銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第22話

昨日、碧玻が死んだことは悲しくない、と書きましたが
布団に入ってから気が抜けたのか、ひとしきり泣きました
やっぱり寂しくて悲しかったです・・・

しばらく、スパロボに熱中して、とにかく目を反らすしか無さそうです
小さい命でも、やっぱり自分には重かったんだなぁ・・・

そう、命に大小って無いですよね、うん


オペレーション・ヘヴンズゲート開始から120分
とある理由から作戦が遅延し、ヤキモキする艦橋でイズルは「お茶係」を任ぜられていた
そのうえ、紐まで付けられて・・・
2013090601.jpg

ことの始まりは120分前
2013090602.jpg
作戦内容を説明されるブリーフィングルームの中
チーム・ラビッツはゲートに、ターゲットマーカーを打ち込むという、重要な任務を任されることになった
それ目がけて、スターローズから主砲が発射されるのだ
責任重大であることを感じ、アンジュは不安げな表情だった
2013090603.jpg
そして改めて、レッド5が出撃不能で有ることが宣告され、リーダーはアサギが代役となる

ある意味ではそれが励みとなっているのか、胃痛のアサギとは思えないほど、その表情は安定し力強いものであった
2013090604.jpg

スターローズ内部
主砲のチャージが進む中、ことが順調に進むことを祈るシモン達
しかしテオーリアは、兄であるジアートがこの後どう出るかを不安に思っていた
彼女は万が一の場合、ジアートに立ち向かう覚悟でいた
力及ぶかどうかは別として
2013090605.jpg

その頃、ゲートの目前に迫ったアサギ・タマキ・アンジュだったが、その目の前にウルガル艦隊が現れる
2013090606.jpg
あちらの出撃と、こちらの攻撃とがかち合ってしまったのだ

おかげで、地球側が立てた作戦が、一部おかしくなってしまった
しかし、ウルガルにとっては奇襲をかけられた形となり、互いが互いに乱戦となった
この中を、とにかく突破してゲートに向かわなければならない
バックアップに残っていたケイとスルガは、遠方からアサギ達の援護に回る
2013090607.jpg

スルガの砲撃で敵の陣形が乱れた
この場を一気に突破しようとする三機(なお、すでにアンジュはキレている)
2013090608.jpg

その後ろから地球艦隊が近づいてくる
一致団結しているように見える艦隊だが、こんなときでさえ自分のことしか考えてない連中は居る
しかしアマネは冷静に場を見極め、自らの指揮下の軍を突出させて「成果」を見せつける
これを見れば、後ろに引き下がっている連中も、前に出ざるを得ない
アマネは既に手段を選ばなかった
チーム・ラビッツの成功無くして、地球の存続はあり得ない
2013090609.jpg

援護砲撃を受けて前に進むアサギ達
その前にルティルが現れた
その姿を認めたタマキは、「パトリックさんを墜とした奴!」とすぐに気づいた
2013090610.jpg
敵を討つ
そう思ったのだろう
アサギに取り付こうとしたルティルを、タマキは全力で追い回す
2013090611.jpg
やむを得ず、アサギがゲートへと向かう
地球艦隊、アンジュの援護を受けて、彼は前に進んでいく

ジアートは、その戦いに興味を持たなかった
自分の獲物が出てくるまでは様子を見るつもりらしい
2013090612.jpg

艦隊同士の戦いは、中距離での砲撃戦となった
少しでも気を緩めれば撃沈される
2013090613.jpg
その緊張感の中、食堂のお姉さんがおにぎりを差し入れに来る
2013090614.jpg
こんなときに、とつい誰もが言いたくなるが、リンはこの後余裕が無くなることを察知し、今のうちに食べて置けと周囲に命令する
自分の分は、カロリー低めとお願いしつつ
イズルはその中、ペコに手綱を引っ張られつつ、お茶配りにいそしんでいた
2013090615.jpg

そこへスルガから、火力が足りないという連絡が入る
これに対しておやっさん、ゴディニオンの火器管制全てを彼に委ねることを決定
なんと戦艦が前後に分離し、巨大な砲台と化したのだ
2013090616.jpg

そして、タマキがパトリックの敵を追っているのを上手く利用し、敵の陣形をかき乱すことを提案するケイ
その情報に乗って、スルガが一斉射撃をぶっぱなつ
2013090617.jpg
これを避けるルティルに、ドルガナからゲートを護るように指示が飛ぶ

タマキを振り切ってアサギに接近したルティル
その一撃が彼を捕えようとした時
何と逆にアサギは、その一撃を捕えて見せた
真・真アサギスペシャル(仮)の発動か!
2013090618.jpg
格好いいぞ、アサギお兄ちゃんッ!!

この動きの中に、ブラック6とローズ3が追いつき、ルティルを追い詰める
さらにはパープル2の予測による、ゴールド4からの遠方射撃もルティルを捉え始め
最終的には全員に絡め取られたその機体は、ゴディニオンの砲撃の渦の中へ消えた
2013090619.jpg

敵将を一人討ち取った
チーム・ドーベルマンの敵も討った

が、任務はそれで終わりでは無い
ゲートへ、ゲートへ
全員が力を合わせ、ウルガルの中を突破していく
2013090620.jpg

突出したのはアサギだった
猛攻の中を一人冷静に、着実に前進するアサギを、誰もが期待と不安の籠もった目で見守っていた
2013090621.jpg
2013090622.jpg

そして、彼はやり遂げた
2013090623.jpg

それを受けて放たれた、渾身の一撃は
しかし直前で弾かれてしまう
ゲートにバリアが張られていたのだ
2013090624.jpg

実弾で無ければ、ゲートを破壊できない
次をどうするのか
それを考える以前に、突出したアサギ達が、ウルガルに完全に囲まれてしまった
2013090625.jpg
状況を打破することはできるのか
誰も死なずに、この危機を乗り越えられるのか
そしてイズルは・・・?

スポンサーサイト

テーマ : 銀河機攻隊 マジェスティック プリンス - ジャンル : アニメ・コミック

2013/09/07 00:41 | 銀河機攻隊マジェスティックプリンスCOMMENT(2)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

ゴディニオン分離

豹馬「デジャブを感じた」
剣一「“ビクトリーファイブ”の時の母艦もそうだったな、最もこちらはロボットに変形したけど」


イズル「更に変形してゴルディオンクラッシャーですね」
ペコ「とりあえず香さんから100万tハンマー借りてきました」


首輪だったら

ペコ「艦長の薄い本がフィーバーしますから、そのネタで」

No:4366 2013/09/07 01:10 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

何でもありのGDF

何処まで奥の手を用意してるんだ、って感じですよね、GDF
マジで戦艦が変形しかねないからたまらん
そして、今の状態でも充分、ペット犬扱いの主人公
彼は活躍の場ができるのでしょうか?w

No:4367 2013/09/07 12:55 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/09/07 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |