【Gのレコンギスタ】#5 敵はキャピタルアーミィ

今週は、ちゃんと録画できたよ!
と言うわけでゆっくり観賞したわけですが

今回は色々とツッコみどころ満載
且つ、展開が早い
さらに伏線が次々と登場
それでいてスピーディな戦闘


全く、やられっぱなしですわ

そして、誰かがやると思った、キングゲイナーMAD

エラいぞうp主。百万年無税


急速に進む、キャピタルアーミィの様々な行動に、ウィルミットは苛立ちを隠せない
自分が管理するクラウンまで、アーミィ色に塗られてしまっているからである
20144410251.jpg
って言うか、この時代になっても、やっぱりその野戦色って残ってるんだ、と言うのはツッコンじゃ駄目ですか?

広場では、新型MSのエル・ブルックのお披露目がされていた
なんでも、デレンセンのデータを反映して疲れたもの、だと言う
アレができたんで、自分達は後退させられたのか?となにげに嫌みをベッカーに言うデレンセンだが、相手はいっこうに気していた無い
20144410252.jpg
その新型から飛び出してきたのが、この「マスク」
20144410253.jpg
何でもモニターになっており、何らかの形でパイロットを助けるものだという。調査部が探した「何か」を元に試作したもの、だという
それにしてもこの光景を見て
「今日もルィンは居なかったなぁ」
というマニィ・・・
いくら何でも気づけよ、分かれよw

この機体に気をよくしたのか、キャピタルアーミィの司令官であるジュガンは、クンパにさらなる封印の解除を要求する
どうやらキャピタル側でも、薔薇の設計書に関する情報は、いくらかあるようだ
これを、人員と金がかかると、牽制とも取れる返事をしたクンパの後ろから、さらに釘を刺すようにウィルミットが苦言をかける
20144410254.jpg
しかしそれもまた、クンパに「息子さんを助けるため」と切り捨てられてしまう
ベルリは今や、キャピタルにとっても海賊にとっても、「人質」と言うことなのだろう
キャピタル内での、様々な思惑が交錯する中、新たな部隊が海賊達を追う

ベルリはアイーダに、宇宙からの脅威とはなんなのかを改めて問いただすが、彼女は敢えて応えない
だいたいそれならクリムに聞け、と言うワケなのだが、彼はその情報と引き替えに、ベルリをアメリア軍に引き込もうと考えているようだった
そのクリムにアイーダは、ベルリがあまりにも純粋であること・・・運行部長の息子でありながら、アメリア軍が疑っているような様々な情報を知らない、と言うことをどう思っているのかと問う
それはトワサンガ(設定上、月面付近のコロニー?)のことであった
ベルリはその場所を、スコード教が管理するフォトンバッテリーがもたらされる、神聖な場所と認識していたが、アイーダとしては呆れた情報のようだ
クリムは彼を挑発するつもりか、Gセルフがトワサンガ製であるとしたらどうする、とあえて情報を渡す
20144410255.jpg
というよりは、彼と艦長の中での考えであり、ラライヤから情報を得られるのでは、との考えのようだ
そのラライヤは、トワサンガという単語に反応し、嬉しそうな顔をする
20144410256.jpg
しかしまあ、月で作られた新型MSってことは、あれだアナハイムのアレですよねー、やっぱりねぇー

この海賊船、つまるところメガファウナは、補給の真っ最中
新型MSヘカテーを駆って現われたのは、ニック・ジャックという女性パイロット
20144410257.jpg
その様を見て、ベルリはこの船が本物の軍隊である、と言うことを改めて再確認する
だが補給は突然終わる
「本隊」の作戦が早まったため、メガファウナは囮になるため、急いで次の行動に移るのだという
作戦を確認しに上がる、アイーダとクリムにひっついていったベルリ達
クリムは割と本気で、ベルリをアメリア軍に欲しがっている口ぶりだ
ベルリは素直には応えず、中尉の位をくれるなら良い、と応える
「(クリムに)虐められたくありませんからね」
ずいぶんと賢しい子だことw


「マスク」達はデレンセンの行ったコースをなぞりながら、海賊を探索している
20144410258.jpg
これに感づいたメガファウナは、囮作戦を前にした迎撃行動に移る
アイーダはそれがゴンドワンだと思っていたようだが、軌道からそれがキャピタルアーミィと感じている幹部達
20144410259.jpg
自分が知らないところで、アーミィの力が強まっていることに、ベルリはある意味驚いていたが、その真の情報はクリム達も知らないようだ
・・・って言うかクリム、完璧にラライヤに懐かれたなw

メガファウナの囮作戦の最終帰結が、キャピタルタワーの占領と聞いて、ベルリはいてもたってもいられない
反論しようとする彼をクリムが抑えるが
逆に押さえ込まれるクリム。カッコ悪いw
201444102510.jpg
と言う光景を余所に、そもそもその考えがカーヒルのモノであり、故に何かあるとカーヒルの前にベルリが立ち塞がることに、アイーダは何とも言い切れない苛立ちを覚えている
それについてはベルリも思うところはあり、謝って謝りきれることではないから、だからせめて船を護という形で借りを返したいと申し出る
クリムは戦力が必要と言ってこれを承諾。艦長も薦めたことから、アイーダはこれを承諾せざるを得ない
しかし思いは晴れること無く、女同士で何かを話して気を紛らわす辺りは、普通の女の子である

パイロットスーツを支給されるベルリ・・・っていうか、お針子さんがちょっと手を加えて、サイズが直るもんなのか、パイロットスーツ?
201444102511.jpg
それ以前に、いきなり股間の描写から着用シーケンスが入る辺り・・・お禿げ様らしい
それに対して、救命胴衣がなんとも古くさくて、いろいろと技術レベルがこんがらがってるなぁ、という印象
201444102512.jpg
とは言えここで重要なのは、ベルリも言っているが、ラライヤがパイロットスーツや、そう言った物に違和感を持っていないことだった。だからこそ彼女が、トワサンガから来たというのは、確かに説得力があると彼は感じる

メガファウナの中で進む迎撃態勢
飛行のための「ミノフスキーフライト」の展開が美しい
大型の機体や戦艦には、ミノフスキーフライトやその関係の技術が残ってるんだね
かたやキャピタルアーミィ側も攻撃態勢を敷く
201444102513.jpg
うーん、この発進シーケンスと、編隊飛行までの描写が何とも言えん素晴らしさである!

対艦ライフルを持ち出し、甲板で牽制射撃の準備をするアイーダ
わたわたしているベルリを見返して、手伝いなど要らないと叫ぶ彼女は、よほどカーヒルのことに固執するものがあるのだろう
一方のクリムは、上空から来た「脚」が本命で無いと、さすがに今回は気づく
201444102514.jpg
んでその後で笑っちゃったのが
6機のカットシーが一列に並んで、その戦闘の機体にグリモアが攻撃したと思ったら、後ろか5機出てきて反撃
201444102515.jpg
・・・って、ジェットストリームアタックじゃ無いんだから、止めなさいよw

一方クリムの目の前で、エルフ・ブルックが変形してみせる
201444102516.jpg
まるで手持ちの武器も無いように見える相手に、クリムはミサイルで攻撃を噛ます
ところが、中の「マスク」の目が光り、機体のあちこちからビームが放たれる
201444102517.jpg
まるでそれは宇宙世紀のとある系統機、つまりオールレンジ攻撃のようであった
201444102518.jpg
指からもビームが出る辺り、そう言った物を想定するに値する描写であり、パイロットのマスクも妙に高揚しているのがちょっと気になる

ベルリはと言うと、強風吹き荒れる格納庫の中で、状況に振り回されっぱなしであった
やっとこさっとこコア・ファイターを出そうとするが、あっちにこっちに揺れてしまい、思うようにならない
そこで艦長は、アイーダにコア・ファイターを、手動でGセルフにくっつけさせようとするが・・・
201444102519.jpg
思いあまって、コア・ファイターだけで飛び出してしまうベルリ
「中身だけ見せてもどうしようも無いだろうが!」
はい、今回ばかりはクリムの言うとおりである

この混乱する状況の中、クリフのモンテーロとエルフ・ブルックの戦闘は格闘戦にもつれ込む
エルフ・ブルックの手が、モンテーロの頭をもぎ取ってしまう
201444102520.jpg
この危機にベルリ、コア・ファイターに装備された水玉で、エルフ・ブルックをショートさせることに成功
そして、Gアルケインによって導き出された、Gセルフの背中からドッキング
201444102521.jpg
その時のSEが、初代ガンダムのコア・ファイタードッキングと同じなあたり・・・

ほとんど丸腰だが、45秒なら飛翔できると聞いて、ベルリはエルフ・ブルックに立ち向かう
向けられたビームを、ビームサーベルを振り回して薙ぎ払う!
201444102522.jpg
F91から伝統の、マニピュレータぐるぐる。のちの∀のぐるぐるでもある
さらには、そのビームサーベルは、ある程度長さが調整できるらしい?
もしくはそれは、Ζのハイパービームサーベルのように、意思の力で長さが変わるのか?

そう言った情報は調査部でも得ていなかったようで、エルフ・ブルックの腕はえぐられてしまう
新事実を得たマスクは、そのまま戦場を離脱
201444102523.jpg
落下するGセルフの中では、ハッパが脚のノズルで落下速度を調整しろ、とベルリにアドバイス
201444102524.jpg
・・・あのさ、ハッパ中尉、あんたGセルフのどこにいるの?

戦闘が一段落し、艦長はアイーダにベルリを褒めるように言う
それはアイーダが「姫になる」、つまり上に立つ人である故に、やらなければならないことだ、と彼は言うのだ
201444102525.jpg
故にアイーダは、何食わぬ顔でベルリに礼を言うが、彼の方はその意図を知ってか知らずか、死にたくないからおあいこだと返すだけだ

そこへ割って入ったクリム。少尉でなら、アメリアに入れても良いぞ、とまだ彼のことを諦めていない
ベルリの方も、中尉であることを諦めていない
201444102526.jpg
「なら、私が大尉になってからだな」
だがクリムが振り向いた先に、アイーダは居なかった
彼女にとっては、カーヒルの敵であるベルリ
それを褒めなければならかった自分
悔しさのあまり、人知れず泣き続ける彼女の心情とは・・・
201444102527.jpg
そして次回、ベルリが犯す「人生最大のミステイク」とは?
タイトルから、デレンセンの死亡フラグがぷんぷんするんですが、気のせいか?

スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2014/10/25 19:27 | GのレコンギスタCOMMENT(4)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

タブー


これにはベルリを完全にダシにしている感じもありますが……宇宙からの脅威が何なのか?まさかOOの様な金属生命体?



G系


アイーダが乗る機体は違うかもしれませんが、Gセルフは機体の各種メーターがコアファイターには搭載されてないと思うんですよね……ハッパが潰れなかったと言う事はスペースがあると言う事か、彼がドモン並の体力を持っているか……。



ただの水ではない?


レスキューにも使えるとベルリが言っていたので宇宙空間では気密が敗れた際に応急処置に塞ぐとか……よくよく考えたら空中であんなに高密度に水がまとわりつくのかなぁ……ナノマシン入りなら納得しますが。




・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞


冒頭から不穏な空気が……うん、スパロボじゃゼロも絡んできます。アンジュは一度吹っ切れると強いタイプです……ちと他人に正直になってない所もあるけどまだナイフが飛んでこないだけならマシ(大汗)。


そして仕掛けられた機体トラブルで着水して浸水、そのままサンライズ伝統の無人島漂着ネタに……その最初が



キラ「越えたねぇ」
スザク「全裸にして添い寝ですか」
ディアッカ「しかも手の拘束プレイなんてグレイトだぜっ!アスランよりもすげぇ?」
シン「初対面でこうするって」
???「ここまでするんですか?監督って」

No:4830 2014/10/26 05:33 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

詳しくは次の記事で

ベルリは完全にダシにされてますね、まったくです
アレを狙って、ワザとアイーダを放置プレイしたのか、大佐?
あのクンパという人は、かなりの謀術使いと見ました

あと、あの水は、レスキュー用らしいですが、なんの役に立つのか未だに分からんッス
消化剤なのかな?
でも、宇宙では水をポイしたって、全部球になっちゃうか凍っちゃうんだけど

No:4831 2014/10/26 19:33 | あるす #- URL [ 編集 ]

スマホで5話見たばかりです。
クリム中尉とマスクの初対決は、
意外とクリム中尉が互角に近い感じに戦えてましたね。
てっきり瞬殺されるかとおもいました
戦力比的に、ク4:マ6な感じがしました

No:4834 2014/10/28 18:30 | M助 #tfdyKnH6 URL編集 ]

アレは生き残るタイプ

> クリム中尉とマスクの初対決は、
> 意外とクリム中尉が互角に近い感じに戦えてましたね。
> てっきり瞬殺されるかとおもいました

富野監督のあのタイプのキャラは、生き残る系ですよ
監督は真面目な人ほど殺したがるから・・・
ギャブレー君@エルガイムが良い例ですよ
最後には主人公とのダブルラスボス戦まで参加するんですから

No:4835 2014/10/28 20:43 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/10/25 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |