第三次スーパーロボット大戦Z 時獄篇まとめ【1】

オタク世間では、『機動戦士ガンダムUC episode7』の公開で盛り上がっている中、いかがお過ごしでしょうか
肯定的な意見を多数見受けますので、それなりの終わり方をしたということかと推察します
地上波では明日、episode3,4が公開されますね
録画したepisode1,2は見ましたが、映像作品として出来はいいし、声優さんの演技も問題なしなので、確かに高評価なのは頷けます
個人的な意見としては、以前にも書きましたが、ジオンの問題をほじくり返してしまったことと、(特に映像作品は)ガンプラを売る媒体になってしまっている側面だけが気になっています
それさえなけりゃなぁ・・・


さて、スパロボのアンケートに答えてきました
それも踏まえて、全体の感想等をまとめていきたいと思います


まず、作品の結論から申し上げましょう
今回の時獄篇は「平均」以外の何物でも無かった
と言うのがワタクシの感想です
それ故に時獄篇のアンケートについては、今までのような感じで公表せず、部分的に利用する事にします

アンケートに答えて改めて自覚したのですが、自分は今作について期待していたのは
「スパロボZシリーズの続きが気になるから」
と言う事だけであり、他に期待していた側面があったかというと、それが非常に薄かったのです
(Q6「時獄篇を買うに当たって重視ししたこと」、Q8「登場作品の中で期待してたものはどれか」etc.)
そうして振り返ってみると、なぜ40話前後からのプレイにおいて、あまり真剣になれていなかったのか、自分でもよく判ってなかったのが、スッキリ霧が晴れたような感じです

「ゲームシステム」等には全く問題有りませんでした(Q11「このゲームの要素について、相応しいと思うものを選んで下さい)
タッグバトルシステムの導入こそありましたが、基本的な操作システムの変更が避けられたのは、とても評価できます
その新規のタッグバトルについても、小難しい部分が一切無かったため、すんなり受け容れられたのも良かったです
この、実質的な「小隊制復活」は、時獄篇で最も評価できる事象だった、と自分では考えています
おかげでラストマップ付近で、タッグを組ませる事で主要キャラを全員出す事が可能になり、台詞を聞いたりアクションを見たりするのに困る事も無く、最強チームを思う存分使えました
そのためか、難易度については「中の下」ぐらいで、かなりヌルかったと感じています
これは、タッグバトルシステム導入後の検証が甘かったのか、それとも「再世篇」までのなかで難しいという意見が多かったのか、は定かでは無いですが・・・
その一方で、「グラフィック」「サウンド」「シナリオ」については、評価が幾分か下がると自分では考えます
「グラフィック」については、すでに洗練された物があり、一定レベルからは落ちていません。
しかし、せめてマップ表記についてはどうにかならんかったのかと・・・
Vitaとのコンパチ関係があったのかも知れませんが、PS3に戻ってきてなお平面構成なのはいかがなモノか
OGSで半3Dを実現しているので、できないわけじゃ無いだろうに、と
「サウンド」は、作品によりアレンジャーが違うのか、それぞれでクオリティの落差が非常に激しく、厳しい事を申し上げれば、耳が慣れてくるまで聞くに堪えないモノも有ったと感じています(「PRIDE」「Beyond the TIME」etc.)
自分はカスサンを使ってないので、それを使った場合の効果が幾分かあったのか、までは検証してません
その一方「戦闘アニメ」について。これは個人的には高評価です。これぐらいさっぱりしてる方がいいかと
特にジェニオンの戦闘アニメは、今までのオリキャラの中ではかなりサッパリさんだったので、私としては苦にならずに助かりました
正直、「破界篇」のブラスタの戦闘アニメには、辟易した記憶があったので
けど結局メインの「シナリオ」が・・・
アンケートにも書いたのですが、「なんだこれは」>「実はこうなのだ!」>「な、なんだってー!」の繰り返しばかりで、途中で飽きてしまいました
たしかに物語中盤まで、世界自体に記憶改変が行われている、という設定なので、全体が翻弄されるのはやむなしかも知れませんが・・・と言うか、その状況が30話前後まで続くのが、すごいだるかったです
Zシリーズも既に4作目なので、こんな回りくどい導入じゃ無くて、味方勢が色々と備えておいて、対処しながら謎を探すシナリオでも良かったと思うのです
それこそ、敵を騙すためにシャアもZ-Blueも分かってて敵対するとか、たまにはそういう「してやったり」という流れが欲しいと思います。そのつもりの中で、新規参戦作品が予定外として入ってきて、さてどうしようかみたいな、別の緊迫感が欲しかった
そう言った要素が無い上で、60話のシナリオはかなり大変でした
33話以降も、物語が急進展するわけでも無く、結局は状況に翻弄されてばかりのZ-Blueが、本当に活躍してると認識されてるのか、正直信じられないです
さらには、もう最初から「天獄篇」に持って行くのを前提のせいか、投げっぱなしジャーマンのネタが多い事多い事
これは、同じ前後編でも「破界篇」と大きく違うところですね。あちらは「一応一段落付いたか」って言う感じはちゃんとあったのですが、「時獄篇」は終わったという気が全く持てない
ここまで勢いを付けて次に続けるのなら、この際LVや撃墜スコアも全て引き継いで、本当に完全な「続き」としてプレイさせてくれるぐらいにしてくれないと、なんか「天獄篇」の最初でくじけそうです
だからか、途中で挿入された『フルメタル・パニック! ふもっふ』のシナリオは心が洗われましたねぇ・・・
いや、真面目な話
ギャグがどうのと言うより、約束されたエンディングへ突き進む中、様々な作品のキャラクターがどう関わるのか、あれほど見てて面白かったシナリオは無かった
芯があるからでしょうね、話の中に。一本の筋が通っているかいないか、この差は大きかったと思います

その他の要素として、今回は「クロスセーブ」と「ダウンロードコンテンツ」がありました(Q29付近)
今回は両方とも利用していません
クロスセーブはもちろん、Vitaが無いから使いようが無いわけで
DLCは・・・こちらも興味が湧きませんでしたね
強化パーツが欲しいとも思わなかったし、なによりやっぱり60話を消化するので手一杯だったかな、と
収録しきれなかったサウンド、強化パーツ単体、ツメスパロボなんかだったら購入も考えたんですが、あまり魅力が無かったかなー・・・
あと、「初代スパロボHD」は、全く触っておりません
いやね、これをリメイクするならね、頼むから『スパロボD』をリメイクしてくれよ・・・!

そして次回に期待する事ですが・・・(Q24やQ38)
とにかく『機動戦士ガンダムΖΖ』を復権して下さい。頼んます
マリーダさん関係で、プルのグラフィックを出しておいて、それを放置して話を進めるのは、いくら何でも酷すぎる
『機動戦士ガンダムUC』において、マリーダさんの話etc.は、ΖΖあってのお話の面が多分にあるんですよ・・・
ラストで出てきた「もう一つの地球」から、カミーユがぶっ壊れた先の未来ネタとして、ジュドー達が出てきたって良いじゃ無いか・・・(´・ω・`)
それと、とにかくちゃんと終わらせてくれる事ですね
今のままで、全てのネタを吸収しきれるのか、正直疑問でハラハラしてしまいます


では、オリキャラについて少し

まず、主人公のヒビキ君
昨今珍しい厨二病主人公(おい
途中で病が治ったかと思いきや、戦闘アニメでは常に妙な形で英語を使い回し、武器の名前は全部ケルト神話からの輸入品、更には通常最強武器は某洋物小説の禁忌武器名拝借という、厨二ッぷりを遺憾なく発揮した感じでした(褒めてるのか貶してるのか
立ち位置としては、目立ちすぎず関わりすぎず、さりとて影が薄いわけでも無く、いい塩梅だったとは思います
微妙にずれた性格でありながら、馬鹿や天然というわけでは無く、本人なりに抱えた物があって、と言う部分はちゃんと描かれていたとは感じました
ただシナリオの割を食って、謎と不安を抱えたまま次回に持ち越しになり、キャラクターの確立が微妙なままなのが不幸なところでしょうか

次、スズネ先生
先生が一番シナリオの割を食ったのかも知れません
キャラクターの確立というよりも、変に謎を抱えたまま放置プレイされたというか
おそらく、ヒビキよりは一般人寄りの視点のキャラクターとして、ある種の驚き役&ツッコミ役として用意されたのだと思いますが、ほとんどのツッコミ役をアルトに持って行かれ、どちらかと言うと天然キャラになっていたような・・・
先生に何が起きたのかも全く話が進まず・・・さすがにこれは可哀想でしょう

そしてAG
Dトレーダーのシステムと、、彼(?)を交えた漫才は面白かったですね
トロワ曰く「ピエロを演じている」というのは、言い得て妙なキャラクター評価だと思います
嘘を言っているのか、本当の事を言っているのか、イマイチ分からないところがありましたが、今回はこれで良かったのかも知れません
そしてとりあえず、(表面上)ロボットのくせに、下ネタと美女が好きなのはどうにかしろ、とだけ言っておこうw

その他のオリキャラ(まとめるんかい!
もうそろそろ、「本気出してない」とか「お前らなどオモチャだ」、という言い回しのキャラクターは止めて欲しい・・・
「再世篇」のインサラウムが良かったのは、お互いがお互いに真剣だったって事なんですよ
ガイオウも好きにはなれないけど、真剣さでこっちに勝負をしてきたので、シナリオがちゃんと生きていた
今回のジェミナイドは、何が何だかよく判らないうちに終わってしまって、何の感情移入もできなかったです
思わせぶりからの導入で、ここまで空振りなのも久しぶりな気がする・・・
アドヴェントを初めとする、組織「クロノ」も結局謎のままでサッパリ・・・
アサキムが出てこなかった分すっきるするかと思いきや、サッパリサッパリな状態でモヤモヤ感引っ張りっぱなし
サッパリ妖精(by魔法陣グルグル)が出てきて踊っちゃうよ?

最後に
今回出てこなかった作品(キングゲイナーやザブングル)は、このままフェードアウトなんでしょうか
仮にも初代Zの時代に、「黒歴史の中に関わった」と言われている、∀・ガンダムX・キングゲイナーなどは、ちゃんと出てきて関わりを清算して欲しいものです
また、プレイ記録15のラストにも書きましたが、スフィア関係の話が次回で本当に終わるのか・・・
聞いた話によると、既にスフィアのネタはOGSにも流入してるらしいですね。このまま版権モノはここで終わらせて、残りはOGSで清算します、とか無しでお願いしますよ?
そんで、アサキムがマサキでももういいから、早いとこきっぱりとした結論を出して欲しいです

あ・・・
次回アサキムが出てくると、ヒビキと厨二病対決になるのか・・・
嫌すぎる、それ・・・(おい
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2014/05/18 20:50 | 【第三次Z】COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

厨二同士ではありますが・・・

ヒビキにとって、アサキムは天敵になるんでしょうね。
なんせ、嘘のスフィアもってるから・・・

あとは、ちゃっかり生き残った赤い彗星、お前な…w

No:4725 2014/05/18 21:26 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

時獄篇お疲れ様です。やっぱり、あれは続きが非常に気になる終わり方ですよね。某所の考察ではガンダムUCを無理やりねじ込むために仕方なく分割したんじゃないかって言われているくらいだし。だから早く後編を出してほしいですけどいつになることやら。
後はどう風呂敷を畳むかですね、今回は畳むための準備しかしていなかったと感じるので。その上準備だけはしているので後編に参戦する作品もある程度予想出来てしまうので第2次Zから第3次Zの間の参戦予想のワクワクがほとんどないんですよね(まぁ、ZZは今更参戦して何するんだよって気はしますが)。
それでもここまでZシリーズに付き合ってきたので最後まで付き合ってやろうじゃないかと私は思っています。

No:4726 2014/05/18 21:34 | あくと #6Z79jEeU URL [ 編集 ]

お疲れ様です、師匠

最近心をくすぐられる話題がジョジョとTRPG以外になくてだれてます。イヴです。

第3次スパロボZの前編クリアお疲れ様でした。
私も途中からプレイの感想を読んでましたが・・・まぁ予想通りと言ったところでしょうね。後編まで投げっぱなしのガンダム00に揃わないスフィア。しかし後編ありきと言ってもずさんすぎやしませんかねぇ?
もう次回の参戦はZZと言わず「ゼーガペイン」とか「ギルティクラウン」ぐらいのインパクトがないと驚くに値しません。いや、UCガンダムが参戦しただけでも驚きなんですけどね?
けどこの調子でシナリオが続くとわかったら後編もグダグダしそうな予感が・・・。せめて全てのスフィアの名前ぐらいは明かしてほしいですね。良くある中二漫画みたく、十二将と言いながら作中では数人しか出てこないみたいなことは勘弁してほしいです。

それにしてもゲイナー兄さんはどこへ行ってしまわれたのだろう・・・。まさか人柱になったか?それともまた闇落ちでもしたか?

No:4727 2014/05/19 06:36 | イヴ #YmY/60os URL [ 編集 ]

スズネ先生



担当CVさんの某作品の代表作にも時空を跨る魔導士(と言うか人間じゃないけど……)やスパロボでも縁が深い地下世界のあのヒロインが……そんな事言ったらリンカーコア抜かれますわ。とは言え最後まで三味線を弾いていましたし……。




ノブナガ.ザ.フール



ヒミコがかつて修行し、幼い頃ノブナガと遭遇した“聖地”へと行く事になります。河森作品でここまで“光”が多用されるのは珍しいですね……ケンシンが思ったよりも俗物でした。


ヒデヨシは助かったけど……このままじゃ某作品の本多忠勝の様になるのか(マテ

No:4728 2014/05/19 11:38 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして、ふらいると言います。
時獄偏クリアお疲れ様です。
今まで読んでるだけだったのですがクリア記念として書かせていただきます。
ところでアドヴェントの搭乗機の最強武器の戦闘アニメは観ましたか?スパロボスタッフの捨てきれない思いがこもってますよ。
天獄偏参戦作品の方はいろんな考え方ができますな、盛り返してきた近年のロボアニメたち、予告のアオの星、ミドリの星、という言い回しからガオガイガーfinal、現れた地球がα外伝のような荒廃した地球ならアーマードコア4,5シリーズ、フロントミッションシリーズ、続編組としてオーガス2、マクロス2、マクロス30、あるいは現れた地球がバアルだったらヴァントレットとかあるかもしれませんね。まあFSSがあるなら何でもいいですけどね。

No:4730 2014/05/21 15:22 | ふらいる #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |