スパロボ学園ゲーム同好会『Magic The Gathering』の巻【4】

ジュドー「・・・妖精・・・さん?」
黒ヒイロ「ここの管理人の二次創作で、リオン・カージに行ってただろう。あの後帰ってきてから、あっちで受けたストレスがたまって、色々と悶々としている内に、それが凝り固まって意思を持って、こうして別個体に・・・」
ジュドー「黒ヒイロの内面?これがぁ??」
黒ヒイロ「出てきてしまったことと、仮にも取った姿が恥ずかしくて、今まで部屋に封印していたのだが・・・」
ジュドー「それじゃ、妖精さんっていうより、白川さん家のチカちゃんみたいなもんじゃん」
黒かぴ「きゅ!」(目からビーム
ジュドー「なにすんだよおい!」
黒ヒイロ「あんなのと一緒にされたくない・・・らしい」

チカ「・・・むず」
シュウ「どうしました、チカ」
チカ「いえ、なぜか知りませんけどね、とある所に縮退砲を撃った方がいいような、そんな気がしまして」
シュウ「これは奇遇ですね、私もそう思ったところです」

ジュドー「それ以前に、なんで目からビームなんて出るんだよ!カピバラさんでしょ!?」
黒ヒイロ「いや、これは外観がカピバラさんなだけで、中身は俺の性質を受け継いだ、魔法生物なんだ」
ジュドー「なにそれこわい」


ルルーシュ「入部届を持ってきた。俺も今日から、正式にゲーム同好会に入らさせてもらおう」
マサキ「エラい急だな」
ルルーシュ「貴様が奇跡的に部室に居る内に、事を済ませておきたかったのでな」
マサキ「悪かったな、奇跡で!」←普段は方向音痴のため、そもそも部室にたどり着けない
ルリ「でも良いんですか?色々兼部してたところ、全部蹴ってきてしまうなんて」
ルルーシュ「アシュフォード学園ならともかく、スパロボ学園で俺が居ないと回らん部活など無いからな。それに、このMTGこそ俺が求めていた、力の発揮のしがいがあるゲームだ。是非ゲーム同好会だけでなく、全校に広めたい
だいたい、俺がなんで手芸部だのアニ研だの、果ては日舞だの落語といった部活をやらねばならんのだ。俺の居所はこういう、ギリギリのせめぎ合いの世界だ!」

護「でもあそこから、シャーリィ姉ちゃんが怖い顔してみてるけど・・・」
リュウセイ「ロロも睨んでるぞ」
ハッター「あそこにはカレンが潜んでるようだが」
チーフ「おお、ルルーシュ・ランペルージ君、シュナイゼル・エル・ブリタニア殿が探していたぞ!」

フェイ・イェン「モテる男は辛いね!」
ルルーシュ(いかん、当分部屋に戻れそうもない・・・だと)


シャア「さて、基礎の基礎の最後は、特殊能力持ちやプレイの俗語と言った、ギャザ独特の世界について話していこう
つまり講義としては、雑学の時間
ただ、話は代表的なモノに止めておく。何せネタを全て網羅したら、ページが足りないどころか日数も足りん」
アムロ「ルーリングブックだけで、100ページ並の本ができるようなゲームだからな。興味があるところは自分で調べるんだ」
ゲイナー「繰り返しになるけど、ギャザ世界では『カードに書いてあることが全て』だからね。どんなカードか理解するには、とにかくそのパーマネントを入手しないと、話にならないんだよ」

シンシア「じゃ、まずはクリーチャーの特殊能力からだよ!」

飛行
突撃するグリフィン 白(3) クリーチャー グリフィン 3/2
飛行

文字通り「飛んでいる」
飛行は、飛行を持つクリーチャー同士でないとブロックできない
逆に、飛行持ちは飛行でないクリーチャーをブロックできる

と、これだけ書けば、この能力を持っているだけで、戦闘時に大きなアドバンテージを得られることが分かるだろう
飛行対策をしていないデッキだと、飛んでくる鳥やカラスに突かれて、気づいたらライフを削られて負ける、という情けないオチが待っている
主に白と青に多く、それ故気がつくと白青飛行デッキができている、と言うのも珍しくない
なお、ブロック時のみ飛行に対応できるクリーチャーも居る
主に蜘蛛である。おそらく、蜘蛛の糸で絡め取る、と言うイメージなのだろう
先制攻撃
従者つきの騎士 白(2) クリーチャー 人間・騎士 2/2
先制攻撃
従者つきの騎士が戦場に出た時、白の1/1の兵士・トークン・クリーチャーを1体戦場に出す

戦闘のダメージ解決時、そのクリーチャーの攻撃が先に解決される
つまり、上記のクリーチャーをブロックする場合、3以上のタフネスを持たない限り、いかにパワーがあっても相手は破壊される
白や赤に多い能力
警戒
常備軍 白(2) クリーチャー 人間・兵士 1/4
警戒

攻撃に参加してもアンタップしない
つまり、そのクリーチャーが場に存在する限り、攻撃にもブロックにもいつまでも使える
これも白に多い。と言うか、種族・人間に多い
ギャザの世界では(でも?)人間はひ弱なので、とにかくこういう防衛能力で身を守っている、というイメージなのだ
マナ生成能力
ラノワールのエルフ 緑 クリーチャー エルフ ドルイド 1/1
ラノワールのエルフをタップする。貴方のマナプールに、緑マナを1加える

緑クリーチャーのお家芸 その1
他の色でも同様のカードはあるが、緑の場合はほとんどのエルフがこのタイプの能力を持ち、あっという間に場にエルフが集まって、マナを大量生成してくる
トランプル
踏みつけの仔 緑緑(3) クリーチャー ビースト 5/3
トランプル

緑クリーチャーのお家芸 その2
上記のクリーチャーの場合、タフネス4以下のクリーチャーでブロックした場合、余った分のパワーがプレイヤーに貫通する
パンプアップ
剛力化 緑(1) インスタント
クリーチャー1体を対象とする。
それはターン終了まで+4/+4の修正を受ける

緑クリーチャーのお家芸 その3
一定の条件を加えて、一時的にパワーアップする能力のこと。俗に『太らせる』
これも緑に多い。さっきのトランプルと組み合わされると、目も当てられないことになる
土地渡り
ラッシュウッドのドライアド 緑(1) クリーチャー ドライアド 2/1
森渡り

相手が、この『渡り』に対応した土地をコントロールしている場合、渡りを持つクリーチャーをブロックできない
例えば、島をコントロールしているプレイヤーに対し、島渡りを持つクリーチャーで攻撃した時、他のいかなるクリーチャーでもブロックはできない
飛行と違って、同じ渡りタイプが居てもブロックできないため、非常に厄介
速攻
狡猾な花火魔道士 赤(2) クリーチャー 人間・シャーマン 0/1
速攻
このクリーチャーをタップした時、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。狡猾な花火魔道士はそれに1点のダメージを与える

召喚酔いのペナルティ無しに場に出て、即戦闘に参加できる能力のこと
つまりこの狡猾な花火魔道士は、プレイしていきなり1点ダメージを生み出せるわけである
呪禁
原初の狩猟獣 緑(3) クリーチャー ビースト3/3
呪禁

相手が操作する、いかなるスペルの対象にもならない能力
ただし、「その」という対象語を持たない呪文の対象にはなる(例:神の怒り)
アップキープコスト
奈落の王 黒黒黒(4) クリーチャー デーモン 7/7
飛行、トランプル
あなたのアップキープの開始時に、奈落の王以外のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。できない場合、奈落の王はあなたに7点のダメージを与える

日本語で言うと維持コスト
主に黒と赤の強力なクリーチャーに多いデスペナルティで、よく考えてプレイしないと自爆しかねない部分がある
壁(クリーチャー)
これはクリーチャーを配置して「壁」と称するのでは無く、その物ズバリ「壁」という種類のクリーチャーが居るのである
石の壁 赤赤(1) クリーチャー 壁 0/8
防衛(このクリーチャーは攻撃できない。)

これにどんな意味があるのか・・・それはギャザ世界でも長いこと議論の的である
単に高タフネスのクリーチャーを配置した方がいいのではないか、という尤もな意見があり、数はそれほど多くない
ただし、次のようなエンチャントが使われた場合、話が変わる
動く壁 (白) エンチャント オーラ
エンチャント(壁(Wall))
エンチャントされている壁は、それが防衛を持たないかのように攻撃できる

つまり、壁が動く。簡単に言うとぬりかべの誕生である
これにパンプアップのエンチャントを付ければ、破壊しづらいクリーチャーの誕生である
ただし・・・そこまでする必要があるのか、という非常に耳の痛いツッコみもあり、メジャーでは無い
シンシア「続いては、プレイング用語とか俗語ね」
軽い
または安い
マナコストが少ないカードのこと。その分、威力は控えめ
こう言った軽いクリーチャーを集め、高速で場を固めて殴るデッキを、所謂ウィニーという
重い
マナコストが多いカードのこと。もちろん頼りになるカードが多いが、そのマナをいかに用意するかが問題
そのために緑が重宝される
殴る
戦闘のこと
例:「このシヴ山のドラゴンで、セラ天殴るわ」
対象をとる
恐怖 黒(1) インスタント
アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない

ここで言う「それ」が「対象」にあたる。この場合は、白・青・赤・緑のクリーチャーを指す
プレイヤーは、「なに」を「それ」にするのか、明確に発言しなければならない。これを『宣言』という
また、このような対象を取る呪文は、呪禁の対象となるので、呪禁持ちには通じない
破壊する
または「破壊される」
ギャザにおいて場に存在できなくなったカードは、破壊されて墓地に行く
故に、クリーチャー同士が戦闘で死亡した場合、それは「破壊」されたと表現される
墓地へ行く
俗に「埋める」
使い終わったカードを貯める場所を墓地と言う(逆に、まだ使ってないカードの山はライブラリという)
黒のカードは、この墓地にあるカードを再利用する事に長けている
例として↓
ネクロエイトグ 黒黒(1) クリーチャー エイトグ 1/2
あなたの墓地の一番上のクリーチャー・カードを1枚追放する:ネクロエイトグはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける

追放する
天使の布告 白(4) ソーサリー
クリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それを追放する。

通常は墓地に蓄積するカードだが、この追放の効果を受けた場合、場自体から外される
故に原則、ゲームに戻ってくることはない
生け贄に捧げる
飢えへの貢ぎ物 黒(2) インスタント
対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体を生け贄に捧げる。
貴方はそのクリーチャーのタフネスに等しいライフを得る

黒のお家芸 その1。生け贄=Sacrificeをもじって、プレイ時は"サクる"という
例:「このゾンビサクって、黒マナ3を加えるね」
拾ってくる
再活性 黒 ソーサリー
墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。あなたは、その点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う

黒のお家芸 その2。墓地からクリーチャーなりアーティファクトなり、必要なカードを取り戻してくる能力
青にもあるが、どちらかと言うと、デスペナルティ付きで黒カードとして大量に存在する
焼く
ショック 赤 インスタント
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える

赤のお家芸 その1。クリーチャーなりプレイヤーなりに、炎のダメージを与える時に「焼く」と表現する
例:「じゃあここで6マナ払って、そのクリーチャー焼くね」
投げる
ゴブリンの砲撃 赤(1)エンチャント
クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゴブリンの砲撃はそれに1点のダメージを与える

赤のお家芸 その2。クリーチャーを生け贄に捧げてダメージを与えているが、その様がどう見ても、「生け贄に捧げたクリーチャーをぶっ飛ばして弾丸にしている」ようにしか捉えられないため、このような攻撃のことを投げると言うようになった
なお、投げられたクリーチャーは墓地に行くだけなので、もう一度引っ張ってきて弾丸にすることが可能
故に気づくと黒赤ぶん投げデッキができていることが多い
喰わせる
先ほどの「ネクロエイトグ」のように、カードを生け贄に捧げることで太らせるとき、俗にこのように呼称する
ちなみに、エイトグとは種族名であり、このエイトグと付くクリーチャーは、基本全員が何らかの形で何かを「喰う」ことでパンプアップする
カウンターをを乗せる
森林地の先達 緑(1) クリーチャー 人間・スカウト 1/1
森林地の先達が場に出た時、クリーチャー1体を対象とし、その上に+1/+1カウンターを乗せる

対象のクリーチャーに対して、何らかの補正がかかっていることを現す場合に用いる
カウンターは何でも良く、主にビー玉かサイコロが用いられる
例:「こいつ、+2/+1補正かかってるから」(と宣言し、ビー玉を3個置く→パワーカウンターとして2個、タフネスカウンターとして1個を乗せる
トークンを出す
霊廟の護衛 白(3) クリーチャー 人間・スカウト 2/2
霊廟の護衛が死亡した時、飛行を持つ白のスピリット・トークン・クリーチャーを2体戦場に出す

実際のクリーチャーカードとは別個であるが、クリーチャーとして扱う「モノ」を場に出す
これは何でも良いが
「スピリット」と書かれた紙を、カードスリーブに入れて出す
使ってないコモンカードを裏にして、ビー玉を乗せる
該当カードのコピー(白黒に限る)をカードスリーブに入れ、トークンとして宣言する

・・・等の方法がある。この辺りは、対戦するプレイヤーと同意が取れれば、どのような形でも良い
サーチする
または「引っ張ってくる」
ゴブリンの女看守 赤(2) クリーチャー ゴブリン 1/1
ゴブリンの女看守が戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーからゴブリン(Goblin)・カードを1枚探し、そのカードを公開してあなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す

デッキのコンボパーツを持ち込んで来るために必須のプレイング
各色にあるが、特に青ではカードサーチが、緑では土地サーチが豊富である

ルリ「大変です。リュウセイさんが息をしていません
チーフ「衛生兵!衛生兵はどこぞ!!」
マサキ「俺も頭痛が・・・」
フェイ・イェン「フェイの戦闘ルーチン壊れちゃいそう」

シャア「困ったな。まだ全くと言っていいほど話は終わっていないのだが」
アムロ「と言うより、6割から7割は削って話してるんだけどな」
ゲイナー「はーい、先生。一人だけ、舌なめずりしてる人が居まーす

ルルーシュ「ほうほう、墓地活用に火力、ふむ、面白い・・・」メモメモ
シャア(やはり黒と赤に走ったか)
アムロ(黒赤と赤黒、どっちになるんだか・・・)

護「もうちょっとだけ続くよ!」
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering - ジャンル : ゲーム

2014/08/14 12:04 | 【MTG2015】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

クズハ「リュウセイが倒れた?じゃあこれでも飲ませて」←アニメ設定では幼馴染でしたね。
彼女はアンジュにポンと水筒を渡す。
アンジュ「これ飲ませてもいいの?」
クズハ「だってゲーム脳でも彼は格闘ゲームだし……それでPTのパイロットにされたんだし」


その後リュウセイの口から何かが出てAEDのお世話になる羽目になる事を知らないクズハである。


No:4786 2014/08/14 14:08 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

目からビーム★

ビーム出すだけならかわいいもんですよ。
その気になれば、爆弾やら魔法やら……(おーこわい

うちのゆいゆいさんはもうorzでしょう、うん。

ビックサイズの貫通怖いです。
あと、ギャザにはロマンカードというのはないんですかね?
「~すると勝利する」「~すると敗北する」、とか。

No:4788 2014/08/15 11:50 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |