【Gのレコンギスタ】ニュータイプの音

今回のGレコはジェットコースターでしたが、心にグッと来る物がありました
クライマックスが近いな、と言うことも感じられます
ビーナスグロゥブで何を学んだか、ということもここで消化されましたので、先週までのモヤモヤも少し消えたかな?


フルムーンシップに向かうガランデン
それを追うように動く、クリムのサラマンドラ
201503071.jpg
天才さん、お久しぶりっす
彼は、マスク部隊とフルムーンシップの接触を気に入らず、撃沈してやろうと意気込んでいる
ここでのミックとの会話からすると、最早地球低軌道上では、三つ巴という言葉では済まないほど、様々な勢力の様々な思惑が渦巻いていた
クリムの艦とは別に、ラトルパイソンはすでにクレンセットシップに合流しているようだ
それとは別に、キャピタル・タワーのアーミィ達も、ガランデンを追うように出てきている
さらに別方向から、ドレッド艦隊のクノッソスが追いかけてきている

この間に挟まれているのが、サラマンドラという状況で、どいつもこいつもフルムーンシップの存在に対して躍起になっている感じである

ちなみに、状況説明中に、クノッソス説明用にマッシュナーの写真が何枚か写るのだが
なんでこんな写真ばっかなんじゃw
201503072.jpg
そりゃあクリムも怒りますよ

さて、こちらもお久しぶりのスルガン総監
なんでまた上半身裸なんやねん、と思ったら、ベルリに保湿クリーム塗ってもらっている模様
201503073.jpg
最近乾燥肌なんだそうな・・・
なおこの後急所に塗っちゃったらしく、くすぐったいじゃ無いか!と飛び跳ねてしまうのですが

女性陣も潤い補給中
201503074.jpg

ビーナスグロゥブのことを聞いたスルガン総監は、ラトルパイソンを駆って、カシーバミコシを奪取する計画を立てていた
罰が当たる、と驚くノレド達とは別に、アイーダは別のことを気にしていた
現状のアメリア軍の立役者であるはずのスルガン総監が、なぜこんな最前線で指令を出しているのか、と
201503075.jpg
左遷を気にする彼女だが、あの大統領がそんなことをするか?と彼は流す

しかし、カシーバミコシの占拠という行為は、下手をすれば世界中の反感を買いかねず
さらにどの勢力も、クレンセットシップかフルムーンシップか、どちらかを手中に収めたいと考えている
その上で、ジット団というタカ派の存在
今までのやり方では、戦争が長引くだけだ、と進言するアイーダであったが、スルガン総監はGレコとGルシファーも、アメリアの指揮下に入れたいとだけ応える
これに対してベルリは
「メガファウナ、という海賊のままでいい」
と応えた。地球人の誰かに命令されるのでは無く・・・
「なんで、みんなそうやって、面倒な言い回しをするんだ?」
201503076.jpg
彼らの自立宣言
素直にそれを言わないベルリ達に、苛立ちを覚えているスルガン
アイーダを説得するように、側で艦隊式を習えと諭すのだが、既にそれはドニエル艦長から教わっている、とアイーダは躱す
そして、良き姉でありたいと言われたことに、スルガンは耳を疑う
彼にしがみつき、育ててくれた恩を忘れたわけでは無い、とありがとうの言葉を贈るアイーダ
201503077.jpg
しかし、彼女が巣立つときが来た
メガファウナという領土で彼女は、彼女らなりに地球の未来に対して戦う、と宣言したのだ
その言葉を述べたアイーダを、ノレドが掴んで離さないという姿が、彼女らの関係が改善された象徴として見れて、なんだか思うところがある
201503078.jpg

スルガンは止めようも無かった
ただ心中で、ニューアークの育児園での彼女の履歴を考え
「何故姉弟だと信じているのだ?」
と自問する。おっと?、これは・・・??
201503079.jpg

クノッソスでは、ロックパイの一行が、出陣前の訓示を、マッシュナーから受けていた
最後にロックパイを送り出すマッシュナーは、彼の身を気遣い「桐の穴一本空けてくれれば良い」と声をかける
2015030710.jpg
これに対してやる気満々のロックパイは、フルムーンシップは彼女のものであることが相応しい、と返してマッシュナーをやる気にさせる

艦橋に戻ったマッシュナーは、艦長と今後について打ち合わせ
何かとロックパイに任せれば良い、という彼女に悪態をつく艦長だが、それを将軍に告げ口したって良い、と言い放つ彼女に対して
「ハッ!それほど子供じゃあない!」
余裕のロックパイは
「気持ち、良かったんだから」
2015030711.jpg
「あー、それは結構なことで!」
惚気もいい加減にせぇよ、ということかw

メガファウナから出撃したベルリ達の後ろに、ビーナスグロゥブからやってきたポリジットが3機付いてくる
2015030712.jpg
彼らが「戦争を怖いと知らない」という状況に、ベルリは不安を隠せない

キャピタル・タワーから出た一陣が、予想以上のスピードで動いていることに、敵対勢力は焦りを覚えていた
それはクリムも同じで、このままではフルムーンシップに取り付くどころか、アーミィと艦隊戦になりかねない状況であった
「ちょっと油断しすぎたか」
「寝坊しましたもんね」
これを聞いてサラマンドラ艦長、顔を真っ赤にして歯ぎしり
2015030713.jpg
ええ、まぁそういうことですね、うん(遠い目

SFSを持ち出したベッカー達ウーシア隊は、それらの火力で以てサラマンドラを沈めようと狙っていたが、この間にクノッソスも入り込んできた
2015030714.jpg
ミノフスキー粒子が撒かれた戦場で、光学照準でサラマンドラを狙う
・・・って言うか、いつの間にこんなにMSやSFS作ってたんだ、アーミィ(汗
2015030715.jpg

放たれたビーム砲撃を防ぐ、ミック曰く「ヘカテーの棺桶ビット」
それはビームバリアかIフィールドを展開できる物らしいが、一回こっきりの使い捨ての模様
2015030716.jpg
彼女を支援すべく、予備を持ってクリムもジャハナムで登場
2015030717.jpg
だがそこに、クノッソスも最接近してきた
異なる勢力に挟み撃ちにされた状況だが、クリムはアーミィをミックに、クノッソスは砲撃戦に、ときびきび指示して回る
2015030718.jpg

だがその艦砲射撃を、ロックパイのガイトラッシュが防いでしまう
「地球人の砲撃は腰が弱いな!」
2015030719.jpg
その後ろから援護射撃しているクノッソスだが、中ではマッシュナーが大騒ぎ
「止めろ、ロックパイが居るところに撃つんじゃ無い!ビームは狙って撃て!」
艦長はもう呆れてものが言えない
「そこまで可愛いか?・・・ビームは狙って撃つんだとよ」

サラマンドラが囲まれ、戦闘が始まった状況
ドニエルはそれでも、天才クリムは逃げたりしないだろう、と言う
この状況を、ベルリはどう思うでしょうか、とアイーダに投げかける艦長
アイーダ曰く、ベルリは地球に還ってきてから、戦争の根っこうになるものを取り除きたい、と切に考えるようになっているという
そのためには、フルムーンシップを爆破しないとね・・・
2015030720.jpg
驚くドニエルに、アイーダは冗談だと言うが、あながち間違った選択肢では無い、かもしれない

戦場に近づきつつあるベルリ達
戦場の雰囲気に飲まれかけているポリジットのパイロット達を、ケルベスは落ち着かせようとする
2015030721.jpg
彼らをラライヤに任せ、ベルリはもっとよく状況を確認しようと前に出て行く
それを見届けたGルシファーのコクピット内
戦場がどうなっているか、イマイチ判らないノレドは、光っているものが撃墜や撃沈なんだろうか、とラライヤに問うが、破片に当たっても光るので、そう簡単では無いと聞かされ驚き
2015030722.jpg

ガイトラッシュと対戦したクリム
確かにあの機体のビームマントは厄介だが、根元を狙えば良いのだ!と一撃噛まして、マントの半分を吹き飛ばしてみせる
2015030723.jpg
ロックパイもミサイルで反撃するが、上手くクリムに避けられてしまい、撤退せざるを得なくなる
おお、天才らしい活躍だな、クリム
だが、この攻撃のせいで、サラマンドラの軌道は、フルムーンシップ接近のコースからズレてしまった
とは言えクリム曰く
「この間にご老体(スルガン総監)が、カシーバミコシを乗っ取ってくれれば、それで目的は達したのだ!何か不満があるか?」
2015030724.jpg
二兎を追う者は一兎をも得ず、ってことですね
クリム、司令官らしくなったな

ミックが、クノッソスとアーミィはまだ喧嘩してる、と言われても
「敵同士の戦闘など、放っておけ」
と余裕綽々

その、アーミィとクノッソスの戦い
マッシュナーが艦隊戦を始めたのを見て、ロックパイは慌てて援護に戻る
その様を遠くから見ていたベルリ
これ以上の接近は危険と判断したが、後ろからポリジットが一機、ふらりと戦場にやってきてしまう
Gルシファーが止めようとするが、彼は戦場の光に呑まれそうだ、と言って聞かない
2015030725.jpg
ベルリはそれを、おびえの感情から起きているものだ、と感じて苦虫を噛み潰したような顔をする

ロックパイに追いすがったベッカーだが、ガイトラッシュのビームマントはまだ健在
全ての攻撃を跳ね返してみせるロックパイは、さらにビームの一本をベッカーのウーシアに巻き付け、機体ごと吹き飛ばしてしまう
2015030726.jpg
この光に、ポリジットのパイロットは錯乱状態に陥ってしまう
一人突出する彼を、ラライヤが追おうとするが、無駄死にを呼ばないために、ベルリがその役を買って出る
だがタイミング悪く、ポリジットはガイトラッシュに撃墜されてしまう
追いすがったGセルフは、その余波の状態で、ウーシアとガイトラッシュ、両方から攻撃される
パーフェクトバックパックを展開し、応戦するベルリ
2015030727.jpg
ガイトラッシュを、高トルクパックのパワーで吹っ飛ばし
ビームマントに追いすがられても、富野監督大好き全方位レーザーでかく乱
2015030728.jpg
そして、アサルトパックの砲撃が、ガイトラッシュを捉えた・・・
2015030729.jpg

「マッシュナー!!!」
2015030730.jpg
戦場でなぁ、女の名前を呼ぶような奴は(ry
ロックパイ、撃墜さるる
その声を、感覚を、マッシュナーは敏感に感じ取った
2015030731.jpg
「あたしの男が・・・!」
さらにベルリも、尋常では無い何かの感覚を覚え、震えが止まらない
2015030732.jpg
硬直したGセルフに取り付くGルシファー
牽制も兼ねて、メガキャノンを・・・って、それ後ろに撃てるんかい!(驚
2015030733.jpg

マッシュナーは激昂していた
「あたしは馬鹿だ、素人だ!こんな戦場にロックパイを入れれば、宝を失うことになるのは、判っていたはずなのに!!」
2015030734.jpg
よっぽど好きだったんだね、マッシュナー

震えの止まらないベルリを、ラライヤとノレドが心配する
ヒーターは入ってるはずなのに、寒い寒いという彼に、その感情は敵のパイロットも同じだ、と諭すラライヤ
「Gセルフだぞ!?パーフェクトバックパックも付いて!」
だが、女性陣二人は冷静に言葉をつないだ
「名前で勝ったり、生き残ったりします!?」
2015030735.jpg
「名前なんて希望でしょ。名付けた人の保障じゃ無いよ」
そこでベルリはハッとする
お調子者は、生き残れないのだ

追いついてきたケルベスや、残りのポリジットのパイロット達
自分が人の死を止められなかったことを謝罪するが、ケルベスは
「誰が見ても判ることだ」
とあえて責を問わなかった
2015030736.jpg
戦場の混乱というものは、ケルベスもよく判ってのことだろう

ガランデンはフルムーンシップとの接触に成功していた
2015030737.jpg
バララとローゼンタール、身長違いすぎなんですけど(汗
2015030738.jpg
フラミニアと合流したマニィ
フラミニア曰く、「フルムーンシップとクンタラって、似たようなものなんですよ」だという
そこへ現れたマスクは、ルイン・リーを名乗り、自らを隠すのを止めていた
2015030739.jpg
キアは生前、地球侵略を考えていたわけでは無い、とクンは言う
「力を合わせて、新しい世作りを・・・」
と言うのは、レコンギスタと言うよりも、革命を求めていると言うことなのだろうか

さて・・・
今週のサービスシーンです(爆
2015030740.jpg
汗かきすぎたんで着替えているそうだが、思いっきりラライヤとノレドに見られたあたり

見えてきたカシーバミコシ
ラトルパイソンは他の艦隊も引き連れ、ようやく一つの目的を達しようとしていた
2015030741.jpg
ただ、カシーバミコシは輸送船であって、戦力では無い
それ故にマスクは、これを放置したと考えられる
であるなら、これに接近したアメリア軍、ひいてはベルリ達は何を見るのか


よしっ、いつも通りの富野監督流人物整理キタコレ(おい

今回は割と、姫様覚醒って感じの部分が多かったかな?
彼女の独立心と、アメリアの関係が今後どうなるのか・・・
スルガン総監は諦めたっぽくて、Gセルフはメガファウナに任せる、と全軍に指示してるから、これはこれでいいのかも知れない
レイハントン姉弟は、二人でレコンギスタをする、という事で一致し始めたのかも知れないし
フルムーンシップを墜とす、というのも、あながち冗談じゃ無さそう
ベルリの言う戦争の根っこって、どうもこう差別とか、そこから来る劣等感とか、そう言った物を指してるような気がします
だから、ジット団とクンタラの代表は手を組んだと
ジット団というのは、ビーナスグロゥブではメジャーな存在じゃ無くて、割を食っていたのかも知れませんね
そのあたりをしっかり描写してあれば、今回の合流は分かりやすかったんですが
キアが「千年の惰眠をむさぼる連中」と、ラ・グー達を言っていたところをみると、ロザリオテンとジットラボの間には、かなり厚い壁があったのか、ということしか今となっては推察できませんが

それと、久々登場のクリムの格好いいこと
伊達に天才じゃ無い、というか
伊達に大統領の息子じゃ無い
状況判断力がエラいしっかりしてるし、やることきっちりやってるし
番組前半の、なんかおちゃらけてて、憎めないクリムも良かったけど
司令官しててピッチリしてるクリムもいいね
このキャラクターはホントに当りだと思う
問題は彼が、物語の中で何をどう締めてくれるのか、ってことだけかな

そして、マスクことルイン・リー
マニィと抱き合って吹っ切れたのかな、彼は
だとするとこの後は、良き先輩であったことすら脱ぎ捨てて、ベルリを殺しにかかるんでしょうかね
それをベルリは受け止められるんでしょうか・・・
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ - ジャンル : アニメ・コミック

2015/03/07 12:48 | GのレコンギスタCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ビット


宇宙世紀にこんなビット……あるんですよね『ダブルフェィクアナザーガンダム』にて登場するジオン残党軍にこんなビットを装備した機体がでてました。最近だと『機動戦士ガンダムOO』のオートマトンがこれに該当するかもしれませんね。

No:4985 2015/03/08 00:42 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

盛り上がりのシーンが
 ロックパイ撃墜で二人がニュータイプに覚醒!
でしたが、
どなたかベッカーさんの死にも触れて上げてください・・・

以前に姫様のGアルケインを圧倒する何の自慢にもならないシーンが彼の劇中での初戦闘にしてピークで、
前回再登場したと思ったらGセルフの新パックの武装の引き立て役になってしまい
今回は使い捨てバリアでせっかくの彼の戦術がパァと思ったら、撃墜されてもうたまるで下り坂を転がるような転落人生のような扱い不憫な扱いですよ

前半カマセだった天才の成長ぶりと比べたら逆転されちゃってる!きっと姫様との戦いの経験を積んだ結果、彼女の戦闘面でのへたれっぷりを学習してしまったに違いない

え?ポリジットのパイロット?あんなの富野監督の脚本の都合で勝手に危険地帯に自分から突っ込んだから自業自得ですよ

No:4986 2015/03/08 01:09 | M助 #- URL編集 ]

お禿げ様の殺整理はお決まり

YF-19Kさん>
使い切りファンネルという意味では、フィンファンネルの子孫かも知れませんな
Iフィールドを展開できるという点からも・・・
それにしても、棺桶ビットってどういうネーミングなんでしょうねw

M助さん>
ベッカーさんはアレです
典型的なオールドタイプの、調子に乗っちゃった軍人さんなので、ああいう扱いなのは致し方ない
富野監督お得意の抹殺方法により、ほとんど注目されないまま・・・南無
クリムはすごい成長しましたよね
前半はかませだったと言うより、状況を自分勝手に理解してたけど、今は状況を操作できるようになった、といった感じの成長かと思います

No:4987 2015/03/08 20:08 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>


返信どうもです。

そこら辺は大統領の息子ですから別次元な発送なんでしょう。連装砲ちゃんとかゴールドライタンとか色んなツッコミが……分かった事はただ一つ、ガンダムビルトファイターズシリーズではかなり重宝されるかも(汗

No:4989 2015/03/08 21:04 | YF-19k(kysouke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |