水槽物語~超級大反省の巻~

ここ数日、水槽関係でひたすら失敗しまくり、大切な命を沢山失い、落ち込んでる管理人です。

結局、三匹抱卵したミナミヌマエビのお母さん達は、卵を孵すこと無く天に召されてしまいました
水草を入れてエアを入れ、それに対してお母さん達も餌を食べ卵を振るい、普通にしていたのに・・・
何故なのか全然理由がわかりません
色々なサイトを見ると、こういうやり方で成功している方も居るので、自分が何を失敗したのか思いつきません

ただ思ったのは、きっとこれは私が、卵をみて「増えるぞ!」とwktkしてしまい、本水槽から無理に彼女らを取りだして、隔離したのがいけなかったんだと
命が増えることに欲張った罰が当たったんだ、と思います


メダカの卵の第一期の子達も、考えてみればメダカのお母さんのお腹から、無理矢理取った物でした
そのせいか皆死んでしまった・・・
結局、人間が変な気を起こすと、駄目なんだなと痛感しました

第二期のメダカの卵達は、水草に運良く取り付いたものを、これまた自分が運良く見つけたときだけ、そっと取って別の場所に入れるようにしました
それが良かったのか、今日様子を見たら、卵の中で胚が動いていました
今度は上手く行くかも知れません

もう、命に手出しするのは止めて、見守りに徹することにします
今日もなんか、お腹の大きなミナミヌマエビちゃんが一匹居たし・・・

水槽が寂しくなってしまったので、少しエビちゃんも買い足す予定です

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

2014/04/04 21:22 | 熱帯魚日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |