革命機ヴァルヴレイヴ 第10話

やばい・・・
今回のシナリオは、いつも以上にお花畑だった・・・
何をどう理解したら良いって言うんだ?


ヴァルヴレイヴが作られた理由を、貴生川は語る
中立国であるジオールは、その建前上強大な軍事力を持つことができない
2013061501.jpg
そのため、一騎当千の機体を作ることで、これに対抗しようとした
貴生川もその開発メンバーだったが、配属早々に何事かで揉め、先生の皮を被った「被検体の監視役」にまわされたという
被検体・・・つまり学生達は、全て何事かの部分で強化調整されているらしい。それを監視するべく、関係者は全て軍属で構成された
ただし七海だけは、普通の学校の体裁を護るため、たまたま受け容れた実習生だそうだ

こうして作られたヴァルヴレイヴだが、一号機だけは他の機体とは何かが違うらしい
通称「OS子」・・・少女の姿をしたナビゲーターも、ハラキリブレイドも一号機のみの特徴だそうだ

ニンゲンヤメマスカ?の真実を聞き、一瞬サンダーは頭を抱えるものの、即座に頭を切り換えて
「不死身のダークヒーロー」
と割り切ってみせる
2013061502.jpg
キューマ曰く、これからはチーム
その言葉にサキはちょっと悔しそう

アキラの部屋に通うようになったらしいショーコ
彼女だけはアキラも拒絶せず、嬉しそうに話したり笑顔を見せたりする
このやりとりは後々に何を引き起こすのか
2013061503.jpg

学校の屋上で、自分達の「身体」や「能力」について、調べようとする四人
2013061504.jpg
そこへ七海の校内通報が入る
月についたら、ARUSとの折衝や国としての体面を保持する必要に迫る
だから今、本当の意味での代表を選出するために、大統領選挙をしようと

だが、その放送を聞いているショーコの顔に、影が
2013061505.jpg

選挙の実行委員は、ある意味では中立であるエルエルフが行うことに
また騙すんじゃ無いのだろうな、と迫るハルトをエルエルフは一蹴する
2013061506.jpg

エレベーターでたまたま一緒になった、ハルトとタカヒ
以前のことを思い出し、固くなるタカヒだったが、今回の問題はそこでは無かった
ハルトの「発作」が発動したのだ
たまたま(?)乗り込んできたサキのキックで、何とか難を逃れるが・・・
2013061507.jpg
発作の感覚が短くなっていくことに、ハルトは恐怖を感じていた
このまま化け物になるのでは無いか、と呟くハルトに、そうなったら自分がハルトを殺してやるとサキは言う

その頃のドルシア陣営
月にヴァルヴレイヴが入る前に、全ての決着を付けるとカインは言う
その頃クリムリヒトは思うところあってか、カインの書斎に潜入
だがそこには何故か、ハーノインもまた潜入していた
2013061508.jpg

投票所に現れないショーコを、ハルトは探していた
彼女が居たのは、あの鳥居の前
ショーコは父の無事を願う絵馬を奉納していた
というのも、ジオールが占拠されて以来、彼女の父親の消息は不明で、死亡説が流れているらしい
新しい代表を選ぶと言うことは、父を過去にすることだと怯え、泣くショーコ
2013061509.jpg
その彼女の気持ちを判っていなかった、とハルトは後悔する

自分のために、父やジオールの人々を助けると言うハルトの気持ちを受け、ショーコはようやく自分も大統領選挙に立候補することにする
だが、壇上に上がった彼女の第一声は、月についたら文化祭をやろうという突拍子も無いもの
2013061510.jpg
戦争をやっている今だからこそ、学生らしく人間らしく、やれることを思いっきりやれる集団で居ようという彼女の発言に、何故か学生達はノリノリ

だがその頃、ハルトの暴走はヤバい方向へと爆進していた
サキを押し倒し、その肉体に牙をむき出しにする
そのハルトの様を見てサキは「ああ、これはそう言えば・・・呪いだったんだ」と・・・
2013061511.jpg

ショーコは選挙に勝った
しかしその裏で、サキとハルトの関係は・・・
2013061512.jpg


もう、相変わらずだけど
何が何だか判らないよ!


このシナリオを書いた人は確信犯でこんな訳のわからない流れにしてるのか?

ヴァルヴレイヴ建造の秘密がある程度判ったけど、貴生川は主流から外された人間らしいから、これ以上はヴァルヴレイヴを求めるカインの方からの謎明かしになりそうではある

大統領選挙は・・・七海の意図は良いとして、それに対するショーコの反応が突然すぎて、全然感情移入ができない
そう言う伏線は、せめて2話ぐらい前から張っておけよと・・・
そしてその後の、相変わらずの電波発言にゲンナリである
ショーコは本気で、国のトップになると言う意味がわかってるのか・・・

ハルトとサキのあれは・・・もう何というか、どうしてそうなるとしか言いようが無いw
ただ、どうもハルトを操ってるのは、ヴァルヴレイヴ一号機のナビッぽい事はわかる
「彼女」が何者で、どうしてこんなことをしたいのか、が判らないと、今後も同じ事が・・・

そして、なにげに死亡フラグを立てた、クリムリヒトとハーノイン
カインの隠された意図に二人で気づいたら、そのままサクッと退場・・・か?
スポンサーサイト

テーマ : 革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル : アニメ・コミック

2013/06/15 12:19 | 革命機ヴァルヴレイヴCOMMENT(1)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

修羅場も様々

衝突した原因

エルエルフの調べの通り貴生川先生の正体はヴェルヴレイヴ研究のメンバー……だった筈ですが着任早々上層部と衝突、その原因が何なのか不明ですがもしかするとものすごくヤバい物証でも掴んでいる?ただあの教育実習生は正真正銘の教師ですから体面上受け入れるしかなかったんですね。


一号機のみ

どうもOS子ちゃんとハラキリブレードは一号機のみ……それにしてもハラキリブレードって言うネーミングを明かしたのはスパロボ参戦に向けても地ならし?


ボクジャナ~~イ♪と言えない状況

ハルトの暴走が最悪の事態に……サキは予想したいたようですが……まああんな世界に居たからHな事は経験済みかもしれませんね、はい。


クランクアップ(=単行本最終巻)販売記念 ピンゾロの面々が語る今季ロボットアニメ

九十九「何変なモン持って来たんや……」
円「だってシャヘルの様な敵(設定)ばっかしなのよ、ね……スパロボ学園の面々以外の人にも語ってもらいたいから」
真田「その企画書ってもしかして」
円「新生情報部(就職予定)コンビが持ってきた」←滝川と丹波の事。
九十九「二人とも似た者同士だから扱いきれんで……けったいな」


天の声(=ナレーター)

・まず“ヒディアーズ”についてどうですか?

九十九「人間が他の生物と共生関係になって宇宙怪獣なんて、あ……」
円「始君の事は気にしないで……せめて人間のままで出て来てもらったから救い様があったわ」
真田「地球の状況が氷河期かよ……イレブンソウルの地球よりもキツイなぁ」
円「色々と大変な事になりそうね、一歩間違えていればシャヘルが人間を一斉に取り込んでいたら」
九十九「ほんまにキツイ」


天の声(=ナレーター)

・ウルガルについてどう思いますか?

九十九「種の存続の為に遺伝子をばら撒いて生物を進化させて狩りと言う名の侵略行為、けったいな事を」
円「でも、これも生物学に当てはめるとあり得るわね」
九十九「ウチラもそーなる?」
円「スパロボに参戦出来ればね……でも、始君や貴方の彼氏はそう簡単に仕留める事出来るかしら?」
真田「円さん、顔紅いっすね……」
円「殴るわよ」


天の声(=ナレーター)

・最後にドルシアに関しては

円「むしろヴァルヴレイヴが気になるわね」
九十九「選択したら人間ヤメマシタって、どんなメカや……」
真田「敵は?」
円「興味無し」

No:4143 2013/06/15 16:50 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/06/15 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |