【スパロボOE】最早完全にギャグ

昨晩、第5章をクリアしました・・・
が、半ば無理矢理だったため、プレイにやや疲れてしまいました
スパロボ疲れはなかなか治らないので、6章以降が不安です
詳細は次の記事に書くとして、やっぱりゆっくり時間を取ってプレイしないと、スパロボは終盤はキツいですね

特記するべきとしては、現在ケロロとバドが全然出番が無いため、LVが完全に遅れてしまい、かなりやばい状態になっています
また、余りにも「当たらない」ように設定したせいか、最近アルト姫がCPUにガン無視されるようになり、これまたLVが上がらなくなって困っています
かと言って突っ込ませると集中攻撃に遭い、何せ紙飛行機なので一発でも当たると・・・


「仮面の下の決意」
地球圏に激震が走る
なんとキシリアがグラナダに陣を張り、ギレンと袂を分かつて新生ジオンを名乗り、独自行動を取り始めたのだ
そしてこのキシリア一派は地球圏の未来を憂う中、地球連邦にもジオンのやり方にも不満を持つ者が集まり、勢力を拡大していった
ギレンはこの動きを黙認。ジオンは二派に分かれて対立することとなる
おいおい、このゲームはギレンの野望でしたか?

さてこのキシリア派は、ある一つの問題に直面した
地球圏を外敵から守るという目的では、以前よりコネクトとすれ違いを引き起こしていた
その原因は、コネクトは地球連邦と癒着しているという黒い噂からだった
しかしそれとは別に、コネクト・フォースの活躍自体は評価できる、という見方もあった
このような状況に際し、自分達とコネクトはどう動いていくべきか?

そこでキシリア派の有識者達が出した答えは
伝統あるガンダムファイトの形式に則り、それぞれの代表者による決闘により、お互いの主導権を決するというものであった

誰だ、こんな結論出した有識者は

決闘の連絡を受けたコネクト・フォースでも、動揺と言うよりも半ばあきれかえったような雰囲気が出ていた
ヒイロ曰く、こんなこと言い出したのは、どうせゼクス辺りだろうとのこと
2013092804.jpg
何故かというと、あちら側から決闘参加者についてはご指名があったからだ
それはアムロ・ヒイロ・刹那
ヒイロと刹那は乗り気であるが
2013092805.jpg
2013092806.jpg
ここでのアムロさんは1stモードのため、二人に無理矢理引っ張られていく感じであった

さて、決闘の場に現れた、シャア・ゼクス・ブシドー
2013092801.jpg
こちらも、ゼクスとブシドーはノリノリであるが、シャアについては・・・

この決闘、キング・オブ・ハート直々が見届け人となり、三対三にて執り行われることとなった
2013092802.jpg
「では行くぞ!ガンダムファイト、レディゴーーー!!」
2013092803.jpg
ゴー!じゃねぇよ!!

そして流れる「我が心 明鏡止水 されどこの拳は烈火の如く」
好敵手との勝負に、ヒイロ達が死力を尽す中、シャアとアムロだけがひたすら浮いている
2013092807.jpg
2013092808.jpg
現状でニュータイプ論を交わし合ってどうする
そんな状況か!

さらには勝負の行方に、つい熱くなるセイシロウ
2013092809.jpg
「これぞガンダムファイト!」と叫ぶドモン
2013092810.jpg
いやいや、相手のどれもガンダムじゃないしッ!!
この展開の異常さに、プレイヤーは自我崩壊しそうになっておりました

さて・・・
実際のゲームであるが、ここでは味方側の三機(ガンダム・ウィングゼロ・ダブルオー)が、どのように改造されているかで、色々と話が変わってくると思われる
というのも敵側三機(ジオング・トールギス・スサノオ)は
シャア>アムロ
ゼクス>ヒイロ
ブシドー>刹那
と言うように、お行儀良く攻撃はしてくれないからである

前書きにも書いたが、どうやら今回のスパロボAIは、「敵との距離」か「ヒット率」を、攻撃基準に採択するようになっている、ように思える

そういうわけで、どうなったかというと、プレイヤーの状況では
アムロ>「集中」あり、「必中」あり。ガンダムの回避ガチ改造。ニュータイプ技能で避ける、見切りでさらに避ける
刹那>「集中」あり。回避はそれほどでも無いが、防御時にGNフィールド発動。沙慈の「激励」で気力を上げれば、量子化・イノベイター発動
と言う中
ヒイロ>「集中」無し。「必中」もない。「鉄壁」も無い。あるのは「不屈」だけ。改造はしているし、強化パーツも付けている。が、避けない、当てられない。特殊防御は全く持たない
と言う状況であるため、当然ヒイロがガチで狙われて大変なことになった
三人が二連撃を持っている中、ゼクスは遠慮無くMAP兵器使ってからヒイロを狙い撃つし、他の二人もべしべしウィングゼロを殴ってくれる
1ターンで6回も殴られて、ウィングゼロが持つはずも無い
特に初期配置のまま戦っていると、味方同士で援護防御もできないし、包囲効果でゼクスの回避が上がるので、ただでさえ当たらないツインバスターライフルが、軽々と避けられてしまう

そこでプレイヤーは1ターン様子を見てから考え、ゼクスを集団からハブる作戦に出た
具体的には、まずダブルオーライザーを近づけ、GNソードIIIで殴って押し出す
次にガンダムのバズーカでさらに押し出す
こうしてゼクスをマップの端っこまで追いやり、「不屈」を付けてヒイロで殴る。するとヒイロでもゼクスに当たるようになる
さらにこの状況なら、ゼクスは移動のため二連撃が発動せず、敵ターン中もヒイロを援護防御できる
三人のうち誰かをHP5000ぐらいまで削れば、イベント発生なので、それまでは我慢我慢

で、イベントが発生すると、この決闘の場にインベーダーが現れる
2013092811.jpg
アムロ達は、即座に「外敵」への対応を優先して奔る
これを見てシャア達は、自らが因縁に執着するあまり、自分達にとっても「外敵」であるミューカスに、アムロ達ほど適切に対応できなかった、とハッとするのであった
2013092812.jpg
2013092813.jpg
2013092814.jpg
今、自分達が戦うべきはなんなのか
それに気づいたゼクス達は決闘を止め、今すべき戦いのために真剣になる

ここからマクロスクォーターが母艦で出撃
任意で選んだ機体も出撃可能

そんな中、シャアは「オルトロス隊も襲われているようだ」と言って、着替えに救援に向かう
2013092815.jpg
んで、数ターン後
クワトロ大尉がしれっと百式で戻ってくる
メガバズ持って

2013092816.jpg
うん、ケロロ
喜ぶのは良いけど、ツッコむところそこじゃ無いからな
2013092817.jpg

結果的にインベーダーを始末した後、ゼクスとブシドーも部隊に加わることに・・・
2013092818.jpg

なんなんだこの流れは・・・
2013092819.jpg
「これで良いんですか、大尉!?」
まったく、カミーユの言うとおりである
それに対してシャアさん、「今の私は(ry」で誤魔化す始末
とりあえず誰かこの人殴って下さい
セイラさんはホッとしてるけどね
2013092821.jpg

で、とりあえず被り物を取りましょうか
もう必要ないでしょ、アンタ方
そこのグラサン、アンタもだよ!


「閃光のダ・サイダー」
コネクトの本拠地に、今まで観測されたことの無い時空の歪みが現れた
ミューカスによる襲撃を警戒し、コネクト・フォースが呼び戻されていたが、ヒマリとヴァサージは別の脅威を感じとっていた

そう、それこそ妖神ゴブーリキの力であり、その先鋒としてダ・サイダーがやってきたのである
2013092824.jpg
これを阻止するは、ラムネス+聖なる三姉妹、そして任意選択の4機編成

と、ここまでならば、普通のマップなのだが
ストーリーはダ・サイダーが大暴走

まずそのそも台詞が酷いw
一応彼、ドン・ハルマゲに言われて、コネクトのワープゲートを奪いに来た訳なんだが
「超科学の産物であるワープゲートを、そう簡単に奪えるはずが無い」というココアに対し
「リアルならそうかも知れないが、ここは俺様の一存で、ファンタジー路線で行くから何でもアリだ!」
「中二病も真っ青のご都合主義じゃん!」
「なるほど、それならなんでもありかも」・・・じゃねーよ、ラムネス!
「とまぁ、それは冗談だが」冗談なのかよ!!
その後親切にも、「俺様がコアユニットに近づくまでに倒さないと、ゲームオーバーだぞ」とご説明
さらに途中でラムネスに「もう第5章も終盤なのに、仲間にならないとヤバいぞ!」と言われ
「確かに、このままでは活躍の機会が減ってしまう」とダ・サイダーが言えば
「でも仲間になるのは、お前らがダーリンを倒してからじゃん!」とメタ子
真の黒幕は、実はメタ子なんじゃねーのか?と言いたい


最もやってくれたのが、やっぱりVS.ジュドー
「ダ・サイダー 観念しろ!」
「ひょっとして後半戦だから、ギャグ路線は許されないのか?」
「そうだなぁ、確かに前半明るくても、後半はシリアス路線になりがち・・・って、そういうことじゃない!」

もうダブルゼータのことは許してやれよ

その他、恒例の忍との絡みも色々とあり・・・
もうなんなんだ、このメッタメタな内容は

あまりの流れにプレイヤーはゲシュタルト崩壊を起こし、スナップショットを取り損ねまくりました
なのでスミマセン
詳細は下記の動画をご覧下さい(ぇ


数度の説得の後、ようやくダ・サイダーは正気(?)を取り戻す
2013092825.jpg
これにより、二人の合体技「ロイヤルスカッシュ」が開放
この技は最終決戦において必須になる

マップクリア後
コネクト・フォースに合流したダ・サイダーであったが、とりあえず全く反省していない
2013092826.jpg
反省してなさ過ぎなので、カレンからツッコミを入れられてしまう
2013092827.jpg
さらには
「今日からは概ね、大胸に乗った気持ちで居ろ」
2013092828.jpg
と言った寒いギャグを言い、さらにカレンにツッコまれる
2013092829.jpg
必死でフォローするヒマリだが、これを好意と勘違いしたダ・サイダーはさらに暴走
2013092830.jpg
2013092833.jpg
2013092834.jpg
レスカに注意されても懲りた様子が無く・・・この後どうなったかは・・・不明である
2013092835.jpg
また、空気が読めないセイシロウは、単にヒマリがダ・サイダーの扱いが上手いと受け取り
2013092832.jpg
後を彼女に任せて自分はトレーニングに行ってしまう
2013092836.jpg
セイシロウはこの件により、脳筋馬鹿の称号をいただく羽目となった

だがこんなカオスな中でも、妖神ゴブーリキの脅威は、すぐ目の前に迫っているのだった

スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2013/09/28 17:33 | 【スパロボOE】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ゼロは既に味方のはずなので・・・

(元)も含めた仮面カルデット結成ですかww?
それにしてもファースト・W・00の主人公とライバルがガンダムファイトって・・・・

No:4429 2013/09/28 20:13 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

そういえばシャアが撤退したらクワトロが出てきたというネタはGジェネワールドにもあったな・・・
あとゼクス・・・・エピオンはどーした、エピオンはッ!!

No:4430 2013/09/28 20:21 | ドラグナー #- URL [ 編集 ]

そのセリフは……

ストーカー「ドモンさん、私の仕事を取らないでください」←毎回始まる前に口上していたので今回もあると思っていたらしい。
アルト「……ちゃんと口上の原稿まであったんですか」
ストーカー「はい」


ドモン「では、ガンダムファイトレディゴー!」
レイン「何処がガンダムファイトよ!!!!」←かなめからあのはりせんを借りて来てドモンの頭をぶったたくレインであった。



引きずり込まれるアムロ

アルト「後で謝った方がいいぞ」←アルトの声優さんはブシドー担当声優です。
カトル「そーですね」
ロックオン(二代目)「仕方ないでしょ」


ケロロのご不満

ケロロ「そこはパーフェクトジオングを持ってくるファンサービスをするべきだろがぁああああ!せめてデルタプラスでも……」
シャア「そうしたいのは山々だがG.D.Oとユニコーンが参戦してないからなぁ」
アムロ「軍曹、君の叫びも分かるが原作遵守しないと辛いんだよ」


許す(笑)

カミーユ「ちょっとまってくださいよ!大尉!」
セイラ「カミーユ君、打ん殴っていいわ……」←そう言ってベアナックルを渡す。
シャア「……」
Mr.ブシドー「切腹に至らないだけでもマシと」
ゼクス「ノインが居たら大変な事になっていた」


オイコラマテ(苦笑

ケロロ「ラムネスどのォ御ォおおお」
ラムネス「これは本当にやるとは思いもしなかった」←撮影前のシナリオ案を見ていたラムネス。
ケロロ「ハサウェイ殿が殴りこみかけてもおかしくない暴挙ですぞおおおおおおおっ!」

ブライド「????」
カミーユ「ハサウェイって……あ!」
ジュドー「あちゃぁあ、やってしまったなぁ」

???「誰がファンタジー路線で行くと寝ぼけるのもいいかげんしぃいいやぁああああ!!!」


甲児「うぁ、出たバンプレのツッコミ魔神」
野明「彼女で無い筈なのに?そんなにラ.キアスから飛んでこれんですか?」


お仕置き

レスカ「ひっつかまえておしおきしてやるんだから」
ラムネス「ヤバイゾ、Hな皮下着に鞭もあるぞ」
オズマ「ラムネス、小学生が居るのを忘れてないか?」
ルカ「彼自身も小学生ですけどね」
アルト、アデュー「「……本当に必ずいるもんだな面倒臭いカラは」」

ボビー「ねぇ、ファンタジーなら少しは酷い事をしてもいいよね?」
レスカ「???」
ジェフリー「クォーターで踏みつぶす」←真顔で言っている。
レスカ「やってください」

ダ.サイダー「マテ!」


精神崩壊

カミーユ「別に彼が居なくってもそのゴーリキって倒せるじゃないの?」
レスカ「代わりにアデュー達がいるし、そーねぇ、じゃあ崩壊させて置いた方プレイヤーもサクサク進めそうだし、一年で治ったんでしょ?」
カミーユ「ああ」

ケロロ「これで元に戻らなかったら熱気バサラの歌でもぶつけるシカナイデケロ」←丁度TV放送が同じころなのでマクロス7の事は知っている。


制裁!

レスカ「と言う訳で彼に殴ってもらいましょう」
ダ.サイダー「オイ!」
カミーユ「歯をくいしばれぇえええ!」


アルト「どうして彼が?」
亮「忍だと気が済むまで打ん殴るし、ドモンだと本当に死んでしまう、甲児は案外強いからなぁ」
カレン「大変ね」
ドモン「オレよりもシンフォギアに出て来たあのおっさんが凄いぜ……拳一つで空から落ちて来た岩の塊を粉砕したからなぁ」

No:4431 2013/09/29 01:42 | YF-19K(kyosuuek) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

グラサン自重しる

はぁ、第5章でかなり疲れた

壱華さん>
被り物をしている人が増えて、ブライトさんはさぞ胃が痛いことでしょう
ガンダム同士じゃ無いのに、ガンダムファイトまでやられて・・・

ドラグナーさん>
そうですね。ここまでGジェネみたいな展開してるんだから、ゼクスはエピオンで、この際シャアは赤いガンダムにでも乗ってくれば良かったのにと、小一時間

YF-19Kさん>
本当に赤いグラサンは殴り飛ばしたいです
ここまでしれっとしてると、もうなんというかアンタって人は!と・・・

No:4432 2013/09/29 12:57 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |