【スパロボOE】惑星Ziの災禍はまだ終わらない

やっと第8章に足を踏み入れようとしてるのですが、またもや一部の方のレベルが完全に出遅れて、ただいま稼ぎプレイに回っております
誰とは言わない、種死三人組とかなんですが
奴ら活躍するところが無かったんだよ、第7章!
ゾイド相手だと装甲の薄いC.E系のMS、良い的なんだよね・・・


遂に第7章ラスト2連続マップである
複雑では無いが、厄介な引っかけがあるので、連れ出すユニットは注意が必要


「グラビティカノン」
ついにウルトラザウルスの運用準備は整った
ここに至ってガーディアンフォースは、そのグラビティカノンの威力を以て、デススティンガーを殲滅する作戦を発動させる
グラビティカノンってのは、そんなにすごいもんなのかい、と問われてDr.ディーの長ったらしい説明が入る
機構・理論・威力の説明が行われたが、ほとんどの連中が正しくそれを理解できず
要するにウルトラザウルスを決め手にすれば良いんだな、と言う至極単純明快な結論に終結する
ここで出ました「あたしのウルトラザウルス」発言
201311111.jpg
これに対してハーマンが心中で「ウルトラザウルスは俺のだろ」と言う
201311112.jpg
いいですか、お二人とも
ウルトラザウルスは共和国軍の所有物ですよー
お互い私物化しないように


まずはデススティンガーの脚を止め、グラビティカノンの射程軸を固定する、という趣旨のマップ
旗艦がターナになり、バン・アーバイン・トーマ・ムンベイ・シュバルツ、そしてルージが固定出撃である
このマップではグループ出撃不可であるので、他に選べる6機については慎重な選択が必要である
と言うのもここでは、最初はいきなりデススティンガーとガチンコ勝負だからだ
201311113.jpg
雑魚は一切居ない

その中でこの面子
全員地上ユニットのため、近づくともれなくハサミでちょっきんにて、あらぬ方向へポイされる運命にある
固定組の中で現状、接近してその攻撃を避けられるのは、アーバインのライトニングサイクス以外には無い
そのため機が満ちるまでは、バンやトーマは距離3を保ち、嫌らしい効果のあるショットガン(「ショック」にて、1ターン防御力を減らされる+追加ダメージ800)に耐えなければならない
また、改造度にもよるだろうが、ムラサメライガーがまるで役に立たない
ハヤテライガーになっても避けないので、下手すると一発でやられることがある
彼の出番はもう少し後だろう

そういうわけなので、自由選択の機体については、小型ユニットは極力避け、「頑強」や「不動」のある、飛行できるユニットを選ぶことになる
まぁそうすると、マジンガーZ・Fダンクーガ・ゴーショーグン辺りが鉄板になるわけですが
さらにこの面子を揃えても、迂闊に精神コマンドを多用してはならない

一度デススティンガーのHPが7万辺りを切ったぐらいで、イベントが発生
雑魚がワラワラ湧いてきて、こっちを取り囲んでくる
201311114.jpg
要するに、ここからが本番なのだ

この後の戦闘では、デススティンガーのHPの回復イベントは無い
と言うか、ゾイドコアの効果で、少しでも手を抜くとHPが回復されてしまうので、もうここからは節約に節約を重ねた鬱憤を晴らし、一気にデススティンガーを追い詰める必要がある
もちろん周囲から雑魚も襲ってくるのだが、それはムラサメライガー@ルージ辺りに任せましょう

最終的にデススティンガーのHPを削りきり、イベントを発生させると、Dr.ディーの号令を皮切りに作戦発動
201311115.jpg
足止めされたデススティンガーの直上で、グラビティカノンが火を噴き、さしもの死の蠍も動きを止めたかに見えた・・・

「デススティンガーの猛攻」
デススティンガーは崩壊していなかった
ヒルツのオーガノイドであるアンビエントにより、コアを復活させたデススティンガーと、最後の決戦に臨む・・・
と言うことはあれかい

ダークカイザー(笑)オリジナルデスザウラーとの決戦は、第8章に先送りかい!※ネタバレにつき反転
やんなっちゃうな・・・
と言うプレイヤーの心情を察してか、この第7章ラストマップは、そこそこ優しい内容となっております

敵は見ての通りのデススティンガーと、各種雑魚
デススティンガーはHPが3割増しになっているが、基本的なところは変わらない
201311117.jpg

まず、旗艦はウルトラザウルス
ウルトラザウルスはグラビティカノンが開放されているが、なんとこの武器単発では無く、MAP兵器である
201311118.jpg
本体を中心として360度の円の中、狙った範囲に放つわけだが、ちょっと着弾範囲狭すぎないかい?(苦笑
201311119.jpg

味方ユニットの固定出撃は、バン・アーバイン・トーマのグループ
その他11隊を選ぶのだが、このマップでの注意点を加味して選択するようにしたい

デススティンガーは敵ターン開始時、マップの中の任意の開けた場所に、移動力を無視して出現する(地中を移動するというエフェクトで再現される)
その場に例えウルトラザウルスが居ようとも、押しのけて現れる
なのでゲーム中でバンやアーバインが言うように、味方のある程度の部隊はウルトラザウルスを囲み、戦艦の配置が崩されないよう、心がける必要がある

さて、このような演出があるにも関わらず、なぜプレイヤーがお優しいというのかというと
この特殊移動があると、大抵の場合デススティンガーは、味方主力からかなり離れた場所に現れる
「囲みに行くの大変じゃん!」
と思うだろう。然りとてそうでは無い
こういうことになると、ヒルツが持っている「二連撃」が完全に無駄になる
二連撃は、移動を伴うと無効になる
奴がこちらと距離を保つために移動し、改めてこっちに近づいてくる、という無駄な行動を取るため、MAP兵器を撃たれる心配が無い上に、一撃耐えればなんとかなるのである

そして味方ターンでは身じろぎもしない
と言うことは
敵ターンの反撃で消耗した味方ユニットを回収したウルトラザウルスは、ムンベイの「追風」で一気にデススティンガーと距離を詰め、そこで満タンに回復したユニットを次々に繰り出し、周りを囲んでフクロにしてやれば良いのである
もちろん、そのための「道」を切り開くユニットが必要だが、そのためには空を飛べて移動力のあるユニットを使うと良い。そう、例えばレイズナーとか、オーラバトラーとか

なお、途中でデススティンガーの回復イベントが1回だけある
2013111110.jpg
敵の増援もあるが、これも1回だけである
先ほどの戦法を使えば、デススティンガーは永遠にMAP兵器版荷電粒子砲を使わないので、余程で無ければ大きな痛手を食うことは無い
実に手優しいラストマップである

そしてようやく、デススティンガーの最後のときが訪れる
2013111111.jpg
ゾイドイブのことを口にしつつ、ヒルツはその姿を我々の前から消すのだった
・・・アレ?
「アンビエントォォォ!」は??


もちろん、これで終わりでは無いことは、フィーネが感覚で理解していた
現実に、惑星Ziにはミューカスやスリーパーゾイドが、現れては撃退される小康状態に戻っただけなのだ
全てに決着を付けるその前に、コネクト・フォースは残る災いのいくつかに、まだまだ立ち向かっていかねばならないのだ・・・


さて、ここではようやく出揃った、戦艦4隻について少し語っておきましょう
今スパロボにおいては、各マップに敵艦となる戦艦が固定である
彼らは全て、共通して「母艦」というスキルを持つ
これは「突破」「押出し」「投げ」攻撃を無効とし、搭載ユニットのHP/ENを回復させ、気力をアップさせるという効果である

今までのスパロボに慣れていると、「搭載」=「気力減」という感覚なのだが、ここが少し違っている
また、以前言及されたことであるが、「撃墜」=「負け」という存在でありながら、総じて狙われやすく且つダメージを蓄積しやすい
と言うのも、母艦は「対艦」だけでなく、「対大型」「対空」「対宙」全ての的になる
敵ユニットでこれらのスキルを持つ相手に囲まれると、母艦はまさに瀕死の狸(by宇宙戦艦ヤマト)となり、撃沈と背中合わせになる
例えば味方の武器だと、ダブルゼータの「ハイメガキャノン」は、「対大型」と「対宙」が付いてるので、相乗効果で「熱血」等無しでも、敵戦艦に大ダメージを与えることができる、と言うカラクリだ
余談ではあるが、敵味方共に戦艦の武器は往々にして「対艦」があるので、艦隊戦に持ち込むと基本的に味方が不利である(=味方の方がHP少ないから)
それ以外の部分については、母艦ごとに特徴が違っている

まずは「ホワイトベース」
一番長く付き合う事になる、最もオーソドックスな戦艦
戦艦としては基本的なスキルを備えていて、武器もオーソドックス
MAP兵器も搭載しているが、周囲型なので囲まれないと本領が発揮できない
打たれ弱いのにどうしろと、と思う
頑張ってエースを取ったら、「防御力アップ」という物だったので、そこまで行けばなんとかなるかも知れないが
2013111112.jpg
今回はボトムズと平行し、UCガンダムだけの独立マップが多いため、ホワイトベースの出番は総じて多い
優先して改造と強化パーツを付けて行くことが求められる

「マクロスクォーター」は、戦艦の中で唯一変形する
基本的に、宇宙マップでの母艦に指定される傾向のあるユニットである
2013111113.jpg
サイズ9で全戦艦中最も大きく、早い段階でホワイトベースとの2択になるため、使い込んでいくことになる・・・のだが
実はクオーター、ホワイトベースと比べて非常に弱く、使いづらいユニットである
まずこのユニット、自機に関する回復手段が無い
ホワイトベースは、木星船団から毎日宅急便でも来るのか、デフォルトで「EN回復」のスキルがあるが、クオーターにはそれが無い。なので、常に空輸機を付けておかないと、すぐにガス欠してしまって動けなくなる
だからと言って、ルカのバルキリーをそのためだけに出して置くわけにも行かず、戦艦なのに「ソーラーパネル」装備で、強化パーツの枠を1つ取られてしまうのだ
そんな状態なのに付いているピンポイントバリア、であるが
これまた不安定な防御機構で、発動が確率制であり、ついでにENも消費する

そして装備であるが、気力が上がらないと全く本領が発揮できない
母艦型におけるマクロスキャノンや、強行型でのソードマクロスキャノンは、気力MAXで無いと全く使えないばかりか、非常に射程が狭い
MAP兵器は2種類搭載しているが、初期から使えるものはホワイトベースと同じく周囲型で、MAP兵器版マクロスキャノンは直線型であるものの、「マクロスキャノン」の名にあるまじき射程の短さで、ほとんど敵を巻き込めない
もっと言うなら、強行型に変形しても大地に降りれず、宙に浮きっぱなし
2013111114.jpg
地上戦でのマクロスクォーターは、良い的でしか無い
なのでどうしても、ただの空飛ぶコンサート場になってしまう
どうしてこうなった

「ターナ」はエルガイム出典の戦艦で、サイズ7とゴウザウラー並の大きさしか無い、事になっている
EN回復が付いてるのは、たぶん原作のソーラーセイルの再現なので、不可思議では無い
このターナ、マクロスクォーターよりもさらに柔らかい
その理由は、他の母艦にある「重装甲」が無いことと、キャオが「鉄壁」のような耐える精神コマンドを持っていないことにある
(マクロスクォーターは、お世辞にもジェフリーが「鉄壁」を持っているのが幸いしている)
特殊防御として「対レーザーシールド」があるが、ビーム兵器特化の能力なので、効果の出る場面が限られる
装甲値を目一杯上げてもこんな程度
2013111115.jpg
それでもターナが活躍する場面は少なくないし、割とタフに戦場に居残ってみせる
それもこれも、キャオが「メンテナンス技能」を持っていることにある
味方ターン開始時に、キャオはターナを回復させ、さらに周囲2マスまでのユニットを回復させる

これはスーパー系にとっては非常に効果が大きく、ゴッドライジンオーなどは半分まで減ったHP/ENが、一気に元に戻ることすら可能である
ただし戦闘面においては貧弱で、MAP兵器を一切持たないことから、撃墜数も稼ぎづらい
さらにキャオが「指揮」を持たないので、その方面ではダバやゼロの力を借りる必要がある
そして彼の精神コマンドが余りがちなのも、にんともかんとも
「期待」には頼る場面が多いが、何せ一人乗りなんで・・・

最後に「ウルトラザウルス」である。地上専用、というか惑星Zi専用(?)戦艦で、唯一「対地」の対象となる
サイズは8で設定されており、クォーターより小さいらしい・・・そうだっけ?
2013111116.jpg
当初の予想通り三人乗りで、精神コマンドのバランスは良い
そして惑星Zi専用なだけあり、とても力強い
なにをか言わん、「ゾイドコア」搭載と言うことが、このユニットの最強の特徴である
ウルトラザウルスへの改造度によるが、敵ターンでレドラー辺りに集中攻撃を受けても、味方ターン開始時に全回復してるとか普通である

その上「重装甲」あり「ガード」あり、そしてハーマンの指揮能力が「攻撃防御」なんで、全戦艦中最も強固と思われる
そんでもって、ハーマンの「不屈」と、シュバルツの「鉄壁」がかみ合えば、とてつもない壁となって敵に立ち塞がるだろう
こんなのが、ムンベイの「追風」で9枠動いて迫っていくのは、壮観ですら有る
ただここまでしなければならないのは、実は「グラビティカノン」のためでもある
先に説明したように、グラビティカノンが周囲投下型であるだけでなく、気力140必要なので、自分から突っ込んでいって気力を稼がないと駄目なのだ
こんな、割と良いこと尽くめっぽいウルトラザウルスの唯一の欠点
それは、再三の説明であるが、武器命中率に難あり、である・・・誰の命中率が反映されてるんだ?ハーマンか、シュバルツか!?
と言うわけで、シュバルツの「集中」は随時使いましょう
グラビティカノン以外の装備では、ハイパーキラーバイトファング・・・要するに頭で噛みついて、敵をポイ投げする、という物もある。地上ユニットには追加ダメージを与えられるので、割と使い出がある
もちろんプレイヤーの愛も多分に入っていますが・・・
今後十中八九、シールドライガーとの合体攻撃が加わるだろう、ウルトラザウルスに期待である
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2013/11/11 22:38 | 【スパロボOE】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

グラビトンキャノン

アルト「あれって大丈夫なのか、バンは?」
ルカ「オーガノイド自体が耐Gキャンセラーの様な役割を果たしているって……アニメ通りならエライ事になってました」
オズマ「ギャラクシーの連中がなぁ」

No:4483 2013/11/12 00:00 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

お久しぶりです。

処々で色々あってなかなか来れずすみません。
ウルトラザウルスの命中率の低さ・・・・多分ハーマンだと思うなww
と、言うのは、シュバルツは最終回の「アレ」からして射撃の正確さには定評あるし・・・

No:4487 2013/11/20 08:43 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |