【Gのレコンギスタ】#14 宇宙、モビルスーツ戦!

年末も押し迫りまして、師走の名の如くバタバタとしている今日この頃
皆様もいかがお過ごしでしょうか

Gのレコンギスタもちょうど真ん中。折り返し
そのせいか今回も、非常にハイスピード且つ情報が濃く、まるでぎっしり圧縮されたZipファイルの中身のようでした
開けごま、と呪文を唱えたら、玉石混交の情報が大量にあふれ出て、整理が付かんで困ったでござる、ってかんじ

ここまで来ても、謎と伏線を大量に増やす辺り
そしてこれを年明けまで持ち越す辺り
富野監督の意地悪・・・w


あと、Gレコとは直接関係ないけど、今月のガンダムエースの一コマ
「クロスボーンガンダム ゴースト」の一場面
ゴーストに飛び乗って、待ちの危機に駆けつけたシーブックを見て、セシリーの肩のハロ曰く
「チョースゲェドスバイ」
2014122701.jpg
長谷川先生・・・
あんた様はよぉ判ってるお人や・・・(苦笑


ザンクトポルトの一室で、パイロットスーツの手入れをしていたベルリの元に、服を新調したノレドやラライヤがやってくる
2014122702.jpg
一応理由としては、トワサンガからの人物達が、ラライヤを知っている可能性があるので、今までと同じ格好をしているとバレるから、変装しようと言うことらしい
前期後期お決まりの、「衣装替え」をこういう形で表現する辺り、富野監督らしい
これら3人の女性が次々と新調した服で現われる中、一番ベルリに構って欲しいノレドに関しては、ベルリが戸惑ってオロオロしているのに対し、アイーダのドレス姿は超特急でベタ褒めと言う辺り、彼の心情がよく分かるw
2014122703.jpg

アーミィ側では、クンパがマスク達を交え、今後の交渉をどうするか話し合っていた
「外交交渉の場で殴り合いをするのだから、まるで子供だな」
と言うのは、クリムのことか、それとも先週の金髪君のことか?
2014122704.jpg
クンパとしては、ドレッド将軍自体が肝であって、クリムが先週やったような「旗艦を叩く」という方法は、あまり得策では無いという。マスクも、二度目は無いと答え
「ここで暗殺すればいい話」
と、怖いことをさらっと口にし、たまたまお茶を出しに回っていたマニィの肝を冷やさせる
と言ってもこの案はクンパから、聖域での殺人行為が、世界中のスコード教信者の反感を買う、との理由却下される
ただしその代案として
「戦場で死んでいただく」(バララ曰く花火になる)
と言う、なんちゅーかこう五十歩百歩なことを言う辺り
「戦場でなら名誉の戦死になる」
どっちにしろ、あの将軍には死んでいただきたいようである

聖餐室での話し合いは続いていた
2014122705.jpg
この状況を上から見ていたラライヤが、緊張感を隠せないことに気づいたアイーダは、彼女に問いかける
「知っているのですね?」
これに対して彼女は、明確に意思を持って、相手が『誰』であるかを回答する
「階級は知りません。私たちは、全くの別働隊でしたから」
2014122706.jpg
"私たち"という言葉が何を意味するのか
トワサンガの軍事勢力が、ドレッド将軍配下の者達と、そうで無い者達が居るという事なのは明白としても
なぜそのような分裂傾向があるのか
別働隊だったというラライヤが、ドレッド将軍を警戒するのか

ここでスルガンやウィルミットは、地球側にトワサンガからの亡命者が居たかは「不明」と答える
ヘルメスの薔薇の設計書の著者も不明
しかしそれは、ウィルミットが遠回しに言っているように、「公的な手段」を以て、地球にやってきた者が居るか否か、ということである
未だラライヤの自出が定かでは無いが、彼女がその亡命者の内の一人と考えると、公的手段を用いずに、こっそりと地球に紛れ込んだというシチュエーションはあるまいか(∀のロラン達のように)
今までの描写からするに、Gセルフはやろうと思えば、単体で大気圏突入できそうにも見える
ただ、もしそうだったとして、第1話でのラライヤ争奪戦にて、アメリアとキャピタル・ガードが居て、彼女を(もしかしたら)追うべきトワサンガの勢力が居なかったのはなぜか、と言うことも疑問に残る
Gセルフの単体パワーが、トワサンガの既存MSに比べて圧倒的に性能が高く、月離脱時点で追っ手も振り切った、と言う可能性も否定できないが

法王の言では、カシーバミコシが半年後にやってくる手はずだったという
ドレッド将軍曰く、アメリアの艦隊が出てきたので、仕方なくこっちも出てきたのだ、と理由をつける
世界中には「警察平等」という概念があって、相手が軍事力などを行使した場合、それと同等の力を以て対応するため、相手も力を付けようとする、という何ともやるせない無限ループな理論なのだが、これは実際現代でもある話である
リギルド・センチュリーでは、多くの勢力が、お互いの技術レベルがどこまで復帰したか、とにかく隠したがってる面が非常に目立っていて、カードを切るタイミングで自分達が優位になるチャンスを、虎視眈々と狙っているというのがよく見える
トワサンガの軍事勢力も、結局そこがあるのだろう。フォトンバッテリーの独占供給力だけでは、地球側の意図をコントロールできなくなってきたので、実力行使に出たのを「相手が先にやった」と主張して誤魔化しているわけである

さて、トワサンガの中でも、フォトンバッテリーの供給に専念している一団があるという。それがヘルメス財団らしい
2014122707.jpg

こう言った話し合いの中、アイーダは改めてトワサンガに向かうことを決意する
ベルリも「分からないことが多すぎる」から、その目で確かめに行くのは必要だ、と言う面では同意する
2014122708.jpg
ここでラライヤが、料理材料のリンゴを拝借し、その食べ残しの芯を牧場にポイするシーンがある
アイーダ曰く、宇宙育ちの人は、それが「捨てた」という考えには無いと言う
キャピタルガードなどでは、ああいった食べ残しは肥料にする、とベルリが答えるシーン
牧場の敷地内にポイしたのだがから、現代人の自分達から見ると、とりあえずあのまま肥料になるんじゃ無いのか?と思うのだが、コロニー(ナット)の大地にとってはそうでは無い、と言う意味なのか
それとも、肥料にするには相応の手順があって、それを護らないからと言う意味なのか、どっちかよく分からない

聖餐室を出た一行に、マニィが改めて別れを告げに来る
あくまでマスクをマスクとして扱い、彼のために戦うと暗に宣言する
2014122709.jpg
一方で、サラマンドラにも動きがある、と知ったアイーダはこちらも動くように、暗に指示する
なおここで、いつの間にかクリムが中尉から大尉になってたのが判明w
その天才大尉が何をする気なのか、それに対してガランデンがどう動くのかと彼女に問うベルリに
「キャピタルアーミィの動きは、ベルが教えてくれなければ困ります」
とツンツン発言
姫様、ベルリ(=ウィルミット)の情報源だって限られてるんだから、そんな意地悪しないw

ガランデンへと戻ったマニィは、甲板の整理に回されるのだが、そこにマスクが近づく
「ちょっと危険な作戦をするから、なるべく艦の奥に居ろ」
2014122710.jpg
ルインとしてなのか上官としてなのか、彼はそんな言葉をマニィにかける
彼に何かを問おうとしても、彼の「クンタラの名誉をかけている」という、本音と建て前の入り交じった「盾」を出されては、彼女も立つ瀬が無い
なのに、マスクの側に常にバララが居る事への、嫉妬と焦り
それは彼女に、MS乗りへの志願を決意させるきっかけとなる

会議後の休憩時間
2014122711.jpg
何かを感じてか、トワサンガ側のマッシュナーは席を離れる
彼女は艦へと戻る道すがら、ロックパイ(先週の金髪君)に「迎撃戦と追撃戦をやる」との指示を出すが、途中でミノフスキー粒子の障害が発生
その発生源はどの艦隊でも無く、「ザンクトポルト」自体からだという
マスクはそれを、クンパが全体を煽っているのでは無いか、と推察した
クンパの意図はどうにせよ、自分だって使われるだけで終わるつもりは無い、と心に誓うマスク
本気で「艦隊をいただく」というのは、墜とすという意味か・・・?
この作戦にはクリムも一枚噛んでいるようだ
そのクリムの方はと言えば、エレベーターの中でミックとイチャイチャ
2014122712.jpg
ミックはクリムをおだてるように、マスクがクンタラの意地で、こちら側の鼻を明かそうと、突貫突出していると笑う
クリムもその辺りはよく分かっているが、そういうことだけでは今回はすまない、とミックに喝

その頃メガファウナは、144番ナットを出て、一路ザンクトポルトへと上昇を続けていた

ザンクトポルトを出たマッシュナーは、ロックパイ達部下の動きが鈍いことに、やや不満げ
敵の動きが分散して3つ有るから、ということなのだが
「戦場でそういうのは死ぬんだよ」
2014122713.jpg
うむ、いかにも富野語
その後、ロックパイがガランデンに向かったとの報告で、ようやくご満悦
「そうでなくちゃ」

だが、ロックパイのその行動は、マスクの陽動にひっかかったものだった
彼の動きに引きつけられたロックパイが気づいた時、ガランデンはザンクトポルトを背にする形で、ドレッド艦隊を砲撃していた
と言ってもこいつら、艦艇単位でIフィールド持ちみたいなので、実質撃沈とかされてないんだけど・・・
2014122714.jpg
旗艦に飛び込んだマスクは、攻撃をするのでは無く、何かを送りつけて、すぐにその場を去って行く
2014122715.jpg

作戦を追えたマスクとガランデンが、まず第一にザンクトポルトを抜け出し
続いてサラマンドラが、殿としてメガファウナが
月へと一気に動き出す
宇宙用バックパックの取り付けに手間取ったのが理由、らしいが
先週付けてなかったっけ?(すっとぼけ


月までいくというのだから、ここで傷を負うわけには行かないと忠言したベルリだが、逆にアイーダに他人事みたいな言い方は止めろと注意されてしまう
さらには、任せてくださいとは言えないと、謙遜のつもりでものを言ったら
「嘘でもこういう時は自信があるようにするべきだ」
と、また注意されてしまう
姫様の姫様らしい、人を指導する姿に、ドニエルも今回はご満悦
2014122716.jpg

とか何とかやってる内に、トワサンガを盾にできる距離を超える頃になってきた
ドレッド艦隊から真っ先に砲撃を受け、追撃のMSと交戦したのはクリムとミック
たった3機で追ってきた相手を「馬鹿では無いか!」と評するクリム
ミックは一時はそれを制し、よっぽど自信があるのだろうと諭したが、次の瞬間一機が、あっけなく自分の手で墜ちたことで
「やはり馬鹿だ!光の中に飛び込むのは、虫だけだろ!!」
2014122717.jpg
さらにはクリム、2機の敵機を同時に撃墜
2014122718.jpg
しかし、サイズ差が非道いな、このMS
エルモランと言うらしいが、こいつらの方が旧い技術で作られてるのか?

「ふはははは!つくづく天才だよ、俺は!!」
2014122719.jpg
うおらー、ミックー!
この馬鹿をとめろー!!


一方のメガファウナにも追撃が来ていた
その敵側の一機が、Gセルフを視認して呟く
「あれ、ウチにあった試作機じゃ?」
2014122720.jpg
なんと!?

そんな事情を知る由も無く、ベルリの動きは超早い
「1つ、2つ、3つ!」
己は何処かの白い悪魔かw
これに驚いた追撃のMSは、慌てて戦場を離脱していく
だがその中で、先ほどGセルフを「試作機」と言った"彼"だけは、投降の意思を示してベルリと接触する
2014122722.jpg
ここで彼が自らの窮地に対し、「スコード」を唱えていることから、確かにトワサンガにもスコード教が「ある」ことは推察できる

戦闘が終わって、またもや航海日誌に気もそぞろなサラマンドラの艦長
その前でクリム達は、ちゃーんとお仕事してます
2014122723.jpg
部下に嫌われますよ。艦長もお仕事しましょうね

マスクが送りつけたもの
それは
「降参すれば地球に住まわせてやる」
と言う内容のメッセージチューブだった
2014122724.jpg
トワサンガの船乗りには、地球に帰りたがっている者達も多いという
マスクが(クンパが?)それに目を付けたのだ
マスクはそれをして、艦隊を食らうと言ったのだろう
つまり、内紛を引き起こさせて、ドレッド艦隊の戦力ごと頂く気なのだ


月へと向かうと知って、ラライヤは絶好調
きちんとノレド達の名前を呼び、自らの本名も「ラライヤ・アクパール」と思い出したのだ
よかったね!と抱きつこうとするベルリを、アイーダは「ダメでしょ」と制止w
2014122725.jpg
なんだこの、急にオカン属性発揮の姫様w

サラマンドラの艦長は、メガファウナを先行させるのにちょっと不満げ
ミックが「姫様を追い返して、点数を稼ぎたいんでしょ」と言ってやるが
2014122726.jpg
どう考えても「一番乗りしたい」のがバレバレなんですが

とはいえ、トワサンガ側も手をこまねいているわけでは無い
マッシュナーとしては、地球の戦力を上手く本国で捕えられるから、これで良いのだと言う
ロックパイはそんな彼女を褒めちぎるが
「フッ、惚れ直しな」
2014122727.jpg
と言うことは、こいつらも男女の仲かいw

だが、メガファウナに降りた、ドレッド艦隊の兵士リンゴの言では
トワサンガには地球人が来る、と言う考え自体が無いので、この事態に対応できる者が居ない
要するに素人集団しか残っていない(ケルベス曰く)というので有る
2014122728.jpg
しかしアイーダは、軍隊を動かす国家があるのだが、油断は禁物だと言明し、ベルリを指名する
今日の戦いぶりを褒め、能力がある君は、戦士として充分に働くべきだ、と諭してみせる
それをおだてと感じて、喜びそうな自分を抑えて、皮肉を返すベルリ
2014122729.jpg
業を煮やしたノレドに「男をやれって言われてんだろ!」と背を押され、やっと彼もやる気を表明
この調子で、月を越えて無事にトワサンガに行けるのか?


今回の男性主要キャラは、どいつもこいつもリア充ばかりかいw
しかもその様は多様で
ベルリのように「思ってくれる相手」と「思う相手」が別々で、その中でウロウロしているタイプ
クリムのように、尽す女房役が居るタイプ
マスクのように、浮気しているタイプ(ぇ
そしてロックパイのように、女の尻に引かれているタイプ(おい
と言うように、一作品で色々な恋愛模様が見られるよ!という、まさしくモザイク模様である

その中で気になるのが、今回のマニィ
彼女がもしも、マスクの側に居たいという念の暴走から、本当にMS乗りになった場合、うっかりベルリや他のキャラクターにぬっ殺される、という展開が待ち構えている、ような気がしないでも無い
しかもそれを、マスクが「(立場上)悲しめない」という展開となると、素敵な黒富野の世界が待っていることになる
やばい(迫真

なお、今週からOPが変わりましたが
新作画が有るかと思いきや、全部バンクだったでござる(滝汗
監督、どんだけ
「そんなもの飾りです」
って感じなんですか・・・
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2014/12/27 16:33 | GのレコンギスタCOMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

OPがバンク


新規で作るとネタバレになるので敢てバンクに、もっとも『SIROBAKO』を見ていると製作サイド側の仕方ない事情も垣間見えます、この作品内に登場するアニメ『えくそだす!』のラストにて馬100頭を登場するシーンがあるんですが武蔵野アニメーションでは手に負えない、制作進行の主人公は外部に当たるのですが何処もダメ、遂には管野氏(元ネタになった人はEVAでお馴染みの……巨人兵のパロまで登場した)に頼むのですが彼からお宅には杉江さんが居るじゃないかと言われます。彼はベテランですが今風の作画は無理、所が制作進行のヒロインが好きなアニメ作品のOPを一人で三日間作画したと言う“杉江三日伝説”……無事に馬百頭をセル画でやってのけました。


まあ批判するのは自由ですが業界の内情を察してください。物事には限度ってあります。




Gセルフ&ラライアはドワサンガ出身


こうなるとラライアの酸素欠乏症は思ったよりも早い時期に治っていた可能性も……それか最初から酸素欠乏症になってなくそのフリをしてベルリらの動向を見ていたかもしれませんね。


まあこれでアイーダらが海賊になってまでもGセルフを捕まえようとした理由も納得、もしかするとGアルケインはGセルフを模した機体なのか……何がともあれラライアの目的がこの話を左右しそう。

No:4894 2014/12/27 18:50 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

土曜日の深夜に寝ちゃって、結局スマホで14話見ました

困りました!
トワサンガの機体、パッと強い印象が無いでぇ!!・・・
 それなりに技術力はある・・あるはずやぁ・・・

まぁビーム兵器は当たれば一撃必殺の兵器だから少なくともMSの部位を一発で破壊できるってだけで、それなりに実戦経験がある最近忘れかけてたけどかませのクリムのザコメカのビームを当てれば高い技術力を誇る機体が雑魚っぽく見えたため、
要はやられるまえにやられちゃったせいで強い印象が無いだけとおもえば問題無い!!

少なくとも、教官というそれなりに強そうな肩書きのケルベスさんが死なない程度にかませになってくれれば、トワサンガの機体は強く見えそうかな

No:4898 2014/12/31 21:23 | M助 #tfdyKnH6 URL編集 ]

富野監督に死角無し?

YF-19Kさん>
ううーん
予算の問題はまぁ、あるとは思いますが
それにしてもあれでは、やる気があるのかどうか、ちょっと心を疑いたくなってしまいますよw
ネタバレという点についても、某所で富野監督が
数週間前にコンテ全部切り直した
とか爆弾発言してたので、こちらの予想なんぞ、知ったこっちゃ無い、って姿勢のようですぜ・・・

M助さん>
見逃し、災難でしたね
まあ私も2話でやっちまったので、人のことは言えませんがw
さてトワサンガの機体ですが、これがクリムの言うところの
「戦争をやっていたか否か」
と言うことでは無いかと、一応(クリムを)肯定的に見ています
結局、臨機応変じゃ無いってことなんじゃないですかねー
いくらクリムがお馬鹿でも、経験値が違うって奴です。たぶん
ケルベスさんもそういう意味では、色々な想定外のことにブチ有ったったことはありそうですから、器用さでは負けてないと思いたい

No:4899 2014/12/31 22:45 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/12/27 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |