銀河機攻マジェスティックプリンス 第四話

はい
仕事場の飲み会から、かろうじて帰還した管理人ですよ


今回のマジェスティックプリンスは、余りひねりの無い内容でしたね
とは言え単純な語りの中に、ちょっとギクッとなる会話も含まれていたりして
お話のタイトルの「喪失」は、色々な意味が含まれているようです


物語は、学園で教官を任されることになったリンの回想から始まる

宇宙空間に適応する人類を生み出すMJPプロジェクト
それがウルガルの侵攻に伴い、パイロット育成機関へと変遷していく
その憂鬱な任務を任され、飲み屋で愚痴るリン
何せ相手は、12歳以前の記憶を消され、戦いに否が応でも身を投じざるを得ない、過去も未来も剥奪された子供達なのだから、普通の人間ならイヤになるのは当たり前だ
2013042616.jpg
そんな彼女を、レイカは諭す
生き残ることを、そんな彼らに教えるんだと
どうもこの話によると、リンは元はパイロットだが、ウルガルとの戦闘?の中で生き残った経験を持つらしい

学園生活が続く中、一つの問題児チームが明らかになる
それが現在の「チーム・ラビッツ」
一人一人は潜在的能力を秘めるモノの、その精神バランスは不安定でパイロットとして問題有りと評するリン
しかしシモンは「その逆が目覚めれば、チームとして最強となる」と評価し、リンに彼らを徹底的に鍛えるように命ずるのであった

場面は変わって、現在戦闘中!
バリアを失って無防備となったタマキを助けようと、イズルのハートが燃え上がる!
2013042601.jpg
アッシュとの連係率が上がったことで、アームガードをシールドにする事が判った!!
2013042602.jpg
上手いぞイズル!

みんなで生きて帰るぞ!と励ますイズルに同調し、トシカズもタマキの援護に入る
2013042603.jpg
全員の息が合い始め、リンの指示とケイの分析の元、どうにか撤退の糸口を探ろうとするモノの、そんなときにあの使えない大佐が「撤退など赦さん。お前達にいくらかけていると思っている!」などと嘯いてしまった
一気にやる気が失せ、アッシュとの同調率が下がってしまうイズル達
このままでは本当にやられてしまう!
この状況に、使えない大佐も撤退を許可するが、最後まで残っていたサキが敵部隊に狙われていた
その攻撃からイズルがとっさに盾となって守りを!
2013042604.jpg

だが代償は高く付いた
レッドファイブは多大な損傷を受け、動作不能に陥ってしまう
このままイズルを見捨てるのも止む無しか
リンまでそう思った時、思わぬ味方が!

シモンが密かに、チーム・ドーベルマンを率いて援護に駆けつけたのだ
2013042605.jpg
おかげでどうにか艦に逃れられた一同
イズルと再会し、喜び合うチーム一同だが・・・
2013042606.jpg

ボロボロになってしまったアッシュ達
2013042607.jpg
整備長の腕で元に戻るのか?
はたまたジュリアシステムがこれに関係してくるのか・・・?

地球に戻る船の中で、リンは自らの不甲斐なさに、酒に溺れる
2013042608.jpg
ここで語られるのは、ウルガルと地球の戦争の発端と、戦力差に比して勝るウルガルの科学力
その前に、地球は押されている・・・

レストルームで語り合うチーム・ラビッツ
疲れて眠りに落ちるタマキを見て、トシカズは「赤ん坊みたい」と評する
それを聞いたアタルは、時々自分が赤ん坊だった頃のことを夢に見るという
2013042610.jpg
だがそれは、リンやケイの話を考えれば、消された記憶の彼方のこと・・・

「俺の背中を押してくれた人に・・・俺が死んだら、連絡行くのかな」
「行かないだろ」


ちょっと深刻なそんな場面でも、イズルは一生懸命物語を書き続ける
2013042611.jpg
その一生懸命さが、タマキをケイを護ったのだ

その頃・・・どかの窓辺で、謎の少女は物憂げに絵本を取る
2013042612.jpg
やはり彼女はウルガルの関係者なのだろうか

地球へと降りる軌道エレベーター内
リンとレイカが幼なじみであることがあかされる
2013042613.jpg
イズルは「良い設定!」と喜んで妄想を膨らますが、考えてみれば彼らにとっては酷な『設定』である

地上に降り、京都の実家に帰るというレイカを見送るメンバー達
2013042614.jpg
しかし「喪失」というタイトルの今回を考えると、レイカの今後がちょっと心配
「生き残るわよ!」と意気込みながらも、二日酔いでふらふらのリンもちょっと心配

学園に戻る彼らを迎えたのは、チーム・ドーベルマンの三人
2013042615.jpg
彼らと合流したチーム・ラビッツは、学園で何を学ぶのか?

スポンサーサイト

テーマ : 銀河機攻隊 マジェスティック プリンス - ジャンル : アニメ・コミック

2013/04/26 23:58 | 銀河機攻隊マジェスティックプリンスCOMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

タマキ生還!

ありがとよ、イズル

しかし今回はチーム・ラビッツの精神的にヘビーでした
そして私の妄想が当たるのか?
イズルが黙々と書いていた少女との関係は?

今回の一番の疑問点

アッシュ自体の意志は誰の物

「生存本能を利用したシステム」ということは
「生物」が利用されているはずである
しかし今回イズルが「会話」しているため明確な意志が判明した
黒幕とみれる少女も何かとリンクしている
‥‥簡易エヴァ?

No:4023 2013/04/27 00:22 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

敵の科学力

こうしてみるとウルガルとの不規則人的接触は無いのかな……こうしてみるとシモンがウルガル陣営から亡命したキャラかもしれませんね。


整備長はお嬢様

あ~~だから酒呑みなのか……肝硬変と痛風には気付けてください(笑)


No:4024 2013/04/27 09:04 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

挫折の連続

今回は精神的挫折回でしたな

飛白さん>
>今回はチーム・ラビッツの精神的にヘビーでした
本当ですね。作られた存在である自分達とどう向き合うか
根っから明るいように振る舞っていて、その実話していることは重い
>アッシュ自体の意志は誰の物
アッシュは『生きて』居るのでしょうか
自立行動をするほどの意思があるわけでは無いようですが
そして今のところ、レッドファイブだけと『会話』しているように見えます
他のアッシュはどうなのかな?

YF-19Kさん>
>ウルガルとの人的接触
『ウルガル』という名称をどうやって『付けた』かによりますね
彼らが名乗ってきたなら、人が居ることだけは判ってるとか
>シモンはウルガル関係者?
本物の『シモン』は死んでいて、すり替わっているというのはありそうですね

No:4026 2013/04/27 12:29 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/04/27 | MAGI☆の日記 |

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #004「喪失」

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスの第4話を見ました。 #004 喪失  補給部隊を叩くはずの任務だと聞かされていたイズル達だが、強行偵察部隊に遭遇してしまい、補給ルート...

 | BLOG TOP |