【Diablo3】勇者Anubisの戦い-マグダの邪教を追って【PS3版】

Diablo3は、ゲームシステムの面から考えると、全く難しくない部類に入ると思います
元々PC上での、クリック操作に特化した面があるので、複雑なコマンド入力は必要なく、キーボードと関連づけられた機能類は、PS3のコントローラーボタンとリンクされているため、この辺も頭を悩ますことは無いでしょう

ではそれでも何故、Diablo3の世界での戦いが苛烈を極めるか
それはひとえに、この世界においては「最強」という頂点が無いから、だと考えられます
どのキャラクターで始めたとしても、LV60まで頑張れば用意されたスキルを全て覚えることができ、その過程で良い武装も手に入るでしょう
しかし、敵はこちらのレベルに合わせて、どんどん強くなるように設定されています
特定のマップ以外は、構造が都度都度変更されるため、道を覚えるとかハメどころを覚えると言うこともできません
また、ゲームのレベル自体が、ノーマル>ナイトメア>ヘルと言うようにランク付けされており、それらのレベルごとに敵の構成も変わるようになっています
やり込めばやり込むほど、死亡との隣り合わせの生活になる
それがDiabloというゲームの奥深さでもあります


デッカード・ケインの敵
邪教集団の頭・マグダを追って、勇者Anubisはワーザムの北にある洞窟に足を踏み入れた
そこは蜘蛛の巣だった
文字通りに

いやあああ、デカい蜘蛛、やめてー!と、一部のユーザーはここでゲームをほっぽり投げる可能性大である
2014030210.jpg
前作でも出てきたが、今回はグラフィックが向上しているため、見た目が寄りリアルになっており、甲殻類が苦手な人はさぶいぼ必須であろう

この洞窟の奥に、カリーナという女性が捕らわれている
彼女を助けようとすると、ボスが出てくるのだが、もちろん蜘蛛である
さっきの連中の3倍ぐらいデカいヤツ
2014030211.jpg
しかもこいつ、一定のタイミングで糸をたぐって姿を隠し、次の瞬間上から降ってきて、不意討ち食らわしてくるので腹立たしい

何とかこいつを倒し、カリーナから事情を聞くと、彼女はカズラという牛頭の一族から魔法の杖を盗んだため、蜘蛛の巣に追い込まれていたらしい
しかもその杖が無いと、マグダが向かった秘密の館にたどり着けないという
と言うわけで、彼女の荷馬車を探しつつ、高原を更に旅することに
2014030212.jpg
その果てにある、「レオリックの中庭」を探して、そこにある館中を探索するのが目的

ここではカズラ達が集団で襲ってきてウザいので、ボラス(爆弾発射)のスキルを使ってみた
弾頭付の弾が発射されて、1秒後にボカーンと爆発するという物なのだが
心地良いぐらい敵がバラバラに弾け飛んで、ブスブスと焼け焦げる風景は何というか、ああDiabloの世界ダナーと思ってしまう(なにそれ
何せこの攻撃、このカズラだけで無く、邪教徒(つまり人間)相手だろうと、容赦なくバラバラに吹き飛ばすので、やっぱりDiabloの世界ダナーと思うのである(だから
2014030213.jpg
また、草むらの影から時々、デカい蛾が出てくる。これも一部のユーザーは背筋が凍るだろう
しかも途中で、この蛾のユニークモンスターが出てくる
蛾のくせに岩の壁を生むという、非常にうざったいヤツである
2014030215.jpg
こういうのが居るから、レベル上がっても「ラピッドファイア」が外せないんだよ・・・

続いてはレオリック邸の探索だ
この場所は大して広くなく、奥に行けば怪しげな術に興じているマグダとすぐに出逢える
2014030216.jpg
と言っても、ここでの決着というわけでは無い
また雑魚を始末してから、後を追うことになる。めんどくせぇ
2014030217.jpg

何が面倒くさいって、その追っていった先
ここは狂王の拷問部屋だったのだそうだ。んで、あちこちに配置された牢屋の中は、拷問道具でいっぱい
焼けただれた牢屋の中で、燃えかすになってなお泣き叫ぶ、哀れなゾンビがあちこちウロウロ
さらには、通路の途中に巨大な刃が設置されていて、まぁもちろんそこに入ってぷちっとやられたら、どうなることか・・・
2014030218.jpg
挙げ句、地面から炉のように炎が吹き出す所とかあったりして
2014030219.jpg
こういう拷問ギミックを考え出す、洋ゲークオリティに言葉を失うw

この先に進むと、レオリックの王妃の亡霊が呼びかけてくる
ここは狂王の牢獄であり、無念の内に死んだ多くの人々の魂が、未だ開放されずに彷徨っているらしい
まずはこの亡霊達を開放してやるのだが、もちろんゾンビやスケルトンも沸いて出る
2014030221.jpg
挙げ句、レオリックが用意していた獄卒の亡霊が出てくる
なんじゃこれ、近寄るな-!
2014030222.jpg

んでここにもマグダは居なくて
さらにさらにこの地下に潜っていく
相変わらず凄惨な拷問道具の間をくぐり、行き着いた先で待ち構えている、マグダ子飼いのデーモン・ブッチャー
こいつは一体しか出てこないが、バトルフィールドに問題があるので、戦闘で注意が必要
フィールドの足下にある地面が、一定の間隔で燃えさかってくる
これは持続ダメージが有るので、メラメラしてきたらダッシュで逃げないといけない
しかしブッチャーは鎖のスキルがあり、投げつけた鎖を避けないと引寄せられ、ぶん殴られるだけで無く火の海に投げ落とされる
2014030223.jpg
体力が無いデーモンハンターには手痛いダメージになる
相手の動きを見て回避テクニックを駆使しないと、一気に追いやられることになる
何せ今回は、ポーションの連続利用ができないから・・・
何で回復薬使うのに、クールダウン(待ち時間)が必要なんだよ、と理不尽な思いに駆られる主であった

どーにかこうにかブッチャーを倒し、地下室の奥で助け出した謎の男
それはやっぱりティラエル様でした
2014030224.jpg
前作といい今作といい、毎度面倒のかかるお人だな、アンタは
後でわかる話だがティラエル様、20年後のサンクチュアリがむっちゃくちゃになってんのに、今まで何してたのかというと
前作、アリート山の頂上で汚染されたワールドストーンをぶっ壊したは良いが、その衝撃で身体が吹っ飛んでたらしい
その身体を再構成するのに20年かかってたんだそうだ
挙げ句、何とか天界に帰ったら、ワールドストーンぶっ壊した罪を問われ、裁判にかけらたんだそうな
それで、天界の正義に限界を感じたティラエル様、自ら天使の羽根をはぎ取って堕天してきた・・・と
なにやってんだよ、天使評議会ェ・・・


ニュー・トリストラムの平和を取り戻した勇者Anubisは、次なる目的地
砂漠の街カルディウムへと足を踏み入れる
2014030225.jpg

なお、未プレイの方は注意していただきたいのが、カルディウムに来ると当分の間、ニュー・トリストラムには戻れない
あちらのマップで、まだ敵が強いなと思っていたら、こちらに向かう前に一旦狩りを済ましてから、改めてここに来た方がいい
鍛冶屋のヘイドリックは付いてきてくれるし、これから行く街に商人がいくらか居るので、武具の購入等については困ることは無い

さて辿り着いた街で情報収集
2014030226.jpg
ザカラム教団やら、ラット・ゴーレインといった、懐かしくも忌まわしい名前が飛び交う中、判ったことはと言うと
このカルディウムにも、マグダの邪教の魔手が伸びているが、この地を統治している皇帝は彼らを恐れるあまり宮殿に篭もり、民衆は助けを得られること無く困窮しているようである
その背後にはアスモダイといった、新しい悪魔が潜んでいるようだ

そう言った背後調査は、ティラエル様とリアに任せて、勇者Anubisは街の外へと進む
そこで出逢ったのが、三人目の傭兵エンチャントレスである
彼女は名前の通り魔法使いで、援護魔法や保護魔法でこちらを守ってくれる
2014030227.jpg

その彼女は途中まではイベント参加
そして三人連れで向かった、久々の砂漠戦
懐かしのフォールンだけで無く、地面に潜りながら近づいてくる、デューン・ストレッチャーなる物も出てくる
2014030228.jpg
2014030229.jpg
そんな場所で、たまにはと思ってテンプラーの代わりに、スコーンドレルやエンチャントレスを連れて歩いてみたのですが・・・
軒並み死亡率が上がった件
やっぱり壁役が居ないと、だめぽ

っつーか、テンプラーさんのストイックな生い立ち(?)を見るにつけ、この人の謎を一緒に追いかけたいのだ
何せ彼の所属する騎士団では、罪を犯したことを悔い改めるため、光のために戦うことを誓っているのだが
その入団の儀式というのが特殊で、罪を化された者を徹底的に痛めつけ罵倒し、ひたすら与えられる苦悶に耐えて罪を「忘れ」て、新たな自分に「生まれ変わる」ということをするんだという
どんなSM教団だ(滝汗
そんな生き方を勇者Anubisに疑問視されたテンプラーさんは、忘れた過去に向き合おうとしているので、それにお付き合いしたいのだ

砂漠の探索は続く
地下遺跡に潜ったら・・・出やがったな、スゥオーム(虫)め
羽虫の集団のくせに金色モンスターだと、生意気な
炎の矢で燃えてしまえッ!!
2014030230.jpg

奥に進むと、インド神話のナーガみたいなデーモンも出てくる
2014030231.jpg
んで、今回の砂漠マップでは、こいつらが主な雑魚のようだ
と言うのも、マグダの邪教を追う砦に辿り着いたら、そこに居た帝国の衛兵が奴らの化けた姿で、捕らわれた民兵と共にそれを倒して砦を取り戻す、というイベントがあったりする
2014030232.jpg

さらにそこを抜け、マグダが巣食っているというアルカーナスなる街に辿り着いたら・・・
まぁ、なんという大虐殺の痕
2014030233.jpg
こういう表現はまぁDiabloの世界では、いつも通りなのだが・・・(ぉぃ
居りに捕えられている生き残りを、8人助けるとボーナスがもらえるよ!(なんだかな

ここでようやくマグダと決着
マグダは一定確率でバリアを張る他、魔獣を召喚してくるのだが、今までの敵から考えると全然強くない
2014030234.jpg
ただバリアがあるとダメージを与えにくいので、ここは爆弾スキルの方がいいかもしれない
ところが、デッカード・ケインの敵を取ったのもつかの間
宮殿を調べに行っていたリアが、衛兵に捕えられたという
何してんすか、ティラエル様
仕方ないので勇者Anubisが助けに行くと、衛兵達が例によって魔物の本性を現すので、これを排除
2014030235.jpg
リアを連れて地下道を通じて逃げ出す
地下道の表現もいつも通りというかなんというか
転がった死体に近づくと、それが腐敗して破裂して毒を撒くという・・・
死んですら、ただの死体ですら居られない、Diabloの世界


地下道を探索する中、リアは死んだはずの母親が、魔物達に捕えられているという情報を得る
早速それを助けに行くと、またもや蛇の魔物と対峙
まぁ、遠距離で戦ってりゃ、そんなに苦労はしないが
2014030236.jpg
助け出した彼女の口からは、悪魔達を破滅に導くために、かつてホリドラムが開発した諸刃のアイテム、ブラックソウルストーンの情報がでる
またそんな設定が追加になったんかい・・・

その黒い宝石を探るため、勇者Anubisは砂漠にあるオアシス目指して、秘密の通路を行くことになる
さて、レベルが上がってきたので、いろんなスキルが使えるようになってきたのですが
その中でコンパニオン(=ペット)召喚スキルがあります
初期はカラス召喚なのですが、カラスさんは単に敵を突くだけです
そのスキルのレベルが上がったので、蜘蛛さんを召喚できるようになりました
見た目にはちょっと怖い蜘蛛さんですが、彼は攻撃するだけで無く、突いた相手にスロウ効果を与えてくれます
頼もしいと言えば頼もしいが、やはり見た目で損をしている彼(?)である
マップを走る勇者の後を、カサカサと付いてくる蜘蛛さんの姿に、萌えられたらデーモンハンターとして一人前かも(ぇ
2014030237.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2014/03/02 20:49 | 【Diablo3 PS3版】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |