【Gのレコンギスタ】#8 父と母とマスクと

このアニメが富野作品だからなのか
毎週いつどの瞬間に、名有りのキャラクターがぬっ殺されるか
ハラハラドキドキしながら見ております

いや、なんにしても戦争物なんだから、誰か死ぬのは当たり前で
実際毎回、モブは結構撃墜されているわけで
だからそれを心配するのもどうかとは思うのですが
ぬっ殺し方が富野監督特有の、独特のモノを持っているため、その瞬間が出てくると結構くるというかw


今回は特に、それを危惧しながらハラハラ見てましたw


アーマーサガンによって、とりあえずの隙を得たベルリ達は、それが来た方向にある島の裏手に軟着陸する
そこには、アメリア本国からの補給部隊が降りていた
ここに合流する際、着陸した瞬間を狙われないように、さり気なくビームライフルを上に向けて警戒するベルリが、地味に天才というか、もう判ってるなと言う感じがある

さて
なんとその部隊の中には、アメリア軍総監のスルガンが混じっていた
つまり、アイーダの父である
そんな偉い人が、補給部隊と共にここに来たことに驚きを隠せないベルリ

・・・しかし
アイーダとスルガンの方は、まだ戦闘中だというのに、砂浜に座り込んで一休み
201411151.jpg
ちなみに、BGMもいやにのんびりしたモノに変わっている
良いのか、この親子


やや唖然としているベルリに話しかけるスルガン
これにいきなり
「ボク、アメリア軍に入りません」
と返すベルリは、なんというかこう・・・空気読めないの?マイペースなの?
とは言え、スルガンに「かまわんさ」と返されてしまう
201411152.jpg
ただねー、このシーンね・・・
似てるよね、この二人?
つーかそっくりじゃね??


さて、補給部隊が持ち込んできた、これまた新しいGセルフ用のバックパックを、なんとその場で取り付け
この時間稼ぎのために、補給した武器を持ってモンテーロや他の兵は、アーマーサガンの護衛に向かう
ちなみにこのバックパック、取り付けは手動である・・・
201411153.jpg
ある意味地味にリアル
リアルと言えば、バックパック取り付けの衝撃で、技術屋さんが機体から落っこちそうになるのも、リアルというか富野アニメのお約束シーンとは言えるw
201411154.jpg

今回のパーツはトリッキーバックパックと呼ばれ、これだけで自力飛行が可能なようである
換装を終えた機体で、改めて戦場へ向かおうとするベルリ
その後を追うように補給部隊と、アイーダのアルケインも浮上を始める
アルケインで父を護れと進言するベルリに、慣れたから平気だと言って言うことを受け容れないばかりか、アルケインでGセルフを森に押し込んで、ちょっと嫌がらせまでするアイーダ
201411155.jpg
お前は子供かw
そしてベルリに押し返され、吹っ飛ばされた先で、結局父の機体が前に出ようとしているのに気づき、結局その守りに入る辺り・・・やっぱりアイーダはダメ姫である
201411156.jpg

さて、再び戦場へと戻った一行
クリムはモンテーロで飛び続けるのに限界があるので、アーマーサガンの背後に着地して連係プレイ
と言うかアーマーサガンの飛行形態には、しっかりMSが2機程度載せられる空間がある
201411158.jpg
元々こういう運用思想であろうことが伺える

Gセルフの方はと言えば、トリッキーバックパックを付けて、エルフ・ブルックと再戦
アメリア軍のバックパックは、だいたいの場合に、ビームシールドかIフィールド的なモノが装備されているようで、ビーム攻撃に対しては強力にできているようだ
そこでエルフ・ブルックは高度を鳥、上から殴り飛ばす格闘戦に持ち込もうとする
方やベルリの方は、バックパックに慣れていないのも有るが、パックの構造上腕の動きに制約が出て、ビームライフルの射撃に若干の問題が出ることにイラついている
しかしこれまた珍しいシーンではある。立体構造上というか、実際に動かしたらゼッタイにそのポーズダメだろ、って言うのはロボアニメ上、古今東西いろいろとあったわけだが、それを劇中で言わせてしまうとは
だがこのパックには、トリッキーというぐらいなので仕掛けがあり、パック前面に展開しているアーマー上のモノが、物理攻撃を受け止めた後に反動で(?)動いて、相手を吹っ飛ばすと言った事ができるのである
201411157.jpg
人型を取れるのが一時的なエルフ・ブルックでは、これ以上の攻撃が出来ずにマスクは焦る

焦っているのは、ベルリ母ちゃんの方も同じ
何とか大気圏突入をこなし、問題の海域へと近づいた辺りで、戦闘の火を目にして確信する
あそこにベルリが居る!と
母ちゃん、目が怖い怖いw

その戦闘はまだまだ続いている
アーマーサガンのビーム攻撃が雑だ!とミックにハッパを入れるクリムであったが、当のミックは・・・
戦闘中に基盤入れ替えすんな!!(爆笑
201411159.jpg
どうも機器不良で、ビームの出力が安定しないらしい。だからってアンタ・・・
基盤入れ替え中でも一応戦闘可能で、さらにアーマーサガンは人型に変形するっぽいです
2014111510.jpg
変形シーン丸削りになってたけどねw

マスクはなんとしてもGセルフを倒すため、用意されたバックパックをエルフ・ブルックに装着し、人型を維持しながら戦闘に入ろうとする
2014111511.jpg
ところがここでアメリア軍は、キャピタルタワーから何かがここに接近していることをキャッチ
気が逸ったアイーダは、それを迎撃しようと一人、アルケインを高空に上昇させていく
2014111512.jpg
これを見てマスク激怒
「貴様達はふざけているのか!敵はここに居るんだぞ!」
2014111513.jpg
仰るとおりですが、目の前にダミーバルーン接近中
まぁこんなもんでエルフ・ブルックが止まるわけ無いんですが、スルガン総監としてはアイーダのための目くらましだったようだ
だが、キャピタルタワーから来る物が単なるグライダーとわかり、迎撃に行かせた娘を呼び戻せないか、と呟く
それに対して部下「突貫娘ですから」
スルガン総監「・・・悪口か?」
部下「勇敢な姫様だと、艦長から聞いております!(滝汗」
2014111514.jpg
・・・間違っては無いはずだよ、部下はw

で、こっからが注目どころ
ようやっとバックパックをモノにし始めたベルリ
そこでなんとバックパックから・・・質量のある残像だというのか!?
2014111515.jpg
これを浴びたエルフ・ブルックは、機体が暴走を起こしてしまう
2014111516.jpg
これはミノフスキー粒子による危機妨害・・・V2の光の翼の谷間じゃないのか!?
この隙を突かれてGセルフのパンチをもろに食らったマスクさん
コクピットの中で緩衝材まみれになっております
2014111517.jpg
そしてさすがにこれは無理と判断したのか、彼は撤退していく

マスクを取り逃がしたことをミックに咎められるが、それよりアイーダが大変なことに気づいたベルリ
パックの出力を上げたところ・・・これはまさしく光の翼!
2014111518.jpg
その加速や凄まじく、あっという間に高高度まで上昇してしまう
そしてその頃アイーダのアルケインは・・・背中のフィン出力が暴走して止まらなくなり、迷走していた
2014111519.jpg
もうダメだこの姫様

アイーダも助けないといけないし、目の前からはグライダーが来るし、どうしろってんだと混乱中のベルリに、皿に追い打ちをかける通信が
その声は紛れもなく母の声
そうとは知らないアイーダは、グライダーを殺る気満々
ベルリに止められてようやく落ち着くが、なんとかGセルフに受け止められたグライダーを見て、彼女は
2014111520.jpg
「キャピタルタワーの緊急脱出用のグライダーなんて何もできない・・・私、本当に人殺しをするところだった」
と、要するに父親の前でいい顔をしようとして、焦っていた自分に気づくわけだが
いやいや、アンタ戦場にいるでしょ
まぁ台詞の意図は、自分がベルリにカーヒルを殺されてそれを引きずるように、自分もベルリの母親を殺して引きずられるところだった、と言うことなんだろうけど
まさか姫様、アンタまだ人殺ししたこと無いんじゃ無いの?

だが、そんな自分を悟られないために、ベルリにこんなところまで昇って何してたんだと言われて
「グライダー以外の敵が居ないかチェックしてました・・・嘘ついちゃった☆
2014111521.jpg
てへぺろじゃねーよw

メガファウナの甲板上で、スルガン長官と艦長がなにやら話している
「艦長からも説得していただきたい!」
「しかし、一番大人の言うことを聞かないんです!」
2014111522.jpg
艦長、姫様に歯に衣着せねーなw

ウィルミットとスルガンは、会議等で逢ったことがあるらしく、誰がどうのという混乱は起きなかった
2014111523.jpg
彼女を交えた「極秘会談」の場では、ベルリだけがマイペースにご飯中
2014111524.jpg
て言うか、ミックさん
スカートの中見えてる、見えてる!


この中でウィルミットは、国際会議で問題になった、アメリア軍の宇宙戦艦のことを問いただす
クリムはあれは建造中止にしたと言うが、ベルリはそれが実はこのメガファウナであることを指摘する
その観察眼には、アイーダもクリムも言い逃れ不能
ただ、スルガン曰くそれこそが、宇宙からの脅威が待ったなしのために、必要な行為だと言う
アメリアの独自観測で、月面上にある「カシーバミコシ」というフォトンバッテリーの供給源以外に、数々の人工的発光が月面で観測されているというのだ
2014111525.jpg
なお、こういうった独自の天体観測も、スコード教ではタブー破りらしい
ますます臭いぞ、スコード教


ウィルミットはその情報に我が耳を疑う
「何があろうと、キャピタルタワーはそそり立っているモノなのです!」
お母様、何言ってるのかよく判りません
スコード教の行為と、自らの運行長官としての責任というか、地球を再生させるという目的について、崇高な使命感を持っている、と言うことだけは何となく推察できますが

その頃のガランデンには、かろうじてマスクの機体が帰還していた
それを迎えた新兵の中に、髪を切ったマニイの姿があった
2014111526.jpg
ルインの影を追って戦場に出てきたらしい
とりあえず、エルフ・ブルックの破片拾いに駆り出されるが、その横で相変わらずクンタラを見下す兵の言葉を耳にする
マスクの方も、クンタラであると言うだけで、自分を実験台のように使う上層部に苛立ちを隠せない
この姿に、ルインの面影を見いだすマニイは、思わず彼に近づく
自分もクンタラであると言い、だからこそ大尉を応援しますと言う彼女
2014111527.jpg
マスクはあくまでマスクとして、クンタラの地位を上げるために、功を上げると宣言して去って行く
マニイはマスクが、ルインであることを確信するが、何かを察してそれを口にせずその姿を見送る

アメリア軍はそのガランデンは、実はゴンドワンからの借り物だと言うことを掴んでいた
そこまでの権力を持つ、調査部は「ヘルメスの薔薇の設計書」を掴んでいるのかも知れない、とアイーダは感じる
2014111528.jpg
一方でウィルミットは、自らが信じてきた道についてどう接して良いか判らず、愕然としていた


次回予告では、アイーダがスコード教の法王と向き合うシーンがある
と言うことは恐らく、メガファウナはキャピタルタワーにツッコむ
・・・と言うよりも、スルガン総監はそのつもりで元々、メガファウナに向かってきたのかも知れない
2話前までで宇宙に上がっていた、アメリア軍の宇宙艦隊の動きも気になるし、ここで一気に何かあるのかも
予告の内容だと、なーんかクリムに死亡フラグが立ってそうで怖いんだが・・・
それにしてもアイーダは、富野作品の中でもトップクラスにダメ姫だな
女王の子として考えて、Vガンダムのシャクティも姫と考えたとしても、彼女とは違う方向でメチャクチャダメである
本当にこれで姫様になれるんか、アイーダェ・・・
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2014/11/15 23:26 | GのレコンギスタCOMMENT(4)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

現場判断


トリッキーパックなんて正にそれ……アメリア軍の中枢は無茶をしますな。そして変わりにアイーダの父親であるスルガンが来ました。完全にキャピタルアーミーを舐めきってます(汗)。突貫娘だからスルガンも止められなかったと言う事ですね。


だけどMAもガンダム二機も不調、MAに至っては戦闘中にパイロットがコクピットモジュールの基盤を変えてます……ある意味キラのOS書き換えよりもスゲェわ。



とりあえず無事



ベルリが来なかったらエライ事になっていた、まあお陰でスルガンとの極秘会談を持てた事が大きい。月に関係があると言う事は∀ガンダムのキャラも出てくるかも。


後、これ位突貫娘で無いとロボットアニメのヒロインは務まりません……更にスパロボ参戦したら大変になります。

アンジュ「そうよね」
コーネリア「戦乱に男も女も関係が無い」


双方関係者一同「もう少し自重して貰えませんか……色々と大変なんです」
アルト「ロイヤルファミリーがある作品って大変なんだな」
モモカ「そうですよね」
咲世子「マナがあるだけでもスパロボでもやっていけますわ」←くのいちです。


クロスアンジュ 天使と竜の輪舞



小隊長は辛い……サンライズが手掛けたアニメで小隊長キャラって結構不幸なんですよね。例外的にパトレイバーの後藤さんは結構悠々自適にしてますが。


今回サリナがコスプレした劇中劇、サンライズアニメ化しません?


No:4845 2014/11/16 16:01 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

トリッキーパック、宇宙世紀後半の主人公機に搭載されてる技術の集合体みたいな強さやでぇ

次回予告、かませなクリム中尉がマスク相手に善戦してるという、こんなのかませなのが定番になってきたクリムらしくないカットがチラッとみえたような・・・

No:4846 2014/11/16 23:38 | M助 #tfdyKnH6 URL編集 ]

意外と前作と後を気にして作ってる?

YF-19Kさん>
あの基板取り替え画面とか、ずんどこ交換用バックパックが出るところとか、まさしく手探りでいろいろ作ってるんで、この際あれこれやっちまえ的な雰囲気が良いと思います
こういう所が富野作品の良いところ
あと、月で∀のキャラが出るかどうかですが・・・
少なくともギンガナム家が千年演習やってたらしいので、このあと六千年後ぐらいには、間違いなく月にソレル家なども逃げてるんでしょうが、今の時点ではどうでしょう
あと、ダメ姫様はいい加減自重してください

M助さん>
トリッキーバックパックはは、たしかにどう見てもアレとアレにしか見えない
わざとなのかどうか非常に気になりますなぁ
あと、クリムがねー
どうなるのかねー
死亡フラグっぽくて心配☆

No:4847 2014/11/18 20:31 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>


返信どうもです、むしろアイーダはここまでしないとGジェネやスパロボ、サンライズ英雄単をやっていけません……アンジュもそうですが周囲を振り回してナンボになって来たなぁ。ヒロインは(大阿逢え



ガンダムビルトファイターズトライ


これのODAが出るのなら水泳部の面々を……あれは酷過ぎる。



アルト「……アバンが一番あっさりしていたなぁ」
シャア「しかも“もえつき症候群”で真っ白描写とは、このネタしっている奴は居るのか」
アムロ「元は“明日のジョー”の最終回だったよな」


コートニー「よもやデスティニーインパルス(ザフトレット)を出すとは……」
マーレ「設定上インパルスは最低でも九機稼働していたからなぁ、無論ミネルバに配備された一機を含んで」
リーカ「ただこの機体は三機あるって設定なのよ」
ルナマリア「ミネルバに配備されなかったのは」
メイリン「おえーちゃんが戦死したら来ていたかも」
シン「確かマーレはあの時連合の工作員に襲撃されたよね、しかも連合のパイロットで白鯨に酷い目に遭わされたとか」
マーレ「その事言わんでくれ……俺は女難の相だ」←彼を射撃したのはステラです。

シンはマーレやリーカの事は知ってます。

リーカ「ガイア担当」
マーレ「アビス担当」
コートニー「カオス担当」


No:4848 2014/11/20 00:19 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/11/16 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |