銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第二話

さてー、マジェスティックプリンスの感想と行きますか

なお、今後のアニメの感想ですが、どうしても一日遅れで掲載することになるので、その辺りご了承下さい
放映時間と仕事との兼ね合いで、さすがに放送当日に記事を造るのは難しいので

なので現行の予定では
『翠星のガルガンティア』は水曜日
『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』は金曜日
『革命機ヴァルヴァレイヴ』は土曜日になる感じです


『ヒーロー誕生』

第一話ラストでの活躍が認められ、軍から表彰されることになった、チーム・ラビッツ
2013041201.jpg

MJPの首脳部はそれを喜ぶが、一部には悲観的な見方も
「生まれながらにして人生を奪われた子供を造った」
と表する参謀のアマネは何を憂うのか
2013041202.jpg
そしてそれを黙って聞くだけの、司令・シモンは何を思うのか
にしても、この仮面の意味するところは何なの、シモン司令?
誰もその容姿にツッコまない辺り、目が悪かったりするのか・・・果たしてそれだけなのか


一躍『ヒーロー』になったチーム・ラビッツの面々は、突然記者会見の場に臨むことに
2013041203.jpg

とは言え記者会見はさんざんで
緊張の余り胃痛に悩まされるトシカズ
ドジッコ属性ばりばりのタマキ
一人で我が道を行きつつ、イエローとしては忠実なカレー好きのアタル
ヒーローに憧れる余り、厨二病患者認定されるイズル

2013041204.jpg

唯一まともそうなのは、今のところケイだけか・・・w

全く良いところの無かった彼らのようだが、救われた人々は素直に彼らを賞賛し、悦びを表してくれる
その光景に戸惑いを覚えつつ、「すごい・・・」と評する彼らの心境やいかに
2013041205.jpg

そして付いたあだ名が、特務機関MJPの頭文字を取って、マジェスティックプリンス
2013041206.jpg

それにしても、第一話のラストの活躍ぶりは何だったのか・・・と悩む彼らに、シモンがアッシュとジュリアシステムについて説明する
2013041207.jpg

つまり、彼らが乗る「アッシュ」とは、遺伝子を通じて繋がったもう一人の自分である
ジュリアシステムはその「アッシュ」と、搭乗者をいかに生き残らせるかを考えた、生存本能を再現したシステム
生き残るために最善の選択をする、このジュリアシステムをどう使いこなすかが、彼らのこれからの目的になりそうだ


さて、チーム・ラビッツに下ろされた次の任務
それは、監視衛星の増設という、一見地味で大したことが無い任務に見えたが・・・
まず、彼らの機体は「ヒーローに食いつく」「スポンサー」達によって、哀れ痛機体にww
2013041208.jpg

F1の機体じゃあるまいし、仮にも戦争してるロボットにCMくっつけるとかw
発想が一周していて、平和ボケ日本はここまで来たんか?


そんな彼らを見守るシモンと
2013041209.jpg
謎の少女と執事
2013041210.jpg
彼女らの正体はなんであろうか?
どうもMJPの大口スポンサーらしいが

スポンサーと言えば、カメラに向かって手をふれとか、ロゴが見えるように動けとか、もうやりたい放題な出資者に教官であるスズカゼ少佐は怒りを隠せないが、その辺はアタルが何とかしてくれる模様w
2013041211.jpg
この子は完全に、テンプレ通りのイエローですな

だが、そんな彼らに近づく敵影
武器の手持ちは最小限
さぁどうする!?

だが敵はこちらを弄ぶように、攻撃をワザと外して周囲を飛び回るだけ
2013041213.jpg
だがそれが逆に強烈なプレッシャーとなり、イズル・トシカズ・アタルは完全に萎縮してしまう
アッシュの本領を発揮するための本体とも言える、「イエーガー」との合体(リンケージ)もままならないまま、ただただ翻弄されるだけ

少ない手数の全てを躱され、監視衛星も壊されてしまう
その彼らを翻弄した、敵軍「ウルガル」のパイロットは・・・
2013041214.jpg
グリリバキター!ワヨ

何もできなかった、と落ち込んで帰ってくる彼らを、「おやっさん」こと整備長レイカは笑って迎える
「物が壊れるより人間が壊れる方が、こっちは落ち込むんだよ」
2013041215.jpg
と、ちょっと良いこと言うが、完全に酔っ払ってて・・・w
「なにも考えずに休め」
という教官の言葉も有り、緊張から解き放たれるイズル達

彼らがオープニングアニメのような活躍を、本当にすることができるのか?w
他にもチームがあるらしいMJPの、その後の動きはどうなのか?
様々な疑問を残しつつ、次回へと続くのであった

スポンサーサイト

テーマ : 銀河機攻隊 マジェスティック プリンス - ジャンル : アニメ・コミック

2013/04/12 21:02 | 銀河機攻隊マジェスティックプリンスCOMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

私も大学の関係で鑑賞に1~2日時間があることがあるので大丈夫ですよ。
ジュリアシステムのことが分かりましたが、そのうちNIGHT HEADみたいに遺伝子の未解明部分が覚醒するみたいな展開になりそうですね。
後は、彼らは今回鼻っ柱を折られたわけですがどうやって立ち直るのやら。

No:3970 2013/04/12 22:29 | あくと #6Z79jEeU URL [ 編集 ]

あちゃ、申し訳ない。

サイオンジ

酔いどれマリュー艦長に見えたのは私だけじゃない筈(笑)


スポンサーがつきました

これは平和ボケと言うよりもサンライズが企画、原作の『TIGER&BUNNY』の成功が大きかったでしょうね……こちらは実在する企業がロゴとして参加してますから。下手するとこちらも……。


チームが複数ある

ここら辺もスピンオフとか作りやすくしているんですかねぇ……。


No:3971 2013/04/12 22:57 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

ほどほどに…

3作品レビューって大丈夫ですか?

>MJP上層部とスポンサー
平和と言うか危機感なさすぎ(笑)
全く今の日本みたいではないか(ォィ

>酔いどれサイオンジ
同志がいてひと安心♪

>シモンと執事とお嬢様
技術提供とかこの辺からからきてるんだろうなぁ
ウルガル機とレッドコマンダーにてるし

「ウルガルから亡命した王族」

と私は見てます(シモンの言葉に根拠がある)

>ウルトラザウルス
出るなら戦艦は君に決めた♪
…学園の一部が動物園に(笑)

No:3972 2013/04/12 23:34 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

前日のウルトラザウルス=戦艦について

ああ、確かにウルトラザウルス出すならGF編が必要になりますね。
搭乗するのは誰だろう?
「アタシの」ウルトラザウルスと言ってるムンベイは必須
グラビティ・カノンを命中させるのはシュバルツの役目(注:シュバルツ・ブルーダーじゃありませんよ、カール・リヒテン・シュバルツですよ。どちらもシュバルツで弟?がいるのは変わりないですが・・・)
ハーマンは・・・必要?あ、でも一応共和国の軍事的なリーダーだし・・・
最終回でやったブレードライガー撃ち出しは合体技になるのかな?
ってか、シュバルツ出るなら悪夢の迷宮の話(トーマと操られたシュバルツが闘う話)はやって欲しいな。

No:3973 2013/04/13 10:13 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

みんな反応早いなぁ

あくとさん>
>ジュリアシステム
遺伝子関係の話になると、やっぱりそういう「未知の領域」の話題は尽きないですよね
>どう立ち直るのか
それ以前に、どう戦闘できるように成長するんでしょうw
まずはそこが問題っぽい

YF-19Kさん>
いや、ヴァルヴレイヴの件はお気になさらず
>酔いどれマリュー艦長
デザイナーが一緒だと錯覚する件
>スポンサー
いや~・・・これはどうなんでしょうかね
どちらかというと、戦争に対して当事者性を持ってない、築上の住民とMJPの意識のズレのような気がします
>チームが複数=スピンオフ
かつてのジェットマンみたいに、内部抗争からいったんチームを外される、チーム・ラビッツっていう展開に使われるんじゃ無いでしょうか

飛白さん>
う~ん、たぶん大丈夫
今の仕事は時間がきっちりしてるんで・・・
>シモンと執事とお嬢様
だとすると、飛白さんの読みでは、シモン司令自体がウルガルの人間だということなのでしょうか?
そうであれば、畏れ多いという台詞は納得できますが
もしシモン司令が地球人なら、いくら相手が王族でも、敵国の王族に敬意を払うかどうか
>ウルトラザウルス
>出るなら戦艦は君に決めた♪
同志よ!!

壱華さん>
そう!
なのでシールドライガーはブレードライガーになるだろうし
コマンドウルフはライトニングサイクスになるでしょう
みんな乗り換えで後期バージョンになるのでは?

No:3975 2013/04/13 15:32 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |