【Gのレコンギスタ】#12 キャピタル・タワー占領!

スパロボ新作発表の後ですが、Gレコのお時間です

今回のお話は、かなり中継ぎ感の強い内容でした
もう少し間があれば、こんな風に消化不良な内容では無く、物語の進捗かMS戦への注目か、どちらかに集中できたのでは無いかと思うのですが、両方のバランスを取ろうとした結果か、何となくどっち付かずになってしまっていました
予告の割に衝撃的なことが無かったというのもありますし・・・


メガファウナ内部では、またもラライヤが暴れていた
と言うのも彼女曰く「こんなの嫌、どかしてよ!」という、Gセルフの真っ赤な図体
201412131.jpg
ようやくお出ましのアサルトパックである
彼女としては、Gセルフが嫌がっている、(身体が)自由でないというワケ
それもそのはず、かつてVというガンダムが付けたアサルトパックに比べると、どちらかと言うとデンドロビウム的な、Ex-sの追加コンテナ(所謂ディープストライカー的な)感じで、超重そうだからである
だがそう彼女が感じるのも、彼女がGセルフをよく分かっているからである、とベルリの言(アイーダも気づいてる様子)

これをここで持ちだしたのはハッパの判断
制止衛星上での戦闘になることが、中距離戦闘の必要性を感じさせる、と戦争経験のある彼は考えたのだ
このパックも作ったは良いが、グリモアならずアルケインでさえ使えなかったという
理由は定かでは無く、ハッパは「ヘルメスの薔薇の設計書」の作者に聞け、とマニュアルを投げ渡す
前回「!?」となったあのマニュアルブック
あれが「ヘルメスの薔薇の設計書」(の一部?)だったのである

アサルトパック利用のためにマニュアルを読め、と惜しげも無くそれを投げ渡すハッパ
その後「こんな船に配属になっちまって・・・」とごちりはしたものの、戸惑うベルリを諭すために
201412132.jpg
「貴様に護ってもらいたいんだよ!」
と声をかけるハッパさんは、できた人である
今回出てくる大人は、みんな「上手い」なぁ

アイーダの推察では、ラライヤが急に記憶に振り回されたのは、宇宙服のせいでは無いかと言う
宇宙から降りてきた子が、その環境に戻ろうとすることで、何かを感じたのでは無いか
201412133.jpg
が、ベルリの興味はヘルメスの薔薇の設計書
「ええ!?アサルトって、暴行の意味も有るんですよ?」
そこ、引くところか?w

さてさて
クリムが率いるサラマンドラは、一路ザンクトポルトを目指して進攻中
彼は補給艦であるガビアルを、キャピタル・タワーの憲章(遭難船は受け容れるべし)にかこつけて、ザンクトポルトに受け容れさせ、それに乗じて自分達でかの場所を占拠しようと言うのである
201412135.jpg
演技については
「ラジオドラマをやるように頑張ってもらいたい」
そうであるが・・・ラジオ?
この時代になってもラジオなの?
いやむしろ、やっとラジオ使えるようになった??

ちなみに、ガビアルの船長はノリノリである
クリムに乗せられてるのか、アメリアの軍人の気質なのか・・・

ここでクリムが、これからの艦の目的を部下達に話したようだが、前回と違って部下に戸惑いがある
ナットならともかく、ザンクトポルトという聖地が目標となると、さしもの彼らでも何か恐れる物があるのか
困惑し、反対意見を述べる者も居る
201412136.jpg
ここについてはもう少し説明が欲しかったところ
反対する連中が、アメリア軍の中でも特にスコード教に近しいのか、それとも前述したとおり「聖地」と「ナット」との、意識のレベル差なのか

クリムがそう言った感情無く、占領すれば祟りなど無いと言い放っている部分を見ると、信仰心の問題のような気がしないでも無い

だがここで、ガランデンからの追っ手が、再度迫りつつあることが判明
マスクの部隊が、アメリア軍のザンクトポルト侵入阻止を名目に、一気に接近してきたわけである
201412137.jpg

後方のメガファウナからも、ベルリ達が出ようと準備中
マニュアル残り5ページ残ってたらしいが、ハッパに嘘ついて「読みました!」と言って放り投げたマニュアルが、まるで彼にお仕置きするように跳ね返ってきてコツン
201412138.jpg
その横からアルケインでアイーダが出て行き、アサルトパック装着のGセルフに掴まって戦場へ向かう
201412139.jpg
先行して、サラマンドラを遠方から援護するためかと考えられるが、先行しすぎるクリムを抑えに行くのも兼ねているのかな?
その中でアイーダは、相手がキャピタルアーミィであるのに、よくついてきてくれる、とベルリに礼を言う
恐らくこれは素直な感想だったろう

ベルリは「仕方ないじゃ無いですか!」というが笑顔
2014121310.jpg
そうだね、君にとっては恋だからね

最初、メガファウナからの出撃が一機と聞き、不審がっていたクリムであったが、後2機との報告を受け、アルケインも来た(つまり最初はGセルフだけと思っていた)と感じて喜ぶ
が、それを「姫様と戦えて嬉しいんでしょう」とミックに言われ、なにやら憮然
「彼女にそれほどの腕は無い!」
2014121311.jpg
それはそうですが、イラついているのはミックにバレバレ
人間はね、本当のことを言われると怒るんですよ、クリムさん?

さてマスク部隊だが
マックナイフに装着された、特別性の長距離ミサイルの準備中
フォトンアイと呼ばれるその装置があると、ミノフスキー粒子が撒かれていても、相手を追うことができるのだという・・・が
なんて所に装着されてるんだよw
2014121312.jpg

そのフォトンアイなるものは、アサルトパックの照準装置にも使われていた
どう言ったものかは定かでは無いが、かなりの遠距離までをデジタルで捉え、ある程度の状況を把握することができるものであるようだ
2014121313.jpg
現代のデジカメの、デジタルズーム的なものなのだろうか
さて問題は、援護射撃が当たって役に立つのかどうか
二人はメガファウナも、果ては交戦地域すらも目視できない場所に居るのだ
戦艦による予測報告を当てにすることもできなければ、まして戦闘の光を起こしてもらうわけにも行かない

そんな二人の困惑を知るはずも無いマスク部隊は、ついにミサイルを発射する
だがそれに気づいたように、ベルリも射撃を開始する
「モビルスーツは墜とせなくても!」
2014121314.jpg
その射撃はまごうこと無く、マスク部隊の攻撃を横っ腹から叩き落とした

この光にクリム達は、マスクがMS戦ではなく、戦艦狙いをしたことについて
「汚い!」
と言うのだが・・・
2014121315.jpg
お前が言うな

ベルリの狙いとしては、この横からの攻撃の方にマスク達の気を向け、サラマンドラを逃がすことだった
だがそこはマスク
現状、先発隊の援護に主要なMSが出払っている以上、戦艦の守りは手薄
今こそがチャンスというわけだ
その辺は冷静だな
機に乗じて艦に接近し、周りを墜とそうとする
最初は順調だったものの、クリムの方も早めに戻ってきたた
「成り上がりの軍隊に、戦艦が沈められるものかよ!」
と、見得を切る彼だったが
2014121316.jpg
「クリムは、口より手が先でしょ!」
ミックさんの仰るとおりです

てなわけで
「あ、っそぉれ!」
とまたまた調子に乗って雑魚を墜としていくクリム
これに対して、意地のあるマスクも負けてられない
マックナイフをぐりぐりさせて大乱舞。いつもより多く回っております
2014121317.jpg

ここで追いついてきたGセルフに、クリム
「姫様を連れずに来れなかったのか!」
さっきと言ってることが違いますが・・・
戦闘が終わってから、アイーダに凱旋してもらいたかったんか?
これに対してミックの言う
「キャピタルアーミィも、混成部隊を組めるようになったんですよ!」
と言うのは、んな細かい段取りとってられるか!つーことか

とは言え、ベルリは何よりかによりお怒りである
「これが人類のやることか!」
ザンクトポルトという聖地の近くで、こんなドンパチやってるなんて、彼にとっては不徳も良いところなのだろう
2014121318.jpg
その怒りっぷりにはアイーダもびっくり

一応、アメリア軍にも「聖域」のレベル認識はあるのか、クリムがそろそろヤバいと感じ始める
艦に撤収したいところではあるが、戦闘自体が終わらない
さてどうしたものかと言う状態なのに、サラマンドラの艦長はこの戦闘にいたく感激して、まだ何も終わってないのに航海日誌付け始めちゃいました
2014121319.jpg
部下に怒られてますよ、艦長
とは言え、ザンクトポルトを前にして、マスク部隊も撤収を始めたため、戦闘は自然と解消へ向かう
アイーダはメガファウナ帰投後、サラマンドラを追ってザンクトポルトへ向かうことを提案するが、普通の手段ではあの場所に入れないらしい
それを聞いて彼女は、一つ下の144番ナットに向かうことを提案
ケルベスの権限で入港できるだろうと予測するが・・・

なぜここで、メガファウナが素直にサラマンドラを追わず(追えず)、遠回りしたのかの説明が無い
冷静に前後を考えると、視聴者にとって(また、メガファウナの当事者にとって)、あの艦がアメリアのものであるのは疑いようが無いのだが、対外的には認められず、また認めるわけにもいかない
彼らはその役割がどうであれ、外様に居ざるをえないわけである、と言う流れなのかな?

遭難船扱いでナットに入った一行だが、事務的なキャピタル・タワーの役員達に、これ以上の行動はまだ認められないと言われてしまう
ケルベスは丸め込もうとしたが、そうは勝手に行かなかったわけだ
ちなみに彼らは、アメリアのこともザンクトポルトでの戦闘も「知らない」という
ベルリが呆れるのに対し、アイーダが「彼らはそんなものなんでしょ」と軽口
ケルベスに「また叩きますよ」と釘を刺されてしまう
2014121321.jpg

アイーダは現状把握のため、MSを使って上に上がるという
ベルリも同行を申し出る
本来なら彼は残るべきだが、役人達がそう簡単に通すとは思えないのだろう

で、ケルベスにとっては、アメリアがザンクトポルトを「占領」した方が気になる
罰あたりめ、とドニエルを叱責する彼に対して、アメリア軍の大義を口にするドニエル
ここでケルベスが、彼の発言を制止しようと、指を立ててるのが面白い
これは反論では無くて、今ここで言うのは不味い、という意味だ
2014121322.jpg
ケルベス中尉は空気の読める人

さて
アイーダはザンクトポルトに入るため、ワザとGセルフを簀巻きにして上へと上がる
2014121323.jpg
中にはベルリだけで無く、ノレドとラライヤも居る
これはアイーダが、Gセルフを「鹵獲」したというスタイルで、アメリア軍に「凱旋」するという形をとったのだろうが、実際それがどこまでごまかしの降下になるのか不明
ただ、アメリア軍の士気自体は確かに上がっているようである

ザンクトポルトに入った一行
すでにクリム達は内部に入っているらしく、慌ててアイーダらはその後を追う
のだが
2014121324.jpg
内部は「占領」されている状態にもかかわらず、ずいぶんのんびりしたものである
入り口の警備員(?)は居眠りしてるし、シャンクの貸出のおじさんは、なんの疑いも無く機器を渡す
緊張感無いな・・・

2014121325.jpg
これはアイーダに笑われても仕方ない

そのころ大聖堂では、クリムがアメリアの力を主張し、占領の正当化を説いていた
もちろん、管理側・・・特にウィルミット母さんが許すわけも無い
「こんな若者に乗せられて!(スルガン総監を)見損ないました!」
と超お怒り
スルガンの方もそれは分かってるらしく、苦虫かみ殺した顔である
2014121326.jpg
追いついたアイーダに制止されても、クリムは止まらない
宇宙からの脅威に対抗するには、フォトンバッテリーの供給システムは支配下に置く必要がある、と言い放っちゃったもんだから、さらにウィルミットの頭に血が上る
そりゃあ、自分が誇りにしていた仕事を取り上げる、などと公言されれば怒りもするだろう
そのわなわなしてる彼女を見る、このクンパ大佐の目!
2014121327.jpg
いやな大人の目だわぁ~(汗

混迷の度を極めようとする「会談」
だがそこで、彼らの予想外のことが起きる
ザンクトポルトの上空に居たガビアルが、何者かに狙撃されたのだ
2014121328.jpg
宇宙からの脅威を見て取る一行だが、ベルリは若干違うものを感じた
ザンクトポルトを直接で無く、その周囲に居た者が撃たれた
これは警告である、と

そして月から艦隊が向かってくる・・・
その背後の月の表面に、人工的な何かが有ることが見て取れる
2014121329.jpg
これが、次なる「敵」なのか?


うーむ
状況が整理しきれんですね、今回のはかなり・・・


クリム達は、越権行為、タブー破り、その他諸々の境界線を、どう感じてるのかが分かりづらかったかな
クリム自身は中尉ながら、大統領の「代行」的な感性を持ってるように見え、それ故にスルガンの行動を待たず、いろいろと勝手をしてるように見受けられる
ミックはその辺りは指示している(個人的な好意?)ようだが、軍の中には慎重論は有るには有る
描き分けが足りないかなー

マスク部隊は、アメリアの侵攻をダシにして、キャピタル・タワー高高度に軍事力を近づけるため、あえて積極的で無かったようにも見えるし、Gセルフの予想外の横やりでまた失敗したようにも見える
とは言え、あのミサイルは脅しで無く本気だったわけで、成功すれば良し、出なければ・・・?どうだったんだろう

メガファウナ勢は、完全に第三勢力になってきてるような感じ?
もちろん前述したとおり、(公然の)仮面部隊という中では、独立部隊にならざるをえない、というのはあるだろうが
その中に、いろい色な考え方を持っている人間が、それこそぐしゃぐしゃに混じってるため、何をどうするべきかの方向性が定まってなくて、今回も説明不足がかなりたたって、ただの我が儘姫に振り回される一団状態になっている

こんなところに、月から新勢力が出てきて、どう収まるつもりなんだ・・・?
その月からの連中とおぼしきMSの姿が、ちらっと次回予告で出てましたが
2014121330.jpg
猫目だかキツネメだか!
って感じに見える・・・
ぶっちゃけジャゴバ(@Vガンダム)に似てるような
穿った見かたしすぎか知らん?
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2014/12/13 18:43 | GのレコンギスタCOMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

ヘルメスの薔薇=ラビアンローズ?


宇宙世紀で登場した大型ドック船だって同型艦が複数あって、それがデータベースになっているのでは……。



アサルトパック


寧ろGMアームズに近いかな……サイズ的には。



仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル


イングラム「宇宙にあんな敵がいると困るんだがね、シュウが飲込まれて無ければいいが……」
リュウセイ「仮面ライダーがバイクの方が最適と言うのはよくわかる」←劇中トライドロンに乗り込もうとしたらドライブと鎧武が乗れなかったシーンがある。
アルト「バジュラも飲込んだのか?」
刹那「ELSも飲込まれたかもしれんぞ」
進ノ介&紘太「「勢いで倒せてよかった……」」


次の劇場版予告を見て思った事、まさかあんたまで自動車に乗り換えですかぁ!



・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

正体を現し始めた謎の敵、そして最後のカギは歌……次回予告でセリフ数が多い新キャラって言うのも珍しい(汗

とりあえずタスクが助けるでしょうね、妹さんは……。こうして見るとアンジュの母方の一族に秘密がありそう。

邂逅シーンにガンダムが無かったのはサンライズが許可を下ろさなかった?

No:4875 2014/12/13 21:10 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

次回予告から察するに、マスク達と共同戦線張る感じでですね!
でもつい最近まで敵同士だった者がいきなり仲良くなるのは難しそうなのでクリムの部下あたりが
 「敵だったアメリアと共同戦線を張る事になったのですが、上官のクリム大尉と妙な仮面かぶったアメリアのマスク大尉との仲が険悪です。
正直胃が痛いです」
って心の中で愚痴ってそうだね!
んで仲間になるマスクの実力を考えると、ある意味クリムと張り合ってそう作中内かませ犬ポジション最強争いとかしてもおかしくなさそうだね

No:4876 2014/12/14 00:55 | M助 #- URL編集 ]

訂正

↑あ、上のコメント読み直したら
アメリアとキャピタルアーミー混同してもうた・・・

正しくは
×敵だったアメリア ◯敵だったキャピタルアーミー

×アメリアのマスク大尉 ◯キャピタルアーミーのマスク大尉

です

最近色々プレッシャーのかかる書類の作成で疲れてたもんでミス発生してもうた・・・

No:4877 2014/12/14 00:59 | M助 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/12/13 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |