スパロボ学園ゲーム同好会『Magic The Gathering』の巻【6】

ジュドー「それで、あの子、これからどうすんの?」
黒ヒイロ「できれば、あまり表に出したくなかったんだが」
ジュドー「いや~、いつかはバレるし、この際正直にさあ」
あーだこーだ どーだそーだ
黒かぴ(暇きゅ)とことこ
ボン太君「ふもっ?」
黒かぴ「きゅ?」
ボン太君「ふも・・・ふもも?」(首をかくん
黒かぴ「きゅう!」(巨大化の魔法!
ボン太君「ふもっ!!??」
黒かぴ「きゅーっ!」(体当たり~
ぼかすか ばかすか
黒ヒイロ「なんだ、何事だ?」
ジュドー「うわっちゃあ、ボン太君押しつぶされてるよ」
黒かぴ「きゅっきゅきゅ~!」(マスコットはかぴだけで充分なの~!
黒ヒイロ「ええい、これだから・・・魔法封じの籠だ!」
黒かぴ「うきゅっ!?」(鳥かごにぽん
ジュドー「おーい、大丈夫、中の人?宗介さん?ウチのヒイロ?まさかのまさかでキリコさんとか?」
ぱか
「「・・・あ」」


スパロボ学園ゲーム同好会 部室
ガラッ!
アルト「おい、ルルーシュはどこだ!」
ゲイナー「あれ、どうしたのアルト。血相変えて」
アルト「どうしたも何も、アイツが演劇部を抜けたせいで、今度は俺に白羽の矢が立って、いい迷惑してるんだよ!」
リュウセイ「なんでまたお前が狙われるんだ?」
アルト「何でも、美男子が美少女に化ける演技をやる予定だったが、その代わりになるのが俺しか居ない、なんて言われて毎日スカウトされてんだよ。勘弁してくれ!」
マサキ「それ以前に、なんだその芝居」
アルト「俺が知るか!いいから、ルルーシュを出してくれ!!」
シンシア「そう言えばルルーシュ、今日は来てないね」

ジュドー「あのー、すみません」
黒ヒイロ「そのルルーシュを宅配便しに来たんだが」
ルルーシュ@ボン太君 へんじがない ただのしかばねのようだ
フェイ・イェン「あれー、ルルーシュ君、なんでそんなのの中入ってんの?かわいー」
リュウセイ「・・・もしかして、キリコが提示した隠れ家って・・・」
ゲイナー「ボン太君の中・・・だったんだ」
シンシア「で、それよりもさ、その籠の中でジタバタしてる小動物は何なの?黒ヒイロ」
黒かぴ「きゅーきゅー」(出してー
黒ヒイロ「・・・いろいろあってな・・・」
チーフ「いろいろ、か」
護「いろいろ、なんだ」


シャア「今回はデッキの組み方を話そうと思ったが、その前にそれをどうするかだな」
アムロ「とりあえず、学園長には言っておいた方がいいだろうな」
ジュドー「そうでしょ、そうでしょー」
黒かぴ「・・・きゅ」
黒ヒイロ(嫌に大人しいな。と言うか怯えている?)
黒かぴ(怖いきゅ・・・この人達、笑顔だけどオーラが怖いきゅ・・・)

アルト「なんだ、ギャザを始めたのが、今回の騒動の発端だったのか」
ゲイナー「えっ、アルト知ってるの?」
アルト「ああ。実家に居た頃義兄さんに、地球文化の一端として教えてもらったことがある」
リュウセイ「え?マクロス世界の地球文明って、2000年代初頭で途切れてるんだろ?」
ゲイナー「ギャザは1993年からあるんだけど」
マサキ「ほんっとに歴史があるんだな」
シンシア「それで、腕の方は?」
アルト「俺は表面的なことを習っただけさ。とても義兄さんにはな・・・」(目を反らす

シャア「と言うわけで、改めてデッキ構築について話していくぞ」
護「あれ、黒ヒイロ兄ちゃんは参加しないの」
黒ヒイロ「いろいろやることがあってな。今日は退出させてもらう」
黒かぴ「きゅ」(まだ帰りたくない ←護の頭の上に乗す
黒ヒイロ「知らないうちに馴染むな。ほら、行くぞ」
黒かぴ「きゅーきゅー(泣」
護「大丈夫だよ、黒ヒイロ兄ちゃん。この子は僕が預かっておくから、お仕事行ってきて」
黒ヒイロ「そ、そうか?・・・すまない、恩に着る。おい、護に悪さするんじゃないぞ」
黒かぴ「きゅ!」(大丈夫!!
黒ヒイロ(本当に大丈夫か?護に何かあったら、勇者ロボ軍団に光に還される・・・((;゜д゜)ガクガクブルブル)
アムロ「後で学園長の所にも行くんだぞ」
黒ヒイロ「了解した」ガラガラ ぴしゃん

フェイ・イェン「ジュドーは参加しないの?」
ジュドー「俺はテラリアのバイトしてるー」


シャア「さて、デッキの組み方だが・・・先に断っておくと、実際の組み方は非常に厳密に決まっていて、今日話すのはベースの考え方だけだと思って欲しい」
ルルーシュ「それはなぜだ?」
シャア「『カードの資産差』の問題だ。先ほどゲイナー君が言ったとおり、ギャザの初版であるアルファ版が出てから、既に21年が経過している。この中で数千枚のカードが世に出たが、全てのギャザリストがそれらのカードに触れられるわけではないのは、分かるな?」
マサキ「単純に言えば、前に教えてもらった禁止カードもあれば、もう売ってないセットもあるもんな」
ルルーシュ「つまり、どの段階から参加したものであっても、それなりにプレイできるための仕組みが有るのか」
シャア「それ故の細かいルールを、今話してもページも無駄だ。デッキを組む考え方だけを、まずは理解すればいい
通常のデッキが60枚で組まれるのは前に話したが、その中をどう構成するかが問題だ。基本的にはデッキの3割を土地、残りを他のパーマネントで組むのが理想、とされている
マサキ「土地20枚前後・・・多いのか少ないのかよくわからねぇな」
ゲイナー「そこはもう、やって馴れるしかない面もあるね。ただ、ギャザの世界は確率論で構成されてるから、そこを忘れないようにね。例えばどんなデュエルでも、最初の手札は7枚と決まっているから・・・」
ルルーシュ「土地が最初に1枚来る確率は、20/60=33%で且つその中で1/7だから・・・5%、か」
チーフ「さらに土地の種類が増えると、望んだ土地が来る確率はさらに下がることになる」
シンシア「その確率を上げるために土地を増やすか、他の方法で補うか、がまず大事なわけ」
マサキ「てことは、土地は一種類の方が良さそうに聞こえるんだけどよ」
シャア「もちろん構わん。ただ、ここから次に続くが、やりたいことによってマナの色を選ぶか、マナによってやりたいことを選ぶかによっても、話が変わってくる」
アムロ「単色は確かに回転が速い傾向が出るが、その分デッキの構成が透けて見える欠点もある」
シャア「色の傾向は以前話したとおりだからな。そういうわけだから、入門者は二色でデッキを組むのがいい
リュウセイ「格好で入るか、作戦で入るかって事か」
アムロ「さて、ここから先は、ゲイナーたちには釈迦に説法だな・・・そうだ。せっかく経験者が複数居るんだ。ドラフトでもやらないか」
ゲイナー「え、いきなり?」
アルト「大尉、なんで俺の肩も持ってるんですか・・・
アムロ「ルルーシュはこっちの方が向いてるだろう。シャア、もらっていくぞ」
シャア「構わん。私もそう思っていたところだ」

ルルーシュ「大尉、ドラフトとはどういうことだ」
アムロ「未開封の追加パック(ブースター)をその場で開けて、出てきた中身だけで勝負を挑む戦い方さ
これなら、ゲイナーとシンシアは構築済みの、自分用の環境が使えないハンデがあるので、初心者とブランク有りの二人を相手にするにはちょうどいいだろう?」
シンシア「理屈は分かるけど、ルルーシュ本当に大丈夫なの?」
ルルーシュ「ドラフトの詳細による。大尉、続けてくれ」
アムロ「これから、未開封のブースターパックを、一人につき三つ配布する。
まず1パック目を開けた段階で、1枚ピックアップする。そうしたら残りのカードを伏せて、時計回りで隣のプレイヤーに回す。回しきったら2パック目を開ける。ピックアップする方法は同じで、これを3パック目まで繰り返す
最終的集まったカードを元に、土地と合わせて40枚以上でデッキを組む
、というものだ」
ルルーシュ「その場の運に合わせて、デッキのパズルを組むのか」
アムロ「このブースター戦では二つのポイントがある
まずは、いかに自分に有利なカードをピックアップできるか
もう一つは、いかにハズレカードを他のプレイヤーに引かせるかだ」
ルルーシュ「ぴく」
アルト(今、すげー悪い顔した)
ゲイナー(したねー・・・て言うか、嗤ってるよ
アムロ「流れてきたカードを見た他のプレイヤーに、己の狙いをいかに読ませないか、ということだな
そのためにはワザと、相手に有利になりそうだが自分は使わないカードを、あえてピックアップすると言うのも構わない
そういう使わないカードは『サイドボード』とされて、取り替え用のカードとして控えになる

ルルーシュ「ぴくぴく」
シンシア(わー、ノってきた顔してる~)
アムロ「全ては、渡されたブースターの1枚目次第、って言う感じだ。君には、そういう実戦の方が分かりやすいだろう、ルルーシュ?」
ルルーシュ「ふははははは、分かっているではないか、アムロ大尉!」
アルト(ゼロになったよ)
アムロ「そういうと思っていた。と言うわけで」(ぽふ
ゼロ「・・・なんの真似だ、大尉?」
アムロ「万が一にもギアスを使わないように、封印しんたんだが、何か?」
ゼロ「そんなことはせん!」
アムロ「もう一つ言うと、君は顔に出やすいから、仮面をした方がいいと思ったんだが」
ゼロ「・・・・・・・・・・・・ご配慮、感謝する」
ゲイナー(あ、図星だったみたい)
アムロ「おっと、ドラフトをやるにも、部室にある土地だけでは足りないかも知れないな。ちょっと部屋から取ってくる」ぱたぱた
シンシア「じゃ、今のうちにドラフトしておこーよ」
アルト「なんで俺まで・・・」

ゲイナー「あれ、そう言えば大尉、引退したんじゃなかったんだっけ?」
護「そう言えばそう言ってたよね?」
黒かぴ「きゅきゅ?」
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering - ジャンル : ゲーム

2014/08/20 22:54 | 【MTG2015】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

美少年が美少女ですか……ロランの場合は伯爵、ティエリアはロックオン(二代目)が薔薇描写マッタナシよ(マテ)……今季のアニメでもすげぇのがあるんだよな。




アルト「俺が演劇に復帰したら真っ先にクォーターが困るからな」
アムロ「あ~~確かBLで大学中退したオペレーターがいたな、すげぇ天才の……」
シャア「後、ポン太君は暫くは遊園地に行かない方がいいな」
アムロ「ああ、フルメタの作者が手掛けている別作品にそっくりなキャラが出ているからな……この前太股からマスケット銃出した少女が勘違いして銃口突き付けてエライ騒ぎになったな」
キラ「何処の魔法少女ですか、ソレ」



“アルドノア ゼロ”がスパロボに参加したら


キラ「間違い無く巨大ロケットパンチ対決はあるね」
アスラン「怖いのは伊奈帆だ……あんな非常事態でも冷静で無表情なんて」←しかも姫様追っかけて来たスレインの機体を撃破しましたから。
アムロ「もはや普通の高校生ではないな」
シャア「何かしらの特殊な設定も出てもおかしくないぞ」



チェンバー「……デジャブを感じる」

No:4794 2014/08/21 08:09 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

ネタをいただきました

マクロスキャラのMTGネタ、美味しくいただきました
これからも少し使いますw

あと、美少年が美少女というのは、思いついたネタなので、大元は何もありませんw
強いて言うならパタリロなのかな・・・
これが判る人は、相当の漫画オタクだろうけど

No:4795 2014/08/21 22:35 | あるす #- URL [ 編集 ]

どこから魔法封じの篭をw

錬金か、錬金術で用意したのか、ゆいゆいさんw

あとアムロ大尉の件は、引退=カード全破棄ではないの自分は知ってるんで、直ぐ分かりました。
これでも、一応自分もカードゲーマー(@ガンダムウォー)なので…うん。
ゆいゆいさんとかせっさんとかのカードは無限くんしてますし。


ルルについては…、頭脳派だからね。仕方ないね。
でも、ボン太君だから少しは頑張って欲しかったかな?な??

No:4796 2014/08/21 22:57 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

あるすさん>


返信どうもです。


リュウセイの言う通り第一次星間戦争で地球全体が荒廃したんですが月面都市やスペースコロニーは全く被害が無い(今まで発表されたマクロス作品には被害が出た描写は無い)となってます。ただスペースコロニーがどの程度のレベルなのかは不明,メガロードが建造されたアポロ基地を察すると南アタリア島と同じかそれ以上の月面都市があったと推測できます。だから1999年以降のゲーム文化も……。


輝「そりゃあスペースコロニー出そうとしたらガンダムで出ているから没にした可能性がある。今ならそこら辺の配慮(=暗黙の了解)は無いと思うが」
甲児「エネルガーZと同じだな」
リュウセイ「……大変なんだな」
輝「(設定上)何時まで行方不明のままなんだろうな、メガロード01は……」

アムロ「海外のロボテックスもあるから大変なんだよな」
シャア「うむ、ガンダムも海外ではあんまりなぁ。だからガンダムBFはこの点は少し苦しいな」


程無くしてラルさんのあの技で吹き飛ばされるシャアとアムロである。

No:4797 2014/08/22 06:26 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |