スパロボ学園ゲーム同好会『Magic The Gathering』の巻【5】

ジュドー「んで、たまったストレスって何よ(ズズズ」
黒ヒイロ「悪堕ちしたし、一回死んだし、ヤンデレになったし、最終的には魔王になったし・・・(グビグビ」
ジュドー「うん、要するに、三次元人へのやり場のない怒り、ってわけね(もぐもぐ」
黒ヒイロ「ああ。おかげで理不尽を解消したいと思うあまり、俺にとって完全な真逆なキャラクターが生まれてしまった」
黒いカピバラさん(通称 黒かぴ)のスペック
大きさ:いわゆる仔かぴサイズ(20cm程度)
知能レベル:幼稚園児並。よって基本道徳がなってない。しかし「可愛いは正義」は理解している
性格:我が儘、かまってちゃん、寂しがり屋、悪戯好き
能力:なぜか錬成能力があり、何も無いところから爆弾を生み出したり、勝手にサイズが変わったりする
目からビームを放ち、空を飛び、テレポートし・・・とりあえず何でもアリ
なんでカピバラさんなの?:黒ヒイロの管理人の趣味

ジュドー「うん、完全に『本能の赴くままに』を体現してるね(もぐもぐ」
黒ヒイロ「何も言えない・・・ところで、なんでいつの間にか俺たちは、こうして部屋の中でお茶会を開いてるんだ」
黒かぴ「きゅきゅ、きゅっ(ぱくぱく」
ジュドー「別にいいんじゃないってさ。俺もそう思う」
黒ヒイロ「意思疎通してる!?」


トライア「何事かと来てみれば、知恵熱かい。世話の焼けるエースさんだね」
リュウセイ「げ、解熱剤・・・」(へろへろ
クスハ「リュウセイ君、大丈夫?倒れたって聞いて、急いで栄養剤を」
リュウセイ「今治った!完全に治った!!
フェイ・イェン「えっ、フェイまだオーバーヒートしてるよ!?」
クスハ「え、でもせっかく・・・」
トライア「ああ、少尉。ちょうど良かった。その特製の栄養剤、どう人に効くのか調査してみたかったんだ。さ、アタシのラボで研究しようか。行くよ」スタスタ
クスハ「え、え、ええ?ちょっと博士!」ぱたぱた

シャア(やるな、ドクター・トライア!)
マサキ(すげぇよ、オキツネ博士!!)
リュウセイ(俺、当分頭上がらねぇ・・・)

ハッター「一方こちらは!」
ルルーシュ「ああ、キリコか。悪いが、しばらく身を隠せる場所を探してくれないか。理由は聞かないでくれ」
キリコ『聞く気も無い』
ルルーシュ「・・・そうか」(´・ω・`)


シャア「さて、雑学の時間の続き
今回はどちらかと言うと、MTGの歴史というか、ベースの物語についてだな」
ゲイナー「カードに能力の説明以外に、書体が違う形で『お話』が書いてあるんだ。これはフレーバーテキストって言うんだけど、MTGの世界で起っていることや、格言なんかが書いてあるんだよ。これらを読み合わせると、世界観が分かってくる感じになってるわけ」
シャア「MTGの世界は、基本的にドミナリアと言う『惑星』を中心とした、数多くの並行世界を巻き込んで進む多元世界物語だ。これらの並行世界を『プレイン』と称する。様々な世界観が設定されているが、それについて全ては説明しきれん。とりあえず、多元宇宙であることだけ覚えておけばいい」

アムロ「さて、種族、というかクリーチャーの分類について説明してくれ、シャア」
シャア「ああ。まずは次のカードの説明文を見てもらおう」
洞窟のハーピー 青黒 クリーチャー ハーピー ビースト
シャア「クリーチャーの後に、『ハーピー』と『ビースト』と続いている。
これは種族として、"このクリーチャーはハーピーであり、ビーストである"という意味を持つ
なんのための記述かというと、前回紹介した『カードサーチ』や『対象を取る』場合、明確に種族を区切っている場合があり、その時に重要になるものなのだ。これをサブタイプという」
ゲイナー「だから、デッキを組む時にはこのサブタイプをしっかり意識して、望む動きができるように見直しが何度も必要なんだよ」
シンシア「プレイする時もね。相手が提示してきたスペルが、自分のどのクリーチャーに影響を与えるか、とかをしっかり見ないといけないの」
アムロ「そういう意味では、本当にウィザーズ社公認のジャッジは偉大だと思うよ」
シャア「ジャッジ同士で見解の違いからよく議論になるがな」

人間(ヒト)
どの世界にも居る。ウジャウジャ居る。平民から支配者までいっぱい居る。普通の人から大魔道士までたくさん居る。善人も悪人も居る
それにもし、ヒトというモノを『言語によって意思疎通できるモノ』と定義すると、我々が言うところの人類以外もいっぱい居る
エルフをはじめとして、猫人間・獅子頭の種族・マーフォーク・鳥人間・・・と様々
お互い決して仲がいいわけでは無いが、色々あってとある時期だけ全員一丸になったことがある(後述
ゴブリン・トロール・オーク
所謂亜人類と呼ばれる者達。基本赤か緑
これもどの世界にもいっぱい居る。ウジャウジャ居る。特にゴブリンがすごくいっぱい居る
基本的に、ヒトよりは知能が低く、代わりに体力や数で勝っている場合が多い
巨人・オーガ
主に赤に多い種族で、完全パワーファイター
マナコストが非常に重たいが、その分出てくると殴られたら超痛い
ただの力任せから、高貴な存在まで幅広い
植物・ツリーフォーク・ファンガス
ドミナリアでは植物も戦います
もちろんほとんど緑だが、沼に関連して黒のクリーチャーも居る
天使
ドミナリアにはなぜか天使がいっぱい居る
と言うか、セラという存在が、天界にも似た天使の世界を創ってるせいで、そこに天使が山のように居る
おかげで天使デッキが作れるぐらい。どのカードも重いけど
お察しの通りほぼ全員白
デーモン・吸血鬼・インプ・スケルトン・ゾンビ
主に黒と赤に存在する、一般的に言う魔物達。もちろんほぼ黒
この中では吸血鬼が一大勢力で、特にセンギア男爵(通称バロン)が有名。この人が居るだけで、吸血鬼が再生するので殺しづらくなる
と言ってもバロンのカードはかなりのヴィンテージなので、持ってるデュエリスト自体が珍しいが・・・
スピリット・イリュージョン
所謂幽霊や精霊と言った存在
ほとんどの場合飛行を持ち、場合によっては隠れる能力(フェイズアウト)を持っている
主に青と白に多い
ビースト
文字通り獣だが、この場合は野生動物を指す事が多い
クリーチャータイプとしてビーストと定義される以外に、サブタイプとして昆虫・蛇・イカ・猫・蟹etc.が定義される
各色万遍なく居るが、緑と白が多い
カードサーチする場合、『猫と書かれているカードを』とか、『蛇と書かれているカードを』、などと限定用語であるパターンがあるので、要注意
ドラゴン・ドレイク・ワイバーン
空を飛ぶ竜族全般を指す
ドラゴンは赤に、ドレイクやワイバーンは青に多い
特に赤の『シヴ山のドラゴン』が有名。かつてのスターターにおいては、彼(?)の勇姿が表紙を飾っていた
なおカードサーチする場合、ドラゴンとドレイクは違うので要注意
ワーム
竜の一種とされる場合が多いが、ギャザの場合は『緑で、手と翼のない地上性ドラゴン』である
大抵の場合、パンプアップとトランプルを持っている
グリフィン・スフィンクス・ペガサスetc.
地球だと架空の幻想生物だが、ドミナリアにはやっぱりこいつらが山のように居る
場合によってはテーマデッキを作れるほど
特にペガサスは『メサ』という聖地を持ち、この特殊地形からはタップすると、1/1ペガサストークンが沸いて出る
もちろんペガサスなので飛行持ち。こうして沸いて出たペガサストークンでぶん殴るデッキがある
グリフィンも『グリフィンの渓谷』という聖地があり、グリフィン全体に補正がかかるため、グリフィンデッキを作れた
ほとんど白か赤
ゴーレム
魔力仕掛けの人形
ほぼ全てアーティファクトであるが、稀に黒や白にも居る
多相の戦士
青クリーチャーで、場に出た時に指定したクリーチャーカードの複製になる性質を持つ。そのため、手札内ではいかなるクリーチャータイプでもない、という特異な部分があり、カードサーチと相性がやや悪い
ただこのコピー能力と、『場に出た時に』という瞬間をいかに利用するか、が青使いの腕の見せ所
なお、コピーカードとしてはトークンを活用するか、コピー先のカードを白黒コピーしたものを、多相の戦士の上に被せるなどの方法を採ると良い
スリヴァー
ドミナリアに生息する、女王や首領を中心に行動する群体生物
スリーバーは各色に存在し、個々の能力が他のスリーバーに影響し合う性質がある
中でも最悪最強のスリヴァーとして、『水晶スリヴァー』が名高い。こいつが1体場に居るだけで、全てのスリヴァーが呪文の対象でなくなる。なにこれこわい
外見は虫のような植物のような、奇っ怪な姿をしている
ぶっちゃけヴァジュラの元ネタかも知れない
ファイレクシア人
ファイレクシアというプレインに所属する存在
ファイレクシアはMTGの世界において、堕落・腐敗・混沌・悪意の全てを包括した、まさに悪の温床である
何もかもが人工的に作られた世界で、常に他のプレインを侵略のために狙っている
このファイレクシアの侵攻に対応するため、ある時期ドミナリアの全てが一丸となって、大反攻作戦を敷いたことがある
その結果は・・・いろいろあって、ファイレクシアは一応滅びたが、ドミナリアも大混乱に陥っている(現在進行形
神河(かみがわ)
MTGの世界では異色の、日本っぽいプレイン
ダイミョーっぽいヒトやサムラーイっぽいヒトがいて、セイレーイ(八百の神)が居る・・・が
あくまで日本っぽいだけで、中身はどう見ても『西洋から見た何か間違った日本』である
ただ、この世界独特のルーリングが結構あるので、予習必須
余談であるが、あっちの人からすると、"かみがわ"と"かながわ"の発音区別が付かないらしい
レジェンド
各種族に居る『伝説になるほど偉大な存在』をレジェンドという
人間のレジェンドも居れば、グリフィンのレジェンド、マーフォークのレジェンドも居る。土地もレジェンドがある
デュエル上では、『一人のコントローラは、同名のレジェンドを1名以上操作できない』、というレジェンドルールがある
カードとしては強力な技能を持ち、奇跡にも似た結果を残す事ができるが、それでも彼らはほとんどが定命の存在であり、自らが生まれ育った世界で戦い、偉業を残し、そして死ぬ
プレインズウォーカー
MTGの世界において、最高最強の力を持つ者達の総称
その名の通り『次元を渡る者』。世界の壁を乗り越えて活動することができ、不老不死であり、強大な力を持つ
首を切られたくらいじゃ死なない。さらには、自分用のプレインを創り出すものさえ居る
先に挙げたセラもプレインズウォーカーである
デュエル上では、『あるデュエルの中で、同名のプレインズウォーカーは1名しか存在できない』という、プレインズウォーカールールがある。よって、後出しじゃんけんである。ただ、場に出るのが相当重いけど
ストーリー的には、主にレジェンドから進化する場合が多く、何らかのきっかけを受けた存在が『覚醒』することで、プレインズウォーカーの称号と力を得る
・・・で、こう言った高位存在になったことで、自分に対して自重する者と、調子に乗る奴とが居る
残念なことに、調子に乗る連中の方が圧倒的に多い。勝手気ままに次元を旅して、貴重なアーティファクトを蒐集してたら、ヤバい封印解いちゃったとかありがち
と言うかプレインズウォーカーは、百年千年単位で生きるせいか、頭のねじが数本抜けてるんじゃないか?と思える連中ばかりである
アムロ「MTGの世界で何か問題が起きる時は、ほとんど全てレジェンドかプレインズウォーカーのせいだ。間違いなく」
シャア「特にウルザというプレインズウォーカーが有名、かつかつてのMTGの世界の基礎を作っていた。今は既に亡き者だが、彼の行動したことが、今のドミナリアの結果と言っても過言では無い」
ウルザ
MTG黎明期から存在した、超有名なプレインズウォーカー。軽く千年は生きたはず
偉大な魔道士であり、探求者であり、発明家である
彼が作り出したアーティファクトは数知れず。その最高傑作は、ゴーレムの『カーン』である。何せカーンはウルザの死後、その力を受け継いで自らプレインズウォーカーになってしまったから
ただウルザは偉業だけでなく、負の遺産も数多く残している
と言うのも、ウルザはミシュラと言う弟が居たのだが、紆余曲折あって互いの意見の対立から、ドミナリアの多くの国家を巻き込んだ大戦争(兄弟戦争)を引き起こし、ドミナリアの各地に再起不能な傷を残した
更にはミシュラとの喧嘩の原因が、ファイレクシアにあると知るや、ファイレクシア次元への復讐を画策し、それを正義の戦いと信じて邁進し出す。この過程で多くの英雄を育て、沢山のアーティファクトを作出した
しかしこのファイレクシアへの復讐、半ば逆恨みだったから、巻き込まれたレジェンド達は不運極まりない
最終的には、多大な犠牲を払ってファイレクシアを葬ることには成功したが、その頃彼は長きにわたる生を終えていた
ゲイナー「ウルザの話だけで、ギャザのストーリーの1/3は軽く終わるからねー・・・」
シンシア「後にも先にも、プレインズウォーカーの名前を冠した、独立エキスパンションがあるのってウルザだけじゃない?」

マサキ「プレインズウォーカーってのは、イメージ的にはギリアム少佐みたいなのでいいのか?」
リュウセイ「それか、イングラム教官やクヴォレー辺りか」
アムロ「能力的にはな。役割や使命を持った者・・・と言う部分は当てはまらないが」
アムロ「では、今回のラストはお葉書コーナーと行こう。まずはYF-19Kさんから
『このゲームは紳士でないとプレイできませんね』
シャア「まぁ、な。ウィザーズ社もデュエリストには、『紳士たれ』という願いを持っているのは確かだ。卑怯、嘘、欺し、不正は以ての外。そう言った行為が明るみに出た場合、下手をすると公式デュエル追放という事もある
特にトレードでの不正取引については最も厳しい。妙な取引がないか、ネット上などは常にウィザーズ社が監視している、というもっぱらの噂だ」
ルルーシュ「質問だ。青カードの嫌がらせはいいのか」
シャア「あれはカードに書いてあるからいいのだ」
フェイ「正々堂々と嫌がらせって事?」
ゲイナー「うん、まぁそうなるかな」

アムロ「続いてはアーリィさんだ
『ルルーシュはマインドクラッシュ魔王のイメージ』・・・だそうだぞ、ルルーシュ」
ルルーシュ「ふ、俺を魔王と評するとは、分かっているでは無いか」キラーン
マサキ「お前・・・何をどう言われてるか、本当に分かってるか?」
護「キャベツ?
ルリ「そう、キャベツです」

アムロ「最後は漆黒の翼さんから
『ギャザにはロマンカードは無いのですか?』
シャア「あるぞ
ターン開始時に、手札にアルファベット26字が揃っていたら勝利できる、であるとか
チーズのカード以外が自分の場になければ勝てる、であるとか」
アムロ「どっちも冗談カードだろうが」
ゲイナー「ええとね、ギャザにはギャグエキスパンションがあってね・・・アングルードとアンビシドって言うんだけど」
シンシア「鶏の声真似をしろ、相手にジュースを買いに行かせる、韻を踏んで話せ、デニムの服を着ている場合にブロックできないクリーチャー・・・無茶苦茶だよね」
アムロ「挙げ句には、『カードを破れ』というルールもあったな。噂では、本気で破りまくった奴が、アメリカには居ると言う話だが」
ルルーシュ「では、基本的には一発で勝てるカードというのは無いのか」
シャア「いや、すまなかった。あるにはある。ターン開始時に200枚のライブラリがあるか、戦場に20体のクリーチャーを出しているか・・・等、そこそこ条件は厳しいがな
ただ、こう言ったカードでデュエルを完了するのは、ある意味邪道と言う考えを持つ輩も多い」
ルリ「では、どのような勝利が最も望まれるのでしょう」
アムロ「所謂コンボを決めた時だな。デッキの中にパーツを仕込み、それをいかに綺麗に集めて、手早く処理し、相手に妨害されずに流れを決めるか・・・という感じだ」
ルルーシュ「自らの手を相手に読ませず、戦略での勝利を華麗に決めてみせること・・・か」
マサキ「完全にお前向きだな」
ルルーシュ「褒め言葉と受け取っておこう」

シャア「それにしても、そうかBlack Lotus 30万か・・・それでもおそらく、2,3回使用しているものだろうな」
アムロ「しかし分かってるじゃないか、その店は」
シャア「ああ、余程のスタッフでなければ、そもそも仕入れないし売らんだろう」
ルルーシュ「・・・」
護「あ、今欲しいと思ってるよね、ルルーシュ兄ちゃん?」
ルルーシュ「ふ、何を言う。俺にそんな資金があるわけ」
チーフ「おお、ルルーシュ・ランペルージ君。今そこで、ナナリー殿がこの封筒を」
ルルーシュ「わーわーわー(汗」

リュウセイ「妹にたかった!」
ハッター「それを隠した!」
フェイ・イェン「さいてー、さいてー」
ルルーシュ「黙れ!勝てば良いのだッ!!

ゲイナー「どこのジョジョキャラだよ」
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering - ジャンル : ゲーム

2014/08/16 10:14 | 【MTG2015】COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

クスハの栄養剤はパルプンテです(DQ一筋な私)


勘違いする文化


クズハ「でも日本人も勘違いしている西洋文化ってあると思うけどねぇ」
リュウセイ「スライムもそうだし」
アルト「FCで名を馳せた某RPGのバブルスライムが”本来のスライム”の定義になっていると言うあれか?」
クズハ「意外とそっち方面も詳しいのですね」
アルト「MTGは気分転換に義兄がしていたよ……目が開いた時には地獄を見た」
イサム「俺も学生時代はガルトとしてな、学食の食券かけてミュンに怒られたよ」
ボビー「あら~~懐かしい、私も学生時代はこれで少しは名が知れたのよ」
アルト「“ダルメシアンハイスクールの黒い悪魔”って……」


世の中真実を明かさない方が幸せな時もある。

No:4789 2014/08/16 17:31 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

キャベツなルルーシュも好きですよ?(目を逸らし

某友達パークの最後のダーツでMTGを景品にした格闘家が居たのを思い出しました。
確かあの人、最初はアルファ版「パワー9」全カードの美品を要求していたけど「車より高い」と言われて《Black Lotus》, 《Ancestral Recall》にしたとか(それでも当時で10万はしたそうですが)。
結局取れなかったんですよね。持ち主と交渉して手に入れたとかありましたが。当たってたら視聴者プレゼントされてたとかある意味怖いです。気軽過ぎますよ(gkbr

No:4790 2014/08/16 19:16 | アーリィ #rGBmXYgI URL [ 編集 ]

黒かぴ誕生の戦犯は自分です…

今日実家から本州に戻りましたよ、と。

黒いかぴは…うん、自分がカピバラさん大好きだから出てきちゃったんですよね。

ジョークカードは(旧の)ガンダムウォーにもありましたね。勿論公式大会では使用禁止でしたが。裏面の色も違ってましたし。
「このカードがセットされているユニットのイラストを赤く塗りつぶす。さらに、つのを描き足す事ができる。」とか、
「全てのプレイヤーは、全ての発言を「ニャー」に変更しなくてはいけない。 」とか(はい?

No:4791 2014/08/16 20:38 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

夏休みが終わる

YF-19Kさん>
クルハ汁で生還したのって、レーツェルさんだけだったような
大抵のメンバーは、アレので死んでますよね・・・?
そしてマクロスメンバー、MTGやってたのかいw
早乙女の兄さん怖い怖い

アーリィさん>
その逸話は聞いたことがあります
芸能人でもデュエリストは居るんですね、と言うのがまず素直な感想
後は、それの価値が視聴者に分かったのか?と言うのが突っ込みたい内容w

漆黒の翼さん>
>「全てのプレイヤーは、全ての発言を「ニャー」に変更しなくてはいけない。 」
ええと、プレイ成立するのですか、それw

No:4792 2014/08/17 09:55 | あるす #- URL [ 編集 ]

アルドノア.ドリフターズ?

あるすさん>


返信どうもです。


早乙女一門の場合はタイアップ企画がきっかけと言う事で……義兄の目が開く時にはまだまだお子様だったアルトは逃げ出さないと漏らすので(マテ


イサムとガルトは学生時代、当然学食のチケットをかけていたと言う事で……ボビーの時もそうですが最も怖いのはアレ描写です。



今週のアルドノア.ゼロ


キラ「種子島に隠しドック」
アスラン「しかも十五年前の事件の物証があった」
アムロ「更に宇宙戦艦」
シャア「凄いのが今回の敵が全くそれを知らなかった(最も地球側の軍人さん達も知らなかったが)……これが脳筋バカキャラなら分かるが美しい女性騎士が」
ギャサリン「これならまだメガノイドがマシに見えますな」←万丈の執事さんです。



凄いのが今回の火星カタクラフトは某スパロボ同様に拳に変形して飛びまわると言う最後の手段……最も登場した謎の戦艦によりダイタロスアタック(と言うか轢かれた)されて止めに工作員の生き残りが操縦するカタクラフトの銃弾で……。


甲児「ジェットスクランダーは衝撃!Z版」
凱「機械原種にこんな奴が居たなぁ」



スレイン「普通は共闘後は打ち落とさないですよね!」
伊奈帆「ガンダムのパイロットの様に甘くは無い」

No:4793 2014/08/17 21:26 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |