【スパロボOE】守人、旅立つ

のんびりネタ探ししながらプレイしつつ、第一章をクリアしました
8月1日は第二章が配信されるので、それに間に合うかな、どうかなと思ってましたが、表面的な内容だけならとりあえず大丈夫でした。良かった良かった

にしても今回は、精神コマンドの効果が違ったり、精神コマンドの適応範囲が有ったりと、今までのスパロボと勝手の違うことが多くて、そこに気づくまでがなかなか大変でした


「ワープゲート」
火星のコネクト基地に到着した、コネクト・フォース
ワープを楽しみにするヒマリであったが、彼女はその時謎の声を聞く
果たしてそれは、コネクトが「同士」と言う「機密事項」の生命体、ヴァサージの物であった
ヴァサージは強力な力を持つ存在で、コネクトが運用するゲートのコントロールを担っているのだという

ワープゲートに向かう「彼」を見送った一同だが、またもやヒマリが何かを感じる
今度はミューカスの一団が、コネクト基地を襲ってきたのだ

今回はコネクト基地が戦闘舞台になる
よってパトレイバーも(以下略
2013072801.jpg
ただし、スカル小隊・ダンクーガ・ゴーショーグンについては、別働隊で有るマクロスクォーターを警護しているため、今回は出撃できない

敵はミューカスだけだが、気をつけなければならないのは、このミューカス達はLVは低くとも、サイズ3や2の敵にも非常に当ててる来ると言うこと
2013072802.jpg
攻撃力はそれほどでも無いが、スタン効果や追加ダメージなどの問題も有るため、集中や閃きを過信せず、慎重に陣を組みたい

何体かのミューカスを撃退すると、何とそのど真ん中にヴィラル登場
2013072803.jpg
何とヴィラルはその実力でミューカスをねじ伏せ、配下に入れているというのだ
2013072804.jpg
オリ敵が版権敵を手を組んでる場合で、オリの方が部下って言うのは珍しいパターンだ

この時同時に現れるミューカス増援も含め、全てを撃退する必要がある
ここで注意すべきは、ヴィラルは残りHPが10000を切ると撤退してしまい、マップも終了してしまう
強化パーツもそうだが、やるべき事はやってからご退場願わないと

と言うわけでやってみました、檜山対決
2013072805.jpg
・・・ザンネンながら、特殊会話等はございませんでした(´・ω・`)
ただ、隊長の熱血かかった強襲攻撃と、ハヤトの援護でヴィラル撃墜は完璧☆

するとヴィラルは、今回の作戦の要である、ワープゲートを直接襲おうとそちらへ移動してしまう
これを追うのは、エグザートとグレンラガンであった

「獣人ヴィラル」
ワープゲート本体防衛が目的のマップ
母艦はマクロスクォーターである
初期配置のスカル小隊・ゴーショーグン・ダンクーガでその場をしのぐ
もちろんクォーターも、トランスフォーメーションしておけば、充分な戦力となるので惜しみなく使う事を勧める

敵の数が一定以下になるとヴィラルが登場
次いでそれを追ってきた、エグザートとグレンラガンがマップに登場する
さらにそこに、コネクトと「協定」を結んだという、エクシアが増援で登場
その攻撃力にヴィラルが驚くシーンがあるのだが
2013072806.jpg

実際のせっさんの実力は、「集中」を使い包囲網を敷いてもこんなもんです
2013072807.jpg
回復の手段が無いこの状態では、マジでお荷物であります

とにかくこのマップでのヴィラルの強さが半端ないのだ
なんせ、運動性の塊のバルキリー相手に、100%当ててくるような相手だ
この状態では、撃墜されないように気を遣うのが精一杯
ヴィラルはここでも、HPが一定以下になるとイベントにより撤退するため、初回は何とかやり過ごすことを優先した方が良い
また、攻めるなら初期配置ユニットを、マップ初期位置からずらしておかないと、エグザート達と合流できないのも注意が必要である

エンドイベントでは、先のヴァサージが「救援」に現れる
「彼」はワープに使うエネルギーを攻撃に転用し、ミューカスの群れを一掃してくれたのだ

これを見て不利と見たヴィラルは、再戦を誓って撤退する
そして数日後、ついにワープゲートを通じ、コネクト・フォース一同はフロンティア星系へと旅立つ
2013072808.jpg
あまりに「遠く」へ行く実感が湧かないのは、特にパトレイバー組
2013072809.jpg
全く、本当にどこまで警察が出張るのか、果てが知れない

しかし・・・
ミューカスとは何者なのか
ミューカスゲートをまき散らし、機械化獣とインベーダーを操っているのは何者なのか
そのミューカスとヴァサージの声を聴けるヒマリの謎とは
そしてフロンティア星系にて待ち受けるものとは?
様々な憶測を呼びつつ、スーパーロボット大戦OE 第一章 完


・・・っておい!
まだソロモン海戦終わってないよ!
打ち上げたまんまのアレックスはどーすんだよ!
せっさんが居るのに、ソレスタは宣戦布告しないのか!
ヒイロが居るのに、オペレーションメテオは発動しないのか!
というか、1マップしか出てこなかったヒイロさんと、結局スルーの刹那さんの処遇は!
こっちの宇宙に問題山積してるのに、ワープしてる場合か!!
戻ってこいッ!


続きましては、第二章の予告編とも言えるマップのご紹介
「惑星Ziの少年」
遂に来た、初代ゾイドの世界!
物語は原作第一話を再現したものだが、いきなりムンベイの
「私は荒野の運び屋さ~♪」
が声付きで聴けるとは思いませんでしたw

荒野にうち捨てられたシールドライガーの残骸
オーガノイド・ジークによって蘇ったライガーに乗り、バンの戦いが今始まる

そして流れる「ワイルドフラワー(主題歌)」!
いや、ちょっと待って、心の準備が・・・ッ
・・・ふあああ!なんて再現率だ、原曲通りじゃ無いか!
うおおおお、燃えてきたッ!!!
我が世の春が来たァァァァァッ!!!!


しかも、ゾイドの動きの再現がすごい
プレイヤーはシールドライガー萌えだが、コマンドウルフも超格好良い
ガションガション走ってから、方向を変えてキャノンを撃つ描写など、当時のアニメを見ていた自分にとってはもう、懐かしさと嬉しさで打ち震える物がある
シールドライガーには「オーガノイド合体」もあり、原作が良く再現されている
2013072810.jpg

マップに関して言うなら、盗賊が操るモルガを数体撃退すれば終わりで、初期位置から変に動いたりしなくても軽くクリアできるだろう
このマップは、ゾイドの顔見せであり、彼らに萌えるための場所である(ぇ

「野望のルーツ」
ボトムズのスタートは、レッドショルダーの「食い合い」再現シーンからである

マップでは、レッドショルダー基地からキリコ達4人を、追ってきたAT部隊の手をかいくぐって脱出させるのが目的となる
2013072811.jpg
しかしなにせ、相手もATだがこっちもATである
お互い機動性が高く、そして装甲が紙という条件同士
集中や閃きは決して信用してはならない。また、キリコは既に異能の力を特殊技能で持っているが、それとてATの紙装甲が元では、当てになるものでも無い
なので、敵ユニットの移動力と、攻撃範囲を良く確認して、なるべく先頭をしないで済むように4人を移動させる
AT系のパーツはここでしか手に入らないが、何せ状況が状況故に逃げるが勝ちである

無事に逃げおおせた彼らを待つ運命は・・・
2013072812.jpg
ボトムズ予告風の字幕映像と共に、第二章に続く

「勇者ラムネス 新たな旅立ち」
出やがったな、馬鹿勇者コンビめ
「美女が俺たちに助けを求めている」
と言う情報を持って、地球に現れたダ・サイダーに誘われるまま、ラムネスは指定された洞窟へと足を踏み入れる
そこには・・・何故か夏美(ケロロのキャラ)が
おまいもケロロ同様、異次元に飛ばされたんかいw
彼女を件の美女と勘違いした馬鹿勇者二人は、突如現れたモンスカー相手に戦うことに

スパロボで二人を使うのは初めてなので、ステータスを確認
ラムネスはまぁ、彼らしいなと思うのだが
2013072813.jpg
ダ・サイダー・・・お前は最初から脱力を覚えているのか!
2013072814.jpg
いや、彼だから仕方ないけどね(乾いた笑い

敵を倒すのは簡単だが、二人とも避けるタイプでは無いので、ダメージには気を配る
比較的移動力があるので、突撃攻撃を上手く使い、まとめて粉砕していかないと、こっちがじり貧になってしまう

さて、全ての敵を倒すした時、新たなモンスカーが現れ、夏美を襲おうとする
それに対して夏美は奥の手を出してきた
そう、パワード夏美である!
ギロロから貰ったアレ、懐に忍び込ませてたのかよ・・・
戦闘アニメがあったことから、今のところユニット登録こそされてないものの、絶対この後出撃できるんだろうな、彼女
ドモン達以来の「人間」ユニットかも知れんw

こうして美少女にご褒美を貰おうとした、馬鹿勇者二人であったが
あっさり聖なる三姉妹にバレて、お仕置きを食らうことに
さらにダ・サイダー、ラムネスを囮にして夏美と共に逃走w
もちろんレスカは怒り心頭
残されたラムネスは、ミルクにこってり絞られる羽目に

妖神ゴブーリキを封印したにも関わらず、モンスカーが復活したという謎を残しつつ
勇者の物語は第二部に続く
とりあえず、今までのスパロボと勝手が違ったので、それに慣れるための第一章だった気がします

特に精神コマンドについては、今までみたいに気楽に使えないのと、効果が全然違う物がかなりあったので、その辺りで苦戦しました
精神コマンドに「適用範囲」があるというのは、かなり戦術行動を考えないといけない要素でした
今までは何処からでも使えた「信頼」が、該当ユニットの近くに居る相手にしか使えないとなると、回避に優れたユニット以外は、別の要素もあって迂闊に前進させられませんし・・・
それに例えば「閃き」が完全回避じゃ無く、「一回だけ回避率+30%~」という効果なのは、スーパー系にとっては痛すぎる
さらに言うなら、「不屈」が、ダメージ10じゃなくて「一回だけダメージ-50%~」というのも、スーパー系には辛すぎるw
「かく乱」に関しても、精神コマンドの届く範囲内だけに効果があり、それじゃ全然役に立たないよという内容

その上で、当たりやすく避けづらい戦闘の設定
これを補うのが、ユニットが集中することで構成される「包囲」ですが、もちろん敵も固まるのでどちらもお互い様
時にリアル系を盾にできないほど、まるで回避のコマンドや改造が役に立たないこともありました
・・・この辺はどうなんでしょう?
NEOの頃からそういうものだったのか
ただ唯一包囲で面白いと感じたのは、完全に隣り合ってないユニットでも、範囲さえ合えば援護をしてくれると言うことでしょうか
前後で挟み撃ちで援護攻撃というのは、新しい基軸の戦術として使いこなしていかないといけないところですね
ここからは余談

08小隊の連中は判るとして、パトレイバーの皆さん、宇宙では宇宙服どうしてるんでしょうね?
この世界を基準として順当に考えると、連邦軍のノーマルスーツを借用してるのでしょうか
などと考えた瞬間
連邦軍のノーマルスーツに、「警視庁」と大々的に書き込まれ、菊の御紋のマークが入った真っ白いカスタムスーツが妄想され、黒ビールを吹きました
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2013/07/28 20:00 | 【スパロボOE】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

それは黒ビールを噴く

あるすさん、十中八九そうです……後藤隊長のパイプの数は伊達じゃないです!最強公務員伝説幕開けです。


ワイルドフラワー

ギターで始まるインフラが印象的な曲……そーですよね、ストライク世代はハート直撃しますよね。


パワード夏美

野明「実はパトレイバーも企画案ではこんな感じでした」
アルト「一条先輩から聞いたけどバルキリーも可変パワードスーツ案も出ていたそうだよ」
夏美「へぇそうなんですか、単に擬人化と思っていた」
アルト「まあ若い世代はそう思うからなぁ」


ランカ「ハクション!」



それにしてもラムネスとダサイダーも今回はツッコミヒロインが一人追加されているからなぁ……合掌(笑

聖なる三姉妹「「「慣れてますね」」」
夏美「何時もは蛙型異星人だから、加減が利かなくって」

No:4217 2013/07/28 20:59 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

へ~

チェンゲと真マは原作終了後・・・って、ことはチェンゲ組はコーウェン&スティンガー倒したけど、竜馬たちは「飛ばなかった」ってことかな?あと、真マはDrヘル倒して・・・どうなったんだろう?
そしてゾイド!ワイルドフラワーで戦えるなんて嬉しくて泣きますよ!
なんかシュバルツ兄さん(一部では少佐か)は出るらしいけど、Gガンの方は・・・流石に出ないか・・・
あと、アーバインとサージェスが戦ったらどうなるか・・・?シローとヴィラルは無かったみたいだし・・・
何回も言ってますがGF編までやってくれるかが心配・・・おバカだけどトーマ好きなんですよ~MAPメガロマックス・ファイヤーとか期待しちゃうんですよ~

No:4219 2013/07/28 23:16 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

WildFlower

>>連邦軍のノーマルスーツに~

やってそうだな~。
イメージして、お茶吹きました。
制服とか、オリジナルカスタマイズとかしてそうですもん。シゲさんたち、ここまでくるとなんでも出来そうだし。

>>WildFlower、大好きな曲です。

>>バカ勇者コンビ。
それにしてもラムネス&ダ・サイダー参戦・・・。
ダ・サイダー血圧あげてくれるのかな・・・ってちょっと思った(笑

ケロロ>>
夏美出てきて、ケロロ小隊勢揃いしたら、ものすごい濃いなあ・・・というか、カオスっぷりで手に負えなくなりそう。

No:4220 2013/07/29 02:08 | あるる@ありっち #- URL [ 編集 ]

ネタがパネェ

YF-19Kさん>
やっぱりそう思いますよね>パイロットスーツ
どっかにでかでかと、「MPD」とかもサインロゴが入ってるんだろうなぁw
あと、ワイルドフラワーは胸アツ物です
これを背景に戦えるなんて、夢にも思ってなかった

壱華さん>
チェンゲ組は若い連中だけで、オヤジ共がどうしてるかは説明が無いです
色々と複雑な事情がありそうですが
あと、シュバルツ少佐は出てきましたよ!
アイアンコングで大活躍でした

あるるさん>
この時代にはアストナージが居ないから、魔改造はシゲさん達の仕事というわけですね、判りました(ぇ
ダ・サイダーに関しては、熱血上げるアニメーションが有るとか無いとか・・・
ケロロについても未確定ながら、全員出るらしいと言う噂を耳にしてます

No:4221 2013/07/29 22:41 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |