【スパロボOE】果て無き宇宙を駆ける

今回のスパロボは、いつもは日の当たらないユニットについて、逆に強力な能力が備わっている、というパターンが多いようです
また、以前も話した包囲などの戦術面から考えても、従来のスパロボと同じ運用はできそうになく、試行錯誤が楽しいやら苦痛やらで、何とも言えない感じです

いつもなら、リアル系を突っ込ませて、スーパー系でそれを叩いていく感じですが
今回の場合はスーパー系を盾にして気力を上げさせ、リアル系でフォローするというイメージが大きいです
さらには、リアル系でもガンタンクのようなマイナーユニットが、非常に有能なサポート能力を持っており、ガンダムの影が薄いという状況に・・・
アムロさん・・・(´・ω・`)


「マクロスフロンティア」
フロンティア星系に降りたった、コネクト・フォース一行
バジュラ戦役の末に、フロンティア船団はバジュラの母星に移植していた
2013080301.jpg
しかし、そこにもグラドスの艦隊が現れたという
コネクト・フォースは到着早々、二手に分かれて敵を攻めることに
2013080302.jpg

まずは、マクロスクォーターを旗艦とした、衛星軌道上での戦い
BGMはシェリルのコンサートです(ぇ

相手はSPTとATの混成部隊だが、大して強いというわけでは無い
数で押してくるので、誰かが集中的に狙われることが無いようだけ、注意が必要

注意と言えば、2ターン目にどこからともなく、ペンタゴナよりギャブレー君が登場
2013080303.jpg
このマップで唯一の強敵である
気力制限無しでバスターランチャーを撃ってくるため、迂闊に近寄るのはお薦めできないからだ
さらにこやつ、HPが30000近くあるのに、15000を切ると撤退するというへたれっぷりを披露
狙って撃墜するのも良いのだが、今は面倒くさいので放置
本人曰く、偵察任務で無ければ、お前達など・・・と捨て台詞を吐いていくが、後でそっくりそのままその台詞、お返ししてやろう

「バジュラ母星」
連続マップで、今度はホワイトベースを旗艦として、地上の防衛に当たる
BGMはランカのコンサートです(ぉ
2013080304.jpg

こちらは殆どATが相手
地上に居る敵に対して有利な武器を多数持っている
スーパー系はなるべく宙に浮いていた方が、被害程度は少なくなる
また、ここでは敵の戦艦である、バララントの戦艦が曲者
こいつはMAP兵器を持っており、近くに集団が居ると、容赦なく撃ってくるのである
撃墜する時は一気に周りを取り囲み、1ターンで落とさなければ被害が増える

せっかくバジュラ母星ってタイトルなんだから、野良バジュラを守れっていうイベントでも良かったのに、とか考えた物の
よくよく思えばバジュラ達に護衛なんて必要ないわな
むしろこっちが頼りたいぐらいだ・・・


なお、このマップではシローに特殊台詞があるのだが・・・
2013080305.jpg
08小隊は地上では八面六臂の活躍をすると、やっと判ってきたプレイヤーである
普段はシローで指揮能力を活かし
敵が寄ってくればサンダースのMAP兵器で蹴散らし
味方が攻撃する時は、カレンの120mmキャノンが唸り
弱った味方が居る時は、ホバートラックで戦場を駆け回る
グループユニットとしての役割が、見事に活かされた例だろう

さて、マップクリア後、クォーターにランカ達が現れる
「芸能人だ!」という泉の反応が、いかにも日本人w
2013080306.jpg
シェリルとランカは「応援ツアー」という名目で、コネクト・フォースと同行することになる
2013080307.jpg
と同時に
クォーターに歌能力が追加されました
2013080308.jpg
ホワッツ!?
その効力は、EN消費無しで周辺5マスのユニットに対し、SP+2&気力+1(クォーター自身も含まれる)
2013080309.jpg
ク、クォーターが宇宙を駆けるスピーカーと化した(爆笑

「ISTO艦隊」
地球発のコネクト・フォースに対し、外宇宙連盟はISTOという同盟を築き、明確な対立姿勢を露わにしてきた
2013080311.jpg
この対立構造に、惑星Ziは巻き込まれる形となってしまった
2013080312.jpg
ガイロス帝国はISTOと、へリック共和国はコネクトと接触
2013080313.jpg
2013080314.jpg
この二国の戦いは、二つの同盟の代理戦争へと姿を変えつつあったのだった

へリック共和国の要請に応じ、惑星Ziに現れたコネクト・フォース
またもや場所も知れぬ宇宙に連れて行かれたことについて、パトレイバーの面々は深く考えるのを止めた模様(特に進士さん)
さらに、シゲさん達がバルキリーの整備までしていることが発覚
マニュアルを読んだだけで、アルト機にスーパーパックをセッティングしてしまった・・・そうです
2013080315.jpg
それ以外の機体も触れて嬉しい、と笑うおやっさん達ですが
もう、貴方が覚えた技術だけで、充分地球の平和を守れるレイバー造れるよ

とまぁ、そんなこんなでパワーアップしたアルト機を迎え、惑星Zi軌道上でISTO艦隊を蹴散らすことに
ここにはエース級の敵は出てこない
難易度も高くないため、各ユニットのレベル調整に使うと良いかも

「ワープ航路分断作戦」
惑星ZiにISTO艦隊が来る理由
それは、かつてバララントに提供した、旧いワープユニットがあるためだった
コネクト・フォースはこのユニットを破壊し、ISTO艦隊の足を止めることになる

このマップでもエースは出てこず、事実上の調整マップである
LVが上がりきってないユニットや、いつ強化したら良いかよく判らないケロロ辺りを投入し、今後に備えたいところ

「黒のオーガノイド」
惑星Ziを進むバン達の前に、遂にレイヴンが姿を現す
2013080319.jpg
まだまだひよっこのバンに比べ、もちろんレイヴンは強い
特に、こちらが固まっていると容赦なく突破攻撃を仕掛けてくるため、分散・前後挟み撃ちなどの陣形を整えて挑みたい
HP一定以下減少or撃破でイベント発生
シャドウを合体させたセイバータイガーの攻撃の前に、シールドライガーあわやという瞬間、シールド突破攻撃が覚醒
2013080320.jpg
これを受けてレイヴンは撤退
代わりに現れた帝国兵を相手に戦うと、マップクリア

クリア後、戦いぶりを見ていたハーマンが、バンを軍に誘ってくるが、フィーネとの約束があると、それを断る
2013080321.jpg

「共和国軍に物資を運べ」
その代わりというわけでは無いが、共和国軍の物資を運ぶことになったバン達一行
マウントオッサ要塞に向け、裏道をひた走るグスタフを、帝国の飛行部隊が見つけてしまった
追ってくるレドラーを撃墜しつつ、グスタフを一定の場所に導くのが目的となる

グスタフはそんなに足が速いわけで無く、ムンベイも加速が使えるわけで無いので(後々なら「追風」が使えるが)、シールドライガーとコマンドウルフで露払い、及び敵の引きつけを行う
グスタフ自体は固く、ゾイドコアの「再生」能力もあり、あまり守らなくても心配ない

問題は、大地を駆ける一行に対し、レドラーは空を飛んでいる上、集団で囲ってくるので、精神コマンド「集中」は毎ターンが基本
また、逐次増援が出てくるため、3機のゾイドがつかず離れずで行動しないと、突出して痛い目に遭う

順調にいけば、8ターンで目的地到着
2013080316.jpg

その後一行は、へリック共和国首都に到着
フィーネの謎を解くため、共和国の協力を得ることに成功したバン達
2013080317.jpg
だが、何もかもがタダというわけでは無い
共和国は帝国の総攻撃が間近で有ると感じていた
そこで大統領は一行に、あるお願いをすることになる

この後は・・・
えっ、3連続マップ!?
2013080318.jpg
こりゃ戦力バランス考えて出していかないとキツいな・・・


ここからは余談

今回、それぞれのキャラクターの特殊能力は、後付けでは無く全て先天性ですが、たまに「えっ!?」という能力が付く人が居ます
例えば、カイ@ガンキャノンですが、「闘争心」が付いてます
闘争心?カイさんが・・・?

更にはつい先頃、シモンが「強運」を会得しました
2013080310.jpg
シモンが強運・・・?
判らないではない気はするが、なんかちょっと変・・・
アルトに強運があるのは判るけどね
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2013/08/03 23:58 | 【スパロボOE】COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

特車二課と芸能人

確かTVシリーズの18話で松本加奈と言うアイドルが一週間の名誉巡査として第二小隊に配属されてますね。

ランカ「どうかしましたか?」
野明「アルフォンス乗って乗り物酔いしなかったんだ」
遊馬「小柄だしスカウトしたいな」
後藤「二人の保護者がおっかないぞ……片方は元海兵隊らしいわ」

遊馬の背後にオズマとエルモが殺気を立てていた事を彼は知らない。

アルト「せっかくだから電源落としたEXギアでも着て見ますか?」←営業スマイルだが背後にはどす黒いオーラが流れている。





クォーターが空掛けるコンサート会場

大丈夫、マクロス7船団には武道艦と言うコンサートホールもあるしバトル7のガンシップなんて巨大時空スピーカーになった事すらある。最も原作も最終決戦にはそーなってますから……。

ただクォーターの艦橋は狭いから劇場版で出てきたピラミット型ステージが出てくるかも。


アルト「もしかして続編でAKB0048も参戦するのかなぁ……」
ルカ「そんな気配もありますからね」





ゾイド

・ダークホーン

スティラコザウルス型ゾイドであるゼネバス帝国の“レットホーン”の強化発展機。レットホーンは最初期のゾイドとは思えないほどの完成度高く、アイアンコングが出てくるまでは唯一ゴジュラスに対抗出来るほどであった。暗黒軍時代のガイロス帝国がゼネバス帝国から接収したレットホーンに自軍の技術を詰め込んだのがダークホーンで二機でデスザウラーを破ったマットサンダーを倒すほどである。しかし惑星Ziの大異変以降、暗黒大陸特有の鉱物“ディオハリコン”の採掘が困難になり多くの機体がレットホーンにデチェーン、アニメ版ではエース優先の貴重なゾイドになっている。


因みにヘリック共和国軍はレットホーンを拿捕してグリーンホーンとして運用した。


・コマンドウルフ

ヘリック共和国の中型高速ゾイド。シールドライガーの様にシールドも火力も無いが小回りが利き、ヘルキャットの隠密行動を見破れる程の索敵能力を有する事から名機として名高い。シールドライガーの他にも熊型ゾイドであるベアファイターとチームを組んで作戦行動に出るケースもある。ハウンドソルジャーやキングライガーに高速部隊主力を明け渡すも惑星Ziの大異変後も生き残り、追加装備によりライガーと共に活躍、正規軍の他にも傭兵にも愛される機体になった。

アニメでは全シリーズに登場し何れもライガー系主人公の仲間の機体として活躍。ゾイドフューザースではレオストライカーとユニゾンしたコマンドストライカーが出ているが他のシリーズでは機体乗り換えイベントにより退場になった。

アーバイン仕様は彼が他のゾイドに載るとやきもちを焼くと言う一面もあるが四十七話でゾイドコアに致命的なダメージを負い死亡も時間の問題とされていたが帝国が開発中のライトニングサイクスがテスト中に事故を起こしてメモリーバンクを損傷、諸事情によりライトニングサイクスにアーバインのコマンドウルフのメモリーバンクを移植、当初はちぐはぐであったがアーバインの気迫でシンクロしている。


・グフタフ

共和国/帝国の両陣営で使用されたダンゴムシ型大型ゾイド。戦闘向けではないが頑丈な装甲と強力なけん引力を持つので軍のみならず民間人も輸送用として活用している。ムンベイの機体はコックピットは副座化、再生能力の強化、ビーム砲を装備。コロコロのコミカライズ版ではタルタルと呼ばれる機体も出ている。


・セイバータイガー

ゼネバス帝国が開発した史上初の大型高速戦ゾイドである“サーベルタイガー”のガイロス帝国仕様。惑星Ziの大異変後も生き残ったサーベルタイガーに冷却装置を改良しグレートサーベルで使用された強化パーツ無しでも時速240キロを叩き出せ、シールドライガーと遜色ない性能を誇る。これにはコスト削減と言う意味合いが強いらしい。

シールドライガーが防御面で優秀ならこの機体は圧倒的な火力が優秀、後継機のライトニングサイクスが登場するまで帝国の大型高速戦ゾイドの主力を張り、バトルストーリーではルドルフ皇帝専用機にもなり、アニメ版ではロイヤルセイバーとして登場。

アニメでは全四作に登場し、オーガノイドシャドーと合体して驚異的な戦闘力を誇っていたが……。


/0ではチームタイガース仕様が登場しアメリカでは“ZABER FANG”として販売、日本でも逆輸入販売された。

No:4238 2013/08/04 02:36 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

俺とともに走れ~~~~!!!

と言うのは、アーバインがコマンドウルフからライトニングサイクスに乗りかえた時に、サイクスがシンクロした時のセリフですが、あの回も痺れましたよね。
そしてバンの終生のライバルとなるレイブン登場ですか・・・よし、楽しみになってきた^^

No:4239 2013/08/04 05:58 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

ゾイド一段落

YF-19Kさん>
パーツが集まったので、「ファイヤーボンバーのディスク」(強化パーツ)も造れました。これでマクロスキャノン発射、安定でパッチコーイです
それと、パトレイバーの面々は、ゾイド相手に一歩も引きませんでした

壱華さん>
GF編は決定のようです
トーマが出るかはまだ不明ですが・・・希望は見えた!

No:4240 2013/08/04 22:45 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |