スーパーロボット大戦α外伝 「時の流れの果てに」

20070524-01.jpg
α外伝
くりあしたどー!!

ちまちまやって、おおよそ2ヶ月か・・・時間かかってんだかかかってないんだか、微妙だな
予想通り、真のエンディングにはたどり着けずでした
なんか納得行かないところもあるし、図鑑も中途半端ではあるけれど、まぁおおよそ満足
では、ラストとまとめいってみよう!
※エンディングの激しいネタバレ有り


アースクレイドルへ突入し、アンセスターとの一戦に臨む
前座として、イーグレット3人組のアンザス・スリザス率いる部隊との交戦
この二人はともかく、他のは人工知能なんで、引き寄せれば何とかなると思ったのだが、そうは問屋が卸さない。中ボス二機の横に、援護をもった雑魚がしっかりひっついて離れないんである
しかも、なんやかんやいってもそこは中ボス、シックス・スレイブなる曲玉飛ばし攻撃がシャレにならん攻撃力で、MSごときでは当たると一発である。これに援護攻撃がくっつくとスーパー系でも下手をすると撃墜されかねない
こいつらをばらけさせるための挑発を使える環境ではなかったので、地道に削るしかない
もちろん、護衛の雑魚を落す必要があるので、援護陣営をきっちりと組んでから・・・この間に撃墜されないよう、アムロやカミーユを先鋒にじりじり近づく
雑魚を狙って弱い攻撃を放てば、中ボスが援護に入る。この後スーパー系の援護攻撃で、雑魚に本気の攻撃が当たるように調整し、中ボスを丸裸にしてから攻撃だ
ひたすらこまめにセーブ&ロードの繰り返しをしつつ、慎重に慎重に・・・
(このあたりから戦闘アニメを見るのもうざくなり始める)
まずこの前座の攻略中、YF-19落伍(ホントに駄目だな、イサム・・・ガルド見習えよ)

そしてラスボス・アウルゲルミルinメイガス登場
まぁいろいろ御託を並べてるんだが、結局よくある悪役と理論はそう変らんな
本来、人類という種を保存することが目的だったアースクレイドル(とムーンクレイドル)。しかし、地下勢力の侵攻を受けたことで戦いに巻き込まれ、「人類が再生するに相応しい地球」を求めることから、「地球を再生するために人類が必要か?」という論法に変ってしまったのだろう
目的と手段が逆転して暴走したシステム
その暴走が極まった結果として、偶然手に入れたブラックボックスによる過去への侵攻の結論
どこまで人類に絶望したのか知らんが、それを素直に受け入れるプリベンダーではない
万丈の咆吼を合図とし、メイガスを止めるために本当に最後の戦いへ

ここではマップ兵器が大活躍である。ボスに取り付く雑魚の援護をどうにかしない以上、無駄な攻撃を繰り返すばかりになる。これを避けるには全てを巻き込んで攻撃するほか無い
射程無限大のサテライトキャノンを初めとし、弾数制ではなくエネルギー制である光の翼ツインバスターライフル月光蝶で敵を削る削る。補給&期待&再動&覚醒大活躍
で、ラスボスといえどもご多分に漏れず、何度か精神コマンドを使うために、最初何度か『無駄な攻撃』をしなければならない。このあたりはリアル系が避けつつスーパー系が援護攻撃をする、という図式で何とかクリア
しかしこの途中、ゼロカス落伍(すでに精神コマンドが尽きていたので、良いッちゃ良いんだが)
精神コマンド祭が終わったところで本格戦闘へ
(ちなみに、一緒に出てきたウルズは面倒くさいので無視しました)
ここで初めてアウルゲルミルをまともに見る
20070525-01.jpg
なんじゃいこれは・・・綺麗な薔薇には刺があるってか?
で、腹から出てきたのが
オイ
20070525-02.jpg
アストラナガン!!
なんちゅーもん拾っとったねん、メイガス・・・
一定ダメージを与えたところで、メイガスはゲートの向こうへ
逃がすまいとゲートに飛び込むプリベンダー

時間と空間の狭間で戦いは続く
といっても、さすがにここでは雑魚の数もそうではないし、いったんマップがリセットされているので精神ポイントも満タンであるため、比較的楽ではある・・・が
なに、この攻撃力最大5500って
20070525-03.jpg
マジンカイザーの(3段階改造した)ファイヤーブラスターを軽く超えとる
おかげで、スーパロボットいえども1発当たると見事に轟沈する。おがけでターンAとダンクーガが犠牲に
20070525-04.jpg
装甲が1800で、(本当にわずかだけど)柔らかいのが救い・・・なのか?

これ以上撃墜されるとシャレにならないので、慎重に慎重を重ねて削りに入ったのだが
最後の精神コマンド祭が終わった後は、何故か異様に簡単にケリがついた
一つの要因としては、脱力を使い込んだ結果かと思われる
そう・・・αとα外伝を通して、今までほとんど使ってこなかった精神コマンドの重要性を再確認させられたわ・・・
F辺りまでは、例え攻略本に重要と書いてあろうとなんだろうと、気合いも激励も脱力もほとんど使わず、状況任せにしてたのだ。それが、たかが20気力が下がっただけで、あんなに敵が柔らかくなるとは
もう一つの要因としては、珍しくスーパー系の攻撃力を重点的に改造していたことか
いつも攻撃後回しで、装甲やENと言った部分ばかり手を加えていたのを、何となく方向性を変えてみたのが功を奏したか
おかげで、ブライガー・コンV・ボルテス・ゲッターの行動回数残して撃墜しちゃったよ

涙を流し、メイガスを諭すソフィア博士の姿が悲しい・・・
20070525-05.jpg

そうして時間の流れは無情にも、過去と未来の人間達を引き離し、否応なしに以前の生活に引き戻す
未来世界は一応の平和を勝ち取り、それぞれの人物が各々の役目を果たすために旅立っていく
(しかし、アーガマに改めて付けた名前が『ローラ・ラン』。なんか決まらんな・・・あれ?ジロンの名前は??)

過去世界では、(なんとも都合の良いことに)イージス計画開始直前の時間への帰還を果たしたプリベンダー
月面に集結したスーパーロボットの(ヤケに気合いの入った3Dデモ演出で描かれる)活躍により、イージス計画はギリギリのところで成功
新西暦の世界は守られたのであった・・・
そして彼らも、これからの未来のためにそれぞれの旅立ちを迎える
新造船艦メガロードの出港により、マクロス勢はいったん地球を離れるわけね。第三次の伏線か~
ガンダムを太陽に向けて放出するW勢であるが、どうせすぐ必要になるんだよ、ソレ・・・
火星に向けて旅立つゼクスとノイン。それはダイ○スの伏線ですか?
理不尽な理由で投獄される、リュウセイとヴィレッタ、そしてレビ。彼らも第三次までお預けやね
兜剣造博士と再会する、甲児とシロー兄弟。鉄也との絆は、これで確固とした物になったのか?
ラ・ギアスへ帰還するマサキ達。諸事情で、ここで戦線離脱となった彼らであるが、その後については別ゲームで語られているわけで・・・
20070525-06.jpg
んで、クワトロ大尉が全然顔を出さないのは、ニルファへの明確な伏線ですか!?


精神コマンドを使うボス軍団、というのは実質これが最後なのだけども
HPが低いけれども精神コマンドを使うボス
精神コマンドは使わないけど、HPが恐ろしい状態のボス
どっちがいいかと言われると非常に難しい・・・
しかし今回のように、元々HP回復(大)にEN回復(大)を持った状態で、さらに精神コマンドで回復された日には、せっかく削ったのにと言う徒労感を抱かされてしまって萎える
余計な小細工無しで、削るだけの方が気は楽だよ
ゲーム全体で大活躍したユニットをちとピックアップしてみよう
最後の最後までお世話になったホワイトアーク
とにかくボス連中が狙ってくるので、援護するのも大変だったんだけど・・・最終的に強化パーツで"超合金ニューZ"付けてたらえらい硬くなって、中ボス+雑魚援護攻撃を受けても沈まない堅牢ぶりを発揮w
搭乗していたファのレベルが鰻登りだったのはいうまでもない・・・

初参戦だからか、異様に攻撃力が強かったブライガー
改造は2段階くらいだったんだけど、ブライ・カノン・ショットが熱血だけで1万超え
おかげでどんだけ助かったことか
それとは別に戦闘エフェクトを見ていて、「ああ、懐かしいなぁ・・・」と和ませてもらいました
あの"ぐっといったん溜まるビーム"や、"うねうねと流れるように放たれるビーム"!
20070525-07.jpg
この手の演出は独特で好きなんです。よくSDであれだけ再現してくれました

しかしなんといっても、超電磁ロボ2体でしょう、感謝しても足りないのは!
20070525-08.jpg

20070525-09.jpg

精神コマンド使い放題ばんざーい!
修理し放題ばんざーい!!
強化パーツ付け放題ばんざーい!!!!


ちなみにLVトップは、最後のトドメをお願いした豹馬のLv67でした
で、ゲームを終えた上で、一つだけ残った疑問
メイガスが手に入れ取り込み、時を超える力を与えたというブラックボックス
それは前述したとおり、アストラナガン(の一部?)だったわけだが
記録されていた「目的時間」(=新西暦0188年2月19日)
そこに至るためだけの「時間跳躍機能」

アストラナガンはαの最終決戦時に破壊されたので、パイロットであるイングラムには衝撃は発生についてや、ソレの到達時間についての情報は不確定であっただろう(いくら彼が先読みの達人でも、である)
さらにいうなら、イングラムには『その時間そこに飛び込む』理由があったとは思えない。イージス計画が発案されたのは、α外伝のスタート時より少し前であるから、計画の邪魔をすると言う思考の発生のしようがないし、アストラナガン一機の力がいくら強力でも、地球圏全てを守るという事はちと難しいのではなかろうか
ではこのアストラナガンの破片に情報を与え、未来世界にまで持ち込ませたのは誰なのか
こういう回りくどいことをするのは、シュウ=シラカワ・・・だろーな
要するにこれが、真のラストマップに繋がる部分であったのだろう

アストラナガンが持っていた「時空を操る能力」を使い、プリベンダーを時空の彼方に飛ばした上で、やはりその力を惜しむあまりに取り戻そうとして「目的時間」を与えていた・・・
ということなのではなかろうか?
これは熟練度が高い方のエンディングをやらないと分からないのだろうけど
どっちにしろ、もうシュウは出てこないので・・・

二週目をやるかといわれると、ちとカンベン
このままニルファへレッツゴーです
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2007/05/25 23:06 | 【α外伝】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |