翠星のガルガンティア 第7話

今週のガルガンティアは急展開
先週までのほんのり雰囲気が一気に壊れ、なにやら危うい雰囲気に

なのにぷちっとがるがんてぃあは、変な方向にずれている・・・


海中で出遭った「ヒディアーズ」
2013052201.jpg
それは噂のクジライカであった
ベローズは手を出すなと言うが、レドは聞く耳持たずに交戦状態に
そのベローズのユンボロに、クジライカが襲いかかってくる
2013052202.jpg
何とか難を逃れたベローズから、クジライカが離れたのを見て、レドはクジライカに急接近
その身体を押しつぶして始末する・・・
2013052203.jpg

レドがクジライカを殺したことは、瞬く間に船のかなに伝わっていく
大昔から神聖視され、触れざる物であったクジライカを殺したことで、祟りが起きるのではと危ぶむ声も上がっている
2013052204.jpg

そんなこととは露とも知らぬレドはというと、チェインバーの表面についたクジライカの肉をサンプルとして取り出し、果たして本当にそれがヒディアーズであるのか、確かめようとしていた
2013052205.jpg
そして、チェインバーの装甲に絡みついていた、クジライカの牙
それはまごう事なき、ヒディアーズの牙であった
2013052206.jpg
ヒディアーズの侵攻が、この地球にまで及んでいるのか
まさか自分が宇宙から連れてきてしまったのか
これからどうやって奴らと立ち向かえば良いのか

そう悩むレドを、エイミーは何とも言えない表情で見つめていた
2013052207.jpg

船団長であるフェアロックは、オルダムの診察を受けていた
弱った身体を休めるべきと提言するオルダムに、船を愛しているからこそ、最後までやり遂げたいと語るフェアロック
船団がクジライカと関わってしまったことも、正面から受け止めるつもりのようだ
2013052208.jpg

その頃ピニオンは、レドの行動を出汁に修理工仲間を抱き込もうとしていた
伝説の、クジライカの巣に潜るチャンスだと
だが、早々うまく話は進まない
2013052209.jpg

リジットに呼び出された、レドとベローズ
船内に広がる不信感にどう責任を取るのだ、と迫る彼女に、ベローズは事前に説明しなかった自分の責任だという
2013052210.jpg
だがレドは違った
ヒディアーズという「異種」は、殲滅すべきであると主張し、それらがたくさん居るのなら、これからも戦うと宣言するレド

クジライカを殺す必要性を持たないガルガンティアの意見と、レドの話は交錯することは無い

自分の立場を弁えてない、と叱咤するリジットであったが、船主達の乱入で会議は終わる
しかしその場に現れたピニオンが、なにやら不審な動きを・・・
2013052211.jpg

ベベルにクジライカのことを問い詰めるレド
数は?居場所は?どれだけの力を持っているのか?
2013052212.jpg
しかし、その問いにはベベルもエイミーも戸惑うばかりだ
なぜ、わざわざクジライカと関わろうとするのか、理解ができないからだ
地球に来てまで戦争の続きを何故するのか
関係の無い争いを持ち込むな、というエイミーにレドは反論する
アレは皆殺しにしなければ成らない敵だ。今はこの文明が未熟だから衝突しないが、それは時間の問題だと
2013052213.jpg
「俺は、奴らを殺すために生きている」
そう言って部屋を去るレドを、エイミーもベベルも見送るほか無かった
2013052214.jpg

ピニオンはベローズにまで声をかけてきていた
前人未踏の地に踏み込んで、誰も触ったことのないお宝を見つけるんだと息巻く彼を、しかしベローズは冷たく突き放す
2013052215.jpg
ただ、ピニオンには理由はあった
アニキの敵を討つんだと
ベローズにとっては、それさえ彼の幼稚な夢に過ぎない、と言うが・・・

遺伝子サンプルの解析が終了した
なんと、クジライカとヒディアーズの遺伝子的差異は認められないという
これで彼の方針は一気に殲滅の方向に固まっていく
リジット達には、何故その意義が判らないのか、レドには全く理解できない
それをチェインバーは、銀河同盟と地球人類の生存戦略の、根本的な違いから来るものと推測する
2013052216.jpg
つまり、共存・共栄という方針であると

その夜
活性化する海銀河
クジライカが群れを成してきているのに気づいたレドは、チェインバーを呼び寄せて出撃しようとする
が、エイミーがそれを止める
2013052217.jpg

浅い海に物凄い数のクジライカが迫ってきていると知り、リジット達は困惑の色を隠せない
2013052218.jpg
人々は海の怒りと感じ、クジライカの怒りを収めようと、祈る物まで現れる
2013052219.jpg

何を思ってか、船団へと向かうクジライカ達・・・
2013052220.jpg

この危機に、フェアロックが指揮を執る
2013052221.jpg
全てのエンジンを止め音を立てず、クジライカを刺激するなと指示を出し、リジット達はそれを守るために奔走する
闇に包まれるガルガンティア船団
2013052222.jpg

エイミートレドのにらみ合いは続いていた
2013052223.jpg
エイミーを振り払って、チェインバーに乗ろうとするレドを、彼女は身を挺して止める
レドの戦いが船に迷惑になるからでは無く、純粋に危ないことをして欲しくないと

が、そこへ現れるリジット
船団の方針に従えと言う彼女の言葉を拒むレド
リジットは言う。クジライカが船団を攻撃するので無ければ、勝手な行動は赦さないと
2013052224.jpg

レド達の足下を、クジライカの群れが通り過ぎていく
おびただしい数のそれが、何かを威圧するように船団の下を駆け抜けていく
2013052225.jpg

・・・確かにその時、クジライカとの争いは起きなかった
だが、レドは「ここに居れば自分の戦士としての使命が果たせない」、ということを悟ってしまった
2013052226.jpg
彼とわかり合えない部分が露わになり、エイミーは涙する
2013052227.jpg

更に驚くべき事が起きる
仲間を募ったピニオンと、古代遺跡をサルベージすることに意義を見いだしたフランジが、船団を出ていくというのだ
2013052228.jpg
突然の出来事に、一同の中に動揺が広がる
ショックを受けたフェアロックの心臓が悲鳴を上げる
2013052229.jpg
一体、ガルガンティアはどうなってしまうのか・・・


レドきゅんが戦士に戻っちゃいました
まぁ、ヒディアーズ殲滅だけを教え込まれてるから、しょうが無いと言えばしょうが無いですが

今回はレドの正義とガルガンティアの正義とが、真正面からぶつかり合い、結局分かち合えない事が明確になってしまいましたね
レドは本当に正しいことを行おうとしていると信じているし、それが人々のためだと考えている故に、余計にズレが大きくなっているのが、よく描かれていたと思います

そしてそのレドの考えを、自らの私利私欲(?)に使おうとするピニオンには、ちょっと意外でした
こういうキャラクターだとは思ってなかったです。本人は色々と訳有りではあるようですが

その訳有りの最たる者が、クジライカ=ヒディアーズという問題
チェインバーの解析では、両者は同一種として認定されていました
やっぱり、なのか、まさか、なのか
そしてそのクジライカの巣が、大いなる時代の遺産が眠る遺跡だというのも、着目すべき点かと思います
まるで彼らが何かを護っているのか・・・そんな風にさえ思えます
今後、レドが船団を離れるとして、その遺跡の果てで彼が何を見いだすのか
お話の後半は、その辺りが気になる展開になりそうです
スポンサーサイト

テーマ : 翠星のガルガンティア - ジャンル : アニメ・コミック

2013/05/22 22:29 | 翠星のガルガンティアCOMMENT(4)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

虎淵クオリティが出て来ている?

クジライカ=ヒディーアーズ

撤退の度に何度かワープシステムが閉じたのでヒディアーズがそれにより地球まで飛ばされて、多分単性生殖か女王システム(繁殖する個体が決まっている)、はたまたダイオウイカ同化したのか……。

口ぶりからしてかなり前から生息している?


ルカ「これ他の移民船団も大変ですよ」


海底遺跡

船団長は何か知っている?

No:4106 2013/05/23 00:18 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

やっちゃいましたね

この地球に来た時から「ヒディアーズがいたらやっちゃうよね」って話していた通り。期待通りです♪

・ペローズの落ち度
話していようがやっちゃっているはずのレド。
ペローズの失敗は「チビタコ」の反応からレドに図鑑を見せて説明しなかった事で最低でもエイミーに「チビタコ事件」を話しておくべきだった
そうすれば「クジライカとヒディアーズが似ている」事ぐらいは分かった

・レドは職務を越えて判断している
現時点でレドの最優先は「同盟軍への復帰もしくは友軍への合流」
「生存可能な惑星の発見」や「別種のヒディアーズの排除」はどうでもいいはず
それは司令部が判断することである
むしろ地球人類がやられた方が「仇討ち」と言う名目と「排除後の分配」と言う心配がなくなり良いはず
レド自身の言う通り「地球人類の為」である
つまりレドにとっても「静観」が一番
この点を突けそうな人物はフェアロック船団長ぐらいしか見当たらないけど‥

・働く子供が多いのはクジライカのせいもある?
エイミーを筆頭に子供が働くガルガンティア
焼き肉パーティーでも「家族揃って」参加している描写がない
これは両親健在な家族が少ないって事だよね
つまりピニオンみたいに家族がやられた人は多いからでは?
そう考えると船主やリジットの反応もエイミーやペローズの反応も分かる

ピニオンもカナヅチ(笑)
ペローズとのやり取りやサルベージを他人に頼んでいるから確定です♪
ピニオンの性格からそのおかげで「仇討ち」に行けず生き残ったのかも知れない

No:4107 2013/05/23 00:47 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

目が離せない

レドきゅんの今後に、目が離せない

YF-19Kさん>
ヒディアーズとクジライカの関係は、今のところ何とも言えませんが、仰るとおりかなり古くから生きている模様?
だとすると、地球が遠い未来である可能性も・・・

飛白さん>
ベローズに関しては同意。でも、エイミーから話しても同じだったような・・・
レドが論理的飛躍をかましてるのは、敵を見つけた兵士特有の高揚感、みたいなものじゃないかと想像。彼にとっては戦うべき相手が居なければ、結局生きている意味が無いわけで、だからやるべき事を見つけたと思って、気が逸ってるのでは
人の役に立つ、支えるって言うのを、大きく捉えすぎなのかも・・・

No:4108 2013/05/23 21:39 | あるす #- URL [ 編集 ]

ピニオン死亡プラグ‥

予告から船団分裂してそうだし何気にピニオンやばいよね?

>彼にとっては戦うべき相手が居なければ、
>結局生きている意味が無いわけで、
>だからやるべき事を見つけたと思って、気が逸ってるのでは ?
1話と比べると焦り過ぎてる気がする
ガルガンティアで仕事が上手く出来ないストレスをぶつけてる?
チェインバーにさんざん「戦闘以外役立たねー(意訳)」って言われてるし(苦笑)

>人の役に立つ、支えるって言うのを、大きく捉えすぎなのかも
私はエイミー達を失いたくない一心に見えた
「例えエイミー達に理解されなくても守りたい」みたいな

No:4109 2013/05/24 01:27 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/05/23 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |