【スパロボOE】戦争をやってるんだぞ!

さて、明日はいよいよ第5章の配信日です
これから配信スケジュールが早まるとか、早解きの人には良いですが、私のようにネタを探しながらだと厳しい物があります
第4章のラスト記事だって、今日にずれ込んだし
クリアはもうしてて、今は稼ぎに集中してるんですが

稼ぎと言えば、ゾイド勢だけが出てくるシミュレーターマップがあって、中々の歯ごたえダナーと思いながやってたんです
そうしたら最後の〆として、デスザウラーが出てきて吹いた(滝汗
そんなこともあろうかと、スーパー系だけで固めてたけど、心の準備が出てきてなかったし、何よりその前にジェノブレイカーかレイヴン付きで出てきてて、うおおいと思っていただけに・・・

そして当然のように、エラい硬い
勝ち誇ったようにMAP兵器しか使わないのが、逆に幸いしたけど


「モナド攻略戦」
ギルガメスとバララントの一大決戦が行われる、人工惑星モナド
コネクト・フォースはギルガメスとの盟約の関係上、ISTO艦隊を牽制すべくこの衛星軌道上にあった
2013091712.jpg
キリコをはじめとするバーコフ分隊を気にかけていたその時、カミーユがキリコ達の危機を感じとる
2013091713.jpg
同じ事を感じたアムロは、ブライト達にキリコの救援を申し出る
双軍が120万以上の艦艇を駆使し、熾烈な争いを繰り広げている中に、たった5人の仲間の命を求めて、コネクト・フォースはモナドへと降りる
その様を、グレゴルー達は「馬鹿な連中だ」と笑いながら、それでも「仲間」を見捨てられないとこれに参加する

まずは、マクロスクォーターを旗艦とした、港の攻略戦
敵はバララントのAT部隊ばかりで、かつ地域適正は「宇宙」となっている
2013091714.jpg
移動&攻撃による常なるENの枯渇と、相手の小ささによる命中補正、また包囲補正がキツい
出撃する部隊の選定は慎重に行いたい

ここでは、アルトとシンに特殊台詞確認
2013091715.jpg
2013091716.jpg
命にこだわる二人らしい台詞である

AT達は3~4機編成であり、一機辺りのHPが低いので、倒しても倒してもこちらに群がってくる
そういうわけなので、今回も行ってみようか、移動後ロリバス
2013091717.jpg
この後、この場は大変綺麗になり、ヒイロさんのレベルは一気に2上がったのであった

一方で、戦艦が2隻もあるため、対艦攻撃のあるユニットには前に出て貰わなければならない
というわけで、今回はインジャ@アスランさんに頑張って貰おうとしました
インジャの装備である「ファトウム01」が、貫通+対艦なのである
2013091718.jpg
だが前回の記事に書いたように、この状態で種死系のユニットの燃費は異常に悪い
マクロスクォーターの援護攻撃も期待すると
最初は雑魚で気力上げ>クオーターに収納して回復>クオーターを動かす>戦艦の前でインジャ出撃>そのままファトウム01で、トゥ!トゥ!ヘアー!!
ッてな感じで運用せざるを得ず、大変苦労しました
もうアスランさんは、ビームサーベルで突破だけしてて下さい

「異能生存体」
モナドの中心核近く
その場を攻略していたバーコフ分隊は、謎の空間への導きを受け、知らぬ間に敵中へと放り出されていた
2013091719.jpg
異空間で見た「何か」に怯えるバーコフ
それを糾弾しようとして、死神と呼ばれている事実をザキに指摘されるゴダン
完全に腰を抜かしているコチャックだったが、二重スパイとしての自分をバラされ、更に動揺する
そんな彼らの前で「異能生存体」について語るキリコ
2013091720.jpg
2013091721.jpg
ペールゼンが望んでいる、「死なない兵士」
それは俺たちなのか!?

2013091722.jpg

戸惑う彼らに、バララントの兵士達が襲いかかる
だが、死んでたまるか。いや、死ぬはずがない
俺たちは異能生存体
死なない兵士なのだ!


やめろ・・・
それ以上は死亡フラグだからやめろ・・・


このマップでは、バーコフ達にはプレイヤーの手が加えられるので、以前に比べれば比較的楽だ
資金とECに余裕がある人は改造しても良いし、プレイヤーのように他のユニットの強化パーツのお下がりで、一時的な対処をしても良い
2013091723.jpg

バララントは、倒しても倒しても沸いて出てくる
その中に、「俺は異能生存体なんだ!」と、コチャックが飛び込んでいく
こ、これは・・・

と思った時、ターナが登場!?
2013091724.jpg
「コチャックーーーーッ!」
フラグが回避された・・・だと


だが敵は手を緩めてくれない
見よ、この素敵なまでの増援の数を
2013091725.jpg
放っといたら、こんなに自軍の前に群がって大変なことになった
アリか蜂の群のようである。大変ウザい
2013091726.jpg

また、自分は「ターナが出るから」と思って、任意選択ユニット4機のうち、3機をHMにしてしまったが、これは痛恨のミス
HMの装甲はビーム兵器とは相性が良いが、バララントの武器は全部実弾である
そういう意味では、確実に避ける人達(ダンバインとか)か、反撃に難は出るが、それこそ種死系のユニットの方が良かったかもしれぬ
とりあえずは、アムの機雷とレッシィのMAP兵器でしのぎましたが

また、強制出撃としてグレゴルー達が来るので、バーコフ分隊はさっさとターナで休みましょう
自分は回復ユニットとしてグスタフを連れて行ったが、避けることに自信があるのならコチャックだけでなく、キャオの「メンテナンス技能」をアテにしてもいいのではなかろうか

敵を全滅させると、一行を謎の衝撃が襲う
なんと、突然モナド惑星コアが暴走し、この星が藻屑に還る時が間近に迫ってきたというのだ
2013091728.jpg

「救出」
ホワイトベースは、とにかく積めるだけのギルガメス兵を、ギリギリまで救出すべく粘っていた
2013091729.jpg
だがそこへ船を奪おうと、それこそ必死のバララント兵が襲い来る
運良く生き延びられる者達と、その運から見放される者達
その取捨選択をという重い選択を、コネクト・フォースはしなければならなかった


その冷たい方程式をこなせる度量があり、かつホワイトベースの出撃に負担をかけないユニット操縦者として、真ゲッター中年チーム・ガルデン様・ゼロ・スザク・カレン・グレゴルー隊・バーコフ分隊が選抜される

特にガルデン様は、「私も行きます」と奮起するパフィーに
「王女たるお前が無理をするな」と言い
「ンじゃあ俺が代わりに行く」と言うアデューに対しても
「姫を護るのは騎士の仕事」等と言って、全ての穢れ仕事を引き受ける、なんていうシーンが用意されている
出世しましたね、ガルデン様

彼らに加え、全体を統括するために、エグザートも出撃したその時
上空のISTO艦隊から、こんな時にゴステロが襲いかかってくる
2013091730.jpg
降りかかる火の粉を払うため、エイジもレイズナーで出撃
以上の強制出撃ユニットのみで、第四章ラストはしのぐ必要がある
それは、ホワイトベースが作業終了するまでの、8ターンの間だ
2013091731.jpg

バララント兵が主な相手となるのだが・・・
この兵士達、マップが終了するまで無限に出てくる
2013091732.jpg
最初はマップ北側に居るが、これが減ってくると西に出てくる
西が減ると北に出る
この繰り返し
まさしく、死地からの脱出を切望して止まない、哀れな最低野郎共(ボトムズ)達の群である

一方でゴステロは二連撃を持っている上、突破もあるので味方の配置には注意が必要
もちろんレイズナーの方は色々と万全にしているが
また、ホワイトベースに近づいて狙ってくるので、「壁」を作るのも忘れずに
そして、一回墜としてもラスト近くで再登場する
この時はHPが大幅アップしてるので要注意
なお、強制出撃の連中と、ゴステロには特殊台詞がある
それらは必見であろう

マップ中、ヒマリは問う
「先輩・・・あの人達、助けられないんですか?」
生きたいのは、バララントもギルガメスも関係ないのに
「助けられないどころか、撃たなきゃいけないなんて・・・」
「良い方法があるなら、教えてくれ」

セイシロウは綺麗事の一切も言わず、そう答えた
彼にすら判らないのだ。何が最良であるか。何を捨てることで生き残れるのか
誰かと誰かに命の優先を付けることは、ヒーローと呼ばれるコネクト・フォースにだって、判らないのだ
このシーンは、古今のスパロボの中でも、オリジナル要素としては中々のやりとりだと思った


ここではたぶん、ガルデン様とスザクを育ててなかった人がコケるかも知れない
特にスザクはEN効率が割と悪く、武器の命中率もあまり良くない。装甲もお世辞に良くなく、彼には不本意かも知れないが、ゼロによる「指揮」の援護は欠かせないだろう
ガルデン様は、うちでは大事に育ててたんで、それほど問題にならなかった
と言うか逆にMAP兵器で活躍しすぎて、アデューのLVを越えてしまいました(苦笑

8ターン経過後、マップは強制終了となる
その時
モナドから離れようとするエグザートの前に、一機のバララントのATが現れる
哀れにも助けを顧うそのAT乗りを、セイシロウは見捨てることができず、少しの余裕も無い中、たった一つの代えられない命をエグザートの掌に抱え、ホワイトベースと共にモナドを脱出する


コネクト・フォースが、どれほどのATを見捨てたのか
それはマップ終了時に清算された、この「濡れたPR液」の数でお察し下さい
2013091735.jpg

モナド爆発により、ギルガメス・バララント双方は、一億人近い兵士を失った
コネクト・フォースが救えたのは、ほんの一握りに過ぎない
その現実を前に、ヒマリはセイシロウの前で悔しさをかみしめ、泣く
「私たちは・・・失敗したんですよね?」
「そうだな」
セイシロウは応えた
この作戦の是非は、時間が経てばそう評されるだろう
セイシロウはそう言うものだと言った
「世間一般、批評が好きな連中というのは、安全な場所に居て現実を知らないものだ」
2013091734.jpg
自分も以前はそうだった。ヒマリは泣きながら言った
それでも
そんな現実を前にしても
僅かでも平和へ近づくために、自分達の歩みは止まらない
いや、止められないのだ・・・

この章で、プレイヤーはセイシロウへの評価が上がりました
というか、ボトムズのシナリオを上手く使っていて、かなり高評価です
いつものスパロボなら、奇跡や超常現象でなんとでもなるところだったり、割と綺麗事発言で終わったりするものですが、セイシロウの現実を鑑みた発言と、理想と現実の限界を知るヒマリの会話が上手く描かれていました
そういう意味ではOEは、ギャグの皮を被ったシビアなスパロボシナリオだ、と評することができるのかも知れない、と半分終わった時点で感じ始めました

ボトムズが関わった以上、「むせる」のは当然と言えば当然ですが、最初のクロスオーバーである「Z」シリーズより、意外と泥臭い部分が際立ってるのかもしれません


第四章 終章
「刻印の星」


コネクト・フォースの次なる戦略的目的地
それはグラドスが支配している、ワープ機能のある惑星「刻印の星」
そのためにマクロスクォーターを旗艦とした部隊は、グラドスにワープゲートと共に強行突入
ここでワープゲートを保持するため、近くにあった基地を制圧して砦とすることになる
2013091736.jpg

マップ自体は殲滅戦であり、それほど難しくない
地雷原がマクロスクォーターの行く手を阻むが、運良くバーニィを選択してたので先に進める
2013091737.jpg
どうせ戦艦がいるだろうと思って百式も出していたし
このマップでは割と百式がお役に立つ
というのも、バルカンが「対小型」がついてるので、AT相手に結構な威力を発揮するのだ
2013091738.jpg
良かったね、クワトロ大尉
たまには出番があって


こうしてグラドスへの足がかりを掴んだコネクト・フォースは、ISTO艦隊の一角を崩すために、刻印の星を支配するル・カインに立ち向かうことになる・・・
2013091739.jpg
次回、スーパーロボット大戦OE 第五章
エイジの試練が始まる!
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2013/09/18 20:47 | 【スパロボOE】COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

今夜も酒酔い中

追加機能

ルカ「デュートリビオンの設置終わりました、ガンシップに装着してます」
シン「ザフトの機密システムなのに」
アスラン「クワトロ大佐が議長に話付けたらしい」
シン「必要なんですか?」
アスラン「ルナマリアのインパルスって参戦するかもしれないし……暫くはイングラムの緊急充電システムと言う事で」

シン「スコシマテ」

シン.アスカ

オズマ「シン.アスカか」
ルカ「伝説的なパイロットと同じ名前と所属して空母と同じ苗字ですね」
シン「へぇ、彼ってどうなっている?」
オズマ「謎の生物と共に行方不明……まあ(マクロス世界の)半世紀前の話だし」


因みに声優さんが同じだったりもする(汗


ゴステロ

シン「“北斗の拳”であんな人いたよね」
アスラン「ああ、直ぐにサイクロプス状態になっちゃう人」
アルト「エイジも大変だな、あんな狂人だと」
キラ「ASTRAYにもいたんですよ、かなりね」

以上、声優さんのトークでした。


No:4397 2013/09/18 21:34 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

シンちゃんがらみ

シンちゃん同士の絡みは、A.C.E.Rで実現はしてますね
あんまり絡んでなかったけど

No:4399 2013/09/19 23:00 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>

返信どうもです

ここまでおんなじ言葉が被ると中の人も苦笑いする。

No:4401 2013/09/20 00:04 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |