バディ・コンプレックス 第四話「決意」

ガンゲーが2つ被さって大変な管理人です
真・ガンダム無双の癖が残ったまま、とりあえずフルブやったら、案の定操作不能になって爆死しました

一応、フルブ用には専用のコントローラを買ってあって、それでやらないとプレイできないのをすっかり忘れ、通常のコントローラーでやってたのが敗因でしたが、それにしても駄目駄目じゃん
元々格ゲー駄目な人間なのに・・・
(´・ω・`)


シグナスに収容された青葉だが、そこでディオからの鉄拳制裁が待っていた
201401301.jpg
青葉の迂闊か行動が、リーの命に関わる惨事に発展する可能性があった、ということだけでなく
どうもディオはシグナスに居るメンバーの誰よりも、敵国であるゾギリアに対し、人一倍の敵意や憎しみを見せているように感じる
ドン達に諭されて、どうにか拳を引くディオ
自分でもどうして良いか判らぬ青葉の前で、エルヴィラがリーに駆け寄るところに出くわす
どうもこの二人、既に良い感じの間柄のようだ
傷ついたリーの前で心配そうな彼女を見て、青葉はぎごちなく礼を述べようとするが、逆にリーから礼を言われてしまう
201401302.jpg
それがますます、青葉に不安と苛立ちを起こさせることになるが・・・

ゾギリアの潜水艦の中では、雛が営巣入りになったことを、アルフリードが咎めていた
マルガレタにしてみれば、雛と青葉の会話自体が、苛立ちの原因
自らに苛立ちを与えた相手へは、手厳しいことをする女性のようだ
201401303.jpg

補給と応急修理のため、習志野基地へと向かった一行(自衛隊の習志野駐屯地の未来か)
元々習志野生まれの青葉は、心の整理をつけるために船を下りて街へと向かう
心配するレーネだったが、監視役というかお供という形で、まゆかが側についていく形になった
201401304.jpg

自らが生まれ、育った街の70年後を見る
ただそれだけのつもりが、青葉の小さな「期待」はもろくも崩されることになる
彼の家の有った場所は、軍の関係で更地となっていた
201401305.jpg
生きているかも知れない妹の行方も判らない
ボロボロの町並み。道はヒビが入り草が生えるまま。信号も灯ることなく、人の姿はまばら。商店街はシャッターで覆われていた
何とか辿り着いた母校も、戦争の影響で破壊され、閉鎖されていた
201401306.jpg
自らを証明するもの、頼りたいと思うモノの全てを見失い、青葉はただうち捨てられたバスケットボールを、無造作に操ってみせるほか無かった

あてどなく街中を行く青葉とまゆか
青葉は全てを確かめるには、やはり雛に逢わなければならない、と言う思いだけは変えられなかった
何気なく、ゾギリアへは行けないのかな、と口にした青葉をまゆかは叱咤する
その姿を見て彼は、「戦争なんだよな・・・」と、自嘲気味に言うほか無かった
201401307.jpg
なんやかんや言って現代の日本人。戦時中という感覚がどうしても、彼女らと一致しないのだろう

習志野基地に帰還はしたモノの、青葉は悩んでいた
このまま、自分は成り行きに任せ、バリアンサーに乗るという行動を取り続けて良いのか
意識の欠如から来る行動で、また誰かを傷つけるのでは無いか、という恐怖が、彼の中にあったのだ
そんな彼に、まゆかは青葉の出現が自分達を助けた事実を認識し
「自分達の救世主」
と青葉を励ます
201401309.jpg
リーと同じ事を言われ、艦長達にも力を欲されていることを感じ、青葉はルクシオンに乗り続けることを選ぶ
それは、いつか正面を切って雛に出逢い、真偽を確かめるためでもあった
2014013010.jpg
ただ、その煮え切らない態度がディオには気にくわないらしい

だがとにかく、青葉は予備役として戦時徴用扱いで、ルクシオンのパイロットとなった
それをリーに報告しに行くのだが、彼の方はとりあえず無事らしかった
2014013011.jpg

そんな表の話とは裏腹に、倉光もレーネも、青葉の「処分」を密かに決めていた部分があった
のんびり話ながらも、レーネの目の前にあるスナイパー銃
2014013012.jpg
なんやかんや言って、結局戦時中・・・というわけか

翌朝、修理のために千歳へと出発したシグナスだが、航路の途中で民間機からのSOSを受ける
ゾギリアに襲われている民間機を助けるため、出撃した青葉とディオだったが、そのリンクは上手く行かず、能力がアップしない
2014013013.jpg
二人の・・・と言うか、ディオの心の迷いが、お互いの精神統一に問題を引き起こしていた
やむを得ず、カップリングなしで戦闘に入る一行
それを尻目に、ゾギリアの戦艦は民間機を拿捕しようとしていた
その理由は、ディオが目にしたこの紋章
2014013014.jpg
狙われていた船は、ディオの実家(連合の名家らしい)のものだった
気づいたディオはムキになるが、いくら何でも相手が悪い
事情を知った青葉は、そこにあるものがディオのための「守るもの」であるなら力になる、と説得
ようやくカップリングは成功する

真の力を発揮したディオは、瞬く間に敵機を撃墜していく
退散するゾギリアであったが、もちろん逃がすわけもなく、民間機が離れた隙に撃墜成功
どうにか保護した機体を護衛する二人だが、その窓から顔を覗かす少女に、青葉は気づく
2014013015.jpg

そして千歳基地で出逢う、ディオの妹フィアナとその父
どうやらディオには、実家と何か確執があるようだ・・・
2014013016.jpg


コンプレックスという部分は、こういう心の通じ合わない部分を指したタイトルなんでしょうね
他には、青葉の雛への固執
ディオの家族との確執
こういうコンプレックスを「乗り越える」アニメなのか、これ自体が力の元となっていくのか
王道スタートかと思ったら、結構表現に対して重い部分が多いですね
これは良アニメになる予感?
スポンサーサイト

テーマ : バディ・コンプレックス - ジャンル : アニメ・コミック

2014/01/30 22:57 | バディ・コンプレックスCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

車椅子の妹


ルルージュ「他人事じゃ無い感じだな」
スザク「これで盲目だったらナナリーとマル被りだよ」
ルルージュ「仮面のデザインを考えておこう、ゾギリア帝国を見ていると……」

スザク、無言でルルージュを抑え込む。

ディオ「打ん殴っても良いですか?」
カミーユ「許す」
スザク「おもっきりどうぞ」


車椅子になった理由はやはりあのシステムの被験者だったのでは?そうでないとディオと父親の関係があんなに冷淡になりません。




妹の孫はいるのか


可能性はあるんですよねぇ……ここからどう捻りこむか?雛が本命と見てます。



副官でスナイパーと言えば


倉光「まさか、足蹴りして“艦長は艦を下りた時には無能ですから”って言うつもりだったの?」
レーナ「何処の国家錬金術師のネタですか?」

No:4557 2014/01/31 00:50 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

ああ、そうか。そのネタか

妹の寝た、何か見た感じがすると思ったら、ルルーシュネタでしたか

あと、青葉の妹ネタは自分も思ってます
そもそも、ゾギリア自体はロシアや東欧系の国のようですが、そこに日系の雛が居るという状況に、何か理由がありそうな気がします
それと、今はあまり言及されていませんが、雛のファーストネームが「弓原」では無さそうな様子
どういう伏線なんでしょうかね

No:4558 2014/02/01 12:07 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |