スパロボ学園ゲーム同好会『Magic The Gathering』の巻

ジュドー「黒ヒイロ、部室に来やしないし。なにやってんだろ・・・って、うわ!何、このぬいぐるみの雪崩れた痕・・・」

ジュドー「黒ヒイロの部屋から雪崩れッてるのか。ん?
これはリラックマか・・・『黒ヒイロ君へ』
こっちはテディベアで・・・『私の思いを受け取って下さい』
これはこげぱんかよ・・・『気に入ってくれると良いな』

ファンレター付きのぬいぐるみでいーっぱい?
ああ、前回流したウサギ画像のせいか・・・やっぱり人気あるねぇ。柔らかモノがいっぱい届いて結果オーライじゃん?
・・・あれ?」
ジュドーが掴んだのは、どう見ても人間の手
それはぬいぐるみの間から、這い出ようとしているかのような姿だった

ジュドー「わ!?もしかしてこれ、黒ヒイロの手かよ!埋まってんの、ちょっと!!
今掘り出してやるから、頼むから窒息死しないでよ!!」


シンシア「よし、ここで赤のカードを・・・」
ゲイナー「そうはさせないよ。青のカードでカウンターを・・・」

リュウセイ「なんか難しそうなカードゲームやってんな」
フェイ・イェン「なんかあれこれ説明書があって、何が何だかわかんなーい」
ルリ「電子の妖精がルールで頭こんがらがってどうするんですか」

アムロ「お、Magic・The・Gatheringじゃないか」
リュウセイ「大尉、知ってるんだ?」
シャア「私とアムロは引退して久しいが、昔は良くやったものだよ」
マサキ「へぇ。総帥方がはまるなんて、ずいぶんなゲームなんだな」
アムロ「何を言ってるんだいマサキ。このMagic・The・Gatheringこそが、今ある数々のカードゲームの始祖と言っても過言では無いんだぞ?」
シャア「そうだ。遊○王もカルド○プトも、ましてや我々のガンダムウォーや、スパロボのクルセイドも、全てはこの通称ギャザあってこそなのだ」
アムロ「だいたい、デュエリストという言葉も、元はと言えばギャザのプレイヤーを指す言葉なんだからな」
護「うっはぁ、そうなんだ!」


シャア「Magic・The・Gatheringは、すでに20年以上の歴史を持つ、アメリカ発祥のトレーディングカードゲームだ。
何しろ偉大なゲームだ。何が偉大かというとだ」
アムロ「一枚のイラストとテキスト、運用コストとカードの種類分け。こう言った現状のトレカのフォーマットを、全て作ったのがMagic・The・Gathering(以下、ギャザ)と言っても良い
数千種類以上のカードを集め、自分の趣向に合ったデッキを作る。そのために相手と勝負してカードを交換する、または有料でカードを入手する。これもギャザが確立したスタイルだな」
シャア「アメリカだけでなく、世界中でプレイされている。そのため、世界中のデュエリストが一堂に会する、ワールドツアーが存在している。それらに参加するために、各国で上位ランキングに入らなければならいがな・・・
なんでもアメリカ本国では、デュエルの賞金だけで生活している、本物のプロデュエリストが何人も居るそうだ
アムロ「まさにリアル遊戯王だな」

ゲイナー「で、そのギャザのデジタルゲームで、最新の2015版が出たんですよ」
201408031.jpg
シャア「今までのMagic onlineとは違うのだな・・・」
シンシア「そうみたい。ていうか、PS3で出てた2013の2バージョン後の奴、って感じ」
アムロ「なるほど。それで管理人が、ついついやりたくなって、PC版のデモをダウンロードしてしまったんだな」

リュウセイ「あのー、大佐に大尉。俺たち、完全に蚊帳の外なんですけどー」
マサキ「そのゲームを、同好会で正式に採用するかは別として、一応話題としてどんなゲームかご教授いただきたいんだけどな」
ゲイナー「・・・と言っても、ねぇ、大尉?」
アムロ「ああ。このゲームは確かにトレカの始祖だが、ゲーム内容としては非常に複雑だぞ」
フェイ・イェン「あ、電子の妖精のこと馬鹿にしてる?」
シャア「さっきルールでロジックが破綻していた者が、何を言うか」
シンシア「でもさ、気に入ってくれたら、みんなでデュエルできるんでしょ?ならいいじゃん」
アムロ「よし。ならゲイナーとシンシアをプレイヤーに見立てて、俺たちが説明しよう」

シャア「Magic・The・Gatheringは、60枚で構成されたデッキを使い、ターン制で初期ライフ20を相手と争い遭うのが基本ルールだ
リュウセイ「ライフ20?ずいぶん展開が早くなりそうな数値だな」
ゲイナー「それは遊戯王とかに馴れすぎ。この20って数値は、ギャザの場合は絶妙な値なんだよ」
アムロ「二人とも、準備はできたか?」
ゲイナー「デュエルマットも引いて、準備万端だよ」
アムロ「こうして二人が道具を置いている場所のことを、総じて『場』という。覚えておけ」
マサキ「ふーん。カードの山以外に、なんかコインみたいのもあるけど、こりゃなんだ?」
シンシア「ライフカウンターと、トークンだよ。ま、デジタルゲームでは必要ないけどね」
リュウセイ「シンシアはそろばんみたいなので、ゲイナーは20面ダイス、なのか」
ゲイナー「ライフカウンターは何でも良いんだよ。ぶっちゃけ、紙に書いてもオッケー
フェイ・イェン「ライフカウンターは分かるとして、トークンってなーに?」
アムロ「それはまた後だ」

シャア「デッキの内容は、土地とそれ以外のカードで構成する」
201408033.jpg
マサキ「この、平原や海が書いてあるカードが土地?」
シャア「そうだ。ギャザの世界では、土地に魔法の力=マナが宿っている、という基本理念がある。プレイヤーはこの土地からマナを引き出して、様々なカードをプレイする力の源にするわけだ」
アムロ「ガンダムウォーで言うところの、国力に相当する部分だが、ギャザの土地は土地以上の意味は無い」
ルリ「で、マナという国力がある以上・・・」
シンシア「そ、土地以外のカードをプレイする時、コストが関係するわけ。ギャザではマナコストって言うんだけど」

シャア「土地には種類がある。これがマナの色を決める。
平地=白沼=黒島=青山=赤森=緑、となっている
数年前から、それぞれの土地カードにあるマナシンボルで、取り出せるマナの色が分かるようになった」
マサキ「その色って、カードのベースカラーと対応してんのか?」
ゲイナー「そうだね。だから基本的には、青色の枠のカードをプレイする場合、島が必要=青マナが必要、って考えて問題ないよ」
シンシア「例えばこのカードを見て。カードの右上にマナのマークがあるでしょ。これがこのカードをプレイするのに必要なマナコストなわけ」
マサキ「えーと、平地と同じマークだから、白マナが1個ありゃいいわけか」
ゲイナー「ご名答!」
リュウセイ「ンじゃこれは?森のマークの横に、数字が1って書いてあるぜ」
シンシア「そいつの場合は、緑マナの他に何色でも良いから、1マナ支払えって意味」
アムロ「つまり2マナあればいいわけではあるが、例え土地が何枚場に出ていようと、森が最悪1枚無い限りプレイ出来ないわけだ」

ルリ「コストというモノは代償ですから、もちろんマナコストが高いカードほど、より効率的なプレイができるわけですよね?」
リュウセイ「ほんじゃ、デッキの中に土地を山盛り仕込んで、さっさと土地をばらまいた方が有利なわけだな!」
シャア「そう話は簡単では無い。
どんなカードゲームでもそうだが、基本的にゲーム開始前にデッキをシャッフルする。それ故、土地がどう回ってくるかは原則運次第だ。また、最初に引けるカードも6枚からであるし、1ターン回ってくるごとに補充出来るカードも、原則1枚だ」
ゲイナー「それに、自分のターン中に場に新しく出せる土地も、原則1枚って決まってるんだよ」
フェイ・イェン「さっきから『原則』って言ってるけど、なんでなんでー?」
アムロ「それもまた後だ」

シャア「さて、今回の場合はゲイナーが先攻だ。まず山を1枚場に出したな
原則あり得ないが、ここで赤マナ1のカードをプレイするとしようか。『稲妻(Lightning Bolt)』を使うと仮定しよう」
ゲイナー「じゃ、山をタップするね」
シャア「こうして、垂直に出したカードを、右45度倒す行為を、ギャザの世界では総じて『タップ』という
この場合は山がタップされたことで、土地から赤マナが1引き出された、という意味になる」
リュウセイ「2マナ必要なら、もう一回起こして・・・?」
アムロ「それは無理だ。タップされたカードは原則、次の自分のターンの頭まで、起こす(アンタップ)ことができない

シャア「続いていこう。稲妻は対象を取って、3のダメージを与えるインスタントだ。今回の場合は、プレイヤーしか対象に取れないので・・・」
シンシア「アタシのライフが3減って、17っと」
フェイ・イェン「対象を取る?インスタント??」
マサキ「それにカードには、クリーチャーかプレイヤーって書いてあるぜ。クリーチャー?化け物??」
アムロ「ここでさっき、シャアが『土地とそれ以外のカード』と言った、それ以外のカードの存在が出てくるわけだが
ここはまず、1ターンを全て通してみよう」
ゲイナー「じゃ、僕はこの『稲妻』を墓地に送って、ターンエンド」
フェイ・イェン「そのカードは使いきりなのね」
マサキ「使い終わったカードは貯めるんだな」
アムロ「ああ。墓地には墓地なりの意味があるんだ。あそこも後で重要になるぞ」
リュウセイ「はいはーい、土地は?」
シャア「ギャザのカードは大きく分けて、使い捨てとそうで無いカードがある。
土地は原則、プレイヤーの支配する地域の象徴なので、使い捨てにはならない」
シンシア「じゃ、次アタシのターンね。
アタシは森をセットしてタップ、緑1マナで『ラノワールのエルフ(Llanowar Elves)』を場に召喚するよ」
護「クリーチャーって書いてあるカードが、初めて出てきたね!」
シャア「クリーチャーとは、プレイヤー(=コントローラ)に代わって戦闘を行う、ギャザ世界に生きる生き物の総称だ
その種類は普通の人間から、悪魔に天使、ドラゴンや神のようなモノまで幅広い」
201408032.jpg
護「戦闘するの?まずいよ、ゲイナー兄ちゃんの場には、クリーチャーは何も居ないよ!」
ゲイナー「今のところ問題ないよ。シンシアのクリーチャーは、召喚酔いで今は何もできないからね」
ルリ「酔っているのですか?」
アムロ「ギャザ世界のクリーチャーは、原則召喚されたターンでは、基本動けないことになっている。これをルール上召喚酔いと言うんだ
まあ謂わば、クリーチャーはプレイヤー同士の戦闘の場に突然呼ばれて、戸惑っているというようなイメージかな」
シンシア「そういうこと。と言うわけで、アタシはこれでターンエンドだよ」

シャア「と言うように、最低でも2名のプレイヤーが、互いのカードを駆使してライフを争い、自分のターンを有効活用してゲームを進めるのが、ギャザの基本的な流れだ」
フェイ・イェン「また、基本的とか言ってるし。ここまででもややこしいんだけど、まだ何かあるの?」
シャア「そうだな。まだルールの1/10も説明してない
一同「えっ」
シャア「しかもこれは、管理人がドロップアウトした頃のルールで、昨今付け加えられた部分が多少抜けている
久々に公式のルールをPDFダウンロードしたが、35ページもあって管理人は目が点になっていた」
リュウセイ「ギャザやってる人間って、そんなルール全部覚えてやってるんすか!?」
シャア「いや。プレイしていても、ルールが混乱することはある。それが原因でリアルで喧嘩になることも珍しくは無い。そこでギャザを運営する、Wizards of the Coast社では、自社が認定するジャッジを育てている」
アムロ「公式戦では彼らの采配一つで、結構色々変わったりするもんだ。なにせジャッジ同士でも判断が合わず、長考に入ることがあるくらいだからな」
マサキ「なんか気が遠くなってきたぜ・・・」

アムロ「ルールと言えば、ちょっとここで余談だ。
さっきシンシアが用意した『ラノワールのエルフ(Llanowar Elves)』だが、ある条件が整っていると、土地では無いが緑マナを1つ生成出来る能力がある
もしさっきのタイミングで、彼女がクリーチャーの能力を使ったとしよう。しかし手札には緑1マナで何かできるカードが無い。この場合起きうるのが
シャア「マナバーンだな」
ルリ「バーン。爆発ですか」
シャア「自分の扱える以上のマナを生成した場合、その分のパワーが暴発し、自らに返ってくる、という概念だ
余程のことが無ければ起きないし、デジタルゲームではそもそも、計算ミスが起きることは無いだろうが、リアルプレイではタップしすぎた土地があるのに気づかなくて、マナバーンと言うのも無いわけではない」
アムロ「友人同士のプレイなら、『今の無し』で済むが、公式戦では通じない言い訳だな
ま、今時こんなプレイをする奴は居ないだろうが・・・」
シャア「ああ。昔はゲームに負けそうになって、投了する代わりにワザとマナバーンを起こして、自爆するプレイヤーも居たものだ


ヒイロ「・・・むずむず」
カトル「くしゃん」
トロワ「むずむず」
五飛「何か背筋が寒い・・・」
デュオ「どうしたんだお前ら、風邪か?」
ゲイナー「ところでお二人は現役の頃、どんなデッキを使ってたんですか?」
シャア「私はデッキだな」
シンシア「ああ、わかる。3倍のスピードで速攻勝負って感じだね!」
ゲイナー「大尉は?」
アムロ「俺はだよ(にっこり」
ゲイナー「え・・・」
シンシア「アムロ大尉って意外と・・・」
ゲイナー「人が悪い・・・?」

残りの人達「???」
スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム - ジャンル : ゲーム

2014/08/03 20:44 | 【MTG2015】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

クマクマズとこげぱん…w

誰ですか、クマとこげぱん寄越したの。
お姉さん怒らないから白状しなさいw

本日記事にて会話してるシンシアやルリルリは白…でいいのかな?

No:4772 2014/08/03 21:21 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

よく女性の本性は化粧ポーチで分かると言ったもんです。



サンライズが贈る新作ロボットアニメ……色々とマテ


・その1 嫌な予感がする“設定”だがあの帝国を超える期待感


アムロ「タイトルは“クロスアンジュ 天使と竜の輪舞”だ」
カミーユ「キービジュアルを最初見た時はファンタジー系と思っていたが意外と近未来」
ジュドー「主人公が皇女であるが」
シーブック「PV見るとどん底スタート……」
スザク「女版ルルージュ?」
ゼロ「ふふっ、腕が鳴る……黒の騎士団に引き込める」



アンジュ「な、なんか寒気がする」
ナナリー「多分兄です、そっちの帝国も酷い設定でなければ良いのですが……ブリタニア帝国と衝突したらどうしましょう」
カレン「バイク型コクピットって好評だった訳ね」←乗っている機体がそーですからね。



・その2 竜が出てきます。


アルト「バジュラよりはマシか」
イサム「飛竜相手かよ……」
甲児「本物の竜か」


リュウセイ「要はPTでモンハンか」
クズハ「久しぶりに“新作”飲んで目を覚ましてみる?」←クズハ特製ドリンクの事。



・その3 機動兵器の名称はパラメイル


ヴィルキス「どうも、アンジュを載せる事になるヴィルキスです。こう見えて航空機型に変形、そしてコクピットがバイク型です。旧式だけど高いポテンシャルを持つとか……心配なのはアンジュに嫁の貰いてが来るか……」
紅蓮弐式「どうでもいいがエロゲの様なパイロットスーツだな」
ヴィルキス「そーでしょう、彼女だけじゃないですよ」



問題:何故ガンダムに大出力ビームサーベルが無かったのか?答え アルドノア.ゼロ第五話を見ると分かります


キット「そりゃあ耐久性や整備性を重視しているから、試作機だから不測の事態に備えているし」
チェーン「そうですね」
マリュー「大出力ビームサーベルなんて海上で振り回していたら海にそれが落下した途端に水蒸気爆発……」
アムロ「そんなバカな事をして戦死した奴が出たらしい」
キラ「しかも相手は練習機で学生……」


伊奈帆「……そんなにすごい事したんですか?」
シン「ある意味スゴい」

No:4773 2014/08/04 18:44 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

ギャザラー復活

漆黒の翼さん>
誰でしょうねぇ、ぬいぐるみ
でも確実に、どっかの自重しない姐さんは混じってるでしょう
あと、ゲーム同好会にいる人達は、みんなまともなので、シンシアも普通の女の子です

YF-19Kさん>
新しいロボアニメは自分もちらとみました
確かにエロゲのようなスーツで、本当にサンライズ謹製なのか?と目を疑っております
一応観ようかなとは思いますが・・・

No:4774 2014/08/09 22:40 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>


返信どうもです。エロゲの様なスーツも見ものですが、結構ギリギリになるそうで……シナリオが。スパロボじゃルルージュ所かC.Cが乱入しそうだ。


No:4776 2014/08/09 23:23 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |