翠星のガルガンティア 第11話

いやぁ・・・どうするんでしょう、このアニメ
あと残り無いよ?
なのに風呂敷また広げちゃってどうするの??
視聴者しんぱーい

そして、ぷちっとがるがんてぃあの方向性も心配


ガルガンティアのある日の風景
2013061901.jpg
エイミーはある程度の元気を取り戻していた
いつまでも落ち込んでいても仕方ない・・・そう言って
ガルガンティアは銀河道を辿る関係上、霧の海に近づきつつあった
それは何を意味するのか・・・

その頃霧の海で、レドはクーゲルからの通信を受け取っていた
再会を喜ぶレドに、クーゲルは自分の元に来るよう呼びかける
2013061902.jpg

謎の船団が現れたことで、ピニオン達には一気に不安が広がる
だが、こちらには発掘した兵器がある
2013061903.jpg
ピニオンはそれを見せつけ、相手を追い払おうとするが、逆にストライカーからとおぼしき攻撃に恐怖する羽目に
しかも、頼りにしているレドがあちら側に行ってしまったため、ますます立場がヤバい

その頃レドは、船団の一向に出迎えられていた
異様な装束で自身を「雷の巨人に祝福された人」と称する一向に、レドは戸惑いを覚えつつクーゲルの元へと案内される
会議室で向き合う二人
クーゲルは風土病に冒されたため、コクピットから出られないと言うことで、映像のみでレドと会話を始めた
2013061904.jpg

相手方の船から、船団の代表者が出頭するよう、通信が入ったという
向かおうとするフランジだが、相手はピニオンを指名している
2013061905.jpg
船団長として、ピニオンに外交手段を任せられないと言うフランジだが、今回の件の発端である自分が尻をぬぐうしか無いと腹を括ったピニオンは、一人相手の出方を待つことに
その彼を迎えに来たのは、なんとあの海賊ラケージであった
一体どういう事情なのか
2013061906.jpg

送られてきた船団では、貧富の差が明確になっていた
それは、「弱者は強者に尽すのが神の摂理だから」だそうなのである
2013061907.jpg
神とは一体何なのか
壁にはストライカーとおぼしき、雷の巨人の絵が描かれていた

クーゲルは地球の住民が、恵まれた環境にありながら、ヒディアーズに圧倒され恐怖していることを、彼なりに危惧したようだった
そのため、戦い方を教え啓蒙することが、自分達の使命だという
2013061908.jpg
それに対しレドは、ヒディアーズが人間であったことを口にする
しかし、クーゲルはそれを知っていた
同盟の上層部では暗黙の了解だったが、現場の兵士には必要ない情報として封印されていたらしい

クーゲルは今居る船団に対し、銀河同盟なりの秩序を与えた
それにより彼曰く、船団の幸福度は大幅に上がったという
その幸福とは、個人が全体に対し、いかに最大効率で貢献するかの費用対効果によって図られるという
かつてのレドならば無条件に理解したであろうその話も、今の彼には何か違和感を覚える
クーゲルはそんなレドの心境を判ってか否か、自分と一緒にこの星を変えようと提案する

その頃ピニオンは、謎の箱が置かれた場所に案内されていた
2013061909.jpg
何気なくそれを解体した結果、そこよりストライカーの通信が入る
箱の解体は、ピニオンの技術レベルを図るためのテストであった
それに合格したことで、ストライカーは彼を技術将校として歓迎すると言う
2013061910.jpg
しかし、そううまく話が進むわけも無い
ピニオンはフランジの船団に対し、降伏勧告とも取れる文章を読み上げさせられる羽目に
それがわかっていてなお、フランジにはその要求を拒む力は無い
2013061911.jpg

乗り込んできたクーゲル船団の者達は、有無を言わさずフランジの船団を解体していく
2013061912.jpg

ラケージ曰く、船団では金銭の部類は存在しない
個々がその働きに応じて、それに応じた配給を支払われる、極めて公平な社会・・・
が、ピニオンは本能的に、何か薄ら寒いものを感じ取った
2013061913.jpg

その頃レドは、クーゲルがかかったという風土病の検査をしていた
結果としては問題なし

クーゲルのコクピットへの隠遁
それは姿を見せないことで、潜在的な恐怖を与え、結果として強い統率力を発揮している、とチェインバーは推察する
2013061914.jpg
恐怖によって相手を支配するのはどうなのか、と異議を唱えるレドであったが、恐怖こそが服従者に一種の安息をもたらすというチェインバー
確かにそうだ、そうなのだが・・・

ラケージは自分の船に戻り、何かを考えていた
「休暇にも飽きた」
ピニオンの登場で、彼女にとって何かのチャンスが生まれたか?
2013061915.jpg

翌朝
クーゲルはレドに対し、かねてより考えていた「地球人類への大規模啓蒙活動」を実行に移すと宣言する
その最初の標的は・・・ガルガンティアであった
2013061916.jpg


たためるの、この風呂敷?

クーゲルは良かれと思ってのこと・・・というか、銀河同盟として当たり前のこととして、原住民を上手く乗せたみたいだけど、実質的には彼の独りよがりの、大きなお世話なんじゃないのか、と言いたいこの展開

何が幸せか
何が幸福か
それはその時と場所によって大きく異なるものである


コクピットの中から出たことで、その差異というものを肌で感じ理解したレド
コクピットの中に居座って、自分の常識の中だけで行動してきたクーゲル


それぞれの行動の結果が、ガルガンティアとクーゲルの船団とで、大きな落差を生んでいるのが怖い

そんでレド君・・・君、ガルガンティアもこれに巻き込む気?
それやると、みんなから笑顔消えちゃうよ?
ベベルも生きていけない社会になっちゃうよ
どうするんだい!?
スポンサーサイト

テーマ : 翠星のガルガンティア - ジャンル : アニメ・コミック

2013/06/19 22:13 | 翠星のガルガンティアCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

流行語大賞狙ってます?←ネット内の

ぷちがんではヒロインの層に関してチェンバーの名言迷言が出ました……レトもあのセリフを言って閉める辺り慣れてきたって感じ?


クーグルも知っていた?

地球の裏側にワープアウトした事は確かですね……ただ彼もストライカーでクジライカと戦闘して事実を知ってしまった一人かも……やっぱあここら辺も小説で補完か?風土病に関してもあり得る話ですから……。


他にも漂着しているかもしれない?

あの時かなりの数が逃げ遅れていたら……訳無いけどこーなるとどう転んでも不思議ではない。


・追記

マジェステックプリンス

タマキとケイがアイドル化……ペコのマネージャーぷりはスゴかった。マシンも……何処のボンドカーですか?


・ヴァルヴレイヴ

この展開は読めなかった……やっぱあ日本人って覚悟を決めるとコワい民族だ。今回ばかりは一瞬三途の川にある対岸の花畑に意識が飛んだ……

No:4146 2013/06/20 00:39 | YF-19k(kyouuske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

格好いいロボット枠

ぷちがんの「格好良いロボット枠」を、ストライカーさんに脅かされかかってるチェインバーさん、チーっす
って感じでしたな、今回のぷちっとがるがんてぃあは

クーゲルがプチ悪人みたいになってて、ややショックであります
神を気取ろうというのでしょうか
何か薄ら寒いものを感じます
レドが自分の意思を発揮して、クーゲルの言いなりからは外れて欲しいですな

No:4147 2013/06/21 23:21 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |