第二次スーパーロボット大戦α 「始まりの終わり」

前半の導入が終わったようなので、とりあえずまた記事を書くことに
1話から初めてこの方、けっこう軽ーくストーリーをこなしてきたのだが、ガンダムが混じると、急に話が重くなるという事実を改めて実感・・・
例え非富野であっても、どんだけスパロボ補正が入ろうとも、結局根底に流れる富野の血に触れた瞬間、全ての行為は人の業という名の下に展開される血みどろのストーリーに巻き込まれざるを得ない・・・そう、UCの流れをくんだ物は
20070613-01.jpg
こういう毛色の違いそうなキャラクターであるモンシアであっても、0083原作ストーリーの末路を考えると、富野監督の恐ろしさをまざまざと見せつけられるんである


第15話
さて、木星帝国にとっつかまったトビア
ベルディナットの真実を告げられ迷う中、処刑という名目でコロッセオに引きずり出される
・・・あのさ、空気も水も余裕がないのに、こんなモン輸送船に作るなよ、総統
まぁ、こういう独裁政権では、国民の眼をそらすために、見せ物に力を入れるのが歴史の常だけどな
水槽に浮かぶドゥガチ・・・そこで話してるのは、どーみても赤い彗星だろ
娘のことなぞどうでもいいと嘯く総統。もう地球など手に入れなくてもいいとも言う。逝っちゃった老人は怖い
一方、ギリに拷問を受けるザビーネ。あー、壊れるよ、そのうちw

ついに引きずり出されたトビアに助言をする影・・・はいはい、三つ編みテロリストw
ザクvsクロスボーンガンダムX2とはたまらん状況であるが、「不屈」と「必中」を使って何とかしのぐ
BGMがなぜ0083なのかという野暮なツッコミをしていると、三つ編みテロリストがまた顔を出してくる。どうやらX2に小細工をしてあるらしい。そのおかげでX2を取り返すことに成功したトビア(お、このまま使えるのかX2?)
その勢いでベルディナットを連れてジュピトリス9を脱出しようとする
この二人を助けたのが、テロリスト二人 もといデュオと五飛(今回はまともだぞ、五飛)
ベルディナットは父を説得するとジュピトリスに残るが・・・

その騒ぎを聞きつけたレウルーラ艦内・・・
ナナイはいいとしてだ、オマエはここで何をしているゼクス(ノインほっぽらかしてネオ・ジオンに参加!?)
逃げるトビア達の前に現われたのは・・・
ZZガンダムチーム!・・・BGMが「アニメじゃない」ってのはどうかと思うけど
続いてムサカを「盗んできた」カトルが取り出したのは、アナザーガンダム4機!
こうして、ZZ,W,クロスボーン(=以下作品名CBと略す)の連合チームで、この急場をしのぐことに
ガキの集まりか、ここマップ

もちろん雑魚だけで追ってくるわけもなく、死の旋風隊も追っ手に加わる
熟練度上昇条件に入っていようが無かろうが、オマエらを生かしておいたら肝が冷えるわ!
全く改造していないMS群を上手く使って、なんとしても全滅しないようにこの場を凌がねば
と言うわけで、雑魚をむしろ放置して死の旋風隊に集中攻撃を加える
(に、してもジュドーさぁ・・・オマエ仮にも先輩だろ?ちゃんと当てて避けろろよ・・・)
X2のバスターランチャーで一通り削った後、必中を持つ五飛やトロワでギリを集中攻撃、バーンズやローズマリーは比較的当て安いため、X2やZZで叩く
バーンズは射程1の武器を持ってないので、近づいて単体攻撃すれば敵ではない
ローズマリーは柔らかいので当たれば一発
ちなみに、ビーチャやエル達は被弾すると怖いので、雑魚を押しとどめる役に任命


ギリとジュドー達を初めとしたニュータイプの感応のシーンがあるのだが
いつも思うのだけど、ニュータイプってお互いに「分かり合える」んだよね?
どうしてこう、敵の「逝っちゃった」ニュータイプと、味方の「それなりに普通の」ニュータイプにすれ違いが起こるのだろう、毎度?
一体ニュータイプってなんなの??
(どこかで聞いた台詞だと思ったら、これは「逆襲のギガンティス」のウッソの台詞だ)
途中でゼクスが登場(どうやら、廃棄されたガンダムはネオ・ジオンが「回収」したのであって、「奪取」したのではないと言うことか・・・これもまた男の意地?どこまでもバカだね、赤い彗星もライトニング・バロンも)
それに応えるようにヒイロ登場・・・オマエ、敵陣のど真ん前に出てきてるんじゃない!
・・・まぁいいや、さてカトルも戦闘に参加するかね
移動、攻撃、ほきゅ・・・補給!?
見なかったことにして、トロワを小隊長にして攻撃続行(酷)
さて、終盤は大変でした
なんせ誰一人「信頼」も持ってないんだよ。受けたダメージを回復できないので、一発一発が命取り
数度のリセットを繰り返し、(ギリ撃破後1ターンしのげばいいのかな?)ようやくマップクリア
20070613-02.jpg
ここでの活躍は、ギリの攻撃を切り払いして「不屈」一回分を稼いだ五飛と
「必中」が切れてどうしようもなくなったところで、命中率の高いビームシザーズ+「集中」でギリを粉砕したデュオのコンビでした

ちなみに、ゼクスのことについてはリリーナは動揺してない模様
ノインは・・・どうなんだろうねぇ?

そしてネオ・ジオンを追って、部隊はアクシズへ
第16話
アクシズに接近するネオ・ジオン艦隊
そこを鎮るは、我らがブライト艦長ひきいるラー・カイラムinロンド・ベル隊
メンバーは・・・ケーラ、ビルギット(出世したなオマエ)、エマ、カツ・・・カツ!!??
えーと、アムロさんは?(カツはいいのかよ)
荘厳なマップBGMが、逆襲のシャアのストーリーが始まったことを告げている
まずは7ターン以内に、敵部隊を5小隊まで削れとのお達し。メンバーに不安はあった物の、とりあえず全速前進だ
3ターン目、大空魔竜を初めとした主力メンバーが到着。出撃が12小隊なので、重要なメンバーだけ出すように小隊を考えないと・・・(ここで5分くらい浪費w)
レウルーラを見て、アレには誰が乗ってるんだ?と勘ぐるメンバー(鉄也はうすうす感づいている様子)
いよいよ出撃。バリア持ちのブレンを先頭に、どんどん突っ込め!(と言ってもけっこう避けるんだが)
4ターン目、ギラ・ドーガが動き出す・・・ギュネイだ~、声つきだ~、悪っぽい山ちゃんだ(何か違う)
で、これに対するのは鉄也inグレート。
20070613-03.jpg
スパロボDだと、このメンバーでジョシュも囲んで頑張るんだけどねー・・・ああ、やっぱり声つきでスパロボDやりたいw
で、熟練度アップ条件を整えたところで
20070613-04.jpg
来たな、シャア・アズナブル!
レミー「確か蒼い流星だっけ?」(それレ○ズナーです、姐さん・・・IMPACTつながり?)
キリー「赤い彗星だ、赤い彗星」
レミー「そう、5倍早いって奴ね」
キリー「3倍だ、3倍!」

・・・あんたら、この緊張した空気をいっぺんで吹き飛ばしたな

クワトロ大尉・・・いや、シャアが自分たちを裏切ったことに憤慨するメンバー
20070613-05.jpg
α外伝の未来世界を見て人類に絶望したシャアは、地球を捨てさせることで人類の未来を変えようともくろんでいるのだ
その独善的意見に怒り心頭の鉄也。これに忠告を与えようとした総帥の前に
20070613-06.jpg
出たゾ親分!
総帥の前口上をいきなり塞いでしまう、その勢いが素敵
さすがの総帥もびっくり
自分の絶望した未来の人物が、己の所行を止めようとしに出てきたんだ。そらびっくりするわ(まぁ厳密に言えば全くの別人なんだけど)
に、しても総帥は何を言いたかったんだ?ロンド・ベル隊の弱点を知っているとでも言いたかったのかな

で、雑魚の間をくぐり抜けて、総帥に攻撃開始
ちょっと待て、なんだそのHP98000って!?
しかも攻撃キカネー!!

20070613-07.jpg
あんた、αん時のサザビーがどういう体たらくだったか、曝したろうかゴルァ!
どうしてアンタは敵仕様でないと映えないのかと問い詰めたい、小一時間問い詰めたい

どうせ撃墜できないのだろうけど、何か総帥の態度に腹が立っているので、とりあえずスーパー軍団でぼこることにする
だがしかし!ここで重要なのはこれなんだよ
20070613-08.jpg
キター!このためにニルファやってると言っても過言じゃないんだぞ
(目的がかなり間違っている)
20070613-09.jpg
しかも総帥の攻撃、避けたー!?
さすが、中の人は伊達じゃない(違

途中で追いついてきたガンダム系でも戦ってみる
おお、トビアに特殊セリフがあるぞ
20070613-10.jpg

おおよそ60000弱まで削ったところで、総帥撤退
20070613-11.jpg
機体のせいにしないの、ヘタレ総帥

艦隊が撤退した後、スゥイート・ウォーターがネオ・ジオンの艦隊を受け入れたと言うことで、ロンド・ベル隊のメンバーには動揺が走る。それだけ自分たちは人々に信頼がないのかと
20070613-12.jpg
その頃のアナハイム。シャアの政見放送を見ていたアムロとカミーユは、答えを急ぎしすぎた「クワトロ大尉」にはらわた煮えくりかえる思いのようだ・・・
ニルファのアムロは、なんか熱血してておかしい
と言う意見をネットでチラと見かけたことがありますが・・・思えば、このようなスタートだからこそ、「何か違う」キャラクターになったんだろうなぁ
Zの時に共闘したアムロとシャアとはいえ、TV版にしろ新訳にしろその期間はとても短い物だったと言える
だから原作映画版では、多少の憤りを覚えたとしても、予測の範囲として対応していたのではないかと思う
しかしここはスパロボの世界。かなり長い時間戦線を共にし、いろいろ重要な局面もお互い力を合わせて乗り切ってきた。そう言った下地があればこそ、ちっとぷちっと切れたアムロになってしまうのも致し方ないのでは無かろうか

裏の事情を考えれば、古谷氏が鋼鉄ジーグとして出演しているのがあるのだろうけど。ジーグにつられて熱が入ったんじゃないのか?
(超余談:サイバスターinマサキやウィングゼロinヒイロが、緑川氏の「俺様最強補正」を受けて、演出も台詞も優遇を受けているとよく突っ込まれるが、今回の鋼鉄ジーグも古谷補正がけっこう入ってると思うのは自分だけか?確認しただけでも、ミケーネや恐竜帝国用の専用セリフあるし、例のガンダム系への特殊セリフも豊富らしいし・・・)
一方のネオ・ジオン・・・うわぁ、ガトーが出てきたぁ
コイツと言いゼクスと言い、こゆいメンバーばっかり揃ってるな、ここ・・・つーか、凶悪すぎ
人が増えてきたので、新部隊名の創設ということに
いろいろな案が出されるが
甲児「兜甲児と愉快な仲間達」まだ言うか
宙「司馬モータース」ここはオマエの実家か
レミー「グットサンダーチーム」ここはあんた達の艦か
比瑪「ひだまりの館」以下略
十三「大阪タイタンズ」逝ってこい
サンシロー「ゴットバレー」はい、突っ込む二人からすると、中の人繋がりですね
コウ「スターダスト・メモリーズ」アンタが出てる作品のサブタイトルじゃ、それは
鉄也「スクランブル・ナイツ」・・・まぁまともだな・・・たぶん他の作品名のパクリだけど
健一「ビクトリー・ファイブ」機体の数が足りないって・・・ダルタ○アスのことか?
ヒイロ「ピースミリオン」おい


で、こいつらの意見を総合して(?)、キンケドゥ君のαナンバーズに部隊名決定しました
20070613-13.jpg
たぶん、親分は何も考えてなかったと思(暫艦刀一文字斬りィィィ)
続々と参入する機体を捌ききれなくなってきました
各マップで出動できる小隊はおおよそ12が平均。と言っても、全ての小隊に4隊ロボットを入れることはできないから、単純に4をかけて48体出撃できるというわけでもない。だいたい、すでに80体以上メカがいるので、結局のところ代わる代わる出撃する形になる
全てのロボットを使おうと思えば使える、ということだったけれども・・・平均的に強くしたり、使い込んだりしようと思うと、かなり頭を使います

それにしても、小隊メンバーは多ければ多いほど良い物なんでしょうか?
それとも小隊攻撃などのスキルを付けた上で、強いメンバーだけに絞った方が良い物なのでしょうか?

リアル系だと前者が良いような気がするのですが、スーパー系の場合は下手に小隊人数増やしても思ったように活躍しないような
また、テーマ立てた小隊というのは、単なるネタにしかならない可能性も見えてきたし
例えば・・・作ってみたんですよ、サナリィ部隊を(F91やクロスボーンガンダムで)
20070613-14.jpg
強いと言えば強いんだが、ENも精神コマンドも燃費が悪いような・・・もうちょっとやってみないとなんとも
さらにさらに、小隊武器として設定されている物の威力・射程をよく見ないと無駄な攻撃にもなってしまう(例えば、格闘でなんぼのゲッターに、小隊攻撃武器が射程2のMSくっつけても意味がない。しかもそれがバルカンだったりするとさらにシャレにならん)
難しい難しい
そんな中、我らが親分は一人トップのLv20
単純に強いので、ボスキラーを任命すると勝手にLvUpしていってしまいます
問題は機体だけ。なので、今は鋼鉄ジーグと組んでます。移動中はジーグで、密着したらグルンガスト参式で
この二人、何となく相性良いしね。どっちも実は目の敵にしてる敵が邪魔大国、お互い主要武器は格闘。どちらが小隊長でもそれなりにやっていけます
宙にEセーブ付けたので、次はお互い支援攻撃でも狙いますか
今回の一枚
20070613-15.jpg
すごいぞコウ・ウラキ!
(ギュネイのファンネルを素で避けた)
え?何でZに乗ってるのかって?
いや、最初はF91に乗っけようかと思ったのですが、最強武器がNTじゃないから使えないんで・・・
そう言う問題じゃない?
えー、良い組み合わせなんだけどな、けっこう
ちなみにGP01Fbはバニング大尉に、ステイメンはキースに譲ってます(ぉぃ
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2007/06/13 17:51 | 【第二次α】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |