【Gのレコンギスタ】ビーナスグロゥブの一団

今回もやってくれたなー、って回でした
戦闘シーンは全くと言って良いほど無いんですが
思想のぶつかり合い
言ってみれば今までの富野アニメで言うところの、「エゴ」の噴出と、それに伴う衝突という「戦い」が、なんとも生々しく描かれた感じです
このアニメが、別の段階に入ってきた、ということを感じるシーンでした


メガファウナの一同は、先週のあの後クレンセットシップに招き入れられたらしい
その彼らは、船の中でマラソン大会
フラミニア曰く、宇宙航行中に溜った老廃物を、こうして強制的に排出させることで、健康を保つ意図があるのだ、と言う
あと、宇宙線対策だとか
201502071.jpg
んで、走り終わったんでシャワー浴びようとして、ノレドとドニエルが・・・
はい、今週のサービスシーンは、ドニエル艦長の・・・(略
201502072.jpg

さてさて、もう一周走らされることになった、パイロット連中の会話から
実はフラミニアが、このクレンセットシップを使い、ビーナスグロゥブから来た人物であったことが判明
これはロルッカ達もあずかり知らない事で、彼ら曰く「欺された」と怒っている模様
201502073.jpg
リンゴも「それってスパイじゃん」、と不信感をあらわにするのだが、彼女にあまり悪意の無いラライヤやアイーダは、「地球圏に興味のあった調査員ってことじゃない?」と流してしまう

ビーナスグロゥブには色々な施設があり、その中にはスカッシュをやる場所も有った
アイーダには興味のあるスポーツのようで、ベルリをそれに誘う
そこにケルベス中尉
「よく持ちますねぇ。さすが元海賊!」
と茶化してしまう
201502074.jpg
海賊時代のことはリンゴの知らないことだから、もちろんなんだそりゃ?と首をかしげられてしまう
そのことを話したくないアイーダは、ベルリにスカッシュを強制するのであった

運動の後は、みんなで船の補修
201502075.jpg
紛れ込んじゃったマニィも、その作業に参加中
久しぶりに見たベルリが、彼女の今までの印象と違うのか、側に居たアイーダに
201502076.jpg
「彼はあんな調子なのか」
と接触回線で質問
ラライヤが記憶を取り戻して以来、どうも二人は気が合うらしい、とは姉の弁

その二人の頭上で何かが煌めく
太陽系内の宇宙線が、クレンセットシップのビームシールドにぶつかり、輝いているモノだった
ある意味ではオーロラのようなモノ、とアイーダは言いつつ、それを見あげられる高度まで二人で移動
201502077.jpg

ふと後ろを振り返ったマニィは、すでに月も地球も見えない場所に来てしまった、ということを嫌でも感じ、涙する
「ルインの居る星がどこにあるか分からない・・・」
201502078.jpg
マスクはこういうことになったのをどう思ってんでしょうね
クレンセットシップがここまで来た以上、あちらに追いかける術は無いし・・・

一方のベルリは、Gセルフをメンテナンスしていたハッパの元へ
彼の整備のおかげで、コクピットシートの緩みすらしっかり直っている
そしてハッパは、レイハントンコードを、元の制限コードに戻した、と言う
201502079.jpg
それをして彼はGセルフが、あくまでもレイハントン家を守るための代物なのだな、と言う
「良いご先祖様に感謝するんだな!」
顔だけしか知らない両親の遺志が、そういう所に働いていると言う感覚
惚れた女が姉で、その弟が自分
そういったことを改めて感じ、理不尽な事実と感謝すべき事への間で、彼の心は揺れる


はい、皆さん?
ここまで伏線ですよ
よーく覚えておいてね


クレンセットシップに接近する隕石を、船のレーザー場破壊する
その正確さに驚く一方、それが失敗した場合のことを考え、マニィやノレドは身を縮ませる
帰りたい。帰れるものなら
だがそんな彼女らの意思とは裏腹に、その視界にビーナスグロゥブが映ってくる

しかし、そのビーナスグロゥブでは
「クレンセットシップをいただきに行く」
と不穏なことを言う一団が、MSを持ち出していた
2015020710.jpg

クレンセットシップの艦橋では、艦長が船の説明やビーナスグロゥブの成り立ちなどを説明してた
船体の形とエネルギー効率、ヘルメスの薔薇の設計書についてなど、興味深い話が交わされる
2015020711.jpg
なおメガファウナはヘルメスの薔薇の設計書を見て、とりあえずそのまま組み立てただけの代物で、本来の性能とは何かも知らずに使っていたらしい
アイーダ曰く、宇宙世紀からの技術自体は「確立された歴史」として、あらゆる技術の根底に存在している
つまり、実績があるものということである。だから、無条件に組み立てようとも、動く物は動く
たとえそれが滅びの技術であったとしても


一方、ビーナスグロゥブの人々は、オーシャンリングと呼ばれる場所に住み、ビーナスグロゥブ(月ほどもある構造体)全体を巨大なフォトンバッテリーとし、それをエネルギー源として生きているという
何故そこまでして金星に住むのか
艦長曰くそれは「人類を永遠に生き延びさせるため」だという
だがそれらの技術は、宇宙世紀の基盤を延長させたものである
フォトンバッテリーの技術を独占し、地球には技術革新をさせぬようにしたのは、勝手では無いかとベルリは指摘する
艦長の弁によれば、宇宙世紀というものにより、人類は地球を住めない星にまで追いやった
それを再生させるためには、こう言った制限も必要だという
傍らで地球の復活を待つために、トワサンガやビーナスグロゥブを創造して移り住み、生き延びるという戦いもあった、ということを言いたいのだろう
だがアイーダは、その制限こそがキャピタル・タワーの独裁に繋がったのでは、とアメリアの主張をぶつける
それをノレドに「アメリアの感覚だけで話すな」と諭され、艦長にも「そのように教わってお育ちになったのですな」と言われる
2015020712.jpg
アイーダはそこで、そういったものが「思想」であり、「感性」では無いと言うことを、初めて考える

それは船外活動の訓練で、クレンセットシップとMSの大きさ、そして自分の大きさを感じた時に、なんとなく彼女を動かす
「数字で理解したモノは、数字でしか無い・・・」
2015020713.jpg
だが、オンマイクだったために、それはベルリにも聞こえていた
「私の父は、間違ったことを教えたのでしょうか?」
2015020714.jpg
ベルリは、そういうことでは無いと応える
結局それは、スルガン総監が軍人であって、その中でも傑出していたからこそ、そういう物言いだったということ
ベルリの母のウィルミットにしても、運行長官として立派であっても、そこから宇宙全体を見ていたわけでは無い
人間性というのは、そいういうモノだ


姉の苦悩を知ったベルリは、艦長が地球を大事だと言いながら、キャピタル・タワーの争奪戦による地球上の混乱を
「経済的に豊かになったからでしょうな」
と大人の物言いで流すことを止めた
「ヘルメス財団の偉い人や、ビーナスグロゥブを見て、宇宙の海と言った夢を姉さんに見つけて欲しいんです!」
そう言った混迷を止めることこそ、実際には自分の、姉の使命であると言うのだ
艦長が言うには幸いにも、現在のビーナスグロゥブをまとめている人物は、非常に高潔な人物であるらしい
2015020715.jpg

姉を思う弟という感性に、ベルリが馴染んできたことを、女性三人組は安心した感じで受け止めていた
2015020716.jpg
これで彼の心持ちも安定するだろう・・・

だが、事は急展開を始める
ジット団を名乗る連中が、クレンセットシップに乗り込んできたのだ
出迎えと言うがその様相は、明らかに穏やかでは無い
2015020717.jpg

彼らはブリッヂに取り付いて、船を制圧しようと動き出した
乗り込んできていきなり銃を突きつける、キアと名乗った人物
2015020718.jpg
彼らはメガファウナや地球の人物達そこに居ることを知っていた
そして、動くなと言う脅しを守るため、ベルリ達はとりあえずそれぞれ、MSに戻ろうとした
ところがそのGセルフを、フラミニアが盗もうとしていた
彼女もこの件に一枚噛んでいたのだ!
2015020720.jpg
だが、ハッパが戻しておいたレイハントンコードが、それを拒んでいたのだ
Gセルフを両親の遺産と言い、勝手をされることを良しとしないベルリ
それをタブー破りなどと言って、フラミニアはベルリに薬を打って放逐する
2015020722.jpg
Gセルフを奪えないと知ったジット団は、自分達の武力を以てして、一行を取り押さえる方向へ出た
有線ビットが狙いを定めている・・・
2015020723.jpg

キアが言うには彼らは、トワサンガのハザム政権から、メガファウナを抹殺するよう依頼された、と言う
2015020725.jpg
あまりの暴挙に、艦長がラグー総裁は承知のことか!と激怒するのだが、どうもこれはジット・ラボ独断の行動のようだ
2015020726.jpg
ビーナスグロゥブでも、ある種の叛乱が起きていたと言うことだ
彼らとしては作戦万全と言うが、ロザリオ・テンなるものの反抗も予想される、という
果たして、金星で何が待ち構えているのか?
2015020727.jpg


フラミニア、毒女じゃねーか・・・
つまり、トワサンガ側のレジスタンスに対して、トワサンガ・ハザム政権のスパイ
ビーナスグロゥブとクレンセットシップに対して、ジット団のスパイ
三重スパイってレベルじゃねーぞ
そこまでしてジット団は何を求めていたのか
どうやら公式サイトによると、彼ら自体もレコンギスタを望んでいるようですが・・・

せっかくベルリが、アイーダが「女王」になるため、統治者としてレイハントン家の当主として、やるべき事があるって気が付いて、それで彼女の中に有ったアメリア主体、言ってみれば井の中の蛙だった部分から抜け出て、宇宙を見るきっかけを作るいい話だったのに
金星側の勝手でそれが台無しになる、というすごく心に来る回でした
先週までのお話で、ベルリとアイーダが世界の謎のベールを剥ぎ、生きる目的を見つける「冒険譚」の趣旨がようやく分かって、それに光が射したと思ったらこれだよ!
全く富野監督にはやられっぱなしだぜ・・・

今週の一枚
このリジットなるMS
2015020719.jpg
ギラ・ドーガに見える・・・のは私だけ?
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2015/02/07 13:16 | GのレコンギスタCOMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

運動する意味


フラミニア「因みに適度な運動しないと二人の様に骨折するから」


伊織(アイドルマスターゼノグラシア版)、ハチマキ(プラネテス)「「そんなもんの為によんだのかぉ!」」

アスラン「確か二作品ともサンライズだったけ?」
キラ「因みにリアル世界の宇宙ステーションにはランニングマシーンがあります、プラネテス(原作版)にもハチマキさんがしているシーンもあるんですね」


骨折対策は聞いた事があるけど放射能線対策って言うのは初耳……。



リジット=ギガ.ドーガ?


可能性はあると思いますよ、そりゃあF90の時代だってジオン残党が火星圏に居たし、既に木星まで往復できるノウハウは存在している。もしかするとジット団の中にはジオンやザンスガールの残党と言う先祖を持つ人が居てもおかしくないと……。


ストーク卿「まあ金星辺りに潜伏しようとしたら出来るんじゃないの?戦後ならコロニー一つ移動しても気がつかないと思うよ」
トビア「……」
ウッソ「彼ならやりかねませんよ」

No:4939 2015/02/07 19:56 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

金星へGO!ってところで新しい勢力出てきましたが
冷静に考えればあと6話くらいでGレコが終わってまう・・・
ラスボス誰でしょうかねぇ?未登場キャラがラスボス・・・?

過去作品でラスボスだと、カテジナさんやギンガナムといった強烈なキャラを思い出しますが、
逆シャア時の、美形なのにロリコンでマザコンでシスコンでヘタレなのが、かえって人間臭いギャップのあるシャアもいますし

No:4940 2015/02/08 00:59 | M助 #- URL編集 ]

誰かを倒すのが終わりでは無い

YF-19Kさん>
ジャイオーンなんて、もろジム系に見えますからね
金星にはかなりの技術が移転、もしくは秘匿されているのかもしれません
それにしても、以前はそういう場所は木星だったのが、金星になったのは・・・
ミノフスキー物理学を封印するため、ヘリウム関係の採掘場所から離れたかったのか
もしくはすでに木星すら食い尽くしたのか・・・

M助さん>
個人的な意見ですが
物語にラスボスは必ず必要なのでしょうか?
初代ガンダムの話は、実質的にラスボスが居なかったと思います
ザビ家は内紛で滅び、シャアとアムロは結局決着が付かず
それでも戦争は終わって、明日に向かうと言うオチだったと思います
例えばGレコも、アイーダが新たな盟主となり、地球圏を再発展させる、という
「俺たちの戦いはこれからだ」
と言うエンドも良いんじゃ無いかと思いますよ

No:4941 2015/02/08 10:47 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2015/02/07 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |