お魚生活再開

本来なら熱帯魚に関する行動は、夏の盛りの暑いうちにしておくべきだったのですが、ちょうど碧玻を亡くした頃だったので、時期がずれてしまいました

この連休で気を取り直し、熱帯魚ショップなどに足を運び、水槽を華やかにするべく、買い物をしてきたわけですが
熱帯魚ショップ自体が、癒やしの場&ハニートラップだらけで、行ったら2時間は帰って来れない・・・

環境が許すなら、大量の魚を飼いたいなぁ・・・


さて、まずは水草水槽にやってきた、新しいエビちゃんをご紹介
体長3cm有ろうかという、ご立派なヤマトヌマエビ一号&二号さんである
なお、どっちが一号で、どっちが二号かは、管理人も決めていない(ぇ
201311052.jpg
性別は、たぶん雄(Wikipedia情報による)
201311051.jpg
成魚のアカヒレさんと同レベルの体長故、非常に存在感がある
とぼけた顔をしつつ、黙々と底面のお掃除&水草のお手入れをしてくれる、頼もしい奴ら・・・になるはず
201311053.jpg

続いて、アカヒレさんが3匹まで減ってしまったので、買い足しに行ったのですが
若魚と成魚のどちらを買い足すかで、お店の水槽の前で1時間ぐらい悩んでいました(爆
そして悩んだ挙げ句、ちっこいちっこい若魚のアカヒレさん達を5匹、購入してきました
どれくらい小さいかというと、水合わせ中のこの写真で、成魚と比べて下さい
※成魚のゴールデンアカヒレは、若魚よりもに居ます。念のため
201311054.jpg
こんなのそのまま水槽に放り込んだら、大人達にいぢめられて死んでしまうか食われてしまうので、隔離ネットの中で育成することにしました
※ぶっちゃけ、ヤマトヌマエビの餌食にもなりかねない。奴らは雑食なので・・・
宝の持ち腐れになるかと思ったけど、買っといて良かった、このアイテム
201311056.jpg

話変わって、輝羅(ベタ・スーパーデルタ)ですが
すっかり水槽に馴染んだらしく、意気揚々と生活しています
しかしこいつ、結構な役者だなと言うことが判ってきました
というのも、管理人がアカヒレさん達を買いに行って帰ってきたら、実に立派な胞巣を作っていたのです
201311055.jpg
いつの間に・・・と様子を見ていたんですが、こっちが見てると巣に行かないんですよ
で、スパロボなんかやって目線を反らしてると、こっそり隠れてちゅっちゅとやっている
最初に撮影して2時間後
こっちがスパロボ1マップ終わらせて気づいたら、巣がグレードアップしていた・・・

201311057.jpg
で、オイオイと思って視線を向けると、またひらひらして巣に近づかない
明らかに人間の視線を感じてやがります、こいつ
外見のおとなしさに騙されてたけど、割としたたかな奴のようです・・・

最後に今後の展望を
なんやかんや言って、フィルターを入れてしまったアカヒレさん水槽(兼水草水槽)
去年はここ、加温無しで越冬させてるんですよね
窓際で日当たりも良く、冬でも18度ぐらいを保ってたんで、大丈夫だとは思うのです
けどお店の人に言わせると、アカヒレ相手でもヒーターを入れてあげた方が良い、って言うんですが
そこまでするなら、コリドラス飼育を検討したいんだが
ていうか、コケ対策にブラック・モーリーとか入れちゃうよ?


・・・ええ
ワタクシやり出すと、収拾が付かなくなるぐらい集め出すんです

でも、たかが30cm水槽の中でそんなことやったら、あっという間に餓死者が出るか、生態バランス崩れるのは目に見えている
やるなら60cm水槽なんですが、そんなものどこに置くんだと自分に問いたい

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

2013/11/05 21:49 | 熱帯魚日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |