スパロボ学園ゲーム同好会『Magic The Gathering』の巻【12】

スパロボ学園 学長室前
黒ヒイロ「あ・・・学園長」←灰から復活した
ビアン「おお、黒ヒイロ君。かぴくんの件だがな」
黒かぴ「きゅうきゅ!」(あのね、かぴね・・・
刹那@ダブルオーライザー「見つけたぞ、世界の歪み!!」
ライザーソード ばっこーん!!
ハレルヤ「おらおらぁ、派手にかますぜぇぇぇ!」
ライル「狙い撃つぜ~!」
ティエリア「支援射撃、開始する」
ずがががん、ごごご、どどど、ばきばき、ぐっしゃーん!!
ランド「うぉら、やめねーか!学長室がぁぁぁ!!」
刹那「ハァハァハァハァ・・・や、やったか?」
ビアン「・・・・・・・・・ソレスタルビーイングの諸君?」
アレルヤ「・・・はっ!?は、はい、学長!」
ビアン「何があったかは知らないが、今ちょうど話がうまくまとまろうとしていたところで・・・」
ライル「あれ・・・なんか、やばくね?(汗」
ティエリア「な、なんだ・・・学長の背後に、何か見える(滝汗」
ビアン「この所業はなんなのか、説明してもらおうか!!」(指パッチン
スゴゴゴゴゴ
ソレスタ一同「げぇ、ヴァルシオン!?」

甲児「なんだー!?ヴァルシオンが、ガンダムを相手に大立ち回りしてるぞっ!?」
リューネ「ちょっと親父、なにしてんの!!」
ミサト「退避、全員、超特急で学舎に退避!!!!」

イネス「まぁ、見て皆さん。ソレスタルビーイングがゴミのようよ
クォヴレー「ビアン・ゾルダークを本気にさせると、どうなるか知らないわけでもないだろうに」

黒かぴ「きゅーきゅー(血涙」(それはいいから、ミンチ状態の本体、誰か助けてー
ギリアム「大丈夫だ。ミンチは数時間放っておけば、じきに復活する
黒かぴ「きゅ~~~~」(ひどいきゅ~~


シャア「読者諸君に説明しておくことがあった」
アムロ「なんだ、今更あらたまって」
シャア「今回のデュエル、説明しやすいように、かなりご都合主義でカードが回っている。
本来であれば、誰しも事故を起こすし、一方的にやられる場合も出てくる。
あくまで、カードの流れの一例としてみて欲しい」


スパロボ学園ゲーム同好会 部室

アムロ「さて、デュエルの続きを書く前に、管理人は土下座を」
管理人「はい。皆様大変申し訳ありませんでした。
前回の『サテュロスの道探し』の効果は、デッキの上から4枚をめくって、その中に土地があれば手札に入れて、後は墓地に捨てる、と言うモノなので、デッキの再シャッフルは必要ありません。その後に書こうとした『耕作』とこんがらがってました
ここに心からお詫び申し上げると共に・・・」
リュウセイ「お仕置きT-Linkナッコォ!!」
管理人「ひでぶ」


護「ねぇチーフ、今誰か居なかった?」
チーフ「護君。世の中には知らなくてもいいことがある」

ゲイナー「じゃあボクのターンね。カードドロー・・・」
シンシア(珍しくゲイナーが考え事してる)
ゲイナー(うーん。こんな時に限って、追い返すカードとか来ない・・・まぁ、そんなもんだけどさ・・・となると)
ゼロ(む、気配が動いたか)
ゲイナー「ボクは『霧のオオヤマネコ』をプレイ。『崖崩れの精霊』を対象にとって、タップ」
201409214.jpg
ゼロ(ぬ、『次のターン、アンタップできない』だと?・・・これは・・・)
ゲイナー「そのうえで、マーフォークでゼロを攻撃して、カードドロー」
シンシア(アタシより、ゼロが不味いって判断したのかな。まぁ、それもそうだろうね)
ゲイナー「海を引いたのでセットして、ターンエンド」

シンシア「アタシのターンね。カードをドローして・・・平地をセット。騎士でキョウスケ少尉を攻撃するよ」
キョウスケ「・・・サテュロスでブロックだ」
アムロ「サテュロスは死亡なので、墓地行きだな
なので、ゼロの『崖崩れの精霊」に、さらに+1/+1カウンターを1個セット」
ゼロ「『崖崩れの精霊』は、現状5/5になった、か」
シンシア「アタシは『無私の聖騎士』をもう一枚セットして、ターンエンドね」

ルリ「ゲイナー君の仕掛けのせいで、ゼロさんは実質1ターン失った形ですね」
護「どういうこと?」
ルリ「次にゼロさんが別のクリーチャーを出すかどうかによりますが、主力として用意した『崖崩れの精霊』が、次のメインフェイズで使えない以上、身動きを取れない確率が高い、と言うことです」
フェイ・イェン「あれが青の嫌がらせ、って奴なの?」
シャア「あんなモノは序の口だがな」
リュウセイ(アレで序の口・・・)
マサキ(アムロ大尉の青デッキだと、どんだけ何されるんだよ)

シャア「それにしても、それぞれの攻撃対象が分散してきたな」
マサキ「混戦気味の状況、面白そうに見てるじゃねぇか、大佐」
シャア「これぞまさに、デュエルという状況だ」
ハッター「確かに、なかなかいい緊張感を醸し出しているな!」
フェイ・イェン「ライフ20だと、すぐに決着付くかと思ったけど、案外睨み合いになるモノなんだねー」
シャア「今回はそれなりにクリーチャーが出てきて、互いの壁になっているからな。
といってもまだ4ターン目だ。まだまだ大勢は分からん」

キョウスケ「俺のターン・・・か (ぺろっ) ・・・ふっ

マサキ「あ」
リュウセイ「げ」
シャア「何か来た顔だな、あれは」

キョウスケ「山をセット。全ての土地をタップし、『不気味な人形』をプレイする」
201409062.jpg
ゲイナー「!」
シンシア「!!」
ゼロ「なんだ、あれは!?」

シャア「そんな物を引いていたのか、大尉」
キョウスケ「いや・・・これは早乙女アルトの置き土産だ」
その頃、惑星ウロボロス
アイシャ「へぇー、そんなの引いてたの」
リオン「1パック目のレアで、そんなの入ってたのか」
アルト「あんなもの、ルルーシュの奴の目に留ろうものなら、能力のバランスはともあれ、おもしろがって使うだろうからな」
アイシャ「あんたは使おうと思わなかったわけ?」
アルト「そりゃ、壁にはなるかも知れないが、大見得切って出すような、そんな分の悪い賭なんてごめんだね
リオン「お前が言うかよ」
アルト「どういう意味だよ、それ」
リオン「自分の胸に手を当てて考えろよな・・・」
ゲイナー(しまった、最悪のタイミングで出されちゃったよ)
シンシア(ちょうどゲイナーのマナが切れてるから、今このターンじゃ処理できないじゃん!)
ゼロ(破壊・・・不能?破壊不能だと!?ど、どのように対処したらいいというのだ!)

アムロ「誰も少尉のプレイに割り込みは無いな?なら少尉、この後何かやることはあるか」
キョウスケ「いや、ターンエンドだ」

マサキ「アーティファクトだから、破壊不能の属性があるのか?」
シャア「いや、通常のクリーチャーであっても、破壊不能の能力を持つ者はある。ただ、もちろん珍しい能力だがな」
護「ねぇねぇ、破壊不能って、つまり殺せないって事だよね。最強じゃ無いの?」
リュウセイ「その辺、わかんねーんだけどさ。ダメージ食らったら、ライフ0になるんだから、破壊されるんじゃないのか?」
ハッター「総帥のカードを見せてもらってたが、特に赤のカードで『クリーチャーに3点のダメージを与える』、ってカードもあるぜ。その辺の判定、どうなるんだ?」
シャア「結論から言うと、ライフ0になっても、なるだけで戦闘フェイズ終了後に生き返る。
赤の所謂"焼きカード"で焼かれても、一時的にライフ0になっても生き返る
その他、アーティファクト破壊カードも、対象に取れない」例↓
201409284.jpg
「やっぱり最強じゃん!」
フェイ・イェン「でも、1/1だよ?」
ハッター「いくら即死させる効果があるとは言え、確率二分の一ってのはねぇ」
チーフ「さらに、あのカードの効果をよく読むと、即死効果を判定するには、『戦闘ダメージを与える』とある。
ということは、先に死んでしまっては意味が無いのではないか、と推察される。
現在場には、先制攻撃を持つクリーチャーが2体居る。それらを相手にした場合、何の意味も持たないと予測する」
シャア「バーチャロイド3体の指摘は全て合っている。実際その通りだ。
だが、二分の一とは言え、どんな巨大なクリーチャーでも、一瞬で失うことになる。
周辺からすれば、巨大な『壁』には違いない。さて、その状況で他の3人は、どう動くかな?」

ゼロ(あんなカードがあるとは、予想外だ。『崖崩れの精霊』で押し切るつもりが、アレでは突破できん・・・!)
ゲイナー(さすがのゼロも、長考に入ったかな)
ゼロ「・・・私のターン。沼をセットし、もう一体『アスフォルデスの放浪者』をセット。
カウンターが乗った方の『アスフォルデスの放浪者』で、シンシアを攻撃する」
シンシア「え、うーん。で騎士でブロック」
アムロ「先制攻撃があるので、放浪者だけ死亡だな。ゼロ、放浪者は再生するか?」
ゼロ「再生を選ぶ」
アムロ「ただ、既存のカウンターは除去されるから、1/1に戻るぞ」
ゼロ「了解だ」
アムロ「なら、精霊の上には+1/+1カウンターを1個セット」
ゼロ「6/6となったわけか」

ゲイナー「じゃあボクのターン。カードドロー・・・・・・」
シンシア(あ、また長考してる)
ゲイナー(どうする?やっと引いたカード、どちらにどう使うのが最適なんだ。考えろ、ゲイナー・サンガ!
ゼロ「・・・」
キョウスケ「・・・」
ゲイナー「・・・海をセット。『航海の終わり』をゼロにプレイ」
201409281.jpg
ゼロ「ぬぐぅ!?」
アムロ「戻すのはどのクリーチャーだ?」
ゲイナー「『崖崩れの精霊』を指定します」
アムロ「ならゼロ、精霊を手札に。カウンターは全てリセットだ」
ゼロ「了解・・・した」
アムロ「ゲイナー、1枚めくっていいぞ」
ゲイナー「はい・・・このまま、デッキの上に伏せます」
アムロ「よし、後やることは?」
ゲイナー「マーフォークでキョウスケ少尉を攻撃」
キョウスケ「・・・ライフ19」
ゲイナー「カードを1枚ドローして、ターンエンドです」

シャア「ゼロの方に使ったか・・・まぁ、妥当な判断だな」
護「でも、ゼロはショックを受けてないね。まだなんか手が有るのかな!?」
フェイ・イェン「やーね、護君。仮面の下で灰になってるだけよ
リュウセイ「ああ、手に取るように分かる。俺でも分かる」
マサキ「にしても、青ってマジで器用なんだな」
ルリ「緑とはまた違った形で、ゲームの進行スピードが速いように見えます」

シンシア「アタシのターン。カードドローしてっと・・・平地セット。『レオニンの投網使い』を召喚」
201409282.jpg
アムロ「対象はどうする」
シンシア「少尉の『不気味な人形』」
キョウスケ「・・・タップする」
シンシア「『無私の聖騎士』で、キョウスケ少尉に攻撃だよ」
キョウスケ「ライフ18」
シンシア「ターンエンド」

護「ああ、ああいうのには対象になるんだ」
シャア「いい、なかなか良い展開だ」
リュウセイ「大佐がワクワクしてやがる」
マサキ「さすが、平和のインテリジェンスが無いと言われた男・・・」

キョウスケ「俺のターン。山をセット
森をタップし『捕食』をプレイ。こちらかは『不気味な人形』を指定
格闘の相手として、ゲイナーの『霧のオオヤマネコ』を指名」
201409063.jpg
ゲイナー「えええ!!」
シンシア「どんだけ使いたいの、そのカード!」
ゼロ「・・・」

チーフ「おお、全員ドン引きしている。このような光景は珍しい。画像の記録を開始する」
ハッター「ワザとタフネスの大きい相手を狙うとは」
マサキ「少尉の勝負好きも、ここまで来ると病気だよな」

アムロ「『不気味な人形』の戦闘ダメージは通るが、この時点は"引き分け"だ」
キョウスケ「ならば、コイントスする」(ピィン!

クロウ「今、金の音がした!!
そしてその結果は裏だ!!!!」

一同「帰れ、守銭奴」
キョウスケ(当っているだと・・・!?)
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering - ジャンル : ゲーム

2014/09/28 11:08 | 【MTG2015】COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

もう直ぐ秋アニメ

サンライズからはガンダム系2作品とクロスアンジュですね。志方さんが楽曲関わってるのは珍しい……
※なお、クロスアンジュはサンライズクルセイドに参戦確定との事

そしてラルおじさんの中の人、快癒して復帰してくれる事を願ってます。


>ソレスタ諸君(というかむしろ刹那)

これだからドSは…。

>ルルーシュ

綺麗にバウンスされてますね。
あと、カウンターを消すコマンドでも簡単に対処されますが…MTGにカウンター消すカードとかあるんですかね?

>キョウスケ

不気味な人形も、対処するとしたらタップかバウンスになるんでしょうね。あるいは、直接追放するか。

あと守銭奴とその後の周りの反応はお約束ではありますが、
やっぱり帰ろうかw

No:4816 2014/09/28 19:45 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

ミサトさん達は目の前で使途vsEVA初号機の大立ち回りを経験している

ミサト「学園長もキレると厄介ね」
リューネ「悪役(としての参戦)の方がキャリア長いですから」
護「えっと、(オービットベースの万能力作驚愕艦)カナヤゴとカーペンターズ呼ぼうか?」
ランス「それは、その……」
ロウ「ジャンク屋組合も手伝うぞ」
アルト「その前に学園長止める方法どーする?」
ミサト「じゃあザンネンⅤとカップリングシステムのコンビと種子島の巨大ロボトリオも」
リューネ「……学園そのものが消滅しそう」
アンジュ「相場の二倍って聞いたら全員参加するって」←彼女達はドラゴンを倒す事で報酬を貰い、自分の機体をカスタム化してます。


クロウ「……彼女達に親近感があるのは何故だろう」


ワイルダー「SMSフロンティア支部総員災害出動っ!!」




キャプテンアース



最終回なのでギュッと詰め込んだ感じ、とは言えテッペイ&ハナにはもうちょっと派手なラストショットを期待していたが。


ドモン「何を言っているYF-19k」
レイン「やっぱああの最後の大技を超えるのは中々ねぇ」←まんざらではない御様子。




クロスアンジュ 天使と竜の踊舞

・先行視聴会を見たゼロ、そのまま姿を消す。



スザク「この前ルルがゼロの仮面を洗っているなんて珍しいね」
野明「そうかなぁ……あの視聴会、結構キツいって……」
功「ルミノール反応キットを持ってきたぞ」←彼は交番勤務、機動隊を経て第二小隊に配属。だから艦識作業はある程度出来る。

数分後。仮面の内側にルミノール反応がバッチシでている。

野明「相当出ているね」
遊馬「革命家と言っても思春期だからなぁ」

No:4817 2014/09/28 20:32 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

新番組が全部BS

漆黒の翼さん>
ラルおじさんの中の方は、ホントに心配です。
なんとかなることを祈るしかありませんな
で、『不気味な人形』については、仰るとおり"戻す"か"追放"しかありません。
あと、青のカウンターを止めるのは、青のカウンターしかありません
もしくは、黒系のカードで土地を削って、プレイ自体を邪魔するか
いずれにしろ、青とはそういう色です
そして守銭奴は・・・この後どうしようかな(ぇ

YF-19Kさん>
みんな暢気に見物してるなぁw
まぁ、怒らせた人達が行けないので、その身で責任を取ってもらいましょう(ぇ
ところで、アルト君の引いた置き土産はどうでしたか?

No:4818 2014/09/29 21:21 | あるす #- URL [ 編集 ]

自分が言いたかったカウンターはそっちじゃなかったw

>あるすさん

>あと、青のカウンターを止めるのは、青のカウンターしかありません

すいません、自分が言いたかったカウンターは、打ち消しカードの事ではなく、+1/+1/+1カウンターの方です。
ガンダムウォーではコインだから用語違うんだけど…ややこしい!w

改めて伺いたいんですが、「+1/+1/+1」など、クリーチャーにのっかるカウンターを消すカードはMTGにあるんですかね?

No:4819 2014/09/29 21:41 | 漆黒の翼 #e9EPk88s URL [ 編集 ]

あるすさん>

返信どうもです。


アルトも結構ドSな所もあると思うんですよ、何せ教えてもらった環境がスゴいですから……フラストレーションが溜まっていると(大汗)


大暴れする学園長(@ヴァルシオン)は如何にかレギュラーのスパロボ軍団が止めました。ルーキーらはキツかったらしく死屍累々(苦笑)





・バディ.コンプレップス 完結編


青葉「寧ろこれで終わると思わない感触だな」
ヒナ「最悪劇場版でもあるわね」
ディオ「スパロボやサンライズ英雄譚への参加は可能だ……」



トビア「また厄介な老人キャラが……」
伊奈帆「一人、二人は増えるから仕方ないよ」
アルト「そこシレッと言わない、二人とも敵が同じ人間だからまだいい方だよ、今度はヘルヘイムと遭遇する危険性すら出ているんだ」←移民船団野心配している
チェンバー「私のターゲット(ヒディアーズ)と遭遇する危険性もある」


不動ZEN「無限ループ?そんなの私がどうにかしよう」
ミサト「ある意味神様だしね、あんたって……もしかしてヒナの事も……」


ディオ「次は宇宙だ」
青葉「そらではなく」
ディオ「コロニー落とし並のツッコミがこわいからな……」
青葉「いきなり宇宙かよ……」
ディオ「スパロボの場合はシグナス一隻で十分だろう」
ヒナ「オーブの大天使に歌姫が乗る戦艦、更に変形するステルス戦闘空母にそのオリジナル」
ディオ「これでザンネンⅤの母艦で十分過ぎる」



まゆか「AAの様なハデな大気圏脱出じゃないんですね」
原吾「アレは環境負荷も考えられるからねぇ……マスドライバーはあると便利だけどね」
まゆか「でも急に同型艦が増えましたね」
原吾「名称設定とか大変だったらしいよ」

アムロ「うちの場合は後付けが多いからなぁ」
コウ「しかも確定してない設定もあるし」
キラ「AAなんて潜水航行機能もありますからね」
アムロ、コウ「「ある意味マテだよ、今でも」」



因みに前篇見て感じたが……サンライズらしい演出ですな。




ヒナ「最初はカップリング研究機関野研究員だったけど装置が暴走して連合サイドに飛ばされてディオとコンビを組んで、アラスカで特異点で高校時代の青葉と接触、そして未来へと飛んだ際に私はそのまま若返って義父に拾われた」
ミサト「青葉もカップリングを研究していた機関のメンバーだった訳ね……」
エルヴィラ「まって……もしかして祖父は最初から二人やこれから起きる事を知っていた訳?」
リツコ「可能性はあるわね、見事過ぎる伏線回収」
ディオ「で、連合時代のヒナの話は」
青葉「ゲームシナリオで使うじゃないの」
リツコ「と言うかこの展開ってスペース☆ダンディのオチと全く同じ」

No:4820 2014/10/02 07:16 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |