翠星のガルガンティア 第10話

今回の話も重かった・・・
見てて心が痛むストーリーでしたね
でも、越えなければいけない一線だったのも確か


そして、ぷちっとがるがんてぃあで、ピニオンの死亡フラグ確定w


霧の海に潜んでいたヒディアーズは、チェインバーの手で殲滅された
それを聞いたピニオン達は、喜び勇んでお宝を掘り出そうと躍起になる
しかし、レドは違った
チェインバーの外殻にこびりついた、クジライカの血肉を見て・・・
2013061201.jpg

古代遺跡を前にして目を輝かせるピニオン達
ユンボロを使い、次々と運び出していく
2013061202.jpg

その影でレドは、クジライカを次々と殺した場面のフラッシュバックに襲われていた
人の姿をしていたそれらを殺したこと
そのショックでレドの精神の均衡は崩れ始めていた
2013061203.jpg

引き上げられた遺跡を前に、フランジもまた目を輝かせていた
しかし、ここでピニオンとフランジの考え方に、若干の差異が出始める
2013061204.jpg
フランジは古代の遺跡こそ、人類全体の幸せのためになると考え、ピニオンの案に乗った
しかしピニオンは、宝は全て自分達の物とし、自分達だけが豊かになろうと考えていた
近づく連中は全て潰してしまえ、と言い放ったピニオンは、無線を使って周囲に自分達の勝利を宣言し出す


複雑な思いで、その放送を聞くガルガンティアの人々
2013061205.jpg

フランジの元でも、様々な人達の思いが交錯する
争うことを前提に物を考えるのに否定的なフランジだが、今後海賊の襲撃も考えられ、力を蓄えることも必要だと主張する人々もあった
荷物を持ってきたメルティも不安げで、フランジの意を問うが、彼自身も悩みの底に居るのだ
2013061206.jpg
彼の元に居る船主の中でも、フランジ派とピニオン派の派閥ができはじめているようだった
サルベージ品を役立てるには、ピニオンの修理屋としての技術は確かに必要なのだ
彼の行いが全てを左右すると言って良い状況なのだから、仕方ない

チェインバーの中に籠もっていたレドを、ピニオンが手伝いに駆り出そうとするが、レドは乗り気では無い
その様を「怖じ気づいている」と言われ、レドはいつになく激昂し、自分は怯えてなど居ないと否定する
2013061207.jpg

ピニオンの無線について、意見を交わし合うリジット達
リジット自身は無線の内容の真偽がわからない以上、深く関わらない方針だった
2013061208.jpg
しかし、ガルガンティアに残った船主達の中に、ピニオンを羨んでおこぼれに預かりに行こうとする者達がいるかもしれない、ということが気がかりだった
それを止める術が無いのも事実

ベベルを看に来ていたオルダムは、向けようのない怒りを覚えているように見えた
なんて馬鹿なことをしているのだ、とベベルの前で珍しく吐き捨てるように言う
2013061209.jpg

戸惑いは、サーヤやエイミーにも広がっていた
どうしてこんなことになったのだろう
エイミーの胸は張り裂けそうだ
2013061210.jpg

霧の海には、早速海賊達が現れて一悶着
2013061211.jpg
相手を追い返すだけで良いものを、調子に乗ったピニオンはとにかく相手を叩きのめそうとする
掘り出したばかりの古代兵器まで持ちだし、不用意に撃ちまくる始末
2013061212.jpg

降伏してきた海賊相手を前に、ピニオンはどこまでもでかい顔
2013061213.jpg
海賊の子分達はそんな彼にすり寄ってくる
最初は乗り気で無かったピニオンだが、そうやって船団の所帯をでかくしていけば、こちらの防備も整うという考えに至り、海賊達を受け容れることに

チェインバーの側でうなだれるレド
彼にピニオンは、掘り出した古代遺跡の調査のために、チェインバーを借りたいと言ってくる
まるで気の抜けたレドは、もう何もかもがどうでも良いように、勝手にしろと言い放つ
2013061214.jpg

そのままピニオンに無理矢理、宴の席に連れ込まれたレド
2013061215.jpg
だが・・・彼の心は張り裂けそうだった
一体自分の存在は何のために、誰のためにあるのか
どこで、何が間違ったのか・・・


巨大な電磁砲まで掘り出されてきた
修理すれば使えるらしいと聞き、ピニオンはもう絶頂である
2013061216.jpg

レドは、己の見た情報のために、もはや疲れ切っていた
2013061217.jpg
そんな彼の一方で、チェインバーが冷徹に採集した情報を解析し、彼に伝えてくることが、レドにとっては理解し得ないことであった
自身の戦いが全て否定されたというのに、どうしてそんななんだ!とレドは激昂する
が、チェインバーはその認識が謝りだと即答する
2013061218.jpg
レドは言う。クジライカの生まれたばかりの姿を見て確信した。同じ人類同士が戦争を繰り広げていることを。それが今までの戦闘の正体なのだと
同じ人間同士なのに・・・

そう呻くレドを、それでもなおチェインバーは否定し、人類とヒディアーズが戦うべき運命にあることを断言する
そして自分のその結論は、自分自身で出したと言い放つチェインバーに、レドは耳を疑う

2013061219.jpg
チェインバーはヒディアーズが、人類として持ちうるある一つのものを捨てたことに着目していた
それは文明と知性
元々人類がヒディアーズのように、強靱な力を備えてれば文明の発達は無かった
そして何故、人類同盟はマシンキャリバーのようなものを作り上げて行っているのか
その理由は、人類がヒディアーズではないから。つまり、脆弱な肉体を補い補強しなければいけない、という問題を抱えていたからに他ならない
逆にヒディアーズは恒久なる肉体を手に入れる、という究極の進化を選んだことで文明を否定した
それに対してばマシンキャリバーは、知性を持つ人類が作り上げた英知の結晶である
それぞれがそれぞれに、真逆の方向の進化を遂げた以上、その道は交わることは無く、レドが生きることを望むのであれば、ヒディアーズは受け容れることができる相手ではないのだ、と
故に戦うしか無い


機械が人間に戦いを強いるのか、と問うレドにチェインバーは応える
自分の存在意義とは、レドが成長することにある、と
2013061220.jpg

そこに現れた謎の船団と、浮かび上がる影
2013061221.jpg
映し出されたのは、ストライカー・・・クーゲル中佐の機体であった
2013061222.jpg


ピニオン調子に乗りすぎで胸くそ悪くなったぞ、ゴラァ
何事も分相応という言葉があるように、自分が持ってしまった力の大きさを判らないピニオンの行動は、周囲の不快を買い戸惑いを引き起こすだけなのだが、フラグ立てまくりの彼は気づいてない模様

そしてレドの苦悩・・・
信じていたものの全てが瓦解したと捉えた彼にとっては、一分一秒が地獄のようなもの
それ故に、冷徹すぎるチェインバーの行動が、いちいち鼻につくのだろう
そのうえ、チェインバーの出した答えが、余りにも完璧すぎてぐうの音も出ない
銀河同盟がヒディアーズの根源を隠していたのは未だ謎としても、戦い続ける理由とその意味は確かにチェインバーの言うとおりなのである
人間の尊厳を守り通したい人類同盟と、生命としての悦びを謳歌することだけを追求したヒディアーズでは、考え自体が交錯することが無いのは明かであり、理解し合うという範疇を超えている
しかもそのようにレドを「諭す」のは、レドのためでもありチェインバー自身のため、と言う事実が怖気を誘う
チェインバーは紛れもなく、生きた機械であるという現実にじわじわくる
レドが愕然とするのも無理は無い


しかもそんなところにクーゲル中佐の登場
ストライカーを擁したその船団は、クジライカの死体を誇らしげに晒し、怪しげな衣装と装飾で身を包んだ、まるで宗教団体のような連中・・・
一体全体、次回何がやってくるのだろう?
スポンサーサイト

テーマ : 翠星のガルガンティア - ジャンル : アニメ・コミック

2013/06/12 21:16 | 翠星のガルガンティアCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ぷちがんで妙なフラグが立つ?

殺伐としてきたぞ

安定の虎淵氏クオリティでレドの精神状態が……とは言えチェンバーの言い分である“ヒディアーズは文明も知性も捨てた愚かな選択をした”と言う分かる訳で……。


オルダムの怒りに不思議な共通点

多分彼は若い頃にイボルヴァーに居たかもしれませんね、それとガルガンディアの子供達には何れも親がいない……エイミーとベベルだけなのかと思ったら……。

ベローズは公式スピンオフコミックにより両親と死別してサルベージを営む別の船団に拾われていた過去があります。


謎の宗教集団

どっちかと言うとイボルヴァーの熱狂的支援者ではないのかなぁ……ヒディアーズを信仰の対象に変化。仏教で言う即身仏に近いポジションと思うが……。

こうなるとレドの上官であるクーゲル中佐が何故彼らを擁護しているのか……虎淵氏クオリティはキツイから覚悟はした方がいいですね、これ(笑)


ピニオンはどうなる?

死亡フラグが出たので早くもマミさんの様になるのではと言う声も……

No:4139 2013/06/13 01:06 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

最後どうやってまとめる気なんだろう

> 安定の虎淵氏クオリティでレドの精神状態が
途中のクジライカ大量虐殺シーンは鬱になる

> どっちかと言うとイボルヴァーの熱狂的支援者ではないのかなぁ
> こうなるとレドの上官であるクーゲル中佐が何故彼らを擁護しているのか
ストライカーの中にミイラだけ入ってたりして(おい

>ピニオンはどうなる
あの謎の集団に襲われて、あんなことやこんなことに・・・

No:4140 2013/06/13 20:16 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |