銀河機攻マジェスティックプリンス 第12話

ああもう
今期のアニメは、もはやマジェプリのみが心の支えだよ・・・

等とすがる思いで居たら、なんと今週の録画に失敗していただとぉ!?
生放送を見たから内容は覚えてるけど、せっかくの楽しみが・・・ッ

と言うわけで、今週は画像無しですorz


チーム・ラビッツの女の子二人組に与えられた重要なミッション
それは、一日アイドルとしてスターローズ周辺を回り、MJPの存在をアピールする広報活動であった
マネージャーたる山田ペコに率いられつつ、二人は警察署や病院などに足を運び、広報活動と言う名のコスプレショーに身をやつしていた・・・

一方その頃
アサギはピットクルーのアンナの買い物を手伝わされていた
アンナ曰く、休みなのに暇そうだから、せっかくなので誘ってやった、と言うことらしいが、アサギには良い迷惑この上ない

TVではケイ・タマキの広報活動に合わせ、様々なMJP特集の番組が組まれていた
ゴディニオンの艦橋で、それを半ば呆れながら見守る、オペレーター二人組
こんなことでもしないと、軍全体の威信や士気が保てないとは、大人の世界は世知辛いね、と

色々な行事の間を、車を使って駆け回るケイ達
移動の合間に栄養補給と、タマキは塩辛丼を目一杯、ケイは濃縮練乳パックをむきゅむきゅ
なお、その練乳パックは死ぬほど甘いらしい・・・
そんな一行の間に、突然降って湧いたイベント参加要求が舞い込む
今の状態では、その依頼を受ける隙は無いと断ろうとするペコだが、そのイベントが全国ネットと知り、無茶を敢行することに
それまで自動運転だった車を、まるで暴走魔の如き運転で裁くペコ
後部座席のケイとタマキは引っかき回されっぱなし・・・タマキはどちらかというと楽しんでいたが
おかげで幼稚園のイベント会場に着いた時は、ケイはヘロッヘロになってしまっていた

方やスターローズ内部では・・・
ピットクルー達がアッシュの整備をする脇で
イズルは自らの漫画を完成させ満足げ。とは言えこんな未来の世界で、紙とペンで漫画とはずいぶんクラシック?
スルガはと言うと、スターローズの外壁で宇宙服で鎮座中・・・

続いてのイベントでは、なんと年端もいかない二人に水着ショットの要求
「うちの子達を何だと思ってんですかー!」と、さすがのペコも怒り心頭
ケイに至っては、水着の形と素材に文句をたれ始めた上、口が止まらなくなって大暴走
タマキの「人畜無害」の一言で、何とかその場は切り抜けるが・・・

アンナと半ばデート中のアサギだが、胃薬は欠かせない
そんな彼を判ってかどうか、アンナは女の子として背伸びしようと躍起
年齢不相応の服装をして、アサギの興味を引こうとしたりする
そんな彼女の態度に、アサギは一喜一憂

自分の書いた漫画を、誰かに見て貰おうとスターローズを彷徨くイズルだが、みんな忙しそう・・・
スルガはやっぱりスターローズの外壁に居る。何かを待っているようだが

水着の撮影もそこそこに、次の会場へ移動するタマキ達
こんなイベント、自分に向いてないとケイはやつれ顔。タマキ一人でやれば良かったのに、と愚痴るがタマキは「ケイが居たからいいのら!」とあっけらかん
タマキは、ケイがしたくもない格好を我慢してやりこなす姿に感心していた
そんな彼女が頑張ってるから、自分も頑張ってるのら!と言われて、ケイもまんざらでは無い
次のイベントで軍服を出された時、今までと違ってお堅い格好にムッとする彼女に「アタシも一緒に我慢するから」と言う余裕も出てきた
しかしその結果撮影されたのが、「君もGDFに入ろう!」って・・・どんなんやねんw

TVのMJP特集では、チーム・ラビッツの活躍が差も全世界を救っているかのように、都合良く伝えられていた
「全く、ものは言い様だよね」
とはジュリアーノの弁。全くである

散々アンナに振り回されたアサギだが、ふとアイスクリーム屋の前で足を止める
数刻前、アンナが通りすがりの子供のアイスに興味津々だったのを覚えていたのだ
が、突っ張りたいアンナは無理をして食べたくないふりをする
だがアサギには筒抜け
「俺が食べたいんだ」
と言って貰って、ようやく素直になる

イズルは彷徨った末、どうにか自分のピットクルーなら見て貰えそう、と安堵の表情
スルガはと言うと、外壁で待機する仲間に、いつの間にかピットクルー3人も加わっている
何しとんじゃ?

全てのイベントを終えたケイ達は、ようやく帰路についた
ペコにねぎらいの言葉をかけられ、そのままスターローズ商店街のケーキ屋さんへ直行
同じ頃、アサギも疲れたアンナを背負って帰宅
デート(?)のお礼は、西園寺印の胃薬だった

イズルの漫画を手にしたピットクルー達だったが、その内容の意味不明さに困惑
しかし、うきうきしているイズルの手前、どうしたものかお悩み中
そして時間になったスルガは、背負った超特大望遠鏡で何かを捉えた
スターローズに近づく船は一体?


主人公が台詞一言も無い回ってどういうことw
スルガも台詞無かったしww

とは言え、今回はチーム内の絆がさらに深まった回でした
特に、今まで接点があまりなく、ちょっとぎすぎすしていたケイとタマキが、イベントを通して通じ合っていったのがとても良かったですね
もちろん完全に意識が一致するわけでも無く、お互いがお互いに甘党と辛党、冷製と熱血と正反対なのは維持しつつ、互いを認め合ったのが印象的でした

アサギはと言うと、一歩間違うと犯罪レベルのデートに巻き込まれた物の、距離を置いていたピットクルーとの溝が埋まっていった感じで、これもよかった
ある意味ではアンナが気を回したんでしょうが

そしてラストの、スターローズ商店街の告知CM・・・ケイがぺったんこすぎだろ!(違

次回は総集編だそうで、ちょっと寂しいですが、2クール目からの展開を前に一息かな?
スポンサーサイト

テーマ : 銀河機攻隊 マジェスティック プリンス - ジャンル : アニメ・コミック

2013/06/21 23:18 | 銀河機攻隊マジェスティックプリンスCOMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

ペコさんも

恐らくイズル達の様に遺伝子操作されているかもしれませんね……彼女のドラテクも然る事ならがあの自動車もアッシュの足まわりが組み込まれているかも(マテ

それにしてもナースウェアのエロ過ぎて大人達には目の毒かもしれませんな、タマキ。


辛い世の中

そりゃあ大口叩いてケネス大戦に挑んだら惨敗……使えるコマがあれば使うしかないと言うのが今の状況……通信士のイケメンコンビも分かってますね。


ツンデレ

アサギを無理に連れだしての事実上の初デート……ピットクルーとは言えまだまだお子様って感じもしますが、アンナが疲れてアサギがおんぶして帰った時の彼女のおとーさんの心境如何に(笑)


ヒロインの胸格差

ここまで真っ平らになっているのはやはり遺伝子操作の影響です。

No:4149 2013/06/22 09:09 | YF-19K(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

安定の日常回

ペコさんまで遺伝子操作だったら笑うw
あの怪しい風貌も想定内と言うことですかッ

で、あれだけ大負けしたから、人員不足なんだろうなぁ、GDF等と思ってしまいます
そのために二人でポスターのモデルにさせられるなんて

アンナのツンデレッぷりはテンプレートでしたね
お父さんのお嫁さんになるって言ってたじゃ無いか!

ケイの絶壁ッぷりは、もはや図ったな孔明!としか言いようが無い

No:4150 2013/06/22 12:46 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>

返信どうもです。


胸の事はリアルでは言わない様に……本当に怖いです(マテ


最後に出てきたアレ、どうも追加戦士と言う事ですね……完全に戦隊モノを意識しているGDF上層部に苦笑するしかない。

イズル「終いには合体したりして」
ケイ「なら河森氏呼ばないとどうにもならないわね」

No:4152 2013/06/22 21:50 | YF-19k(kyousue) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/06/22 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |