいのか!」
「また奴等が来るかもしれない!」
「後始末をしなくては!」

口々に罵声をあげてる彼等はもう止まりそうにない…

ガッ!
「っつう…」

ベルトーチカが何かに固いものにつまづいた
改めてみるとそれは兄ちゃん…ブライトさんの頭だった
ベルトーチカがつまづいたせいなのか、それとも彼の意思なのかその光を失った瞳と目が合う
その顔の先には彼の体…

あわてて体の側に駆け寄る

「姉さん伏せて!」
ズガァァン!

ブライトの遺体に駆け寄ったのはマシンガンを取るためだった

「今度は誰の何処に当たるかわかんないわよ!?姉さん子供達をお願い!」

人の手には少し大きな銃をバズーカの様に肩に背負い、ミライに声をかける

「任せて、ベルちゃん!」

足止め役を入れ替え子供達を救い出す

お兄ちゃん…いやヤシマ夫婦だけで運営していると思ったが知らない女性が手伝っている

「は、はったりだ!どうせ撃ては…」

ダダダダダ!
ギャー!


近付いてきた村人の足元に撃ったのだが後ろの村人に跳弾が当たる

「だから言ったでしょ!撃った事ないから知らないわよ!?」
(ちゃんと警告はしたのだ。向こうが悪い)

そう思いたいが彼等の気持ちもわかる。また発作的に変形されてはたまらない。ソレスタルビーイングに狙われるから…

『あの子また変形したんだ?今日は派手だなぁ』
『あらあら壁に穴開けちゃって…ブライトさんも大変ね』
そんな風に笑って過ごしていた頃…ソレスタルビーイングが現れる前の事を思い出す


(ソレスタルビーイングさえいなければ!)
銃口を友人であった村人達に向けながら思う
すぐ頭から払い除ける
(違う!アムロ様はユニオンやジオンだけでなく天界魔界もない世界を目指したはず!)

彼女の悩みをよそに事態は進行する
子供達を孤児院に無事保護したが村長は孤児院からの立ち退きを要求してきたのだ

「…分かりました、私達がこの村から出れば良いんですね?」
「わかったならすぐにでも…」
「一晩考えさせてはもらえませんか?」


答は明日に出すと言うことで落ち着いた

「ミライさんどうするの?この人数分の結界私には…」
「もう『姉さん』って呼んでくれないのね?」

いたずらっ子の様に微笑むミライさん

「あの…よろしいでしょうか?」
あの時手伝っていた女性が声をかけてきた

「えぇ、良いわよ♪」
困っているベルトーチカを見て楽しんでいたミライさんが答える
その女性はベルトーチカに向き直り挨拶をする

「初めまして、ベルトーチカさん。私はディアナ・ソレル。かつてこの船の所有者だった者です」

(「かつて」?「船」?)

沢山の疑問符が浮かぶ

この孤児院が舟?
寝耳に水なあり得ない話ではない。ここは発掘の終わったマウンテンサイクルでこの建物も発掘されたもの

「私は月の王国セレスタの最後の王になります」
「待って!」
話し出したディアナをベルトーチカが遮る

「セレスタってすみませんが滅亡したのはかなり前ですよね?」
ベルトーチカが代々受け継がれているイルマ家の記録を見ながら話している。その記録によれば「月光騎士ネオガンダム」と「月影騎士ルナガンダム」が月の王国セレスタの出身とあった
しかも「滅亡する寸前に脱出した」とある


「よくご存知ですね!」
感心したように目を輝かせる

「二人が脱出した後再興したのです」
簡単に言っているが苦労を察する事はたやすい

「戦乱の記憶を風化させないため私は冬眠することにしたのです。50年に一度起き管理しておりました」
平和で幸せな時間はわずかだった。そして事件が起きる

「目覚めるとそこは地上でした。」
ディアナ本人にも一切経緯がわからなかった

「どうやら私は『二人のMS族を止める道具』と思われていた様です」
その表情に哀しみが浮かんだ

「ターンAとターンX…彼等はこの地上を癒すために生まれたたずのものたちです。ですが強い薬が毒となるように彼等の力も破滅に使う事も出来ます。私は彼等が暴走しないようここに居たのです」
そして再び彼等が起動したときこの舟と共に目覚めるようにしていたのだと…

「あなたが起きたという事は…」
ディアナは静かに頷く

「彼等も起きているはず…ですがもう良いのです」
きっぱりと優しい笑みと共に言い切る

「私の使命よりこの子達の命の方が大事です!」

(…私には出来ない)
彼女の話を聴きながら自らの中に生まれた敗北感
それは彼女にとって自分の生きる理由を捨てることと同じ様に感じたのかも知れない

「ミライさんどこに向かってます?」
「とりあえずセレーネさんのいるゲートに向かってますよ」
「へ?どうやって?」
「ソレイユを動かして…です」
「ソレイユ?」
「孤児院の昔の名前らしいわ」
あわてて窓を見ると既に村は遠く、地平線にある灯りがそれを表していた

「痕跡を消さないと!」
「まぁ!気付きませんでしたわ」
「大丈夫です、安心してください」
「よしなに」
慌てるベルトーチカ
ハッとするディアナ
まったく気にしてないミライ
事実追っ手が来ることはなかった

スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦シリーズ - ジャンル : ゲーム

2013/01/03 20:03 | 【二次創作・スパロボ系】-偽 騎士ガンダム UC VS OO編-COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

あけましておめでとうございます

遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年も記事を楽しみに見させて戴くとともに,どうぞ宜しくお願いいたします。

>ホワイトディンゴ
スナイパーⅡのロングライフルは如何にも威力高いぞ、と主張している様で大好きです。やっぱり大きな武装って構えさせると映えますよね。

>騎士ガンダム
一気に読ませていただきましたが、展開の凄さに唸りっぱなしですw見習いたいものです。
それからホントに久しぶりになり申し訳ありませんが、外伝を送らせていただいたので、確認してもらえると有り難いです。
あとメールでは8話となっていますが実際は9話ですorz
長めですが、この話をあるすさんと、OWでリストラされたジュナスに捧げたいと思いますw

No:3857 2013/01/03 20:24 | 想鳶流 #s1IOzH.I URL [ 編集 ]

ジュナス・・・

まずは、お褒めにあずかり光栄ですw
とは言えここに至るまで、何度も何度も挫折してのことで、読者の方には申し訳ないのと、間延びさせてしまったのを反省しておりますm(__)m

さて、私今回のGジェネOW、オリキャラの一人も使ってなかったので、ジェナスが居ないという事を気づきませんでした(核爆
そーか・・・リストラされてたのか・・・

No:3859 2013/01/04 23:54 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |