ミナミヌマエビちゃん ご懐妊

ある日、メダカの様子を見るために水槽を眺めていたら、一匹のエビちゃんのお腹に見慣れない物を発見
よくよく見ると、黒いつぶつぶがお腹にびっしりとくっついて居るでは無いか
「こっ・・・これはまさか、噂の卵か!?」
お腹を重たそうにしながら、たまにエラをぴらぴらさせて、卵に新鮮な水を送っている姿は、まさしくご懐妊

ばんじゃーいヽ(´▽`)/

今まで、増えたような増えないような、モヤモヤとした状態だったけれど、こうして目に見えて命の息吹を見ると心躍るものである

・・・が、主はここで少し迷った
このままお母さんエビを30センチ水槽に入れて置いて、卵が無事に孵ったとしても、放置すればメダカや他のエビ達の餌食になってしまう可能性がある
いや、本来の自然の姿を考えると、それはそれで普通のことなのかも知れない
アクアリウムとは言え、弱肉強食の自然界の掟を適用し、生き残ったモノだけが育つべきなのだろうか
はてさてどうしよう

迷った挙げ句、主は水槽の影の支配者・親父殿に話を持ちかけた
主「トーチャン、相談があるんだが」
父「なんじゃい」
主「かくかくしかじか・・・と言うわけで、エビちゃんの子供達をどうしようか、迷っているのだけど」
隔離して保護しなさい(即答&ドきっぱり)」
「・・・ハイ」

と言うわけで、メダカの産卵用に待機させていた別水槽(サテライトS)に、お母さんエビは隔離されました
20140308.jpg
ちょっと上手く撮れなかったけど、お腹が膨れているのがご覧いただけるだろうか?
基本的には、2週間ぐらいで孵化するらしい
ちょうど、メダカたちの産卵シーズン手前ぐらいかな?
上手く水槽をやりくりしないと、これから大変だ・・・

そしてそこまで考えて主は気づいた
「管理する水槽が、実質4個になった・・・orz」
しかも、まだまだ増える予定である
たぶん、あと2個は増えるはずだ
プラケース・・・買い足さなきゃ

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

2014/03/08 12:57 | 熱帯魚日記COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |