翠星のガルガンティア 第四話

翠星のガルガンティアは、私が人生で始めてBlu-rayBOXを買っても良いかな、と思っている作品です
思わずAmazonでぽちっとな、しそうになってますが
それぐらい、この作品にはお金を落としても良いかな、と思える出来の回でした


レドは船団の中で、お片付け作業の手伝いをさせられていた
しかし、言葉がうまく通じないばかりでなく、チェインバーの力を持て余してしまい、なかなか上手く溶け込めずに居た

荷物を飛び上がって持っていこうと思ったら、重力制御システムのせいで全部持ち上がっちゃったり
2013050101.jpg
うっかり近くにあった縄に引っかかって、縛りプレイ(笑)になっちゃったり
2013050102.jpg

ふと自分の荷物から出てきた物を見て、レドはリジットとのやりとりを思い出す
彼女の判断で、レドはとりあえず船に居場所を得ていた
しかしそこは船底の倉庫。エイミーは扱いが酷いと反発するが、レドはかまわないという
2013050103.jpg
そして渡される請求書・・・倉庫を破壊した分を労役で代償せよと
2013050104.jpg
なにも判らないレドに酷い!とまたエイミーは反発するのだが、水や電気代をその分免除しているので、一方的では無いというリジット
一応了承するレドだが・・・
リジット、年の割にかなり頭が硬いな

片言を操りながら、ようやく仕事に就いているレドを助けるのか否か、何か提案があるというジョー
2013050105.jpg

ふと気づくトレドは、チェインバーを働かせて何かに没頭している
その姿を見て、またピニオンが「だらけている」等というので
2013050106.jpg
エイミーのキックがお尻にクリティカルヒット
2013050107.jpg

作業するチェインバーやユンボロの間で遊ぶ子供達
それを見てレドは「無駄に動き回っている。教官は何をしているんだ」と言う
2013050108.jpg
対してチェインバーの分析では、子供に対して教官は置かないようだ、と推察
「それでどうやって社会の構成員に育てられるんだ?」
どうやら銀河同盟には、子供の自由すらない模様・・・

チェインバーに無邪気に戯れる子供達が可愛い
2013050109.jpg

気になったエイミーが声をかけると、「待機中だ」と答えるレド
2013050110.jpg
その手元にある何かに興味を持ち、質問を投げかけるエイミーだったが、実は彼自身が何を造っているのか判っていないという
2013050111.jpg
それはヒディアーズの牙らしい
2013050112.jpg
綺麗なモノだねというエイミーに、もう一つあるからとそれを分けるレド
2013050113.jpg
ヒディアーズを倒した戦利品で集めてたんだろうか?

何気なく歩いて話し出す二人
弟のベベルに良いお土産ができた、と話したところ、レドは『弟』という単語の意味がわからず、言葉の意味の説明を求めてくる
2013050114.jpg
どうも銀河同盟では、すでに『家族』の概念が失われているようである
家族は居ないのかと聞き返され、「非効率。必要ない」と冷徹に答えるレド
2013050115.jpg

エイミーはベベルのことを話す。身体が弱く、胸に病気があると話したところ
「銀河同盟では、虚弱・問題のある人間は消去される」
2013050116.jpg
という、やっぱりぃ~、という答えが
それで平気だったのか、と驚いて聞き返すエイミーだが、レドにはその聞き返された意図すらわからない

ベベルと話すことで情報を得られるのか?と言われ、情報ならばガルガンティアで一番物知りのウォルダムに逢うべきかもと誘うエイミー
異邦人を快く迎えるウォルダムは、ベベルを診てくれる医者でもあるという
2013050117.jpg

失われた技術を前にして、ちょっと興奮気味の先生
2013050118.jpg
そんな先生にレドが聞いたのは、なんと宇宙に帰る方法だった
しかしウォルダムは、それほどの知識はこちらには無いと首を振る
2013050119.jpg
「見ての通り、我々はかつての英知の大半を失っていてね」
と言うことは、古代の時代に関する情報自体は、ガルガンティアにも多少は残っているらしい

もう一つ、レドは船団の構成が余りにも無秩序なのは何故か、とウォルダムに問う
特に、弱者保護の考え方が意味不明だと言われ、ウォルダムはおかしそうに笑う
2013050120.jpg
それに呆気にとられるレドに、意味を知りたければ、ベベルに逢ってみるべきだと言う

誘われるまま、エイミーに請うてベベルへと逢いに行くレドだったが、初めて見る『弟』というモノが理解できずに戸惑いを隠せない
2013050121.jpg
とは言え、情報を集めるには会話が欠かせない
ベベルとの会話を求めるレド
2013050122.jpg

ちょうどその時、エイミーの仕事仲間が「人手が足りない」と彼女を誘いに来る
2013050123.jpg
「せっかく良いところだったのに!」
慌てて飛び出していくエイミーに、ベベルは「転ばないようにね」というが・・・

二人きりになり、ベベルは話を切り出す
2013050124.jpg
宇宙の生活ってどんななの?と
そこで判ることは、今の銀河同盟はひたすらヒディアーズと戦ってること
消耗した者には死有るのみ・・・
どんだけじり貧なの、銀河同盟?
ベベルも思わず「大変なんだね・・・」と眉をひそめてしまう

2013050125.jpg

気を取り直し、「ここにはもう馴れたか」と問われて、レドは首を振る
この組織の成り立ちが全く理解できないからだ
それに対しベベルは言う
「船団は組織じゃない。ただ、皆が寄り集まって生きているだけだよ」
しかしやっぱり理解不能
「みんなが幸せに暮らしているだけだよ」
が、銀河同盟が、ヒディアーズとの切迫した状況である以上、それ以外の行動理念を彼らは知らない
何せ銀河同盟では、ベベルのような子供は即刻淘汰されるそうである

しかし、その厳しい戦いが終わった後、銀河同盟はどうなるのかと言う問いに、レドはハッとする
2013050126.jpg
しばらく考え、次の命令があるまで待機する、と答えた彼にベベルは言う
それなら自分達と同じ。それが生きると言うことなんだと

2013050127.jpg

何かを思いふける彼に、おもむろにベローズが話しかけてくる
ジョーにチェインバーを取られて大変だな、と言ってくれる彼女にレドは「自分の行動が有益か問いたい」と言う
チェインバーを監視してるだけの自分に、一体何の意味があるのだろう?
2013050128.jpg
が、ベローズは彼は充分に働いていると評価する
それでも、どうしたら良いか判らないというレドに、ベローズは「とりあえずその、軍人みたいな考え方を止めたらどうだい?」と提案する
2013050129.jpg

と、そこにスコールがやってきた(ここの暗くなる演出が良い!)
真水をありがたがり、一斉に水を集め始める人々
2013050130.jpg
男も女も子供も大人も、全ての人達が誰に言われるまでも無く、雨を集めるために奔走する姿に、レドは衝撃を受ける
2013050131.jpg
2013050132.jpg
2013050133.jpg
2013050134.jpg
さっきまで無意味に行動していたように思えた人々が、一つの目的を持って皆で協力する姿
2013050135.jpg
2013050136.jpg
全く見たことも無い光景に、レドはただ雨に打たれるほか無かった
2013050137.jpg

何かを考えているレドに、チェインバーは無意味な行動をしていると、ちょっと怒った様子
2013050138.jpg
そんな彼を、サーヤは心配するが、メルティは大丈夫だとエイミーの方を見て言う
2013050139.jpg

エイミーの好意で、濡れた服を乾かさせて貰うレド
2013050140.jpg
初めての雨に戸惑う彼に、宇宙にも雨はあるのかと問うベベル
2013050141.jpg
雨は降らない、海もない、病気の人間も存在しない・・・
そんな銀河同盟をどう思ってか、ベベルは言う
「でも僕は、自分のことを不要だとは思わない」
自分には姉が居て、姉も自分を必要としている

レドは誰かに必要とされているから生きてきたのでは?と言うベベル
2013050142.jpg
しかし銀河同盟では、戦闘に対して有益な者だけが必要とされている
「じゃあこれは何のために造ってたの?」
2013050143.jpg
レドが無意識に造っていたモノを、きっとこれは笛だよと言って吹き始めた時

2013050144.jpg
2013050145.jpg
2013050146.jpg
2013050147.jpg
2013050148.jpg
ちょっと、今さらっと鬱いシーンが映らんかったか!?

何かを思い出し、涙するレド
2013050149.jpg
しかしその意味を、今の彼は理解することができないのだった
2013050150.jpg

笛の音に何か思うところがあったのか、レドはそれを返して貰う
2013050151.jpg

まるで彼を慰めるように、エイミーがお茶を入れてやってくる
2013050152.jpg
そう、これが家族という風景なのだが、レドには判っただろうか

『寝床』に帰り、チェインバーに座標を聞くレドだが、まだまだ先は長そう
2013050153.jpg
もう少しこの星のことを、知る必要がありそうだ・・・と呟くレドだが、あっさりそれを否定するチェインバー
2013050154.jpg
けれども少しずつ、しかし確実に、レドには好奇心が『戻り』始めている気配があったのだった


レドきゅん・・・(´・ω・`)

今回はとても考えさせられる回でしたね
人々の行動規範が全て『定められている』銀河同盟と比して、それぞれの人が意思を持って生きていく船団の有様の違いが、明確に描かれたと言えます
っつーか銀河同盟じり貧すぎでしょ、真面目な話
家族構成という理念が失われ、老若男女が構成単位でしかない世界の、どの辺が理想郷なんだとw

社会的弱者を抱えられる分、ガルガンティアの方が精神的には裕福なようです

それにしても、ベベルは悟っちゃってる子ですねぇ
本が好きと言うだけあって、哲学的なことに通じてるのでしょうか
彼の語りが、彼の存在が、ガルガンティアを読み解く上で、レドにとっては重要になるような気がします
ほんに、エイミーも小さいながら働いてますし、できた姉弟ですね
でもご両親は居ないのかな?

弟と言えば、レドの回想シーンに出てきた子は・・・弟なのでしょうか?
瓜二つぐらいに似てたので、彼と同じ遺伝子でできた子だったのかも知れません
そんな子に、若い頃(?)のレドは笛を造ってあげていたようです
元はとても優しく、笑顔もあった彼が何故こんなに変わってしまったのか
やっぱり彼が『処分』されたのがショックだったのか
16年の兵役の間に、記憶から消えてしまったのか・・・
それほどに、ヒディアーズとの戦闘は過酷で、冷酷な世界なのでしょうか
ある意味では、チェインバーの反応が気になりますね、そうすると
戦闘以外のことを考えないように、暗に誘導しているような気もします

そういや、今回から始まったレドきゅんの片言に萌える
ただの片言じゃないところも、上手くできてますね
声優さんが発音もちょっと気をつけてますし、笛を『返して欲しい』じゃなくて、『もう一度欲しい』という言いようなのが、うまくできてるなぁ~と思いました

さて、次回は水着回のようですが
レドきゅんは見事にカナヅチを披露してくれるのか?
そして女性に萌えてくれるのか?
期待が膨らみます(笑
スポンサーサイト

テーマ : 翠星のガルガンティア - ジャンル : アニメ・コミック

2013/05/01 19:44 | 翠星のガルガンティアCOMMENT(5)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

はじめまして

先程はコメントありがとうございました。同じような環境で見ている方と
出会えて嬉しいです。私も普段BDはほとんど買わないんですが、
ガルガンティアは欲しいなぁ、欲しいなぁっていつも思って観てますw

>そう、これが家族という風景なのだが、レドには判っただろうか
当たり前の光景すぎて、全然気が付きませんでした。仰られているように、
家族というものはこういうものなんだよってエイミーが教えてるようですね。
エイミーったらほんとお姉ちゃん…!w
また遊びにきますね。

No:4048 2013/05/01 23:09 | ほむぽむ #- URL編集 ]

経済概念も無い?

レトを見て益々アヴァロンがプロトカルチャーに見えてくる……こんな発想する人は私ぐらいか?レドはゼントラーディの様な存在なら……。


サラッと虎淵節(汗

油断していると出すようですね……レドの過去もスゴい事になってそうで(汗。果たしてこれは弟を安楽死させたのか……。


移民船団での弔い方式

とはいってもマクロスの移民船団しか知りませんが(マテ!)。

マクロス7船団にはアニメでは登場してませんが霊園船“HAVEN”と言うコロニー艦があり、各宗教施設と墓地があります。ただ詳細は語られてませんがマクロスフロンティアの様に遺体も船内環境維持の為の材料にする方式(それに近いかも)と思われます。

No:4049 2013/05/01 23:48 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

いい回だなぁ‥

ぽむぽむさんいらっしゃい♪

人類同盟とガルガンティアの違いが出て良かった

同盟の価値観
全ては対ヒディアーズへと特化しているように見えてそうではない
1話での上官が「お前はまだ若い」との台詞や
友軍を見捨てるシーンでのレドの表情を見るとそう思える

そしてさりげなく出た処分の映像
どう見ても燃料にしてるよね‥


No:4050 2013/05/02 00:15 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

ええアニメや

どうしよう
サントラも出るらしいし、買おうかなぁ

ほむぽむさん>
ようこそいらっしゃいました
殆どの方は日曜日に視聴してるみたいなので、BS11仲間が居て良かったですw
>私も普段BDはほとんど買わないんですが(ry
映画のBlu-rayさえほぼ買わないのに、こんなにお金を払っても良いと思ったアニメなんて今まであったでしょうか
>家族というものはこういうものなんだよってエイミーが教えてるようですね
そうですね。あのほのぼのさがきっとこの作品の売りになっていくでしょう

YF-19Kさん>
>貨幣概念がない
人口が総軍人状態ならあり得ない話じゃないですね
アヴァロンに住んでる人達も、あくまで自由というわけでは無さそうなので、何かをして配給制度の上で生きてるのかも知れません
>サラッと虎淵節(汗
あれがそうなんですか・・・いや、見ててゾッとしましたよ
レドはアレでショックを受けて、記憶が飛んじゃったのかも・・・
>慰霊船
そう言うモノが持てるのはある意味『余裕』ですよね
実際の生活の中から、人の死を無くしていかないという概念の元、死者のための船を持ち続けることの何と贅沢なことか

飛白さん>
>同盟の価値観
いや~、どうだかわかりませんよ?
ハッキリ言えば、ヒディアーズに勝つという事自体が、手段から目的になっちゃってて、中佐が「生きろ」と言ったのも、あくまでそう言う観点からなのでは・・・
>そしてさりげなく出た処分の映像
私はあの後、彼が分解されて『栄養剤』にされたのでは、というもっと寒い妄想をしました

No:4051 2013/05/02 20:01 | あるす #- URL [ 編集 ]

携帯昇天、ポイントで代替え

次買い変える時はスマホになりそう、対応してきれたドコモの人も苦笑していた(実話)。因みに義弟に妹はスマホです……。


あるすさん>

他の作品はカプセルにご遺体を入れて宇宙空間へと放出、確か『宇宙戦艦 ヤマト』でそうなっていたしなぁ。あやふやですが……。





No:4052 2013/05/03 00:28 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/05/01 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |