魚たちの競演は、まだまだ続く

仕事で鬱い事があって、ちょっと↓な管理人です

周囲の視線が気になって仕方なく
仕事辞めようか、変えようか
真剣に悩んでおります

いや実は
「この間の検診で『膵臓癌の可能性』って言われて
実際は副脾で何でも無かったんだけど
本当は癌の方が・・・」

とかほざいたら、漆黒の翼さんにピンタされたんですがね
ええ


そんなこんななので
管理人の愛は友人たる魚君達に注がれております
というか、現実逃避してるんですね、管理人が(爆

こんな管理人の事など知る由も無い魚たち
梅雨も終わりに近づいたことで、生物として生命活動の盛りを迎え、元気という言葉を越えた状況にあります

これを遡ること一ヶ月ほど前のこと
自分の部屋用に買った水槽に、個人的にメダカを入れたくなりまして
藤沢にある、『アゴラ』という熱帯魚ショップに行ってきました
ここについては別途、動画を作ってご紹介したいのですが・・・

所謂それなりにお魚生活に精通した方なら
「アクアリウムは生体有ってこそ」
と言うことは常識でありましょう
元気な生体、活きの良い水草を入手してこその、水槽生活
んで、管理人の家の周囲には、某ホームセンター2ヶ所と、この『アゴラ』さんの3ヶ所の生体ショップがあります
今年に入るまではあまり気にしていなかったのですが、クロメダカを5匹増やした後、その増やしたクロメダカがすぐに死んでしまって、その時私は初めて「生体有ってこそ」の意味を理解しました

その5匹達は、某ホームセンターで買ってきた子達でした
やむなく、再び買い足そうとそこへ行った時、私は驚きました
初めて気づいたのです。そこに居るメダカ達があまりにもやせ細り、ヘロヘロのフラフラだと言うことに

そしてよくよく考えると、家で大いに元気にしてるのは、ほとんど全てが『アゴラ』さんで買った子達ばかりでした
クロメダカ水槽で悠々生きてるヤマトヌマエビ君
色々な水槽の先住人になっては、パイロットフィッシュとして活躍しているアカヒレ君
そして我が家の王子・輝羅(ショーベタ)
みんなみんな、『アゴラ』から来た、元気いっぱいの子達でした


「そうか。これが『アクアショップの価値は生体にあり』と言うことの真意だったのだ・・・」

その日から私は、何があろうと生体だけは、『アゴラ』さんで買おうと心に決めました
故にその日も、アゴラさんにメダカをいただきに向かいました
スタンダードなメダカというと、黒・白・緋・青という感じですが、オーナー曰く最近は綺麗な青い子が居ないそうで、その日は白メダカと緋メダカちゃんをもらってきました
本当は、白と緋でペアをもらいたかったのですが、これまたオーナー曰く「緋メダカの雄でいい子が居ない」というので、白メダカ君だけ男の子とをもらうことに

ちなみに、買ってきた白君と緋ちゃんを親父殿に見せましたが
「ふーん」
の一言ですまされました
本気で変りメダカに興味が無いようである


しかし・・・
いやマジで本当にあそこの子達は元気が過ぎまして
アカヒレ君達を入れていた水槽に混ぜたら、アカヒレを追い回して虐めてしまうんですよ
特に白君の雄が。気が強く居て縄張り意識が強いのかも知れません
それだけで無くこやつ、完全にハーレム状態なのを分かっているのか、連日3匹の雌を盛大に孕ませて卵産ませまくりです
おかげで、30センチ水槽のクロメダカ達の出産ラッシュも重なり、稚メダカが30匹ぐらいプラケースに溢れています
連日親父殿からSNSで「○匹生まれてるぞー」と知らせられ、慌てて帰ってきては隔離している日々・・・

もちろん、強い子弱い子が居るので、全ての子供達が大人にはなれないです
4月に孵化した第一期の子達は、稚メダカは10数匹居たのですけど、最近になって2cmまで育って、巣立たせることができたのは6匹
物の本によると、メダカの成長率は6割と言うことなので、平均的と言えばそうなんですけど
・・・本当はみんな大きくなって欲しいですよ、ええ

さて
そんな中でいぢめられているアカヒレ君達
一匹弱ってきてしまったようにも見えます・・・
どちらにしろ、白メダカの子供達を、クロメダカ達の水槽に混ぜるわけに行かないので、将来的にはテトラの水槽に余裕を出す必要もあります
一計を案じた管理人はまた水槽を増やしてしまいました
ゼンスイの『ファニティ』という、USB駆動もする超小型デスクトップ水槽なのですけど、アカヒレ君達には充分かな
しかし、本質的な水槽と比べれば所詮オモチャ
一応LEDライトと、底面フィルターと直結したポンプがあるのです
・・・が、動かしたらこのポンプの勢いが強すぎて、洗濯機みたいに水がかき回されちゃうんです
本物のフィルターならともかく、水流調節機能は当然ありません

んでまぁ
にわかといえどもワタクシ、2年は魚たちと生活しております
知恵を絞りまして、簡単に改造をしてみました
まず、浄化された水が出る「蛇口」型の出口
ここからの水があまりにもボチャボチャ出るので、ウールを詰めてみました
NCM_0112.jpg
結果上々。ちょろちょろとした感じになり、水面の慌ただしさは消えました
続いて水槽の中に有る水の吸い込み口。ここにもウールをまき付け、被せてみました
NCM_0113.jpg
結果ばっちり。洗濯機状態はなりを潜め、しずかーな水中が、LEDライトにキラキラ照らされています
ウールも入れておけば、ゴミ取り効果も期待出来るので一石二鳥
「ニッソー」の『ろ過するウール』万能過ぎ くそワロタ

と言うわけでして
稚魚の隔離水槽とか含めると、我が家の水槽はついに6個になってしまいました(苦笑
水槽掃除も半端ない時間がかかるんです、毎週
でもそれが、ある意味では楽しいんですがね
メダカ君達に通じるかどうかは不明ですが、何となく語りかけたりするのが、一種の気晴らしです

ああ、でも
輝羅(ショーベタ)は、ある程度通じてますね
ていうかこいつとはもう、パートナーというか友人というか
こんな風に他の魚に手を焼いてると、気づくとこっちを睨んでるんです
「俺のことはどうした、俺は!」
ってかんじなんですw
たまに隣のメダカ達に、水槽の壁越しに喧嘩も売ってます
「俺が一番だ!ここの主なんだよ!!」
と言わんばかりに
他にも、彼なりに定位置があるらしく、そこでじーっとこっちを観察してることもしばしば
んで
「どうしたよ」
と顔を向けると、待っていたかのような睨めっこタイム
彼の息が続く限りやってくれます。楽しい

こういう時間をくれる彼らのためにも、あまりくじけないようにしたいのですが
いかんせん人間社会は息が詰まりますね
このままだとまだまだ水槽が増えそう・・・かも

スポンサーサイト

テーマ : 淡水魚 - ジャンル : ペット

2014/07/15 21:25 | 熱帯魚日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

……水道口にウール



アジア某国では上水道が不完全らしくゴミが入る事もあるので台所の蛇口に濾過性がある布を詰めているとか……外国人が日本に来て驚く事に上下水道が凄いと言われているそうですよ。

No:4759 2014/07/16 11:39 | 通りすがり #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

アゴラさんですか。ぜひ一度行ってみたいですね。
うちは近所にギブリという老舗があって、そこで10年近いつきあいになるクサガメを買いました。
ところで、ベタの名前の読みはキラで合ってますか?

No:4843 2014/11/12 11:05 | peridot #ZXbKpRnU URL [ 編集 ]

はい、きらです

> アゴラさんですか。ぜひ一度行ってみたいですね。
是非行ってみてください。
店主さんは「ウチの常連は、一度買うとしばらく来ないから、暇なんだよねw」と嘆いてたので
でもそれは、お店の子達が元気な証拠だと思います

> うちは近所にギブリという老舗があって、そこで10年近いつきあいになるクサガメを買いました。
世田谷にあるお店のようですね。
亀は長生きなので、相棒としていい子なのではと想像しています

> ところで、ベタの名前の読みはキラで合ってますか?
ハイ、きらです
初めて逢った時、あんまりにもキラキラしてたので、突発的にそう名付けましたw

No:4844 2014/11/12 21:22 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |