翠星のガルガンティア 第九話

今週は・・・いや、一気にそれ来る?やっちゃうのそれ??って感じの展開でした

そしてぷちっとがるがんてぃあは・・・チェインバー、逃げたw


生きて帰ってきた者が誰も居ない、と言われる霧の海に、ピニオン達はやってきていた
2013060501.jpg
近づく彼らを警戒するように、クジライカがやってくる
それに立ち向かうのは、チェインバー一機
しかし、チェインバーの分析では、クジライカの攻撃力は、チェインバー単騎と比較しても、戦力差1/120だという
2013060502.jpg
「やってやるさ、皆殺しだ・・・!」

その頃ピニオンは、かつて兄とこの地にやってきて、遭遇した出来事を思い出していた
海底に沈む遺跡に興奮した兄は、ピニオンを置いて遺跡の奥へと進んでいった
2013060503.jpg
だがそこで彼は、何かを見た
逃げろという言葉を遺して、兄は・・・
兄の敵を討つ。そして、兄が見られなかった夢を叶えるため、ピニオンはレドの後ろからそろりそろりと近づいていく

レドの方はと言うと、クジライカを殺し放題
ピニオンが造った爆弾の援護もあり、あっという間にクジライカを殲滅していく
2013060504.jpg

そんな彼の目の前に現れた、巨大な構造物
クジライカの巣と推測されるその場所に、レドは近づいていく
2013060505.jpg

巣へと入り込んだレドが見たのは、超巨大なクジライカ!
2013060506.jpg
その取り巻きに身をくるまれ、あわやと思いきや、バリアでそれを乗り越えることができた
クジライカ達が余りにも弱いので、レドもちょっと拍子抜けである

一気に障害が無くなったピニオンは、海上に顔を出している施設へと乗り込んでいく
2013060507.jpg

親玉を倒し、先に進んだレドが見たのは、クジライカの幼体
しかしその姿は何処か・・・?
2013060508.jpg

さらに奥に進んだレドは、産卵場とおぼしき場所に到達
その中で、過去の人類が残したと思われる、貴重な情報に接触することになる
2013060509.jpg
が、チェインバーはその情報を開示することを拒否する
情報の内容が、人類銀河同盟の機密に抵触するためだ、というのだ
が、レドは現場の最高責任者である自分の権限において、その内容を開示することを求めた

それによって明かされた物は・・・
2013060510.jpg

かつて地球が氷に覆われる前
自発進化推進派「イボルバー」は、氷河期が近づく中、人類の生息域を広めるべく、実験を行っていた
2013060511.jpg
一方で、「コンチネンタルユニオン」と呼ばれる組織は、宇宙へとその足を伸ばし、移民船を作成し始めていた
2013060512.jpg
しかしそれぞれの派閥において、どちらが人類の未来を担うのか争いが紛糾
また、イボルバーの行っている実験の「ある部分」が、それに火を付けていた
それこそが、この「共生体」と呼称されている、クジライカの祖先のような物
2013060513.jpg
そうして、その共生体と一体となった、人類の姿
2013060514.jpg
そのような未来を良しとしないコンチネンタルユニオンは、自爆装置を保持したワームホール施設を建設し始める
2013060515.jpg
イボルバーを地球に置き去りにし、正統な人類の未来は自分達だけが、という相手の目論見と判断したイボルバー側は、これを逆にチャンスとしてワームホールを乗っ取ろうとする・・・
2013060516.jpg

最後に映し出されたクジライカ・・・イボルバーの「少女」は笑っていた
2013060517.jpg

自らの知る情報
そして自らを支えてきた理想と反する情報に、レドは困惑し叫ぶ
2013060518.jpg

そこへやってきた小さなクジライカを、レドの制止を無視してチェインバーは焼き殺してしまう
2013060519.jpg
海底に響き渡るのは、レドの悲痛な叫び声だった・・・


ヒディアーズは人間じゃ無いかって言われてましたけど、そう言う話できたか・・・
つまり過去の人類は
あくまで人類として宇宙に逃げ出した派=コンチネンタルユニオン=人類銀河同盟
別の生き物へと進化することにした派=イボルバー=ヒディアーズ
イボルバーだけど地球に何故か残った派=クジライカ
そのどちらにもつかなかった派=エイミー達の先祖

という四派に別れていたということですな
ややこしい・・・

この経緯から考えると、人類銀河同盟が地球の座標を知らないのは、端っから戻る気が無かったんで、抹消したという方が正しいような気がします
それにしても、第一話Aパートからは想像もつきませんが、ヒディアーズも元は人間なら、コミュニケーションぐらい取れそうです
が、地球脱出の経緯を考えると、お互いがお互いを天敵みたいに見なしていたので・・・
銀河に出て棲み分けするどころか、どっちが正しい人類の後継者か、なんていう部分で争ってしまっていたのかも知れません

どうしてそこまで争いが激化してしまったのか
劇中の話を信じるなら、イボルバーは例え地球が凍り付いても、真空で生きていけられる身体を得たことで、それなりに困らなかったはずです
それなら、ワームホールを使って遠くに脱出するコンチネンタルユニオンなど放っておいて、自らは独自の道を歩むという道もあったのでは無いでしょうか
しかしそれは、生存領域を広げたい、という生物の欲望に任せてなのか、どうやら両派がすったもんだの末にまとめてワープしてしまい、結局新しい住処を巡って未だに戦争してる、ということのようです

そして、地球に残った者達は、逆に言うと何故残ったのでしょう?
全てのイボルバー達が、コンチネンタルユニオンとの戦争継続に肯定的では無かった、ということかもしれませんが
が、しかしもっと怖いのは、もしかしてエイミー達って・・・クジライカからさらに進化して、人類に戻ったイボルバー達の末裔とかじゃない・・・よね?

しかしこれは、ここ数話でのレドの発言への、でっかいでかいブーメランになりましたね
「人類同士が争っている場合では無い」
という信念の元、だからこそ「異生物」であるヒディアーズを排除しようとしていたのに、実はその相手が根源を同じくする「人類」だったことを知ってしまい、自身を支えてきた物をある意味全て失ったことになります


この事実をレドはどう受け止めるのか
人類銀河同盟の「道具」であるチェインバーは、この後どう振る舞うのか
ピニオンやフランジは、事実を見聞きすることになるのか
遠くでレドを思うエイミーはどうなるのか?
後四話でどうまとめるつもりなんでしょうか・・・
スポンサーサイト

テーマ : 翠星のガルガンティア - ジャンル : アニメ・コミック

2013/06/05 22:26 | 翠星のガルガンティアCOMMENT(4)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

今回ばっかりはレドが精神的に成長してしまったのが裏目に出てしまったような…
レドがガルガンティアで暮らすうちに『人を殺してはいけないこと』『他人のために頑張る尊さ』を学習してしまったので、今回の冒頭でで人類の大量虐殺を行ってしまって苦しんでいるんだろうなぁ。
もし、レドがガルガンティアと出会わずにヒディアーズの正体を知ってもショックは受けるでしょうが1日ぐらいでケロっとしそうです。
あとは、人類銀河同盟とヒディアーズが対立していたのは人種差別的な側面を持っていたと私は思います。
何せ人類があんな化け物になっちゃうからデモが発生するくらい生理的に受け入れられないって人が多いし、私も宇宙で生きるためとはいえあんな異形にはなりたくないし…
結局のところあの戦争の理由自体、理屈っていうより本能だと思いますよ、人間がゴキブリを無意識に憎むのと同じ理由だと思います。

No:4129 2013/06/05 22:41 | あくと #6Z79jEeU URL [ 編集 ]

海外のファンもアンビリバボー、ニンゲンヤメスカ大量発生(汗

虎淵氏クオリティのホンキ(=本性)が出た?

ヒディアーズがまさかの人間が人為的に進化させた集団だったとは……と言う事は人類銀河同盟=コンチネンタルユニオンvsヒディアーズ=イボルバーはどうも其々の強行派と言う事ですね。まあマクロス世界でもサイボーク化やらバジュラを取りこんで人類の領域を越えようとした科学者(CVさんは永遠の17歳さん)もいましたからねぇ……想像をはるか別次元に超えた展開に唖然呆然です。


ガルガンディアの紋章の謎

前回、船団長のお葬式前夜にリジットが幼い少女の頃に撮影した写真を見るのですがこの時に自分の父や船団長、船医の背後には見るとガルガンディアの紋章らしきものも……あれがイカに見えると言う指摘も出てます。クジライカ(ヒディアーズ)に対して共生を求める辺りもしかすると三人は若い頃にイボルバーに居たかもしれませんね……船団長がリジットに託した黄金のカギは何を意味するのか?


Drマツモトの娘はヒディアーズになったのか?

何故か彼女のCVだけ内緒になっている怪しさ倍増、私はエイミーと同一人物ではないかと……イボルバーに参加したけど躊躇した人もいた筈でガルガンディアの船団長や船医、リジットのお父さんもそれではないかと……確かに記録映像にはDrマツモトの娘もヒディアーズになりましたが本当に“本人”がなっているのか怪しい訳(つまり別人がなっている)で……でもレドが流れ着いた状況になるまで一体どれだけ“経過”しているのか不明……。

そこでSF定番ネタが使っているのではないか?SRWシリーズでもお馴染みの


    大規模冷凍睡眠施設


冷凍睡眠ならイボルバーの研究よりは進んでいるし地球全体が氷河期ですから世界観を察して核融合炉の運用も容易かもしれません(あくまで素人判断です)。


ヒディアーズに対するスパロボ学園+αの反応

甲児「うぁ、Drベルが喜びそうな展開」
竜馬「ハチュウ人類が歩み寄りそう」
ギリアム「ハヤタがジャミラを思い出してため息ついていたぞ」
イズル「こうして見ると遺伝子操作も程々にって言う感じだね」
キラ「本当だよ、デュランダル議長も方向性過っていたらゾッとする」
ハヤト「僕やサキさんはまだマシだね……」
サキ「そうよね……仮にヴァルヴレイヴに虎淵氏が関与していたら蝙蝠の羽も生えていたかもしれないわね」
ミサト「これはもうヘビー過ぎるわ」
キャプテンG.G「これはもう間違っているよ……」


シンジ「一番困惑しているのかイカ娘だね」


YF-19k(kyousuke)「こりゃあ同人誌がカオスになるぞ、下手したらヒディアーズの仲間の増やし方にヒロインの触手レイプで同化って言うネタも来るな」
シンジ「……」
アルト「おい」
ミサト「ヲタの妄想はネルフの闇以上よ」


・追記 マジェスティックプリンス

こちらも驚きの展開。

テオーリア「本当にヒディアーズには困りますね、まあレットファイブとどちらを先に狩るか迷っている筈です」
チェンバー「妙な所で一致しますな」
テオーリア「……本当にスパロボ向けの展開になって寺田P喜んでいると思います」
イズル「これでヴァルヴレイヴも合わせたら大変だね」


リュウセイ「本当だよなぁ」
マサキ「面倒癖ぇ敵ばっかしだ!!!」
シュウ「そうですか?私にとってはカモネギ、ここまで目移りする敵組織も珍しいです」

No:4130 2013/06/06 00:09 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

トーマの存在

遂に今日と言う日を迎えてしまいました・・・見れないと分かっているのに割り切れないから愚痴みたいなこと書いてすみません・・・


やっぱり、ニコ生のゾイドの「悪魔の迷宮」見たかったよ~~~~トーマとシュバルツについて書き込みたかった~~~

いや、申し訳ありません。

後半のGF編からのぽっと出(帝国側は前半敵で、帝国の中で途中からバンたちに近い立場のシュバルツが、後半帝国の軍事的トップになっちゃったので、現場でバンと同じ位置で動ける帝国の人がいないからトーマと言うキャラが急きょ登場?)で、すでに主人公としてパイロットとして完成されつつあるバンと、そんなバンの良き兄貴的な立ち位置のアーバインと比べれば、トーマって基本はギャグキャラで噛ませポジションなんですよ。まあ、所どころ今回の悪魔の迷宮の様にカッコいいんですが・・・というかそのギャップが良いんですが・・・

まあ、何が言いたいかと言うと、

あくまでも主役はバンでライバルがレイブンなのは分かるけど、折角GF編からの新キャラだしトーマはもっとカッコイイとことか見たかったぞ~ と。

それを言ってしまえばGF編からの新たなる敵リーゼは結構掘り下げあったのですが、もう1人のヒルツってどうだったかな?とかあるんですが・・・

色々愚痴ってすみません・・・夜勤頑張ってきます。
もし誰かニコ生が見れるのであれば、21時からだったかな?見て頂ければ幸いです・・・

No:4131 2013/06/07 08:53 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

後の話はどうなるんだ

レドきゅんが悲痛すぎてワロエナイ・・・

あくとさん>
レドがガルガンティアと関わったことで、感情の発露を覚えたことが、今回の悲劇に繋がったこと、判ります
自意識があるからこその、最後の言葉だったんだろうなぁ
>戦争の理屈は本能
そうですねぇ・・・どっちもどっちも、当初の目的を忘れて本末転倒になって、嫌い嫌いで気が遠くなるほど長く戦争してるんだから、人類の業は深い

YF-19Kさん>
これが虚淵クオリティですか、そうですか・・・
しかし、今の地球の何もかもをイカに繋げるのもどうかと思うんですが
イカがイイコとしたのか?と言うと、甚だ疑問だと思いますし
今だって距離を置いているだけで、分り合っているとは言いがたい間柄だし

壱華さん>
悔しさが文面からにじみ出てくるw
まぁおちけつww

No:4132 2013/06/07 23:40 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/06/06 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |