【Gのレコンギスタ】 #14月から来た者

ええと
おおよそ半分が終わった(はず)の、『Gのレコンギスタ』ですが
今回はいつにも増して、ワケがわかりませんでした

ただ、よく分かったのは
馬鹿というかアホが増えた・・・
かつ、その傾向がある連中が一所に集結してきて
さらにカオス度が増した

ということでしょうか・・・


月を背に迫る艦隊
その構図は、何処か初代ガンダムのOPでの、ジオン公国を思わせる
201412201.jpg

その中に居る一団の中で、最も身分が高そうなこの男性
カシーバミコシについても言及していることから、トワサンガの外交関係について、それなりの知識と責任がある人物と見受けられる
だがそうだとすると
(脅すだけで良いのに、ガビアルを撃破したことについて)本物の軍隊を作るには、あと100年は必要か」
201412202.jpg
と言うような発言もあり、法王の言うような平和的なイメージとはかけ離れた、典型的な(富野系)軍属のイメージのある

この事態に、それぞれが動き始める
クリムはサラマンドラにMSを出すように指示を出す
ベルリ達もまた外に出るために着替えをするが、この時ラライヤが非常に素早く、且つ適切に動く様が描写される
口には出さないが、この状況で一番切迫しているのは彼女なのかも知れない
そう感じたアイーダは思い切って、トワサンガからの警告について、彼女が何かを知っているか(または思い出したのでは)、と切り出すのだが、当の本人は怖がって引きこもってしまう
それを察した一同は、とりあえず着替えを続行することにする・・・
201412203.jpg
さり気なくアイーダ、セミヌード

てゆーか
外から来た人のノーマルスーツやパイロットスーツを収納するための、立派なロッカールームがあるって、一体どういうんですか?(苦笑


なおここでさり気なく、スルガン総監も艦隊をこちらに上げてくることが分かる

着替え終わった彼らが向かった先には、ケルベスが増援のためにやってきていた
ルアンと一緒に、Gセルフの宇宙用バックパックを持ってきてくれたという
201412204.jpg
ケルベスさん、いつの間にアメリア軍の人を呼び捨てにできるほど、馴染んじゃってんですか・・・

そこへやってきたお偉い方
スルガンはラトルパイソンも含めて、月からの艦隊と殺る気満々
ウィルミットは、戦争はタブーだと、そして自分の領域で勝手されることで、超大憤慨
クンパは根拠を示さず、月の艦隊はここを攻撃しないと断言し、スルガンとウィルミットの反感を買う
201412205.jpg
法王は相変わらず何も言わない

この、偉いさん方の「建前」合戦の隙を見て、アイーダはMSを外に出すよう提案
201412206.jpg
何でもクリムが、艦隊の中央に仕掛けてそれを墜とせば、相手は引き下がると考えて、攻撃を考えているらしい
「天才の考えそうなこと!」
との呆れ声はケルベスの言
クリムの考えは基本、ねじ伏せ方のようである・・・(呆

一方で、ガランデンはメガファウナに対し、月からの軍勢とは共同戦線を張る、との通信を入れてきた
恐らく、クンパの入れ知恵であろうが、本人は知らんぷり
だが状況は緊迫の一途を辿る
映し出される月の艦隊の動きに、クンパが珍しく舌打ちする
201412207.jpg
「青少年に期待するか・・・」
彼にとって、月からの使者の到着が、なんらかの目論見と比して予想外だったのか、そんな言葉を口にする

ラライヤの緊張もまた、過度のものとなってきていた
何かの言葉をブツブツと呟く・・・
ドレッド、と言うその言葉は、その後に続く会話で分かる
201412209.jpg
宇宙用バックパックの取り付け中、Gセルフコクピット内での会話によると、その月の艦隊から乗り込んでくる者達の中に「ドレッド将軍」という者が含まれているという
ラライヤがそれを「知って」いたと言うこと、そしてそれに対して一種の恐怖を感じている、と言う状況
やはり彼女は何かを「報せ」に、トワサンガからやってきた者なのか
それについて示唆する言葉は、後々・・・

ガランデン内部では、アメリア軍(厳密には海賊)の受け容れに戸惑う面も
ここでのマスクと艦長との会話から、ガランデンの運行クルーはキャピタルアーミィではなく、ゴンドワンの人々であることが示唆される
さらに彼らはあまり宇宙事情に詳しくなく、月からの使者についての理解も不足しているようだ

ガランデンに受け容れられた一行
そこでノレドは、軍人として上がっていたマニィと再会する
2014122011.jpg
彼女がルインを追ってきたと聞き、ノレドはルインがアーミィ居ることを知る
当のルインは見つかっていない、とマニィは言うが、直後にマスクが現われるあたり・・・

そのマスクはアイーダの身元を確認しに行く
海賊とアーミィという関係上、互いに思うところもあるが、今は協力し合うべき時、とアイーダはまるで己に言い聞かせるように、マスクを諭す言葉を言う
マスクの方は自分が折れたのでは無く、あっち(サラマンドラ)がその気になったからだというが、アイーダはそれが、マスクがクリムにおだてられたからだろう、と皮肉を言う
「クリム・ニックか。私がそんなそそっかしい男に見えるか?」
2014122012.jpg
と、さらりと流そうとしたその横からバララ
「サラマンドラからMS部隊が出たようです」
空気を読まない彼女の発言により、実はアイーダのツッコミが正しいことがバレるw
とは言え急ごしらえとも言えるこの混成部隊の状況
ベルリはそれがお互いにどこまで本気で、どこまでやっていけるのか不安を隠せない

だが迷う間もなく、MSの発進が急がされる
別れを言うノレドとマニィの手が、触れること無く宙を彷徨う・・・
2014122013.jpg
これが、何か悲劇的なことを示唆していなければ良いのだが

さて、ガランデンからは、ベルリとルアンがマスク部隊に同行
アイーダはやりきれない何かを抱えながらも、アメリアの指導者を継ぐもの(姫様?)として、メガファウナの護衛に回る
その周囲をまとめるのにケルベスを指名する辺り、ベルリはある意味分かってる

向かった先で待ち構えていたクリムは、マスクに月部隊の中央を叩くことを改めて提案する
だが、相手は既に戦闘の意思無く、何らかの意図を持って交渉団を出している
この状態でどうやって戦闘状態に持ち込むのか、とベルリに問われて曰く
「ベルリ君かい?気づかないふりをすれば良いのだよ!」
つまり、未だに脅威にさらされているのは、当方であると言う建前を持ち出すのだ
さらにそのために、白旗を持ち出す
「我々が使者になれば良いのだよ!」
これを見てマスク、諸手を挙げて同意
「降参すると見せかけて近づいて、敵の親玉を叩きますか!さすが天才!」
MSで拍手すんなw
2014122015.jpg
「そういうことだが!」
と言いつつ、のろけのように同伴者のミックを紹介し
「なにより!諸君らの協力が無ければ、実行する勇気が無かった」
と茶化すクリム
2014122014.jpg
これを見てマスク
「さすが大統領の馬鹿息子か」
と心の中で呟く
こういうやり取りを、踊る阿呆に見る阿呆、と言います(汗

と言うわけで、早速実行とあいなりますれば
すみやかに動き出したそれを、見逃す月の者達でも無い
何が起きているのか見るように言われたこの青年
クリム機の掲げる白旗を見て
「投降の使者であります!」
と見事に欺されるが、上層部はその限りでは無く
2014122016.jpg
「事前の通達も無い使者は馬鹿だ。追い払え!」
「公式の通達の無い動きは撃墜せよ」
と冷ややか
2014122017.jpg
この金髪青年、馬鹿の仲間入り確定か?

と言うわけで
アッサリと見破られた一行は、ミサイルの雨に曝されることになる
いち早く状況に気づいたベルリの、とっさの行動のおかげで損害こそ出なかったものの、クリムの浅はかな戦略は水泡に帰してしまう
2014122018.jpg
ザンクトポルトを盾にしたことで、どうにか攻撃はおさまったものの、さて次はどうするクリム
ザンクトポルトか、月の勢力に対しても盾として使える、と気づいて喜ぶのは良いが
笑ってる場合じゃ無いぞ?

さて、大聖堂にやってきた交渉団
その長は「ドレッド」というようである
彼が建前にしろ本音にしろ、スコード教の法王にを一段上に仰ぎ、スコードの言葉によって礼をしていることから、やはりスコード教自体が宇宙勢力と濃密な関係にあることは伺える
2014122019.jpg

その一段を追うベルリ達だが・・・
エレベーターん中が超カオスな顔ぶれなんですけど
2014122020.jpg
成り行きったってアンタ、これは・・・(滝汗

大聖堂へと赴いた一行は、それぞれがそれぞれの長を警護する、という名目で中への扉を開こうとする
さっきの金髪君に
「今頃来て、何が警護か!」
と至極尤もなツッコミを受けるが
2014122021.jpg
「そちらの数に合わせるためだ」
とすらりと躱すクリム
実際クリムは、スルガンを護る気ががあるのか、はなはだ疑わしいし
マスクもウィルミットを護衛する気があるのか、全く信用ならんのではあるが

中では月の使者達が、地球勢力がタブーを破り、宇宙世紀の技術を使って戦争をしていることを批難していた
タブーこそが、疲弊した地球を救う手段だったのであり、それこそが今、復帰した地球の結果に他ならない、と彼らは主張するのである
それに対してスルガンは、そう言った地球の復興をして、こちらへの侵略を企てるべく、月側が艦隊を建造していた、と言うことを指摘する
それは、地球上での大陸間戦争を鑑み、月側としても武力が必要だからだ、と言うのだが
この、ドレッド将軍の「どうでもよさげ」な風体!
2014122022.jpg
つまるところ、この会話自体が大人の茶番なのである

だがその武力がなんの誰のために向けたものなのか
これをクリムは「分かってしまったなぁ!」と指摘する
彼らの目的は地球を武力で再侵略する、つまりレコンギスタをすることなのだ、と声高に言う

これに怒った金髪君ともみ合いになるが
さすが天才君。ベルリ相手でなければ、体術でも充分すらっとかわせる
ただしその後、ベルリが間に入ってきて喧嘩を止めさせるのだが
2014122023.jpg

金髪君曰く、自分達トワサンガが、フォトンバッテリーを送り続けてきたことで、地球人は「もやしのような」歴史を紡いで来れたのだ、と言う
マスクは顔には出さないが、その「もやし」発言にちょいとご立腹
2014122024.jpg

さらに月の使者は続ける
アメリアの艦隊建造能力には、トワサンガからの亡命者の協力があったはずだ、と言うのだ
2014122025.jpg
これが、ラライヤ自身の自出に関係するであることは、火を見るより明らかである
彼女がドレッドという名を恐れたように立ち振る舞したのは、彼の考えに反発するか何か故に、ラライヤ自身の意思を持ってGセルフをトワサンガより持ち出し、地球側に助力しようとした、という経緯を想像することは難しくない

さらに、その中には「レイハントン家」の生き残りも居た・・・との言
レイハントンとは、Gセルフ起動時にあった、レイハントンコードの言葉と一致する
つまり・・・

月側はその情報を、書面にして提出せよと迫る
時間稼ぎか、それとも本当にその情報が無いのか、ウィルミットとスルガンは、議場を開いてからの回答とすることにした

その状況に納得行かないのは、アイーダであった
彼女は聖堂から飛び出した後、ルアンを通じてメガファウナを、トワサンガに向けるように指示する
あんな「大人」の茶番で何が分かるか、というのが彼女の理論
2014122026.jpg
ならば、行ってみて、目で確かめるのが、最も良いことである
それがアイーダが示す、一つの道であった


呉越同舟と言うこと以上に、敵も味方も入り乱れ
誰しもが勝手な理論であちこち動き回る
ひたすらに自分勝手な物言いが幅を効かせ、整った一つの道すら無い
それがこの回の印象でした


つまるところ、一度滅びかけた地球に対して、様々な勢力が私心を持っており、噛み合わない故の現状、と言うことなのだという感覚が見えてきます
その私心自体を、その誰しもがエゴとも何とも思って居らず、最良であると感じるが故の、物凄い齟齬感がひしひしとあって、そのために話の流れのカオス感がハンパないです
使者到着直後、何かの考えがあってか、足早に聖堂を抜け出したクンパも、悪漢というわけでは無くて、そういう私心の行きすぎた感じがある人なんでしょう

ここまででハッと気づいたのが、富野監督の軍の描き方が、以前と微妙に違うなあと言うことです
軍が権力の象徴でも無ければ、独善の象徴というわけでも無い
独善は個々のキャラクターにあるのです
それは主人公のベルリですら例外では無く、だからこそ話が全然噛み合わない
この微妙さがどこまで何を描いてくれるのか・・・
後半分でどこまでやってくれるのか・・・
本日の一枚
金髪君が乗ってたMSのアップ映像
201412208.jpg
なんっかこー・・・ゲラドフ(@VガンダムInザンスカール)っぽいというか、ゲルググっぽいと言うか・・・
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2014/12/20 21:43 | 雑記COMMENT(6)TRACKBACK(2)  TOP

コメント

新キャラの金髪青年、かませのクリムと別の意味で同レベルの臭いがしたでぇ沸点の低さとか

トワサンガ側の機体を思い出し、「ジャイオーンはいつ出てくるのかなぁ」っと思いましたが、乗る人は少なくともレイハントンコードがらみですかねぇ
なので乗る人は、おバカ臭漂う金髪じゃない事は100%くらい確かだね★

金髪青年は視聴者に、ある意味新しいおもちゃなキャラと思われてそう・・・

No:4879 2014/12/21 01:06 | M助 #pyek25Yw URL編集 ]

……沸点が低く

余程ベルリの方がまともに見えます、ここまで熱くしたのは大人達ですからねぇ。姫様もたまにはまともな意見を言います、伊達に父ちゃんがほっぽりだした訳でもなさそう。


どの組織にも無鉄砲な人は居るもんです。主人公が苦労しそうです。



クロスアンジュ 天使と竜の舞輪


キラ「……」
ミサト「人類補完計画よりも性質悪いわ、デスティニープランよりもね」
MIX「男性化ってまだマシだったんですね」
レド「ヒディアーズ(イカ人間)と同じか」
アンジュ「スパロボ参戦時どうなる事やら」
サラ「色々と問題になりそうですね」
チェンバー「問題無い」

ジルの正体や過去も判明。色々とまってください


No:4880 2014/12/21 07:12 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

へっぽこ姫の冒険

M助さん>
かませというか、馬鹿が増えたというかw
金髪君の考えの浅はかさは、初期のクリムに通じるところはありますけど(ぇ
ジャイオーンについては・・・それがレイハントン家に関わるのか、と言う事自体もまだ謎ですからね
どちらにしろ今回の物語は、かぐや姫の話なんですよね
ベルリ達は月に変える運命を背負ってたと言うことで

YF-19Kさん>
アイーダはMSに乗るより、指導力で姫様になってる方が安全な気がしてきた
え、今更?
でも今回は活躍したし。MS乗ってないけど!

No:4881 2014/12/21 23:06 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>

返信どうもです。


あの性格で指導部にじっとしてられるとは思いません……思い立ったら即行動、もはや鉄砲の弾丸如く……。


ベルリは歴代のガンダムパイロットでどれくらい強いって言う掲示板のスレがあったんですが、よくよく考えるとMS操作技術(=ジャンク屋作業)だけならそれなりに高い、ただし軍事作戦面では敵もMS操縦の初心者に近い。敵であるキャピタルアーミーはまさにそれ……

No:4884 2014/12/22 01:30 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

なにやらGルシファーなる機体がでるらしいですけど、色的にキュベレイっぽいですぞー

脚部のデザインがエルフブルックやマックナイフみたいな感じなんで、キャピタルアーミー配備率高そう。

色的に女性的な色なんで
乗る人、マスクの部下のバララさんですかねぇ・・・?

No:4887 2014/12/23 16:20 | M助 #- URL編集 ]

それ以前に

機体名称が、お禿げ様には珍しく、やけに厨二病なのが気になるw

No:4889 2014/12/23 19:37 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/12/21 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

2014/12/22 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |