【スパロボOE】第四章 序

すでに第四章を極めた方も居るかも知れませんが、プレイヤーはネタを撮りながらのプレイのため、どうしても進行スピードが遅くなっています
いまさらー、なネタもあると思いますが、なにとぞご了承ください


さて、第三章をクリアすると、造れる強化パーツの量が一気に増えます
今まで何のためにあったのか判らなかった部材が、ようやく消費されていくわけですが
それにしても基礎アイテムが不足して、なかなか新しいものが造れません
でも何とか頑張って、強化パーツ100作成達成しました(;´Д`)
「マリーのアトリエ」とかやってたんで、アイテム作りには自信がありますが、材料を狩りに行く時間が勿体ない
それだったら本編進めたいんだけどなぁ


「レッシィ・マインド」
ペンタゴナのある宙域
反乱軍をまとめ始めたダバは、ポセイダル軍のマークを受け、様々な場所を放浪していた
しかしそれは、ペンタゴナの各場所に潜んでいる、他の反乱分子をまとめ上げるための作戦でもあった
そのために今は、アムとレッシィが動いている
そしてまた今回も、自分を追ってきたポセイダル正規軍を、ダバは一人で捌くことになる
2013090701.jpg

敵は少ないが、これで終わるとは思えない
あまり迂闊に動かずに、初期配置を保つようにしたい
さて、エルガイムの性能を再確認(プレイヤーは追加マップをやっているので、実質二度目のエルガイムである)
今回のエルガイムのモデリングは格好良いなぁ、とホの字になっていたプレイヤーであったが
・・・ん、なんだこの「ヤーマンの末裔」って?
2013090702.jpg
「範囲1の味方の攻撃力アップ。戦闘後、攻撃した味方の気力アップ」
・・・何この天然激励装置?

密集形態を作ると、周りの全員の士気が上がるんですか・・・さすがダバ。亡国の王子は伊達じゃ無いのか
ただ、MAP兵器や突破攻撃を受けるリスクと隣り合わせなので、敵の武装をよく見て行動しなければならないだろう

初期敵を墜とすと、ギャブレー登場
2013090703.jpg
一緒に増援を引き連れてくるが、こちらもアムとレッシィが戦線に復帰し、キャオも含めた4機で対応することに
2013090704.jpg
ここでの注意点としては、なんやかんや言ってHMはそれほど硬くは無く、ディザードとヌーベル・ディザードも運動性が良くないので、当たるとごっそりHPが削られることだ
特にバララントの飛行艇には手こずらされる。「集中」などを持たないアムは、良いようにやられてしまいがちだ
レッシィも「必中」はあるものの、回復手段を持たないため、ターナに適時戻るようにしないといけない
また、ギャブレーがMAP兵器のバスターランチャーを持っているので、あまり密集しないこと

しかし個人的には、ここでのダバやギャブレーのやりとりが面白かったw
アムとレッシィは、それぞれに反乱軍を集めてきた事を、ダバに「褒めて褒めて♪」と擦りより
ギャブレーはダバを墜とすのだと意気込んで、最終的に負けてしまい「何故だー!」と叫ぶと、ダバに「あれ、いつものことでしょ?」と返される
この当時の富野アニメ特有の、皮肉とボキャブラリーに溢れたやりとり、大好きである


マップクリア後
ダバに抱きつくアムと、離れろと叫ぶレッシィのやりとりも、毎度のことではある
でもね二人とも
ダバの心は、義妹のクワサンにあるんだよ・・・
彼はある意味で、富野キャラ究極のシスコンだからね・・・ふぅ


「核貯蔵庫を制圧せよ」
連邦軍の中でのタカ派・ジャミトフの息のかかった者達が、核兵器を貯蔵していることが判った
南極条約の関係上、連邦が核を保有していたことをもみ消したい上層部は、事の始末をコネクトに委ねた
そこで、クワトロ大尉と、どういうわけか08小隊が組んで、その拠点を叩くことになる

小惑星内部の基地に補完された核兵器
この起爆装置を解除するため、ホバートラックを所定の位置に移動させる必要がある
2013090705.jpg

このあとは単なる掃討戦な訳だが
シロー隊長が強すぎた・・・無茶苦茶強すぎた
例えヒット率が70%を越えていようが避ける
自分の攻撃は全て当てて一発で墜とす
うっかり攻撃を食らっても、全然大丈夫な頑丈さを発揮

あまりの活躍ッぷりに、唖然としてスクショを撮るのを忘れるほど
クワトロ大尉の出る幕が全くないうえ、一緒に来ていたZガンダムも、居なくても良かったんじゃ無いのかな?ってぐらいであった
さすがに第一章から、アムロさんの次に愛を込めて育てていただけのことはあったようだ

ホバートラックが所定の場所に移動すると、該当ユニットは行動不能となり、撃墜されないよう護る必要があるのだが
やっぱりシロー隊長が大活躍しまくり、2/3は彼が撃墜してしまいました
このマップ、08小隊とクワトロ大尉とカミーユ以外、2機選択できるんだけど、マジで要らないぐらいでした
08小隊好きの方には簡単
そうで無い方には大変なマップなのかもしれませんw

スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2013/09/07 12:51 | 【スパロボOE】COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ブリティシュ作戦のトラウマ

元ネタではあり得ない組み合わせ

確かにグリプス戦役当時はシローはアイナと共に東南アジアの某所で暮らしていたと……彼も一年戦争のきっかけになったブリテッシュ作戦(俗に言うジャブローへのコロニー落とし)に巻き込まれた士官候補生で毒ガスが充填したコロニー内での戦闘を経験、その詳細を知っている数少ない人です。



カミーユ「これってアムロさんが乗っているガンダムと同じ?」
クワトロ「本来ならサイド6の某コロニーに送られる筈であったが襲撃されてジャブローを初めとする工廠で余剰パーツを組み込んだ先行量産型、量産化ノウハウを得る為に作れられた機体だ……まさかこんな所で目にするとはなぁ」
カミーユ「詳しいですね」
クワトロ「こんな事態を引き起こした張本人だ」
アムロ「シローらの機体を見たけど癖が強いな」
シロー「暴走してメルトダウン寸前になった事もあるんだよ……」←コミカライズ版のネタ
クワトロ「まあ、キャルフォルニアじゃジオンから亡命した変な博士が齎したシステムを搭載した陸戦型ジムもあってジオンが二号機を強奪したと言う話も聞いた事がある」


ユウ「ハクション!」

No:4368 2013/09/07 15:21 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

あの時の二の舞はゴメンだ!

・・・と言う台詞を、シローはたびたび口にします
そんな「ジオン憎し」だった彼が、アイナと通じ合うことで戦争の虚しさを感じる
これが08小隊のテーマだったはずですが、どうしてああなった
監督替わったのがいけなかったんだよねー

No:4370 2013/09/08 11:54 | あるす #- URL [ 編集 ]

08小隊

あるすさん>

返信どうもです。

むしろ、あのラストを見るとガンダムのリアル戦争志向を打ち出したと思いますよ。このシリーズが出る前のガンダムは宇宙戦がメインで実在する戦場とは違う訳です。幸運か不幸か実際は宇宙での戦闘なんて無いですので“SF”と言う括りで見てしまいがちです。所がこの08小隊はMS戦とは言え歩兵や従来の機動兵装(それに近い存在)が活躍するケースがあるので“宇宙世紀版ベトナム戦争”と解釈すると実際に起きたベトナム戦争の縮図と見て取れます。

・化学兵器の使用 NBC兵器(『戦場のイシュタル』にてジオン軍が核と毒ガスを使用)の投入=枯葉剤問題

・大量破壊兵器の使用 アプサラス=B-52による空爆

・ゲリラの存在 キキ達=ベトコンや米軍に協力した少数民族

・悩める主人公 シロー=ランボー

・両陣営による新兵器投入 MS=戦闘機


シローの場合は中立を貫いたために家族を亡くし、アイナは国家が暴走し兄も暴走し多くの名の無き兵士らを死地に送り込む事になった辛さを考えると同情しますね。

No:4371 2013/09/08 14:55 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |