スパロボ学園ゲーム同好会『Magic The Gathering』の巻【8】

スパロボ学園 学長室
ギリアム「と、いうことは、ここ数ヶ月に起きた、器物損壊事件と人身傷害については、全て君の仕業と言うことなのか」

ランド「自販機やら給食室やらの破壊で、50万Gは被害が出てるぜ」←用務員代表
黒かぴ「きゅきゅ(お腹すいてたけど、ハンバーガー叩いても出てこなかったの」
黒ヒイロ「だからって自販機を壊すな・・・orz」
黒かぴ「きゅっ、きゅー!(だって、ご飯くれないんだもん!!」
黒ヒイロ「いや、お前魔法生物だから、食事不要だろうが!」

イネス「主にウチのヒイロ君の治療費と、刹那君のノイローゼ対策で、15万Gは経費がかかってるわ」←保健室代表
黒かぴ「きゅっきゅ?(刹那のお部屋に遊びに行ってたの、なんかあったの?
ギリアム「最近、刹那が夜中に謎の声がする、と訴えていたのはこれか・・・」
黒ヒイロ「おまえはぁぁぁ(悶えている)
黒かぴ「きゅーきゅ(それにアイツ、ムカつくのムカつくの~!」
黒ヒイロ「そういうことをダイレクトに言うな!(滝汗」
黒かぴ「きゅーきゅっ(だって、嫉妬伝わるんだもん!」
黒ヒイロ「いや、だからってそれはやったらダメだろ!!」

クヴォレー「おい、一人漫才はそれくらいにしておけ」←黒ヒイロの付き添い
黒ヒイロ「一人漫才!?」
ランド「だってそれ、お前(の内面)だろ?」
イネス「てことは、同一存在よねぇ」
黒ヒイロ「orz」


シンシア「シャアせんせ~、また管理人がへぼプレイ上げてるよ」
シャア「もはや完全に運任せでは無いか。話にならん・・・」


スパロボ学園ゲーム同好会 部室

マサキ「デッキを作るのは良いけどよ、どんなカードがあるのか分からないと、作りようが無いんじゃないのか?」
リュウセイ「そーそー。隠しカードとかさ・・・」
シャア「MTGには、最近流行のシークレットカードというモノは無い
だいたい、新しいカードセットが出たならば、即座にリストが公開されるので、組みたい内容を考えるだけならすぐにできる
あとは・・・」
護「引き当てるかどうか、ってことだね」
シャア「そういうことだな。結局のところ、どういった買い方をしようが、当人の運次第だ。レアを多く得るために、スターターを買い集めるか、純粋に種類を揃えるためにブースターを買うか。さらに、少しでもモノが当る確率を増やすために、ボックス買いをかますか・・・それでも足りない分は、悲しいことだが実費で補うほか無い
こういう状況下において、異常に当りを引く人間と、異常に当らない人間とが居るのもまた、世の中の定めだ」
マサキ「ちなみに管理人は・・・?」
シャア「言うまでも無い。後者だ
リュウセイ「ですよねー(遠い目」

ハッター「一応説明しておこう!
MTGのスターターは、通常土地22枚、コモン26枚、アンコモン9枚、レアが3枚入っているぞ!」


シャア「それでも今は良い時代だ。発売と同時に、ほぼ全てのカードの解釈が一目で分かるからな」
ルリ「カードリストが公開されているのに、ですか?」
シャア「まぁこれは、日本という部分を加味した話になるが
ギャザは当然アメリカのゲームであるから、英語版が一番最初に刷られて販売される
他国版については、それから遅れること3~6ヶ月ほどして、ローカライズされて発売されることになる
そこは今も変わらないが、10年前と言えばそれほどインターネットなど発展していなかった。個人でwikiを持つなど考えられない話であったし、ましてウィザーズ社の日本語サイトもありはしなかった
それでもデュエリストはとりあえず、英語版から入る・・・」
ルリ「それしか無いから仕方ないですね」
シャア「いや、ここも悲しい話なのだが。英語版の方が、日本語版より安いのだ
マサキ「あ~・・・」
リュウセイ「お察しください、の世界だな」
シャア「ギャザのカード類が、それほどややこしい英語を使っていないのが幸いなのだが、それでも日本人にとっては大きな壁だ。日本人デュエリスト達はつたない英語力でカードを読み、ルールについてあれこれ議論し、ネット上の有志の掲示板で意見を交わし合ったものだ
最終的に、数ヶ月語に発売されるホビージャパンに載る『翻訳速報』までは、試行錯誤の繰り返しだ
なにせ種族スリヴァーなど、英語スペルだとSliverなので、『スレイバー』なのか『スリバー』なのか、意見が分かれていた、なんてこともある」
マサキ「へええ、ホビジャにギャザの情報なんて載ってたのか」
シャア「何を言う。かつてのギャザの販売代理店は、ホビージャパンであったのだぞ
リュウセイ「え、知らなかった!」
シャア「ギャザを使った漫画なども載っていたものだ・・・(しみじみ」
ルリ「だからですか。先ほどから大佐が、例として見せてくださるカードの山の中、言語がメチャクチャなの」
護「これは中国語で、これは・・・?」
ルリ「スペイン語ですね。こっちにはフランス語もありますよ」
シャア「大会などに出ていると、世界中のデュエリストと出逢う機会も多い。勢い、珍しい言語のカードをトレードしてしまうと言うわけだ」

ガラッ
アムロ「やあ、みんなお待たせ。これだけLand(土地のこと。馴れてるとみんなついLandと言ってしまう)があれば、4人ブースター戦しても足りるだろう」
シャア「・・・アムロ、貴様。引退したのでは無かったのか?」
アムロ「過去の思い出が力になることもある・・・って、貴様こそなんだ、その自慢げに広げてるカードの山は!」
シャア「認めたくないものだな。自分自身の、若さ故に犯した過ちを」
アムロ「誤魔化すなっ!」ガタッ
・・・からからん
護「なんか落ちたよ、先生」
シャア「・・・」←アムロからもらった『シヴ山のドラゴン』。デザイナーサイン入り&大事に硬質スレーブ入り
アムロ「・・・」←シャアからもらった『セラの天使』 以下同上

二人「さ、説明の続きをしようか!」

マサキ「ホントにこの二人は」
リュウセイ「どこまでも仲がいいことで」(生暖かい視線


アムロ「さ、土地を持ってきたぞ」
ゲイナー「大尉のLandも、例に漏れずいろんな言語ですね」
ゼロ「言語が違うモノを混ぜてもいいのか?」
アムロ「多国語版でも、裏面が同じだから別にいいのさ。ところで、今何パックまで終わってる?」
ゼロ「すまない。私がいろいろと考え事をしてしまって、1パック目が終わらん」
アムロ「そうか、まぁしかたない。ああ、そうそう、アルト。さっきそこで矢三郎さんに逢ったぞ」
アルト「はうっ!」(硬直
シンシア「どどど、どーしたの」
アルト「大尉、まさか俺が、ここで巻き込まれてること、義兄さんに言ったりしませんでしたよね!!」
アムロ「え?いや、なんかその話をしたら、矢三郎さんはとても嬉しそうな・・・」
アルト「うぎゃあああああああああああああ!!!」(卒倒
一同「アルトが壊れた!?」
アムロ「おい、大丈夫か?そんなに驚かなくても・・・」
アルト「大尉は!大尉は義兄さんの恐ろしさを、恐怖を知らないからそう言えるんですッ!!」
ゲイナー「ええ?あの大人しそうな・・・」
アルト「義兄さんはね、義兄さんはね・・・偽黒単使いなんだよぉぉぉ!!
シャア「なん・・・」
アムロ「・・・だと」


マサキ「なんだ、その偽・・・なんとかって」
シャア「単色デッキと見せかけて、実はその中に別の色のカードが少数混ぜてあり、相手の意表を突いて戦いを有利に進めると言うやり方・・だが」

アルト「そうですよ!義兄さんは、黒のウィニーに見せかけたデッキで、クリーチャーを揃えた途端に、『暗黒の儀式(インスタント クリーチャー1体を生け贄に捧げると、黒3マナが発生する』を使いまくって、黒マナを貯め込むんだ
そして、さり気なく出していた『水蓮の花びら(アーティファクト 生け贄に捧げることで好きな色のマナを出せる)』で、白マナを宣言したかと思うと、おもむろに『ハルマゲドン(白3 全てのクリーチャーを破壊する。それは再生できない)』を放つんだ!

マサキ「なんだよ、相打ち上等ってかぁ!?」
ゲイナー「いいや、違う!この場合、矢三郎さんは墓地に、クリーチャーを『避難』させていたんだ!!」
アルト「そうだよ!俺が全てのクリーチャーを失って愕然としているところに、おもむろに余ったマナで『動く死体(エンチャント 墓地からクリーチャーを戻してくる)』とか『再活性(インスタント ライフを払ってクリーチャーを墓地から戻してくる)』を使って戦場を整えて、無抵抗の俺をフルボッコするんだぁぁぁぁ!!
ゼロ「完璧だ。確かに優れたコンボだ。しかし・・・」
ルリ「最悪ですね。戦術としても、精神攻撃としても」
ブライ大帝「いくらワシでも、そこまでせんぞ!」
アムロ「なんでここに居いるんですか。隣の百鬼高校のブライ校長先生」
ブライ「いや、何か呼ばれた気がしてのう」

アルト「駄目だ!この事が義兄さんにバレた以上、俺は学園にさえ居られないっ!!
きっと義兄さんは今頃、デッキを掘り出して、俺の部屋の前で獲物を待っている。分かる、分かるぞ、俺にも敵が見える!!
護「アルト兄ちゃん、落ち着いて(汗」
ルリ「駄目ですね、目が逝っちゃってます」

アルト「おい、ルカか!どこか、限りなく遠く、時間のかかる、面倒な任務を回してくれッ!
なに、惑星ウロボロスに配達?構んもんか、あそこならリオン(=マクロス30の主人公)が居るから、理由をあれこれ言って居候かませる!!その任務を俺に寄越せぇぇぇ!!」(脱兎

護「・・・行っちゃった」
シャア「まぁ・・・アレは止められんな。偽単色デッキ使いなど、プロでも嫌がられる」
アムロ「悪いことをしてしまったようだ。無事に任務から帰って来れたら、何かおごってやらないと不味いな」

ゼロ「・・・で、このブースター戦の場はどうするのだ?」
シンシア「うーん。なんかどうにも締まらなくなっちゃったし、ここはお開・・・」

ガラッ
キョウスケ「その勝負、俺が買おう」
一同「!?」
ハッター「ちなみにさっきの偽黒単だが
アレは実際に管理人が、師匠にかまされたことのあるコンボ、だそうだ」
フェイ・イェン「超キッツいね」
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering - ジャンル : ゲーム

2014/08/27 21:30 | 【MTG2015】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

デッキの組み方には色々と流派があるそうで


……あ~~歌舞伎役者は職業上空気を読みますからねぇ、それなりにストレスが溜まる業界ですから、こんなデッキを組むんですな……最もその怖さをよく知るのはあるすさんだけではないと。これを幼少期にやられたアルトの心中を察します。



リオン「で、それで逃げて来たんですね。偽黒単使いは逸れゼントラーディ基幹艦隊に遭遇した様なもんですからねぇ……」
アルト「ああ、あれは本当に怖かった」
リオン「うちの支社長とここのハンターギルトのメイさんが偽黒単使いで……本当に毎回苦労しているんですよ、この前ロッドが真っ白けになった」
アルト「よく平気だな」
リオン「俺も色が違うけど同じやり方でするからね」
アルト「デュエルスタンバイって言う流れだよな……コレ」←そう言いつつもアルトはMyデッキを取り出す。



アンディ「何かアイシャの悲鳴が聞こえたが」
ダコスタ「SMSウルボロス支社長の方だと思いますよ」





バティ.コンプレップス 完結編PV公開


アルト「宇宙空間もOKか」
リュウセイ「よかった、TDDの様に無茶な改造する必要が出て来るかと思っていたよ」
マリュー「……とりあえずキラ君とフラガ少佐はカバーお願いします」
フラガ「あのなぁ、ドラグーンでカバーし切れると思うか」
キラ「アムロ大尉とシャア大佐のファンネル、出来ればハマーンさんとかのあれば可能ですよ、あの二機のカップリングシステム発動カバー出来ると」
スメラギ「そうね、トランザムでもいけかも」


No:4803 2014/08/28 00:33 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

あるすさん>


返信どうもです。やはり禁じ手って言うもんはあるんですね……。



白銀の意思 アルジェボルン


アルジェボルン「アランダスの悪夢と言う二つ名がつきました」


ウラキ「これで白い悪夢と付かなかっただけでもマシかもしれない」
キース「アムロ大尉のアレと被るからな」


ガンダム試作二号機(アムロ機)「ちっ、ツッコミにGP02Aのアレを借りて来たのに」
HI-ν「先輩、それは駄目ですよ」

No:4806 2014/08/29 00:17 | YF-19k(kyosuuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |